スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新卒一括採用」を狭義で考えるか広義で考えるか、整理して話さないと議論が噛み合う訳が無い

前回の記事で、amazonで書いた「若年無業者白書」・「いま、先生は」のレビューを当ブログに転載した。来週も同様の試みをするため、ただいま常見陽平さん著の「"就社志向"の研究」という本を読んでいる。この本を読んでいて改めて、「新卒一括採用」という言葉の捉え方が人によって異なることを実感した。


常見さんは本書で「現状の慣行をまとめると、次のような定義になるだろう」と述べた上で「新卒一括採用」を次のように定義している。

企業が年度毎に大卒者を中心に、ほぼ毎年、ほぼ同じ時期に定期採用をして、翌年の新しい期のスタートと同時に大学卒業後すぐに組織に迎え入れる行為

中には、常見さん流の定義をすんなりと受け入れる人もいるかもしれない。しかし僕は「大卒者を中心に」という箇所が気になった。その気になった点を述べる前に補足を書くと、ここで「大卒者を中心に」とあるが、それだったら「学生」という立場で就活をする人が少数派であるというあまりにも実態からかけ離れた結論が導き出されるため、常見さんは恐らく正確には「大卒見込み者を中心に」と言いたかったのだと思う。よって、ここからは勝手に(笑)「大卒者を中心に」という言葉を「大卒見込み者を中心に」という言葉に置き換えたい。


常見さんは新卒一括採用における採用対象者を「大卒見込み者を中心」と考えている。そしてここでいう「中心」という文言から、卒業見込み者「のみ」が採用対象になっているわけではないとみなしていることも伺える。実際常見さんは、「既卒者」を採用対象に含めることにし、「新卒一括採用をやめ、"志"一括採用に移行する」という姿勢を示したエイベックスの採用方式を「"新卒一括採用をやめ、志一括採用に変える"と言いつつ、"条件を緩和したユニークな新卒一括採用"にしか見えないのは、私だけだろうか」と評している。エイベックスは「既卒者」を採用対象に含めているにも関わらず、常見さんによるとそれも「新卒一括採用」であるという。この点に違和感を覚える人はいるのではないかと思うし、僕個人もこの考え方にはモヤモヤしている。


この点に違和感を覚える人は、wikipediaやposse流の「新卒一括採用」の定義に納得感を得るのではないだろうか。wikipediaでは「新卒一括採用」が「企業が卒業予定の学生(新卒者)を対象に年度毎に一括して求人し、在学中に採用試験を行って内定を出し、卒業後すぐに勤務させるという日本独特の雇用慣行」と定義されている。また、ブラック企業問題に取り組むNPO法人・posseも、「特集 <シューカツ>は終わらない?」という雑誌において「日本で就活といえば、大学在学中に就職活動をして内定をもらい、卒業と同時に働き始めるというスタイルが一般的です。多くの学生がいっせいに就職活動をはじめ、職種とは関係なく、人事部が一括して学生の採用をおこなうことから、このような企業への参入の仕方は"新卒一括採用"と呼ばれ(以下略)」と新卒一括採用を説明している。これらはどちらも、新卒一括採用を「在学中の学生のみ」を対象にした採用方式であるとみなしていることが分かる。


本田由紀先生は、上述の「特集 <シューカツ>は終わらない?」で「新卒廃止論については、"新卒一括採用"を狭義で考えるか広義で考えるか、どこを問題点と見なすか、どこがどう変わったら廃止と呼ぶかをちゃんと整理して話さないと、すれ違うばかりになってしまいます」と述べている。本田先生の発言から新卒一括採用には「広義」・「狭義」の2種類の捉え方があることが伺える。確かにここまでで書いたことから考えると、「学生だけではなく、既卒者も採用対象に含まれる」という意味で広義の「新卒一括採用」、「学生のみが採用対象となる」という意味で狭義の「新卒一括採用」があると言えるのではないだろうか。一言で「新卒一括採用」と言っても、それが広義での意味なのか、あるいは狭義での意味なのかを捉えないと訳が分からない議論になることは想像に難くない。


