スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校教育が「社畜」を生み出す土壌になっているだって?

和田実さんという方が書いた「社畜を“育む”学校教育?"やりがい""自己実現"という洗脳が社員を蝕む」という記事では、日野瑛太郎さん著の「あ、"やりがい"とかいらないんで、とりあえず残業代ください」で提起されていた議論が紹介されている。その議論とは、簡単にいえば「人が"社畜"へと洗脳されていく過程がある」というものだ。


こうした議論は今野晴貴さん著の「ブラック企業」でもなされていて、日野さんの本に書かれている議論は今野さんの議論と結構重複している。具体的には「就活や新人研修で洗脳がなされることで、人が違法行為を受け入れるようになっていく」という主張などが共通している。ただ一方で、僕が見落としているのでなければ日野さんの本のみで主張されていることもあって、それが「学校教育が社畜を生み出す土壌になっている」というものだ。


その具体例の一つとして挙げられているのが職場体験だ。本では次のように書かれている。

学校教育の目玉である職場訪問・職場体験でも、強調されるのはこういった労働の「自己実現」「社会貢献」といった側面です。「仕事にやりがいをもって取り組む大人たちの姿」や「人や社会の役に立つことで金銭以外の喜びを得る大人たちの姿」をたくさん見せられて、子供たちは「働くことはお金のためだけではない」ということを学ばされます。このように、「働くことはお金のためだけではない」と教えられているうちはまだいいのですが、あまりにも「仕事で得られるお金以外のもの」が強調されすぎているため、いつしか生徒たちは「お金よりも、やりがいの方が大事だ」という価値観が正しいと考えるようになります

冒頭で触れた和田さんは、記事の最後で「著者は戦後から社畜化教育の歴史を振り返るが、歴史を見れば、明治期の"軍人勅諭"や"教育勅語"に見られる"滅私奉公"の思想が、戦後は"国"から"会社"へとその対象を変えたにすぎないことは明らか」と言っているので、恐らく日野さんの話の大部分に同意しているのだと思う。ただ僕は、特に引用部分の最後「いつしか生徒たちは"お金よりも、やりがいの方が大事だ"という価値観が正しいと考えるようになります」という点に違和感を覚えた。単純に「本当に生徒たちはそんな価値観を持ってるの?」という感覚もあるけれど、それ以上に(これはこれで問題がある気がするが)「職場体験で得た気づきが生徒の心に残っているものだろうか?」という疑問がある。


このように感じているので、職場体験への評価としては児美川孝一郎先生が「キャリア教育のウソ」という本で展開している主張の方が個人的にはしっくりくる。児美川先生は、労働政策研究・研修機構が全国の20代半ばの若年者を対象に実施した「学校時代のキャリア教育と若者の職業生活」という調査を紹介しながら、職場体験というイベントが生徒に「気づき」をもたらすことは確かだけれども、その気づきが学生の中に定着し後々にまで影響を与えるのかというとそういう訳ではないと主張している。要は、現在の職場体験の問題点は体験が「一過性のイベント」に留まり、そこで得たことが風化してしまう点にあるのだという。


何をもって「一過性」と言えるのかというと、具体的には中学生の時はほぼ全員が職場体験に取り組むにも関わらず、高校生になると3割弱しか取り組んでいないという事情が挙げられるらしい。即ち、(僕もその一人だが)多くの人にとって「職場体験」とは中学の時に一度やって、その時点では何となく楽しめたり気づきを得られたりしつつも、結局のところその時の経験は後にほとんど忘れてしまっている・・・という性質の体験になってしまっていると言える。


上述の「学校時代のキャリア教育と若者の職業生活」という調査では、「中学時代に将来の進路や職業について学習したこと」が「かなり役立っている」と答えた人はわずか1.9%で、「やや役立っている」と答えた人も16.2%に留まるという結果が出ているそうだ。逆に「ほとんど役立っていない」と答えた人は32.9%で、「あまり役立っていない」と答えた人も25.1%いる。児美川先生はこのデータも踏まえて「職場体験の教育的効果は小さいのではないか?」と主張していて、確かにこうしてみると、現在の職場体験には「社畜を生み出す土壌になっている」と言えるほどの影響力は無く、その問題点は「何となく行われている、あんまり意味が無いイベントになっている」と捉えるのが妥当なのではないかと個人的には思っている。

