スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「就活と日本社会」のレビューを書きました

日野瑛太郎さん批判や読解力が欠けたコメントを取り上げている内にすっかりご無沙汰となった感がある、就活の問題点を検討する試み。ただつい最近、常見陽平さんが「就活と日本社会」という就活を社会問題として捉える本を出したことを受けて、久しぶりに問題に触れてみた。


結論から言えばこれはかなり酷い本で、具体的にどこが問題なのかはこの記事とamazonのレビューにて記した。かなりの長文となったけれど、これでもまだ本の問題点を一部しか指摘していないということはこの場を借りて書いておきたい。なお、レビューと併せて過去記事「100社受けてすべて落ちる就活生もいる一方で、全く行動しない就活生もいる」を読むと常見さんの本の問題点が一層浮き彫りになると思うので、良かったらそちらにも目を通してみてください。

●「就活と日本社会」(評価:星1つ)

「肝心なところが論証されていない。また、先行研究の紹介にも不適切な点が見られる。」

一見企業は学生間の平等を担保した採用活動を行っているように見えて、実は主な採用対象を偏差値が上位クラスの学生に限定している場合がある。それにも関わらず中堅以下クラスの大学の学生たちは「もしかすると自分たちも大手企業に入れるかもしれない」という「平等幻想」に囚われることでそうした企業の選考にのめり込み、それが苦しみを生んでいないか。それよりは自分の大学のレベルに合った分相応な就職先を見つけることに注力した方が無駄に苦しまずに済むのではないか・・・ざっくり言えばこれが本書の肝となるメッセージ。著者は「平等という幻想、誰でも自由競争でより高い階層に移動できるのではないか、という幻想が人の負荷を増やしてしまっているのではないだろうか」・「平等であるという幻想、より高い地位を獲得できるのではないかという希望が人々を苦しめるのである」と問題を規定している。


本書には様々な問題点があると感じられたけれど、その中で最大のものは「学生は大手企業を志向している」と学生の行動パターンを一括りにし、中堅以下クラスの大学の学生がどのように就活に取り組んでいるのかに関する論証が抜け落ちている点だと思う。その論証がなされないまま中堅以下クラスの大学の学生たちに「平等幻想を捨てよう」と説いても説得力が無い。


この点、例えば小杉礼子氏が編集した「『大学生の就職とキャリア――「普通」の就活・個 別の支援』」という本には、偏差値が低い大学の学生は上位レベルの大学の学生と比べると就活のスタート時期が遅かったり、活動量が少なかったりする(つまり、企業の選考を積極的に受けないということ)旨の調査結果がある。即ち、著者が危惧する「平等幻想に囚われて大手企業の選考に数多くアタックして撃沈して疲弊する中堅以下クラスの大学の学生たち」は実のところそれほど存在しないのでは?ということは、彼らに「平等幻想」を捨てることを説いても、それはただの空回りなのでは?著者は「平等という幻想を手放せば就活も採用も変わる」と言っているけれども、本当にそれほどまでの効能があるのか?


なお本書では触れられていないが、当の著者自身、著書「就社志向の研究」において「学校群により、就活の動き、結果は違う」と述べ、学生の就活を一括りにすることが妥当ではない旨を指摘している。それにも関わらず、上述の通り本書では学生の行動パターンを一括りにした上で「平等幻想を捨てよう」という問題提起に飛びついているのはおかしなことだ。著者は本書の中で「現実を捉えない、大雑把な議論こそ罪である」と述べているけれども、当の著者がそうした議論を一番肝心なところで展開しているように思える。


勿論、大手企業の選考を数多く受ける中堅以下クラスの大学の学生たちは一定数いるのだろうから著者の問題提起の意義はゼロではないだろう。しかし、かなり小さいとも言えると思う。それどころか、本書の論調に従うと就活うつの原因が「就活生が(学歴差別の実態を理解していないという事情があるとはいえ)身の程知らずだから」と単純化されかねない危険性があるという点で益よりも害の方が大きそうである。


