スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野瑛太郎さんによる「経営者目線を持て」という言葉を巡る考察の支離滅裂度合いが凄すぎる

日野瑛太郎さんによる「経営者目線を持て」という言葉を巡る考察は、はっきり言ってこれまで僕が読んできた就活・労働関連の文章の中でも最低のクオリティであると思っている。その理由はこれまでのブログ記事で述べてきたような「解釈の裏付けがない」・「企業が従業員に経営者目線を持たせることの必要性を理解していながら、その理解を隠して企業を叩いているふしがある」といった要素があるからだが、もう一つ、「"経営者目線を持て"の解釈がぶれている」という要素も挙げられる。そして「解釈がぶれている」という要素があることに伴い、日野さんの問題提起がわら人形論法と化していると考える。


例えば、東洋経済オンラインの記事には次のような問題提起がある(http://toyokeizai.net/articles/-/26314?page=2)。

従業員が「経営者目線」を持って仕事をしなければならないとしたら、本当の経営者はいったい何の仕事をするのでしょうか。会社の立場で物事を考え、意思決定をするのは、経営者の仕事のはずです。それを雇われにすぎない従業員に求めるというのは、ある意味で経営者の「甘え」とも言えるのではないでしょうか。

この文章によると「経営者目線を持て」という言葉が発せられた時、ただの雇われの身である従業員に経営者がすべき次元で物事を考えたり、意思決定をしたりする必要性が発生する旨を主張している。そして日野さんはそれに憤っているわけだけれど、面白いことにこの文章の直後に日野さんは次のように書いている(http://toyokeizai.net/articles/-/26314?page=3)。

日頃から社員に「経営者目線を持て」と言っている経営者であっても、社員が本当に経営者のように振る舞い始めたら、それはそれで困るはずです。たとえば、経営者目線を持った社員が経営戦略を自ら考えて、社長に直訴しに行っても、普通は相手にしてもらえないでしょう。「お前は黙って自分の仕事をやっておけ」と、言われてしまうかもしれません。経営者がするような意思決定を現場の従業員が勝手にし始めたら、大騒ぎになるでしょう(中略)「今は会社の業績がよくないから、残業代が出ないのも仕方がない。それが会社のためだ」というような「経営者目線」を持つことは大歓迎ですが、具体的な経営戦略の範囲まで社員が口出しするようなことは、求められていないのです

上述のように、先ほどまで日野さんは「なんで経営者がすべき意思決定を雇われの身である従業員がしなきゃいけないんだ!」と怒っていたはずだ。それなのに、この引用箇所によると「経営者がするような意思決定を現場の従業員が勝手にし始めたら、大騒ぎになる」・「具体的な経営戦略の範囲まで社員が口出しするようなことは、求められていない」のだそうな。


ということは、そもそも「経営者目線を持て」という言葉は、経営者がすべき次元で物事を考えたり意思決定したりすることを従業員に対して求めるものではないということになるのでは?そしてそうなると、「経営者目線を持つことを、雇われにすぎない従業員に求めるというのは、ある意味で経営者の"甘え"だ」と言っていた日野さんの憤りは全く見当違いなのではないか?ただのわら人形論法と言っていいだろう。


他にも、日野さんは次のように述べている(http://toyokeizai.net/articles/-/26314?page=2)。

ある部分において、経営者の利益と従業員の利益は、明確に対立しています。それなのに、従業員に対して「経営者目線」を持てと言うことは、利益を放棄しろと言っているのと同じことです。

見ての通り、従業員に対して「経営者目線」を持てという言葉が発せられた時、その言葉が「お前の利益を放棄しろ」という意味を込めている旨を主張している文章である。ところが、記事の最後の方ではこの解釈が変化している(http://toyokeizai.net/articles/-/26314?page=4)。