例えば、新卒一括採用に関する議論において頻出の主張である「就活が学業を阻害している」という主張。狭義の新卒一括採用を思い浮かべる人は新卒一括採用を「学生のみが採用対象となる」方式だと捉えているため、その認識に基づき、在学中の学生に就活をさせる新卒一括採用を「学業を阻害している」と批判することになるだろう。一方で、常見さんのように広義の新卒一括採用を思い浮かべると「企業は既卒者に門を開いているから、新卒一括採用という採用方式から学業阻害の問題は生じない(学生は卒業後に就活をすることが出来るから)」という主張が生まれやすくなる。新卒一括採用をどう定義するかで、新卒一括採用の是非、賛成・反対の論拠が全く変わってくるし、それを揃えないと議論は噛み合わないのではないだろうか。

「新卒一括採用」を狭義で考えるか広義で考えるか、整理して話さないと議論が噛み合う訳が無いという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  
スポンサーサイト

「卒業後に就活」が当たり前になる社会にしていくべきだ

だいぶ前にコメント欄で、三菱電機の採用ホームページに載っている「"10月新卒入社制度"を利用して入社した人の声」を紹介していただいたことがある。その声の主はアメリカに留学したり卒業研究の関係もあったりで、2011年6月という、あまり一般的とはいえない時期に大学を卒業したという。就活は2012年3月卒予定の学生と同じタイミングで行ったらしいのだが、その際に「自分が新卒扱いされるのか」という点に不安を抱えていたそうだ(http://www.mitsubishielectric.co.jp/saiyo/graduates/recruit/info/oct_employ/interview_04/index.html)。 


結果として、この方は卒業後の7月に三菱電機に応募し、そこから内定をもらい働いている。つまり、少なくとも三菱電機の選考においては「既卒者」であることが不利にならなかったということだ。これは素晴らしいことだし、このようなケースが増えることで既卒者が「自分は就活で不利な立場なのではないか?」という不安を抱えなくて済むような社会になると良いと思っている。


多くのコメントが寄せられた「"卒業後就活"こそ"学生の学業の時間を確保する"ための最善の策ではないか」には、「の」さんの「現状でもリスクを取って卒後就活する人はいるからね」というコメントが見られる。文言そのままだが、これは卒業後就活に何かしらのリスクがあることを前提とした意見と言える。ここでいう「リスク」とは、例えば「既卒になることで、在学中の学生と比べて"年齢"という観点から不利に扱われる」、「企業から"普通は在学中に就活をするのに、この人は既卒で就活をしている。もしかすると、この人は在学中に内定をもらえなかったから既卒として就活をしているのではないか?"という先入観をもたれる可能性がある」などが考えられる。


これは現状分析としては間違っていないのかもしれないが、一方でたかだが「卒業後に就活をする」という選択をしただけでなぜリスクを背負わされなければいけないのか?という疑問もわく。このようなリスクの存在は学生の選択肢を狭めるというだけでなく、在学中の就活生に対して「内定をもらえずに卒業するのはまずい」という恐怖心を植え付ける点でも問題である。


このことから、前述の「"卒業後就活"こそ"学生の学業の時間を確保する"ための最善の策ではないか」についた「パク」さんの「卒業見込みの状態では採用しない・させない、としてくれれば良いのに」という意見のレベルまでとはいかないが、少なくとも卒業後に就活をするという選択肢がある程度「当たり前」になることは必要だと思う。そのために、就活生・企業双方がそれぞれ行動をしなければならない。