上記の要素だけでも相当のマイナスポイントだけれども、本書にはその他にも他者の議論・先行研究の紹介に不適切な箇所があるという問題も存在し、それで評価を星一つとしている。特に酷いのが小山治氏が提唱した「採用基準の拡張」という概念の紹介で、著者は「採用基準の拡張については、小山が指摘している通り、選考に参加する者との対話を通じて、求める能力・資質などが追加されることが確認された。つまり、選考活動、具体的には面接を繰り返すうちに、求職者に対する質問内容は追加されていった」と書いている(p.104-5)。しかし、実際には小山氏が言っているのはそういうことではなくて、彼が言う「採用基準の拡張」とは「面接を繰り返すうちに」採用基準が増えていくという話ではなくて、「とある1回の面接」を評価する際に、元々は評価用紙記載の評価項目にはなかった要素が急遽評価対象として加わるという話である。著者の紹介は読者の誤解を誘うものであり、仮に小山氏がこの箇所を読んだらどう思うのかは中々興味深いところ。


このレビューでは本書の問題点の内「肝心なところが論証されていない」・「先行研究を歪めて紹介している」というものを指摘したけれど、これらから言えるのは著者に知的誠実さが欠落しているということに尽きるのかもしれない。もっと真っ当な論者の仕事に光が当たるのを願うばかりである。

「就活と日本社会」のレビューは参考になったという方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  
スポンサーサイト

「脱社畜の働き方」・「日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”」のレビューを書きました

今回のレビューは、日野瑛太郎さん著の「脱社畜の働き方」・山田昭男さん著の「日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”」です。なお、下記のレビューでは触れていませんが「脱社畜の働き方」には「仕事のための仕事のような意味のないものを排除して、本当にしなければならない仕事のみを集中して行うようにすれば、週に3日休むのぐらいは十分達成可能なのではないか(p.238)」という記述があります。そして「日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”」には、この記述をほぼ実践したと言えるような例が載っています。その意味では、今回取り上げた2冊の本には多少の関連性があると言えるかもしれません。


●「脱社畜の働き方」(評価:星2つ)

陳腐な問題提起。展開されるのは抽象論ばかり。全体的に質が低い1冊

日本の労働環境・仕事観に疑問を呈した上で、著者の起業体験記・会社外でお金を得るための方法・著者が考える理想の社会と話が進んでいく1冊です。日本の労働環境の問題点を指摘しようとする著者の試みには共感できるのですが、それでも本書を高評価することは出来ませんでした。いくつか理由はあるのですが、その中で本書のメインパートである「日本の労働環境・仕事観への疑問」に関する文章の難点を書きます。


1. 問題提起の内容が陳腐


本書における日本の労働環境・仕事観に関する問題提起は「陳腐」です。実のところ、著者の主張そのものは分からなくはありませんでした。しかし、本書で書かれている議論の多くはネットで「労働環境 おかしい」と検索すれば出てくる程度のものです。あるいは、メイロマさん著の「日本が世界で一番貧しい国である件について」・今野晴貴さん著の「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」で提起された議論と内容はほとんど変わりません。他レビューで本書を「どこかで読んだような内容と感じられる箇所も多い」と評するものがありますが、これは的確な評価だと思います。


もっとも、問題提起の内容がありふれているとしても、日本の労働環境のおかしさを示すエピソードが多く盛り込まれているのならば、そこに価値を見出すことは出来ます。しかし本書はエピソードがほとんど語られず、抽象論が展開されることが多いのです。例えば「"社会人なら○○して当然"とか"□□ができないやつは社会人失格"とか、こういう表現を聞いたことは無いだろうか(p.40)」と著者は問題提起するのですが、その後著者はなぜか「試しに、これらのテンプレート表現を利用して、理不尽を強要するフレーズを作ってみよう」と話を進めます。率直に「なんで、自分の経験を書かないんだろう?」と疑問に思いました。あるいは、有給休暇の話でも「他人が有給を取得しようとしていると、"休暇を楽しんでおいで"と気持ちよく送り出す人はあまりおらず、すぐに"この忙しいのに、常識が無い"とか"あいつのせいで、負担が増える"とか、そういった非難が先行する(p.47-48)」と、エピソードを用いずに抽象的な言い回しに留める記述が見られます。