そこで最後は、経営者目線を持っているフリをするためのコツを伝授しましょう(中略)経営者が言っていることを、自分もそのまま同じように言えばいいのです。たとえば、社長が「人材の育成が大きな課題だ」と、日頃、言っているのであれば、自分も「我が社は、人材の育成にもっと力を入れなければならないと思います」と、同じ内容の発言をすればいいのです。それだけで、自分も「経営者目線」を持ったことになります(中略)会社で現実に求められる「経営者目線」というのは、結局は「経営者の方針に賛成する」ということです。経営者と同じことを言っておけば、怒られることはまずありません。

ここでは「経営者目線を持て」が「経営者の方針に賛成する」という意味合いだということになっている。この点、経営者の方針が「従業員に利益を享受させない」という方向性のものではなく、上に書かれているような「人材の育成を充実させる」というものであった場合、従業員が自分の利益を放棄するということは特にない(というか、むしろ利益になるのでは?)。即ち、「従業員に対して"経営者目線"を持てと言うことは、利益を放棄しろと言っているのと同じこと」とは言えないじゃないか?という話になり、この問題提起もわら人形論法と言っていいと思われる。


異なる記事の間で矛盾が生じているどころか、それほど長いとは言えない一つの記事の中でここまで言葉の解釈がブレブレなのも珍しい。正直、ここまで支離滅裂な文章が書かれていること、その文章が東洋経済オンラインに載っていること、そしてその文章に「いいね!」が3500程ついていることのすべてが信じられないし、まともじゃないと思う。ブラック企業を問題視する言説を今後も絶やさないようにするのは当然のこととして、それと並行しておかしな企業叩きをする人、おかしな企業叩きに加担するメディア、及びそれを支持する人たちを批判する言説をも増やしていかなければいけないのではないだろうか。

日野瑛太郎さんによる「経営者目線を持て」という言葉を巡る考察の支離滅裂度合いは凄すぎるという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly     
スポンサーサイト

日野瑛太郎さんは企業が従業員に経営者目線を持たせることの必要性を理解していながら、その理解を隠して企業を叩いているのではないか

このブログでは過去に日野瑛太郎さんが書いた「従業員に"経営者目線を持て"という謎の要求」という記事を批判したことがある。そして最近「クソログ」というブログの「リスクを取らない人間にハイリターンはない」というエントリーにおいて日野さんの記事が取り上げられたことで久しぶりにそれを目にした。


僕が過去にした批判は、簡単に言えば「"経営者目線を持て"の解釈にきちんとした裏付けがなく、それでいながらその言葉を発した人を悪者扱いしてるのはおかしい」というものだった(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-561.html)。この考えは今でも変わっていないのだが、実はもう一つおかしい・・・というか日野さんを卑劣な人だなと思うポイントがある。それは「日野さんは、企業が従業員に経営者目線を持たせることの必要性を理解していながら、その理解を隠して企業を叩いているのではないか?」というもの。


この点、東洋経済オンラインの「従業員に"経営者目線を持て"という謎の要求」を見ると、「単なる雇われにすぎない一従業員が、"経営者目線"を持って仕事をしなければならない理由って、何なのでしょうか。雇われは雇われとして、自分の仕事を淡々とこなすという姿勢では、なぜいけないのでしょうか」、「従業員が"経営者目線"を持って仕事をしなければならないとしたら、本当の経営者はいったい何の仕事をするのでしょうか。会社の立場で物事を考え、意思決定をするのは、経営者の仕事のはずです。それを雇われにすぎない従業員に求めるというのは、ある意味で経営者の"甘え"とも言えるのではないでしょうか」といった記述があり、要は従業員が「経営者目線」を持たされるということに全否定的な態度が見られる。ところが、東洋経済オンラインの記事を離れて日野さんの著書「あ、やりがいとか~」を見てみると、p.140で次のような記述が見られる。

「経営者目線」を一切持つな、というわけではありません。会社の方針などは、仕事を進める上である程度理解しておいた方が良いでしょうし、仕事によってはそういう視点における判断を避けては通れないという場合もあります

このように、東洋経済オンラインの記事では従業員が「経営者目線」を持つということに完全に否定的だったのに、著書では一転して従業員が経営者目線を持つべき場合を肯定している。このブログのコメント欄には過去に日野さんの記事を「防御網をこらすのも毎回周到で感心します」と評した人がいたけれど、今回はその防御網(「"経営者目線"を一切持つな、というわけではありません」の文章のこと)が日野さんの文章の嫌らしさを裏付けてしまっている感がある。


