スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安易にいくらでもエントリーできる仕組み」を作っている責任をナビサイトにばかり押し付けてはいけない

リクナビのおかしさを訴えるツイートが大量にリツイートされている。 ドワンゴの川上会長の問題提起(受験料徴収のこと)など、「就活生の大量エントリー」に関する議論が活発化している。WEDGEの最新号「"就活"が日本をダメにする」の中でも「就職することを目的化している学生が増え、入社後に燃え尽きているようで力を発揮しない。安易にいくらでもエントリーできる仕組みに何らかの原因があるのでは」と語る人事の声が載っている。


確かに、その人事が述べたような「安易にいくらでもエントリーできる仕組み」には問題がある。しかし、問題の所在をナビサイトにばかり求めるのも妥当ではないと思う。過去記事「スクリーニングの手間を惜しむ企業が"たくさんの就活生が受けに来る・・・"と嘆くのは筋が違う」で詳しく書いたけれど、就活生が企業に手軽にエントリーできる背景には個々の企業の無策さも挙げられると考える。


というのも、このブログで何度か取り上げ、且つ前述のWEDGEにおいても「志望度の高い者以外がエントリーしづらくなっている例」として挙げられているライフネット生命も思いっきりリクナビを利用しているからだ(https://job.rikunabi.com/2015/company/top/r772710024/)。ライフネット生命は「重い課題(※小論文)」を入社希望者に課すことで知られているけれど、その結果として昨年度は8471名のプレエントリー者に対して、書類を提出したのはたったの70名となっている(http://recruit.netseiho.com/2015/screening/index2.html)。


この例から分かるのは、確かにリクナビなどのナビサイトの活用によってとりあえずの母集団は相当の数になるけれど、その後企業が課すエントリーの要件次第では就活生もそう簡単にエントリーできなくなるし、企業側からすれば冷やかしで入社試験を受けようとする就活生を排除することが出来ると言える。つまり、もし大量の応募者に悩んでいる人事がいるとすれば、その原因の一部は確かにリクナビなどのナビサイトにあるのだろうけれど、一方で企業の無策さにも原因は求められて然るべきだという話になるのではないだろうか。


考えてみれば、確かにプレエントリーの段階まではワンクリックで事が済むわけで、それを「安易にエントリーできてしまう」と評するのも話は分かる。しかし当然のことながら「プレエントリー=本エントリー」ではない訳で、いざ企業に応募するにあたっては個々の企業がそれぞれ課すエントリーシートを作成しなければならない。もし就活生が安易にエントリーシートを完成出来ているのだとしたら(=安易に本エントリー出来ているのだとしたら)、それはナビサイトというよりも企業側の問題の方が大きいのではないか。皮肉なことだけれど、前述の人事が言う「安易にいくらでもエントリーできる仕組み」を作っている責任の一端はその人事のような人たちが担っているのではないだろうか。


WEDGEに収録されているドワンゴの川上会長のインタビューによると、ドワンゴの問題提起に対して「よく言ってくれた!」とエールを送った人事部が多くあったらしい。何だか、企業がナビサイトの被害者になっているかのような論調が出来上がっている気がする。確かにそういう見方は一面では正しいのかもしれないけれど、ナビサイトをスケープゴートにして話を終わらせるのは問題の所在を見誤ることにつながると思う。この記事で書いてきたような、企業側の問題もきちんと見るべきだ。

「安易にいくらでもエントリーできる仕組み」を作っている責任をナビサイトにばかり押し付けてはいけないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly    
スポンサーサイト

ドワンゴの受験料制度と厚生労働省が掲げる「公正な採用選考」

(一部の)就活生から受験料を取る「受験料制度」に対して厚生労働省から中止を求める行政指導を受けたドワンゴ。ドワンゴのホームページには、厚生労働省がドワンゴに「助言」をした際にどのような説明をしたかが書かれている(http://info.dwango.co.jp/recruit/graduate/info/index.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+netnavi/topics+(%E3%81%AD%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%B3+-+%E8%A9%B1%E9%A1%8C%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B)。


それを見る限り一番問題なのは「職業安定法の"労働者の募集における報酬受領の禁止"」に該当する可能性があることだと思われる。ただ、ドワンゴのホームページには書かれていないし、厚生労働省がドワンゴへの「助言」の際に言及したかも定かではないが、ドワンゴの受験料制度は厚生労働省作成の「採用のためのチェックポイント」が掲げる要件を満たしていないように見えるという点でも問題視する余地がある(http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/saiyo/saiyo1.htm)。