著者は「(自分が)たまたまとんでもない会社に入ってしまったというだけなのだろうと思い、転職を試みようとしたこともあるのだけれど、どうも他の人の話などを聞いていると、日本の会社はどこも大体同じような感じらしい。むしろ、お前の会社はかなりいいほうだ、とまで言われて僕は初めて社会に絶望したものだ(p.170)」と言っているのでエピソードを紹介する余地は大いにありそうなものですが、上記のようになぜか展開されるのは主に抽象論です。これでは、本書の問題提起の中身を「陳腐」と評さざるを得ません。


2. 問題提起が抽象論だらけ。著者の議論に説得力が感じられない。


上で本書の問題提起が抽象論であることを記しましたが、それは同時に「何となく当たってそうな気はするけど、本当にそうなの?」と著者の議論の妥当性への疑問をもたらします。


どういうことかというと、例えば本書にはデータ・統計がほとんど見られません。「有給休暇を使い切る労働者の割合」の国際比較くらいではないでしょうか。amazonにある本書の内容紹介には「日本には"働くことは尊い""会社のために尽くすことは素晴らしい"といった仕事に対する独特の価値観があります」とあるので、「じゃあ独特ではない、普通の価値観は何なの?(海外の労働環境・仕事観はどうなってるの?)」という疑問を抱いたのですが、その答えは本書にはほぼ皆無です(「海外の一部の国では有給休暇とは別に病欠用の"シックリーブ"という休暇がある」という記述はありますが、これはこれで「"海外の一部の国"って具体的にどこですか?」という疑問を持ちます。本書はこんな抽象論ばかりです)。


また、著者の分析・議論が独りよがりだと感じられる箇所が見られます。例えば「そもそも通勤中のサラリーマンは、なんでこんなにつらそうな顔をしているのだろうか。原因は単純に電車が混んでいることだけではないと思う。何度か、早朝の空いている時間の電車に乗って会社に行ったこともあるが、それでも通勤中のサラリーマンが疲れてつらそうな顔をしていたことには変わりがなかった。一方、休みの日に行楽地に向かう電車は混んでいるけど、そのときはみんなつらそうな顔をしていない。車内が混んでいてつらいから、という理由だけでサラリーマンが渋面を創っているとは考えにくい。これはやはり、会社に行くこと自体に人を気落ちさせる要素があると考えるしかないだろう(p.23)」・・・完全に著者の独りよがりな主観ですね。あるいは「幸せになるならみんなでならなければダメだ、それが叶わないならむしろ全員で不幸になった方がいい・・・こう考えて行動していると思われる人が日本の職場にはたくさんいる(p.64)」という主張が何のデータもエピソードも紹介されることなく展開されています。「たくさんいる」ってどのくらいいるのでしょうか?本書からは分かりません。


全体的に、著者が「労働問題の専門家」じゃないことを差し引いても内容が酷いと思います。現状分析の質の甘さをエピソードでカバーできているならまだしも、上述のようにそれも出来ていません。学術的価値もエンターテイメント性もない、非常に中途半端な1冊です。著者が問題についてきちんとした勉強や調査をしたという形跡があまりにも感じられず、個人的には「ネットや本にあった議論・話をそのまま右から左に流しただけなんじゃないか?」という印象を持ちました。


その他「第5章は著者の"こんな社会になったらいいな"という願望がだらだらと書かれているだけで中身が無い」という欠点もあったりするのですが、他方で「陳腐とはいえ、問題提起の内容自体は正しい点もあること」・「第4章のプライベートプロジェクトについての文章は、会社外でお金を得るための方法を学ぶに際して出発点としては良さそう」と感じたことから(あるいは人によっては「著者の起業体験記」を面白く感じる人もいるかと思います)、星1つでは評価が辛すぎると考えてギリギリ星2つにしました。ただ本心としては、可能ならば「星1.5」という評価をつけたかった1冊です。全体的に本書に1580円の価値があるとは思えず、購入は薦めません。 