まず就活生には「既卒として就活をする」という選択を積極的にとることが求められる。その上で「既卒で就活=ダメ人間」というレッテルのバカらしさを証明することが必要となる。「秋庭洋"既卒、フリーター、第二新卒の大逆転内定獲得術 それでも就職したいあなたに"(http://d.hatena.ne.jp/incubator/20080211/book1359)」という超濃密な既卒での就活体験記を記したインキュベさんという方も、以前当ブログのコメント欄で「個人レベルでは、自分自身への既卒というレッテルを企業に覆させることだけを最優先に考えるべきだと思います。そしてそうした一人ひとりの既卒者の活動の積み重ねが、やがては制度や雰囲気の打破にも繋がると私は信じます」という意見を述べてくださった(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-123.html)。インキュベさんの意見に従えば、確かに企業の既卒者への偏見は緩和され、それが企業が既卒者を受け入れる姿勢を活発化させそうである。


ただそうはいっても、これまで企業は新卒一括採用をしてきた、換言すれば既卒を門前払いしてきた事実を積み重ねてきたわけで(上述の「インキュベ」さんも、自身の就活時に専ら「既卒」であることを理由に門前払いされた経験を持つ)、そのような状況下で就活生のみに意識・行動の変化を求めることは酷であることも間違いない。そこで、企業にも①既卒者の応募も受け付ける②既卒で採用された人の声を採用ホームページにアップするという行動が求められると思う。


①の取り組みはそれなりに多くの企業で行われていると思うが、最近ではエイベックスが「"志"一括採用」というものを始め、採用ホームページにて「エイベックスは新卒一括採用をやめました」と明言している(http://recruit.avex.co.jp/new.recruit/concept/)。このように明言することで、就活生が「企業は既卒の応募を受け付けているけれど、本当は採用する気ないんじゃないか?」という疑念を抱きにくくなると思う。②の取り組みは、この記事の最初に述べたように三菱電機が行っており、その取り組みがもっと多く広まれば良いと思っているし、僕が知らないだけで既に多くの企業が実施していることを望んでいる。②の取り組みが広まることで「"既卒で就活をする"ということも全然おかしくないんだ」という意識が就活生に浸透すれば良い。


就活生と企業。どちらかだけではなく双方がそれぞれ意識・行動を変えることで、「パク」さんの言う「卒業後に個々人ばらばらと就職活動を始められるのが、理想です。 自分はもうシュウカツ終わったけど、せめて数十年後、自分の子供が就活を始める頃までには、そういう世の中になって欲しいものです」という願いが実現するのではないかと思う。僕も「パク」さんの願いに共感する。

「卒業後に就活」が当たり前になる社会にしていくべきだという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加 

企業が既卒者を敬遠しているのか。それとも、大学生が勝手に「既卒者」になることを恐れているのか

「新卒一括採用」に向けられる批判として「"新卒"にこだわる企業の姿勢はおかしい」というものを思い浮かべる人は多くいるだろう。例えば茂木健一郎さんは、2010年の夏に「なぜ、卒業した後、世界各地でボランティア活動をしたり、プログラミングの自習をしたりといった"ギャップ・イヤー"を経験した人材を採らないのか。なぜ、"履歴書に穴がある"などというくだらないことを問題にするのか」という主張をもって新卒一括採用を批判している(http://blog.tatsuru.com/2010/08/06_1028.php)。


このように、新卒一括採用批判に際しては「企業の器の小ささ」という問題点がセットで語られることがある。そして、その「企業の器の小ささ」によって学生の選択肢が狭められているという「企業=加害者、学生=被害者」という構図が定立される。ここでいう「学生の選択肢が狭められている」というケースの例としては、上の茂木さんの発言を参照すれば「"在学中に就活をせず、卒業後に課外活動をする"という選択肢が奪われる」というものが挙げられると思う。


ところが、今年の3月に行われた茂木健一郎さんと常見陽平さんの対談「日本の大学教育はこれでいいのか?茂木・常見のデスマッチ」では、常見さんが上記の構図とはまた違う見方を示していた。対談の動画が消えてしまったので正直うろ覚えなのだが、確か常見さんは「企業は(卒業後に課外活動をしていた)変わり者が大好き。しかし、そのような人が応募してこないという問題がある」というようなことを言っていたのだ。「うろ覚えで人の発言を語るなよ」という批判をされても仕方がない文章になってしまったが、常見さんの著書「意識高い系という病」には次のような文章が見られるので多分記憶違いではないと思っている(笑)