そもそも厚生労働省は企業に対して「応募者の基本的人権を尊重した公正な採用選考を実施すること」を求めている。具体的には、公正な採用選考を行う基本として「応募者に広く門戸を開くこと」・「本人のもつ適性・能力以外のことを採用の条件にしないこと」・「応募者のもつ適性・能力が求人職種の職務を遂行できるかどうかを基準として採用選考を行うこと」などが企業に求められる旨を示している。そのチェックポイントには法的拘束力など無いはずで、正直存在意義があるかどうかすら疑わしいけれど(「ただの建前じゃん」と言ってしまえばそれまでだと思う)、一応厚生労働省としてはこのような考えを持っているということになっている。


以上を踏まえると、ドワンゴの受験料徴収も「本人のもつ適性・能力以外のことを採用の条件にしている」という意味で、厚生労働省の立場からするとこれを問題視するのは自然なことだと僕は思う。ドワンゴの受験料制度に対する批判としては「就活生の金銭的負担」が主なものとして挙げられると認識しているけれど、その他に「採用のためのチェックポイント」に照らした批判も無し得ると言える。


ドワンゴは受験料制度の趣旨を「本当に入社したい人材に集まっていただくため」と説明しているが、個人的にはその足切り方法は異質だと感じる。エントリーの要件を厳しくした試みとしては、例えば「重い課題」を課したライフネット生命(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-531.html)、応募条件にTOEIC730点以上という要件を入れた武田薬品工業・エントリーシートのテーマを変更することで他社向けに書いたエントリーシートの転用をできなくし、自社のために時間を割いて真剣に書くことを就活生に促した富士ゼロックス(これらの取組みは経済同友会の報告書で取り上げられている http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2011/pdf/120223a.pdf p.8)の事例が思い浮かぶが、これらは「就活生のもつ適性・能力」を測ろうとする姿勢が見られると言って問題ないだろう。しかし、これらのケースとドワンゴのケースを同列に扱うのは、やはり「就活生のもつ適性・能力を見ているか」という観点からは難しいのではないか。


武田薬品工業の件はニュースにもなっていたけれど、僕が知る限り、これに対して厚生労働省が「英語が出来る人だけが採用試験を受けられる状態になってしまうことを大変危惧している」という趣旨のことを述べたことはなかったはずだ。即ち、厚生労働省がエントリー段階での足切りを一切否定しているのかというと恐らくそんなことは無いはずで、あくまでもドワンゴが採用した方法がまずかったという話なのだと思う。ドワンゴの受験料制度に好意的な声は多くあったけれど、一方で「採用のためのチェックポイント」と絡めて「"2525円の支払いを求めること"が、ドワンゴで働いていく上での適性・能力を測ることになるの?恐らくならないと思うけど、そんな基準を就活生に課してよいの?」という批判を考えてみるのも有意義だと思う。

ドワンゴの受験料制度の是非を厚生労働省作成の「採用のためのチェックポイント」と関連付けて考えてみると良さそうという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加 
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  

スクリーニングの手間を惜しむ企業が「たくさんの就活生が受けに来る・・・」と嘆くのは筋が違う

新卒採用において就活生から受験料を徴収することを決めたドワンゴ。そんな同社の川上量生会長のインタビューがITmediaニュースに載っており、そこで受験料制度の導入を決めた背景も語られていた(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1312/06/news064.html)。


そのインタビューによると、ここ数年、ドワンゴへのエントリーは数万人を超えているとのこと。当然、受験者全員と会うことは出来ないわけで、スクリーニングの必要が生じる。なぜスクリーニングの手段として受験料徴収を採用したのかというと、普通の会社はやらない手段をもって現在の新卒採用の在り方に問題提起をしたかったという考えがあったという。


僕は過去記事にてドワンゴのやり方に嫌悪感を抱いた旨を記した。ただ一方で、自ら就活生をスクリーニングするための手段を考えて、それを実行したという姿勢については非常に良いものだと思っている。


ドワンゴが採用ホームページで記したように、現在の就活の問題点の一つとしては「就活生がネットを通じて簡単に企業にエントリーできるために、多くの企業を受ける羽目になって疲弊する。企業からしても、多くの就活生を相手にしなければならず負担が大きくなる」というものが挙げられる。そしてその問題に関して、多くの企業に簡単にエントリーできる環境を作った就職ナビや、多くの企業にエントリーする就活生が批判の対象になることがある。具体的にはリクナビに関しては常見陽平さんが著書「就社志向の研究」で批判しているし、多くの企業にエントリーする就活生に対しては例えば「1割がエントリー100社…数を競う矛盾」という批判記事がある。
 