●「日本一社員がしあわせな会社のヘンな"きまり"」(評価:星4つ)

"徹底した差別化"という価値観が生み出す上質な労働環境

本書で取り上げられている「未来工業」は政府系機関から「日本一勤務時間が短い会社」と認定された会社なのだそうです。就業時間は8時半から16時45分までの7時間15分で、且つ残業は禁止。その上、休日は年間140日。だからといって、給料が安いわけでもない(著者曰く「高くも無いけど安くもない」そうです)。タイトルにある「日本一社員がしあわせな会社」という文言にも頷けます。


最近、新語・流行語大賞を受賞した「ブラック企業」は社員を使い潰すことによって利益を得る企業であるとされています。それに対して未来工業は「人間をコスト扱いするな(p.91)」という考えの下、きちんとした待遇を社員に用意することで社員のやる気を上げ、その結果会社の利益を出そうとするやり方を採用しています。そして、そのやり方で利益は出ています。


ただ、勿論このような恵まれた環境が天から降ってきているわけではありません。未来工業を貫く価値観は「徹底した差別化」というもの。他社がやっていないレベルで徹底的にコストを削り、それにより生まれた利益を社員に還元することで、上記のような上質な労働環境を実現しているのです。その「徹底的にコストを削る」ことについても、未来工業には「改善提案制度」という、会社をよくするための提案を紙に書いて出せばお金がもらえる制度があります。つまり社員が案を考えるインセンティブはきちんと整っており、且つ自分の提案が採用された場合職場環境全体が改善されることもあり得るわけですから、ひいては皆にとってプラスになるという訳です。


本書には未来工業の「差別化」の内容がたくさん詰まっています。日本の労働環境が語られる場合「他国と比べて異常」という方向に話が進んでいることが多いと思いますが、未来工業のように優れた経営をしている企業のやり方について考えてみることももう少し必要なのではないかと感じます。

「脱社畜の働き方」・「日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”」のレビューは参考になったという方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加 
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  

「凡人内定戦略」・「人を助けて仕事を創る」のレビューを書きました

今回のレビューは、武野光さん著の「凡人内定戦略」・山本繁さん著の「人を助けて仕事を創る」です。前回のレビューは常見さん著の低クオリティな本のダメ出しに多くの字数を割いてしまったので、今回はどちらも(個人的に)高評価した本を紹介したいと思います。


●「凡人内定戦略」(評価:星5つ)

自己PRするネタが無い就活生がやるべきこと・やるべきではないことを詳しく解説

本書は、自己PRするネタが無い就活生(「凡人学生」)向けに特化した就活対策本です。自己PR作り・企業研究・エントリーシート・面接・グループディスカッションなど就活生が直面する課題に対して、「凡人学生」がどのような行動・対策をとるべきかが分かりやすく書かれています。


本書のスタンスを簡単に述べると「自己PRするネタが無い"凡人学生"は"人間性"を武器に勝負するしかない。そして、その"人間性"を認めてくれる企業と出会う可能性を高めるために、また資格・実績を持つ"有能学生"を上回るために、スピード感をもって選考に参加していくべき」というものになります。このスタンスに基づき本の中では「自分の人間性が面接官に伝わるようにするための策」・「多くの企業の情報を効率よく手に入れるための策」などが解説されていたり、あるいは「就活における無駄な努力(一見やった方が有益そうだけれど、むしろ時間を割かない方が良いこと)」が記されていたりします。「やるべきこと(+その理由)」だけではなく「やるべきではないこと(+その理由)」も説明されていることで、就活生が正しい方向に向かって努力できるような構成となっています。