日本企業は、大手も中小も形式上は既卒者に門を開いている。例えば、経団連が行った「新卒採用(2012年4月入社対象)に関するアンケート結果」によると、69.8%の企業が既卒者に対する応募受付を実施している。実際に採用されるか、応募があるかは別だが門戸は開いているのだ。まぁ、鶏卵論だが、この手の人(※卒業した後、世界各地でボランティア活動をしたり、プログラミングの自習をしたりといった"ギャップ・イヤー"を経験した人材)はそもそも就職市場に出てこないので、応募してこない

常見さんの発言・文章を見ると、企業は既卒者を受け入れる気満々だけれど、肝心の就活生が「既卒」として就活をしないという構図の存在が伺える。これは冒頭に述べた「企業が既卒者を受け入れず、その結果就活生の選択肢が狭まる」という構図と真逆のものといえる。


前回の記事に対して「卒業後に個々人ばらばらと就職活動を始められるのが、理想」、「理系としては卒業後就活に大賛成です」という、卒業後に就活を始める流れに賛同するコメントを頂いた。ただ常見さんのスタンスに従えば、別に現在でもやろうと思えば卒業後に就活を始めることは可能ということになる。そして、この見方が荒唐無稽なのかというとそこまでは言えないと思う。常見さんが述べたことに加えて、別に「大学生は在学中に就活をしなければならない」という法律が存在するわけではないのだから。このことから、「卒業後に就活をする」という選択肢自体は一応存在すると言ってよいのではないかとも思われる。


しかし僕個人は、常見さんの意見には怪しさも大いにあると思っている。例えば「企業は(卒業後に課外活動をしていた)変わり者が大好き」という趣旨の発言を耳にしたときは「じゃあ、なんで企業は新卒一括採用をやってたんだ?」という疑問が浮かんだことを覚えている。あるいは「既卒者の応募を受け付けている」といっても、それがただの建前である可能性も否定できないとも思う。常見さんの文章を読むと、どうも問題の所在が企業の振る舞いから就活生の振る舞いにすり替えられている気がして気持ちが悪い。在学中・既卒問わず各就活生が常見さんが掲げる論理に対してどう思うかが興味深い。同意するのか、それとも「どう考えても企業は既卒より在学中の学生を好んでますよ!だから事実上、在学中に就活をするという選択をせざるを得ないです」と思うのか・・・。

企業が既卒者を敬遠しているのか。それとも、大学生が勝手に「既卒者」になることを恐れているのかという疑問に興味を持ってくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加

茂木健一郎さんの「新卒一括採用」に対する見解を理解し損ねる飯田泰之さん

茂木健一郎さんが「新卒一括採用」という採用方式に異議を唱えていることは今さら詳しく説明するまでもないが、茂木さんの立場に対して飯田泰之さんが次のような疑問を発している(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36011?page=5)。

飯田:茂木さんは就活について何と言っているんですか?

常見:簡単に言うと、「新卒一括採用は人権侵害だ。なぜ年齢で区切らないといけないのか」というのが彼の主張です。まず、事実認識からして違っているのが痛かった。僕が「経団連に所属している企業でも、採用で『既卒者OK』にしている会社が7割です」と言っても、全然聞いてくれませんでした。

飯田:企業だって、別に強制されて新卒一括採用をしているわけじゃない。自発的にやっているわけです。ということは、新卒一括採用に、企業は何らかの利点を見出しているんですよね。不思議なのは、新卒一括採用に反対する論者の多くが、その点を無視すること

もしかすると、飯田さんと同様の疑問を持つ人も中にはいるかもしれない。しかし、茂木さんの立場を一応知っている僕からすると、むしろ飯田さんのツッコミがずれているように感じられる。