しかし就職ナビがあったり、「とりあえず多くの企業を受けよう」と考える就活生が多くいたりしたとしても、ドワンゴのように独自にスクリーニングを行えば(あるいは求める人物像を明確化することで、その人物像に合わない就活生に「この企業を受けても無駄だ」と思わせれば)、事前に冷やかしで受ける就活生を排除することが出来るのも事実のはずだ。現に、当ブログで取り上げたライフネット生命は「重い課題」を選考プロセスに組み込むことで採用試験の受験者数を抑えているけれど、そういう取り組みもせずに多くの就活生が選考を受けに来る事態を嘆くのはその企業の自業自得ではないか。就活生のスクリーニングをしないんだったらしないで良いのだが、それならそれで多くの就活生がエントリーをしてくることに文句を言うのは如何なものか。悪いのはエントリーしてくる就活生ではなく、スクリーニングの手間を惜しんでいる企業の方だと思う。


ドワンゴの試みによって、就職ナビ・就活生だけでなく採用活動を行う企業にも批判の余地があることが可視化されれば良い。そういう意味では「受験料徴収」という手段に嫌悪感を抱くことは否定できないとはいえ、この度のドワンゴの行動には一定の意義があったと評価できる。

スクリーニングの手間を惜しむ企業が「たくさんの就活生が受けに来る・・・」と嘆くのは筋が違うという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly     

ドワンゴの受験料徴収とライフネット生命の「重い課題」

今からちょうど一年前、有名ブロガー「ちきりん」が自身のブログで「就活市場を一発で適正化できるミラクル解決法」という記事をアップし、現在の就活を改善するための案を述べた。それは「応募検定料を、応募者が企業に払うようにする」というものだ。


「ちきりん」曰く、人気企業に応募すること自体は簡単であるがゆえに就活生のエントリー数が増えていき、企業は企業で多くの就活生を相手にしなければならず大変であると。そこで企業が就活生から応募検定料を徴収することで就活生は受ける企業を吟味するようになり、それに伴い企業の負担は緩和されると。ざっくり言えば、このような問題意識と理屈に基づくアイディアである。


そして今年、そんな「ちきりん」のアイディアを知ってか知らずか、「ちきりん」のアイディアを実行した企業が現れた。それはドワンゴグループ。採用ホームページには「ドワンゴグループは、2015年新卒採用において、ご受験の際に2525円を受験料として頂きます」と書かれている(http://info.dwango.co.jp/recruit/graduate/guideline01/index.html)。就活生から受験料を徴収する趣旨は、受験者数が多すぎて本当に必要な人材を見極めるために十分な時間をかけることが難しい現状に一石を投じることにあるそうだ。


去年ドワンゴを受けた人数は分からないけれど、上記のようにドワンゴとしては受験者数を減らしたい、具体的には本気で入社を考える人のみを選考したいと考えていて、そのために就活生から受験料を徴収することを決めている。この点、ドワンゴの「本気で入社を考える人のみを選考したい」という考えは理解できる。しかし、そのために就活生から受験料を取るという手段を採用したのには個人的には嫌悪感を抱く。嫌悪感を抱く理由の一つにはもちろん「就活生の金銭的負担」があるが、もう一つ思うことは「別のやり方もできたんじゃないの?」ということだ。


ドワンゴの「2014年新卒採用」の選考プロセスを確認すると、エントリーシートの他に任意で「技術アピール提出」を就活生に認めていることが分かる(http://info.dwango.co.jp/saiyo/2014/process.html)。要は自分の技術をドワンゴにアピールする機会が熱意ある就活生に与えられているわけだが、これをエントリーの際の必須要件にしてしまえば「本気で入社を考える人のみを選考したい」というドワンゴの目的は大いに達成できるのではないか。また、もしドワンゴが「技術を有していない人も欲しい」と思っているのであれば、この「技術アピール提出」に準じる課題をエントリーの要件として定めれば、自ずとドワンゴに入社する意欲を持つ就活生のみエントリーをするよう仕向けることが出来たのではないか?