現在の職場体験の問題点は、体験が「一過性のイベント」に留まっていることなんじゃないか?という意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加 
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly      
スポンサーサイト

「自分の読書レベルはまだまだしょぼい」という自覚を持つことの必要性

読書家の俺が思う読書の弊害」というエントリをきっかけに、いくつかのブログで読書論に関する記事が書かれている。この「読書家の俺が思う読書の弊害」には「その辺にある新書100冊くらい読めば、自分の成長ぶりに驚愕するぞ。でもな、読書すると周りの奴らが滑稽に見えてくる。自分に自惚れて、周りが許せなくなる」という、本気で書いているのか釣りなのかちょっと判断が難しい文章があったりする。


この「新書100冊くらい読めば、自分の成長ぶりに驚愕する」のくだりが薄っぺらく見えてくる文章として、「読書」に関するブログ記事で最も僕の印象に残っている「読書の方法と無方法 ― なぜ読めないのか?」には次のような記述がある。

すべての文言が理解できる本などというものは、ほとんどあり得ない。“本が読める人”というのは、むしろ読み飛ばすことができる人のことを言う。どんな難しい本も、必ず2行や3行くらいは“わかる”文章に出会うことがある。そういった2行や3行が5頁おき10頁おきに1ヶ所、2ヶ所必ず存在している。そういった“わかる”箇所を一つ、二つと見出しはじめていくと、従来わからなかった箇所の一部までもが何となくわかってくる感じがする。点が線で結びついていく。そうやって、こじ開けるようにして難しい本を読み開いていく。それが読書だ(中略)言葉を読み込む、文章を読み込むということに最初もなければ最後もない。点を線につないだり、線を点に戻したりしながら、一つの同じ言葉が、一つの同じ文章が何回もその意味を変えていく様(さま)を体験すること、それが読書だ

これは「努力する人間になってはいけない」の著書で知られる芦田宏直先生のエントリ。ちなみに、息子の芦田太郎さんはこの文章について「俺がまだまだ新書レベルで満足し、親父の本棚の本に辟易しているのを見た親父からのメッセージのような気がします」・「小説しか読まない人も、新書レベルで止まってる人も、新書レベルを毛嫌いする人も《読書》しませんか?(http://blog.livedoor.jp/taro_0726/archives/50460340.html)」と言っていて、つまり芦田家からすると「読書家の俺が思う読書の弊害」を書いた人はそもそも「読書」をしているかも怪しいということになりそうである。


僕の理解が正しければ、外山滋比古先生も「読みの整理学」という本で似たようなことを述べている。

既知を読むのをアルファー読みと命名したい。そして、もうひとつの未知を読むのをベータ―読みと呼ぶことにする(中略)どんなによく知っていると思っている問題について書かれた文章であっても、知らない新しい未知のことが織り込まれていないとは言えない。しかし、大部分が分かっていると、かりによく分からない部分があっても、前後関係で検討がつく

要はどちらも「分かるところを手掛かりに、分からないと感じた部分の理解を試みてみよう」と言っているのだと思っている。この点、上述のように芦田先生は「2行や3行が5頁おき10頁おきに1ヶ所、2ヶ所必ず存在している。そういった“わかる”箇所を一つ、二つと見出しはじめていくと、従来わからなかった箇所の一部までもが何となくわかってくる感じがする」と言っており、これに対しては「分からない部分に対して分かる部分はほんの僅かしかないのに、それでも分からない部分が分かってくるものなのだろうか?」という疑問が浮かぶけれど、それはそんな疑問を抱いてしまう僕の読書レベルもまたしょぼいという話に過ぎないのかもしれない。