なお、「"人間性"を武器に勝負してもすごい資格を持っている人には敵わないのではないか?」と疑問に思う人がいるかもしれませんが、本書にはこの疑問に応えるエピソードも記されています。具体的には集団面接において語学力の乏しさを露呈した著者が、語学力のアピールに成功したバイリンガルの就活生たちを差し置いて唯一選考に通ったという例が載っています。また目立たないところに書かれているので気づきにくいですが、本書の裏表紙(?)には「(著者が)リアル・ネットを合わせて100人を超える就活生の相談にのり、その多くを内定に導く」とあり、本書の方法論が万能とは言えないまでも相当の汎用性があることが分かります。


全体的にエピソードの紹介が多く、また著者のドジな話も載っており、楽しく本を読み進めることが出来ると思います。それでいながら、実はその「著者のドジな話」が「就活においてやるべきではない行動」の解説となっていたりして、エンターテイメント性に溢れながら説得力のある解説を展開する文章力も本書の大きな魅力です。読んで損は無いと思います。


●「人を助けて仕事を創る 社会起業家の教科書」(評価:星5つ)

ソーシャルビジネスに従事するために必要な理論を体系的に学べる1冊

本書は、ソーシャルビジネス(社会問題を解決するために行うビジネス)の起こし方、経営の仕方について解説した本です。


以前日経新聞の「NPOへの就職、希望する若者が増加 多彩な活動で人気」という記事で取り上げられたように、NPOへの就職を希望する人たちは増加しているようです。恐らくその希望を叶えるための一番の近道は「NPOでインターンとして働き、実務経験を積む」というものだと思うのですが、一方で「まずは、ソーシャルビジネスに従事するために必要な理論を体系的に学びたい」と感じる人もいるかもしれません。本書はそのような要望に的確に応えてくれるはずです。


本書の長所は、第一に「網羅性」です。本書は「ソーシャルビジネスとは何か?」という説明から始まって、その後「社会問題を発見するための考え方」・「(社会問題を解決するための)サービス・商品の考え方」・「ビジネスモデルの組み立て方」・「創業準備に際してやるべきこと」・「創業後、どのように組織を運営するか」など解説が多岐にわたります。ゆえに、本書を読むことでソーシャルビジネスを行うに際して必要な知識の多くを習得することが見込まれます。


第二に、解説の信頼性・具体性です。著者の山本さん自身NPOを経営している方で、本書でも度々彼の実体験に基づく解説が見られます。このことから自ずと記述への信頼は高まりますし、またエピソードが紹介されることで解説が無味乾燥なものに留まることなく、大いに具体性を帯びたものとなっています。


上述の日経新聞の記事によると、「NPOに興味はあるが、よく分からない」という人も一定数いるようです。特にそういう人にとって、本書はとても有益だと思います。 

「凡人内定戦略」・「人を助けて仕事を創る」のレビューは参考になったという方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly 

「"就社志向"の研究」・「ブラック企業完全対策マニュアル」のレビューを書きました

先週から僕が書いた「就活問題・労働問題・教育問題に関する本」のアマゾンレビューの紹介を始めていますが、今回は常見陽平さん著「"就社志向"の研究 なぜ若者は会社にしがみつくのか」・古川琢也さん著「ブラック企業完全対策マニュアル」のレビューを転載します。「"就社志向"の研究」のレビューがかなり長いので(星1つをつけるにあたっては、やはりそれなりの理由は書かないといけないと思うので・・・)、興味ない人は読み飛ばして「ブラック企業完全対策マニュアル」の書評の方に目を通してもらえればと思います。

●「"就社志向"の研究 なぜ若者は会社にしがみつくのか」(評価:星1つ)

「海老原嗣生さんの仕事の劣化バージョン」

P.9にも書かれていますが、本書の目的は働き方・就活に関する事実・問題が何なのかを整理することにあります。本書を手に取る前に認識していただきたいのが、本書には著者なりの「では、どうすればよいのか?」という考えが示されているわけではないということです。