例えばエントリーの際に「重い課題」を要件として設けることで知られるライフネット生命の採用フローを見ると、プレエントリー時には8271名いたのに対し、実際に本エントリーをしたのは(つまり「重い課題」を提出したのは)わずか111名に留まる(http://recruit.netseiho.com/screening/index3.html)。プレエントリーをした人数に対してこれほど本エントリーをした人数が少ないのは、やはりエントリーの要件となっている課題が重く、厄介だからだろう。これはやり方次第で受験者数を抑えることが出来る例と言えると思うし、この例からも受験料を徴収する必然性に疑問を抱く。


ドワンゴとしては「本当に必要な人材を見極めたい。そのために"本気で当社で働きたい"と思う人のみ受験してほしい」というスタンス。しかし、もしドワンゴが採用活動に「本気」なら、ライフネット生命のように応募者の力・熱意を測るための課題を用意したはずではないだろうか。しかも、就活生から徴収した受験料の使い道の説明は「集めた受験料は奨学制度の基金かなにかに全額寄付をする予定です」・「現在具体的な寄付先は決定しておりません」と非常にぐだぐだ(「基金かなにか」って、どんだけ適当なんだ・・・)。皮肉なことに就活生に「本気」を求める当のドワンゴこそ、もっとも本気度が欠けているのかもしれない。

就活生に「本気」を求める当のドワンゴこそ、一番本気度が欠けているんじゃないか?という意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly   

ライフリンクが企業に求めているのは「就活生間の公平性」ではなく「誠実さ」ではないか

NPO法人・ライフリンクが、今月18日に「“就活自殺”の背景に迫る"就活に関わる意識調査"」の第2版を発表した。この調査は今年の3月・7月の2回にわたって行われ、その目的は就活の問題を取り上げることを通じて、生きづらさを感じる学生の声を汲み取ることにある。


この点、「若者を見殺しにする国」という著書で知られる赤木智弘さんは、「企業に公平性を求めるのはナンセンス」という記事において、この調査に対して批判的な立場を示した(http://blogos.com/article/71943/)。批判内容の一つとして、ライフリンクの問題提起は「企業は就活生間の公平性を担保するべき」というものであるが、そのような主張は妥当ではないというものが書かれている。


赤木さんは記事で「(不公平性を)批判するのは、恋愛において"俺をフって、他の男と付き合ったことの公平性を証明せよ!"と迫るようなものである。就職も恋愛も私的な問題に過ぎないはずだ」と述べる。僕はライフリンクの調査結果の原本よりも先に赤木さんの記事を先に目にしたので、当初はライフリンクの問題提起にこのような欠点があるものだと思っていた。しかし、いざライフリンクの調査結果を見てみると、逆に赤木さんの主張がおかしいという感想を持った。


上記のように、赤木さんはライフリンクの問題提起を「恋愛において"俺をフって、他の男と付き合ったことの公平性を証明せよ!"と迫るようなもの」と評した。しかし僕が見たところ、ライフリンクのメッセージは「恋愛において自分を振るのは構わないが、せめて振り方をもう少し考えてくれないか?」というものだと感じた。つまり、ライフリンクが企業に求めているのは「(就活生間の)公平性」ではなく「誠実さ」ではないかと思った訳である。


そもそも、赤木さんがなぜライフリンクの調査結果から「企業に公平性を求めている」という問題提起を読み取ったのかというと、ライフリンクの調査が「ランクの低い大学では説明会にすら参加できない」という就活生の不満を取り上げていたからだと思われる。確かに、調査結果の原本を見てみると、11ページに「学歴フィルター(全ての学生に公平に開かれた採用を謳いながら、実際は大学名によって優遇や差別があること)」の存在に触れている箇所があることが分かる(http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/201310shukatsu.pdf)。


しかし、ライフリンクが「学歴フィルター」の存在に触れた背景に「就活生間の公平性を担保すべき」という信念があるとは僕には思えなかった。なぜなら、調査結果のp.53を見ると、そこには就活生の「学歴フィルターがある。欲しくない学校なら最初から言ってほしい。無理に平等を取り繕う必要はないと思う」という声が載っているからだ。また、ライフリンクも調査結果を踏まえた提言として「採用活動における企業の"二枚舌"を禁止する」というものを挙げている(http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/201310teigen.pdf)。


つまり、ライフリンク・調査に答えた就活生も別に企業に対して「公平性」を求めているわけではなく、むしろ「就活生間の不平等さは構わない。しかし、実際には不平等な採用活動をしているのに、あたかも公平な活動をしているかのような素振りをするのは辞めてくれ」という主張をしている。なぜこのような主張をしているのかというと、調査結果のp.12を見ると「企業のルール違反や不誠実な対応が学生の不安や戸惑いに繋がっている」からであることが分かる。このことから赤木さんの批判はあまり適切ではなく、ライフリンクが企業に求めているのはやはり「誠実さ」ではないかと思っている。そしてこの認識が正しければ、ライフリンクの問題提起は僕がこれまでブログで書いてきた内容と大いに通じるところがあるので、共感できる。

ライフリンクが企業に求めているのは「就活生間の公平性」ではなく「誠実さ」ではないかという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly     
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。