というのも、飯田さんの発言以前に茂木さんは次のようにつぶやいているからである。茂木さんはこのつぶやきで明確に「(新卒一括採用の是非の判断は)効用の問題ではない」と述べている。また別のツイートも見てみると、茂木さんは「年齢やキャリアで就職制限をすることが、今日の人権原則に照らして許されるのか」という観点から新卒一括採用を批判していることが分かる。


即ち、茂木さんは「年齢やキャリアで就職制限をする」という要素をもって「新卒一括採用」という採用方式を一発アウトだと評価しているのである。だから、彼のような立場の人たちは新卒一括採用の利点に目を向けないのだ。


茂木さんと同じ意見だと思われるものとして、ジャーナリストの牧野洋さんという方が書いた「新卒一括採用は"年齢差別"」という記事が挙げられる(この記事が載ったページにアクセスできないので、牧野さんの記事を取り上げた別のブログをご紹介http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555/31865380.html)。牧野さんは「新卒一括採用は採用対象者を新卒者に限るため、事実上の年齢差別を招く慣行だ。だが、日本には"年齢制限=差別"という意識が希薄で、当局が年齢差別を摘発することもない」と述べている。


新卒一括採用が法的に問題であると捉える茂木さんや牧野さんに「でも、新卒一括採用には~なメリットがあるじゃないですか!」なんて言っても、絶対に「メリットがあれば差別していいの?」と返されるに決まっている。だから、もし彼らの主張を批判するのならば、それは「新卒一括採用の利点を語る」という形ではなく、法律論を語るという形でなければ話が全く噛み合わないこととなる。当ブログの過去記事「厚労省"労働者一人一人に均等な働く機会が与えられるよう雇用対策法を改正し、募集・採用における年齢制限を禁止した。ただし、例外アリ"」で述べたように、現行の法律上は新卒一括採用が違法だとは思えないが、それでも「現在は合法でも、今日の人権規則に照らせば今後違法にしていくべきではないか?」という議論は十分成り立つので、そのような議論になった場合は新卒一括採用の利点に触れるのは不適切だ。


恐らく新卒一括採用を巡る議論は長く行われてきたのだと思うけれど、飯田さんの発言を見ると、未だ賛成派・反対派がそれぞれ何を考えているのかという点について理解が共有されていないことに驚く。「コミュニケーション能力」といえば就活生に求められる能力という印象が強いけど、所謂「論客」と言われる人たちにも、もう少しそういう能力の向上を求めてもよいのではないだろうか。


「新卒一括採用」の是非について、もういい加減に「まともな議論」をするべきなんじゃないか?という意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加  

バズワード化していく「新卒一括採用」

現在の就活に関する議論の中で最も議論の遡上に載せられるトピックの一つが「新卒一括採用」である。ただこのトピックに関しては、その是非云々を問うこと以前に、そもそも言葉の定義が定まっていないように思われる。このことを確認するために、ここ最近記事で取り上げている茂木・常見対談(http://www.youtube.com/watch?v=wDIGqSxX1bk)の9分過ぎから始まる話を紹介したい。

常見:茂木さんの言う「新卒一括採用」って、どのことを言ってますか?

茂木:各社のエントリーシート、というかエントリーポイントがありますよね。そこに「何年以降に生まれた者」だとか、「○年新卒見込みの者」と書いてあるじゃないですか。それ以外の人は、我が社を受けに来るなってことでしょ?