本書を読み終えても、結局のところ著者が就活をどう改善するべきと考えているのか、そのための策は何だと考えているのかが見えず、その点に不満を感じました。著者は本書でたくさんの「ダメ出し」を行います。「企業の採用改革はダメ」・「就活時期の繰り下げはダメ」・「新卒一括採用批判はダメ」・・・。


もっとも、じゃあ著者は「現状維持で良い」と考えているのかというと、「実際の学生が取り組む就活の肥大化・煩雑化、さらには企業と学生が出会えない構造こそが問題なのである(p.83)」・「学生が取り組む活動としての就職活動、企業が取り組む採用活動双方にとって肥大化し、負荷のかかるものになっていること、構造的な問題を抱えていることの方を問題として直視したい(p.105)」と述べているので、そういう訳でもないようです。しかし、本書では問題を直視したいと言って話が終わっています。本書の目的が事実・問題の整理であることは分かりますが、正直読み終えて「散々ダメ出ししておきながら、自分なりの解決策は示さないのか」という苛立ちを覚えました。本書と同様に、雇用問題の事実を丁寧に捉えることを目的とした仕事は何年か前に海老原嗣生さんという方も行い「就職、絶望期」などの著書を出しているのですが、彼が事実の整理に留まらず「問題の解決策の提示」もセットで行ったことを鑑みると、本書の存在意義に大きな疑問を抱きます。


もっとも、本書の目的は事実・問題の整理であるのだから、本書の評価はその目的を達成できているか否かで決めるべきだという意見もあるかもしれません。ただ、本書の中身に関してもいくつか不満がありました。その中で2つだけ記します。


第一に、著者が依拠するデータの信頼性に関する説明が不親切だったことです。この点、海老原さんは「就職、絶望期」という著書において、自身の主張を支えるデータを紹介する際に「大小約2500社にアンケートを実施した大規模な調査なのだが、とりわけ5000人以上の超大手企業の捕捉率がすごい」・「大量のアンケートとグループインタビューをもとに、就職開始から学生の志望軸がどのように変わっていくか」など、データの信頼性をも説明していました。勿論、全てのデータについて一々そのデータの信頼性を論証する必要は無いと思いますが(特に公的データを用いる際には、そういう説明は不要と思いますが)、本書では特に「HR総合調査研究所」のデータを用いる際にそのような姿勢が欠けており、著者が依拠するデータをどこまで信用していいのか疑わしい箇所もあります。例えば、著者は「HR総合調査研究所」のデータを根拠に「ターゲット校を設定する企業が52%にのぼる」ことを論証していますが、その調査に参加した企業数は書かれておらず、どこまで調査結果を鵜呑みにしてよいのかが分かりませんでした。データを信用してよいのか分からないということは著者が言う「事実」が本当に事実なのかを疑問に感じることにつながる訳で、本書を読んでも自分の中で事実が整理された感覚は芽生えませんでした。


第二に、「なぜその事実を伝えようとしているのか?」という目的意識が感じられないことです。本書における議論には脈絡が欠けている箇所が散見されます。例えば、新卒一括採用の是非について議論しているかと思えば、いきなり「雇用契約の特殊性」について解説を始めたり。また、本書の冒頭で「学生にとっての就活対策本ではない」と言いながら、第5章の初めで「最終面接で落ちてしまう理由」を解説し始めたり。あるいは、なぜか唐突に「意識の高い学生の出現」について解説を始めたり。もしかすると著者は就活に関する事実を網羅的に伝えようとしていたのかもしれませんが、読み手からすると「この事実を読者に伝えることで、何がしたいんだ?」という疑問を抱きます。この点、海老原さんの主張の流れは「若者は世間で言われているほどかわいそうではない→でも、問題もある→その問題の解決策は~だ」とすっきりしている、即ち事実を整理することの目的意識がはっきりしていると言え、本書と比べると質が高いものと言えます。