その嫌らしさとは上で書いたように「日野さんは、企業が従業員に経営者目線を持たせることの必要性を理解していながら、その理解を隠して企業を叩いているのではないか?」というもの。東洋経済オンラインの記事で日野さんは「単なる雇われにすぎない一従業員が、"経営者目線"を持って仕事をしなければならない理由って、何なのでしょうか」と疑問の声を上げているけれど、その答えが「会社の方針などは、仕事を進める上である程度理解しておいた方が良い」・「仕事によってはそういう視点における判断を避けては通れないという場合もある」と、他ならぬ日野さんの本に書かれているというのはおかしなことだ。日野さんの著書における該当箇所(p.140のこと)を読んだ上で東洋経済オンラインの記事に目を通してみると「この人、何とぼけてるんだろう?」と思わずにいられない。


前にはてなブックマークのコメントで「日野氏は"社畜"を商売にしている。一種の貧困ビジネスだな。若い社会人の不満を焚き付けビュー数を稼ぎアフリエイトと出版でマネタイズする。注目こそ金なので何でもするのさ」と言っていた人がいたけれど全く同感だ(http://b.hatena.ne.jp/entry/lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-539.html)。前回は日野さんの「本の売り方」を「やり方が汚い」と評したけれど、文章そのものに対しても「やり方が汚い」と言えると僕は感じている。僕はこれまで就活・労働関連の論客の中では常見陽平さんの文章が最低だと思ってきたけれど、日野さんの酷さは常見さんのそれをも上回るレベルかもしれない。

日野瑛太郎さんは企業が従業員に経営者目線を持たせることの必要性を理解していながら、その理解を隠して企業を叩いているのではないかという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly    

「日野瑛太郎さんの本は薄っぺらすぎる」と不満を言う人は「モンスター消費者」なのか?

日本の労働環境の問題点としてよく挙げられることの一つに「過剰要求をするモンスター消費者」がある。この問題点を踏まえて日野瑛太郎さんが著書「あ、"やりがい"とかいらないんで、とりあえず残業代ください」にて主張していることは「値段相応」の考えを持つことの重要さだ。これを別の言葉で言えば「払ったお金に見合わない過剰なサービスを求めるべきではない」と表現でき、本では例えば「ファストフード系牛丼屋などで380円の牛丼を注文し、それで店員の態度が悪いと大騒ぎするのは明らかに過剰要求です」という具体例が挙げられている。


ところで、これは他ならぬ僕自身も批判の対象に含まれるのだが、「あ、"やりがい"とかいらないんで~」のレビューの中には、本を低評価したレビュアーに対して次のように批判をするものがある(http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4492223347/ref=cm_cr_pr_hist_4?ie=UTF8&filterBy=addFourStar&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending)。

ブログからのファンもいるだろうが。。。はっきり言ってブログに戻ってわざわざ読みたくない人だっている。ダイジェストに意味がある。自分のモノの価値基準を上回った時に初めてお金を出すという順番間違えてもダメだが、逆にお金だしてるからこそ読む気になることもある。著者もお金儲け出来れば、新たなアウトプットをしてくれる(はず)。結局はモンスター消費者になって、過度に期待してもだめ。amazon故、立ち読みはできないが、Kindleなら安いし。たまたま通りすがりの初見が購入する可能性もある。まあでも、やはり前著と似通ったところは確かに多い。半年で2冊目が出ているから。おさらい感には釘を刺しつつ、今後に期待

「あ、"やりがい"とかいらないんで~」には全部で26個のレビューがあるけれど、その内の10個は最低評価をつけていて、僕もそのような評価を下した一人である。そして上述のレビューは、そういう評価をした人に対して「過度に期待してもだめ」と釘を刺しているという訳だ。僕を含めて、本に低評価をした人たちは「モンスター消費者」なのだろうか?