(中略)

常見:まず「新卒一括採用は何か」って聞いて、そこを茂木さんはちゃんと答えていない、あるいは答えたけれども、今の新卒一括採用を誤解されてます。まず、これは経団連の調査なんですけれども、今採用活動において年齢に関して要件を設けてない会社が、経団連の調べによると、経団連加盟企業の中、つまりそこは大手企業中心なんですけども7割がそうです(11:30~)


(中略)

常見:丁寧に新卒一括採用の現状を見ると既卒者採ってるし、既卒者に門開いてるし、3年以内にフリーターから5割が正社員に変わってますっていうのが、ちゃんとデータで出てるんですよ(14:16~)

この点、多くの人は「新卒一括採用」という言葉を聞いて、茂木さんが説明したような採用方式を思い浮かべたのではないか。wikipediaでは「新卒」という言葉が「大学や専門学校、高校などを今年度中に卒業する学生を表す用語」であると説明されているが、確かに「新卒」をそのような意味と認識し、ゆえに「新卒一括採用」を「卒業見込みの者のみを対象にした採用方式」と捉える人は多くいると思う。


加えて、「現代思想 2013年4月号 特集=就活のリアル」に収録されている児美川孝一郎さんのインタビューを読み、児美川さんも「新卒一括採用」という言葉の意味について茂木さんと同じようなイメージを抱いているのではないかと僕は推測した。というのも、児美川さんは「それでも僕は、新卒一括採用というシステムはもはや限界を超えており、メリットよりも弊害の方が遥かに大きいと判断しています」と述べた後に「(新卒一括採用というシステムで)疲弊し消耗しているのは学生だけではありません。学生も企業も大学も、みな膨大な時間とエネルギーを就活に傾けていて、それでいて結果に満足しているわけではありません」と発言しており、これらの発言からは、児美川さんが「新卒一括採用とは、学生のみを対象とした採用方式である」という認識を持っていることが伺える。


一方で常見さんの話を追っていくと、頭が混乱してくる。特に14分過ぎからの「丁寧に新卒一括採用の現状を見ると既卒者採ってるし」という発言は一見訳が分からない。既卒者を採用しているのなら、それはもはや「新卒一括」採用とは言えないだろうと感じるのが普通だと思う。しかし現実として、常見さんは既卒者(具体的には、既卒無業者)も採用の対象となっている採用方式であっても、それを「新卒一括採用」と見なしている。ここで「新卒一括採用」という言葉を、茂木さんのように「卒業見込みの者のみを対象とする採用」と捉える立場と、常見さんのように「既卒者からの応募をも受け付ける採用」と捉える立場があることが伺える。


見ての通りこの2つの立場は「新卒一括採用」という言葉の定義の捉え方が異なっており、ゆえに単に「私は新卒一括採用を肯定しますor新卒一括採用には否定的です」という意見を目にしただけでは、その人が何を考えているのかは依然としてはっきりとしないこととなる。例えばこのような意見を述べた人に「そうは言っても、新卒一括採用は既卒者にとっては厳しいのではないですか?」という批判をしたとしても、それに対して「え?現在の新卒一括採用は既卒者も採用しているわけで、だから肯定してるんですが・・・」と言われたりすることが考えられる。本当は考えていることは同じなのに「私は新卒一括採用に反対です」、「いや、私は良いと思いますけど・・・」という、あまりにも不毛な意見の対立を生みかねない(まぁ、この件に関しては互いに話せばすぐに分かり合えるでしょうが)。


はじめに述べた通り、「新卒一括採用」は就活の問題点を考察する際に議論される最も代表的なトピックであるにも関わらず、議論が整理されていくどころか、むしろ「新卒一括採用」という言葉のバズワード化が進んでいるような気がしてならない。このような流れを歓迎するのは、就活の問題点を考察する文章を書いて金を稼ぎたい人だけなんじゃないか。失礼なことを書いているは自覚あるけれど、普通時が経てば議論は成熟していくはずなのに、むしろ後退しているというのは一体どういうことなんだと思わずにはいられない。もっとも、ブログを書き始めてからもう1年半ほど経っているはずなのに、今頃になって「新卒一括採用」の定義について混乱している僕も相当しょうもないけれど・・・。

「新卒一括採用」という言葉のバズワード化を招いた「就活論壇」はしょうもないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村    
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。