自分がここまでで書いた文章を読むと、全体を通して本書を批判して海老原さんの本を持ち上げる構成になっていると感じます。以上より、本書は「海老原嗣生さんの仕事の劣化バージョン」と表現できるかと思います。正直個人的には海老原さんの論考にもおかしな点が多いと感じているのですが、本書と比べれば質は高いです。就活・雇用問題について1冊手に取るなら海老原さんの本を取る方が良く、本書に目を通す価値は乏しいというのが私の評価です。


なお、本の副題に「なぜ若者は会社にしがみつくのか」とありますが、この点に関する考察は皆無です。「会社にしがみつきたがる若者が増加中」という主張の論証は一応あるのですが、なぜ若者が会社にしがみつきたがる傾向が高まったのか、その理由に関する考察はありません。本書でも取り上げられている労働政策研究・研修機構の「第6回勤労生活に関する調査」では、「複数企業キャリア」を支持する20-29歳が2007年時に42.9%だったのにも関わらず、2011年時には28.2%に急落したという結果が出ました。個人的にはなぜそのような結果となったのかが知りたかった(少なくとも、専門家の考察を知りたかった)のですが、本書にそのような視点はありません。本書の副題は「嘘」だと思った方が良く、この副題に関心を持った人は注意してください。


●「ブラック企業完全対策マニュアル」(評価:星5つ)

「ブラック企業の問題点・ブラック企業に立ち向かう術をコンパクトにまとめた良書」

P.3に書かれている通り、本書は「ブラック企業の実態を知ってもらうと同時に、それらとの闘い方を知ってもらうこと」を目的として書かれた本です。


本書の長所は、第一に、ブラック企業に関する実情・様々な論点を網羅していることです。本書では、ブラック企業の見分け方・ブラック企業がどのような手口で労働者を追い詰めていくか・ブラック企業に対抗するにはどうすれば良いのか・専門家を頼る際に注意すべきこと・・・などブラック企業について考える際に知っておくべき知識がコンパクトにまとまっています。それでいながら、解説の質も十分担保されています。


第二に、ブラック企業に立ち向かうための術・姿勢が具体的に書かれていることです。この点、今野晴貴さん著の「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」には労働者に「(ブラック企業に立ち向かうために)戦略的思考をせよ」と提言する箇所がありますが、その「戦略的思考」とは何かが本書を読むと伝わってきます。例えば、著者曰く「労基署を動かすにもコツがいる」らしく、闇雲に労基署に訴えることの意義があまり大きくないことが分かります。労基署を動かすには「証拠」が必須なのですが、その「証拠」の集め方にも注意すべきポイントがあることが本書を読むと分かります(ここで、第一の長所を説明した際に「解説の質も十分担保されています」と書いた意味を分かっていただけるのではないかと思います)。労働者が勝手に「これが戦略的な策だ」と思い込みながら企業に対抗しようとしてもあまり意味は無く、専門知に裏打ちされた効果的な行動をとる必要性を実感します。


上記のような長所があり、且つ個人的には特に不満を感じる部分も無かったことから星5つとしました。ちなみに、ブラック企業問題を扱った本として今野晴貴さん著の「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」が有名ですが、この本が「ブラック企業に関するエピソード・ブラック企業を存在させる構造」について力を入れて考察しているのに対して、本書はタイトルにある「完全対策マニュアル」という文言から分かるように、ブラック企業に立ち向かうための具体的な術・姿勢の説明に多くのページ数を割いているという特徴があります。どちらも読めればベストですが、1冊だけ購入するならば各々の関心に沿った本を手に取ると良いと思います。 

「"就社志向"の研究」・「ブラック企業完全対策マニュアル」のレビューは参考になったという方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly 

「若年無業者白書」・「いま、先生は」のレビューを書きました

出来ればこれから週に1回、「就活問題・労働問題・教育問題に関する本」のアマゾンレビューをこのブログで紹介したいと思います。先週は「若年無業者白書」・「いま、先生は」という本のレビューを書いたので、これらのレビューを転載します。それを目にして、各々が自分にとって興味深い本を見つけられたなら幸いです。また、僕以外のレビューに目を通してみるのも面白いかもしれません。