今回取り上げたのは「未知の部分を読み解く」というテーマであった。ただ、他にも例えば「本を読む本」における「シントピカル読書」の説明の中で、著者は「熟達した読者は、読んだ本を手掛かりにして"それらの本にはっきりとは書かれていない"主題を、自分で発見し、分析することもできるようになるはずである」と言っていて、これもまた「自分がしている行為は本当に"読書"と言えるのか?」という自己点検を促す記述である。勿論、必ずしも読書という行為をそんなに堅苦しく考える必要はないだろう。しかし、読書を単なる趣味としてではなく知的レベルの向上を図る手段として活用することを考える人は、自分の読書レベルに向上の余地が大いにある可能性を自覚するべきなのかもしれない。 

読書を単なる趣味としてではなく知的レベルの向上を図る手段として活用することを考える人は「自分の読書レベルはまだまだしょぼい」という自覚を持つことが必要ではないかという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly    

辻太一朗 VS 海老原嗣生 ~アメリカでは大学の専攻と職業が繋がっているのか?~

先週の日経新聞に「採用、再び成績重視 三菱商事や富士通、客観評価容易に」という記事が載っていた。これは一部の大手企業が就活生に対して成績表の提出を求めるという、企業が学業の成果に着目して選考を行う動きを報じた記事である。また、10日の東洋経済オンラインの「[社名公開]これが就活で成績を活用する企業だ」という記事には、日経で取り上げられた「新卒採用において成績を見る企業」が載っている。


このように、現在教育と職業との接続の在り方が見直されていると言える。そして、より適切な見直しを行うためには海外の慣行がどうなっているのかに着目することが一定程度有益だと思う。ただ僕が知る限り、専門家の間でアメリカの慣行に関する認識に差異があるので、それを紹介したい。


まず、大手企業が成績を考慮する動きに大いに関わっているNPO法人・DSSの辻太一朗さんは著書「就活革命」でアメリカの慣行について次のように述べている。

アメリカの場合は、学生に対して特に知識を求めます。業界についての知識や職業上の専門知識です。学生はそれらを大学時代に身につけ、入社したらそれを役立てて、すぐに仕事をしなさいというわけです。私の友人にスポーツマネジメントの仕事をしている男がいます。私は彼にどうしてアメリカはそこまで専門知識にこだわるのか、入社してから3か月くらいかけてみっちり研修すればいいのではないか、と尋ねたことがあります。彼の答えは「その程度の知識では役に立たない」というものでした。ですからアメリカの企業は学生の専攻や知識を非常に気にします(中略)まず専攻が畑違いの学生はインターンシップの対象になりません(中略)企業が必要としているレベルの専門知識を持っていない学生は、そもそも選考の対象ではないのです(中略)アメリカには各州・地域ごとに中心的な産業があります。ニューヨークなら金融、デトロイトなら自動車、西海岸ならITといった具合です。大学での教育も、そうした中心産業を意識したものになっています。学生にとって大学は彼らが必要としている知識を与えてくれる場として、ちゃんと機能しているのです。(p.70-71)

端的にいえば、アメリカでは企業が学生に対して専門知識を求め、学生はそれに応えるために大学で猛勉強して知識を習得していくサイクルがあるという話。一方で、海老原嗣生さんは著書「就職、絶望期」でアメリカの慣行について次のように述べている。

実は、大学の文系学部の専門教育は、そのまま直接社会で役立つ可能性はほとんどないという事実。ここをはっきりさせておきたい。それも、日本だけではなく、これは世界共通の話だということも。なぜか、欧米では「大学の専攻と職業がきれいに繋がっている」という幻想が、世の中には広く浸透している。そうした幻想が「日本のように総合職という奇異な雇用慣行を持つからいけないのだ。きちんと採用時点で何の仕事をするか明確にわかる職種別採用なら大学の専攻と企業の仕事が繋がる」と訳知り顔で語る識者を生み出してしまう。しかし、この話を欧米の人事・雇用関係者に語れば、こんな風に鼻で笑われることになるだろう。「アメリカでも、文系の大学を卒業した場合、一番多くの人が就く仕事は営業ですよ。この仕事は、大学のどの専攻と結びつくのですか? 総務や人事の仕事はどうですか?これも専攻など関係ないでしょう。アメリカの場合は、大学卒業後に製造や販売の仕事に就く人も多々います。彼らももちろん専攻など関係ありません。経理やシステム開発でさえ、経営学部や情報工学を卒業しなくてもなれますよ」そうこと文系学部に限れば、圧倒的多数の人間はどこの国でも専攻と関係のない仕事についている。ホンの少数の、例えば法務とか金融とか会計とかマーケティングのスペシャリストのみ、選考と近い就職が可能になる。それも、超上位校を優秀な成績で卒業した人のみ。(p.195-197)

これは辻さんとは逆で、アメリカでも原則大学の専攻と職業は繋がっておらず、繋がっているケースが例外であることを指摘する文章である。これによると、辻さんは海老原さんが「幻想」と評した言説(「欧米では大学の専攻と職業がきれいに繋がっている」という言説)を唱えていることになる。


海老原さんが「なぜか、欧米では"大学の専攻と職業がきれいに繋がっている"という幻想が、世の中には広く浸透している」と言っていることから、欧米では大学の専攻と職業に関連性があると考える人は多くいるかもしれない。少なくとも僕個人としては、そう理解していた。ただ海老原さんの指摘が正しければ、その理解は誤りだということになる。


本の記述を読み比べてみるだけでは、正直どちらの記述にも怪しさを感じる。辻さんの文章は具体的な根拠として挙げられているのは「スポーツマネジメントの仕事をしている男」の話だけ。海老原さんにしても「この話を欧米の人事・雇用関係者に語れば、こんな風に鼻で笑われることになるだろう」と書いており、即ち実際に欧米の人事・雇用関係者の誰かが何かを語ったという訳ではない(海老原さんは「雇用のカリスマ」のはずなのに、欧米の人事・雇用関係者の内、誰か1人からちゃんと直接話を聞けなかったんだろうか・・・)。どうも、事実がはっきりしない。


こうしてみると、海外の就活の在り方について分かっているようで実は分かっていないことを実感する。海外の企業では一般的にどの程度「大学の成績」、「大学でどのような知識を得たか」という点に着目するのか。この点について、もう少し共通認識が深まってほしいと思う。

アメリカでは大学の専攻と職業が繋がっているのか、あるいは繋がっていないのか、よく分からないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加 
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly   

日本の教育はボロクソに言うほど悪くないし、教育に問題を抱えるのは他国も一緒

一つ前の記事で取り上げた「教育再生実行会議」という名称を見ると、日本の教育に「再生」の必要性があるということで、「現在の教育の在り方には問題がある」という前提の存在が感じられる。別にこの会議のメンバーに限らず日本の教育に問題を感じる人はいるだろうし、中には日本の教育を他国と比較した上で批判する人もいる。


そのような論調は、メイロマさん著の「日本が世界一貧しい国である件について」という本で見られる。メイロマさんはイギリスと日本の教育を比較した上で、前者を高評価し後者を批判している。端的に言えば「日本の教育に無駄が多すぎる」と感じているらしく、その無駄の一つは「日本の教育が、暗記とそれを吐き出すという作業の繰り返しになっている」とのこと。それに対して、イギリスの小中学校・高校では「チャールズ5世の外交政策は失敗であった。その理由とは何か?」・「エジプトの歴史をホームページ、データベース、インターネット上の動画を使って調べなさい。そしてそれをウェブサイトにまとめ、facebookで発表せよ」といった課題を学生に課す、即ち「考えさせること」に重きを置いた教育をしている点が良いのだという。