●「若年無業者白書 その実態と社会経済構造分析」(評価:★3つ)

「若年無業者の実態を印象論ではなくデータで捉えようとする試み」

無業者のうち求職活動をしている「求職型」733人、無業者のうち就業希望を表明しながら求職活動をしていない「非求職型」636人、無業者のうち就業希望を表明していない「非希望型」367人の計2291件の若年無業者のデータを基に、それぞれの型の特徴について考察した白書。例えば「若年無業者のPCスキルの有無」・「就活のためのスーツを持っているか否か」といった就活リソースの現状や、若年無業者の相談相手に関するデータなどが載っています。また本白書は単にデータの紹介に留まらず、どのような要因が無業期間の長短に影響を与えているのかといった分析もなされています。


若年無業者の実態を印象論ではなくデータで捉えようとする試みは非常に意義のあるものだと思います。精度の高い現状認識を得ることは、より実効性のある解決策を生み出すことにつながるはずです。


不満点としては、例えば「"体調が良い"と答えるのは求職型がもっとも多い」などの調査結果を見た際に「そりゃそうだろう」と感じたこと。勿論その「当然のこと」を数字の形で示すことが大事で、だからこそ白書が作られているわけですが、読み手の側からすると正直読んでいて面白みに欠けた箇所がそれなりにあったのも事実です。


また白書の最後の方で、白書作成者の一人である西田亮介さんが「今回使用したデータは、育て上げネットの事業所への来所者を対象としたものです。ここで既に支援機関に相談に来た人を対象にしているわけで、今回の結論が若年無業者一般についての結論が言えるかというと、そうは言い切れないところがあります。データ収集の時点でバイアスがかかっているからです」と述べているように、本白書の調査結果が「完璧」とは到底言えません。今後さらに精度の高い分析がなされることを期待したいです。


●「いま、先生は」(評価:★4つ)

「"労働問題"として教師たちの現状を見つめることの必要性を感じさせる1冊」

教師の労働環境について描写した一冊です。主な内容は酷な労働環境に苦しむ(苦しんだ)教師に関する具体的なエピソードですが、ベネッセ教育開発センター・OECDなどの統計データも紹介されており、鳥瞰図・虫瞰図双方の視点をもって問題を考察した本と評価できます。


本書を読み、教師の労働環境を観察する際には単に労働時間を機械的に読み取るのではなく、子供・保護者への対応に伴う精神的なプレッシャーをも考慮に入れる必要性を再確認しました。勿論、教師という仕事を選んだ以上はそうしたプレッシャーとある程度向き合うべきだと思いますが(向き合うことが無理そうなら、そもそも教師という仕事を目指すべきではない)、一方でそうしたプレッシャーを緩和する策を考えていく必要があります。例えば「日本では暴れる生徒を教師が押さえつけなければなりませんが、アメリカでは学校に警備担当職員がいて、彼らがその仕事をする」というコメントを私が運営するブログに頂いたことがありましたが、これも教師の負担を緩和するための一つの方法と言えるでしょう。


勿論、労働時間の問題も考えなければなりません。この点についても解決策を考えるにあたって海外の事例に目を向けることが有益だと考えます。なぜなら本書には「2009年時点で日本の小学校の教員がOECD平均より年間で236時間多い1899時間働いている」というデータが載っていますが、これは日本の教師の負担の大きさを示していると同時に、海外ではそこまで教師の労働時間が長くない国があることをも示しているからです。海外のやり方をそのまま日本に直輸入するのは妥当ではないかもしれませんが、一考の余地はあるでしょう。本書にはそういう点に切り込んでほしかったと感じましたが、実際には他のレビューにもある通り本書には「問題を解決する指針」という要素が乏しいです。その点が少々物足りなかったです。 

「若年無業者白書」・「いま、先生は」のレビューは参考になったという方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly     
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。