メイロマさんは「このような課題を繰り返しやることで"考える力"、"情報を正しく使う力"、"説得する力"が身に付きます。仕事や日常生活で必要な力は、まさにこれらでしょう。暗記ばかりやっている日本の学生は、人生の時間を無駄にしているとしか思えません。考える訓練を受けられないかわいそうな人たちです」と述べる。こうしてみると、日本の教育がイギリスの教育に劣っているかのような印象を受けるし、もしかすると実際劣っている部分もあるのだろう。しかし一方で、日本の教育は相対的に見ればだいぶマシなんじゃないかと感じさせるニュースもある。


知っている人も多いと思うが、それは「日本の"成人力"世界で突出 "読解力""数的思考力"トップ OECD調査」という記事である。これは、仕事や日常生活で必要とされる汎用的スキルのうち「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の3分野のスキルを直接測定することを目的として実施された「国際成人力調査」(PIAAC=ピアック)で、経済協力開発機構(OECD)加盟など先進24カ国・地域のうち、日本の国別平均点が「読解力」と「数的思考力」でトップだったことを報じたニュースである。


記事の見出しだけ見ると「日本の平均点がトップ」ということしか認識できないが、このニュースでは「日本は各国に比べ、成績の下位者の割合が最も少ない」ということも報じている。実際、国立教育政策研究所のホームページに掲載されている「PIAAC日本版報告書"調査結果の要約"」を見ると、日本の「成績の下位者の割合」の少なさが他国と比べて際立っていることが分かる(http://www.nier.go.jp/04_kenkyu_annai/pdf/piaac_summary_2013.pdf)。そして、それはメイロマさんが大好きなイギリスよりも少ない。


「レベル1未満」から「レベル5」の6段階評価である読解力の習熟度レベルを見ると、レベル1未満の割合がイギリス(イングランド)が3.3%いるのに対して、日本はわずか0.3%に留まっている。レベル1の割合はイギリスが13.1%に対して日本は4.3%。レベル2の割合もイギリスが33.1%に対して日本は22.8%。つまり、日本とイギリスで成績の下位者の割合を比べるとイギリスの方が圧倒的に高く、必然的に中位者~上位者の割合は日本の方が上ということになる。


また、同じく「レベル1未満」から「レベル5」の6段階評価である数的思考力の習熟度レベルを見ると、レベル1未満の割合がイギリス(イングランド)が6.4%いるのに対して、日本はわずか1.2%。レベル1の割合はイギリスが17.8%に対して日本は7.0%。レベル2の割合もイギリスが33.3%に対して日本は28.1%。読解力の結果と同様に、日本とイギリスで成績の下位者の割合はイギリスの方がはるかに上となっている。


つまり、イギリスでは低学力層が相当いるということで、これは日本のことをバカにしている場合ではないレベルの課題なのではないだろうか(バカにしているのはイギリス人ではなく、メイロマさんですが)。「読解力」「数的思考力」がレベル1未満だとかレベル1だということは、そもそも基礎学力が備わっていないということだろう。日本とイギリスの基礎学力が互角で、その上でイギリスの人たちに「考える力」が備わっているのなら「イギリスすごいな」と思うけれど、実際にはそうでないのだから別にそこまでイギリスを礼賛する気は起きない。むしろ、見習ったらまずいんじゃないかとすら思う。


メイロマさんの言うことは「外国のいいところと日本の課題を比べて"外国はいい"と言っているだけ」とみなすくらいで丁度良いんじゃないだろうか。「日本にあって外国にはない良さ」というものがあることを認識し、その良さを損なわない形で教育を改善していくことが望ましい。

日本の教育はボロクソに言うほど悪くないし、教育に問題を抱えるのは他国も一緒という意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly     

ブログ記事に対するコメントを見て「これは明らかに読解力不足だ」と感じたことは無いか

ブログを運営するということは、必然的に一定の量の文章を書き、且つその文章を読んだ人から文章に対する感想を頂くという行為が伴う。また、他のブログに目を通し、且つそのブログの記事にどのような感想が寄せられているのかを確認することも、僕にとってはブログ運営の一環として行っている行為と位置付けている。


そのブログ運営に際してよく感じることの一つが「なんで、この記事の内容に対して~なコメントがつくのだろう?」という疑問だ。挑発的に言えば、コメントを寄せる人の読解力不足を感じることがあるということである。特にブログを運営する人には、この感覚をある程度理解してもらえると思う。またブログを書いていない人でも、このブログや他のブログの記事に対する感想を目にして「このコメントは、そもそも記事の主張を理解していないのではないか?」と違和感を覚えることがあったりするのではないか。


例えば最近最も酷いと思ったのは、以前このブログによくコメントをくださった「吊られた男」さんの「イケダハヤト氏がアフィリエイト乞食として半沢直樹をロックオン…」というエントリーに対するイケダハヤトさんの反応。イケダさんは記事を読み、次のような感想をつぶやいている。イケダさんのつぶやきを見れば分かるように、イケダさんは彼自身の「本をブログで紹介して、その実売分から手数料をもらう行為」を批判されているのだと受け取り、それに対して怒りの声を上げている。 


しかし「吊られた男」さんのエントリーを見ると、イケダさんの感想が筋違いであることが分かる。なぜなら、エントリーの最後には次のように書かれているからだ。

アフィリエイトそのものを否定する気もありません。ブックレビューばかりでAmazonアフィリエイトばかりのブログでもいい。しかし、読んでもいない本を読んだかのように紹介するかのような書きっぷりは良くないですね

詳しくは「吊られた男」さんのエントリーを読んでいただきたいが、元々「吊られた男」さんはイケダさんの半沢直樹評(http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/26262)を見て「イケダさんは明らかに本を読んでないだろ」という感想をお持ちになった。そして、その感想に基づき「読んでもいない本を読んだかのように紹介するかのような書きっぷりは良くない」と結論付けている。この論理展開を見る限り、どう考えても「吊られた男」さんのエントリーはイケダさんが解釈したような「本をブログで紹介して、その実売分から手数料をもらう行為」を批判したものではない。そもそもイケダさんが本当に「吊られた男」さんのエントリーを読んだのかどうかすら怪しいレベルの読解だと思う。にも関わらず・・・このようにイケダさんに賛成する人もいるので、一体どうなっているんだと思っている。


また僕自身、自分のブログ記事に対して「?」と思わずにはいられない感想が寄せられることが正直ある。例えば、最近twitter経由で寄せられた次の感想はその典型。この感想に対しては、ぶっちゃけ「そんな訳ないじゃないですか(僕の記事の内容が"マナーを知らないガキ"の増加につながるわけがないじゃないですか)」としか思えない。なぜなら、この感想がついた過去記事ではあくまでも「"マナー"という言葉を盾に、人に過剰な気遣いを求める行為」を批判したのであって、別にマナー違反を積極的に奨励するようなことはしていないからである。そもそも記事本文を読んだのかどうかすら疑わしい感想である。


「コミュニケーション能力」が重要と言われる今日この頃だが、ブログ運営をしていると「読解力」、換言すれば「文章の要旨を読み取る能力」が欠けている人が多いように感じられる。「誤読を一切するな」とまで言う気はないが、この記事で取り上げた2つの例みたいに「そもそも記事を読んでないのではないか?」と疑問に思ってしまうほどの読解レベルはさすがにまずいだろうと僕は思っている。


なお今日の記事では扱っていないが、勿論問題があるのは読み手だけでなく自分を含めた書き手も同様である。僕自身も恐らく過去に2回ほど「文章がおかしい」という趣旨のコメントを受けて記事本文の記述を修正したことがある。そんな訳で、ブログ運営をしていると「具体的な手段はまだ思い浮かばないけれど、もう少し各人の国語力を改善していかないとマズいのではないか?」という思いを抱くのである。

ブログ記事に対するコメントを見ると「これは明らかに読解力不足だ」と感じることが少なくないという感覚に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。