個人的な実感を述べれば、1000円ほど払って(Kindleならもっと安い訳ですが)あの本の内容に満足できる方がおかしいんじゃないかと感じるし、且つ低評価をしたレビュアーの言い分の多くは特におかしいものとは思えない(「ナモアミダンブ」という人のレビューは意味が分かりませんが)。言い分の具体的な中身は、主に「本の中身がブログとほぼ同じ」・「"完全書きおろし"が謳われていたのに(http://dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2013/12/10/101407)、本の中身がブログとほぼ同じ」・「考察がありきたりすぎ」・「一部の極端な例を挙げている(+それを一般化している)」・「理屈に関して、根拠となるデータなどが示されていない」というもので、そりゃ、そういう要素があれば本を低評価するのは自然なことだと思う。ブクログにも、3つ目と4つ目の不満を含めた次のようなレビューがある。

これほど中身がない本も珍しい。1章の残業と有給の話は別に反論もないが自明なことで真新しさはない。あとは稀有な例を一般化して感情論で文句言ってるだけで最後まで読む気もしない。筆者はよっぽど仕事が嫌いなのだろう。これが本として成り立ってること自体が問題だとさえ感じる。酷い(http://booklog.jp/users/yoshiyuki1987/archives/1/4492223347)。

個人的には、特に2つ目の「完全書きおろし"が謳われていたのに~」と4つ目の「理屈に関して、根拠となるデータなどが示されていない」という不満に基づき評価を低くするのに共感できる。前者は普通に詐欺レベルだし(ということを過去記事でも書いた http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-544.html)、後者については「根拠がない」ということは著者の独りよがりな主観を読まされているに等しい訳で、なんで金を払った結果読める文章がそんなレベルなんだ?という不満を抱くのは分かる。


とはいえ、上述のレビューを書いた人を始め本を高評価してる人からすれば「そんな欠点があるからどうした?良い点もたくさんある訳で、本の内容は十分値段に見合っている。お前らはモンスター消費者だ!」と感じるかもしれない。もし本を高評価した人たちが本当にそういう風に思うのだとしたらそれは個人的には結構不当な評価だと感じるけれど、一方で自分が「モンスター消費者」と位置づけられたことで「"モンスター消費者"と言われる人たちにも一応その人たちなりの理屈があってサービスを求めているのかもしれない」という視野を手に入れることが出来たのは収穫であった。そして、何気なく使われている「値段相応」という言葉の曖昧さを確認できたことも有意義なことだと思っていて、この点については考察が必要だと感じている。

「日野瑛太郎さんの本は薄っぺらすぎる」と不満を言う人は「モンスター消費者」なのか?という問題意識に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly   

東京都議会がブラック企業大賞の「一般投票賞」を受賞するかもしれない件

ブラック企業大賞には「大賞」以外にもいくつかの賞がある。去年で言えば、業界賞・特別賞・教育的指導賞などがある。そして、(恐らく)一般人からの投票を最も集めた企業に対する「一般投票賞」というものもあり、去年はワタミが大賞と共に受賞している(http://blackcorpaward.blogspot.jp/2013/08/2013.html)。


今年のブラック企業大賞にも「一般投票賞」があるのかは分からないが、少なくともホームページを見ると今年も自分が「ブラックだ」と感じた企業に投票できることになっている。且つ、投票をせずに投票結果を見ることも可能なのだが、驚くことに現在1位を走っているのがノミネートが疑問視された「東京都議会」である。2位の「株式会社 ヤマダ電機」を700票ほど上回っているのだ(http://www.enlog.jp/enqResult/14240/)。


ちなみに投票理由も見ることが出来るのだが、「東京都議会」への投票理由はどうも「労働環境批判」というよりはただの「政治批判」の色が出ているものが多い。それに対して、例えば「政治を絡めた時点でこの投票に何の意味もなくなった」など、ブラック企業大賞の存在意義に疑問を呈するコメントも出てきている。


僕はあくまでも「ブラック企業問題」は「"労働者を使い潰す"という意味での労働環境の問題」と認識しているので、今年のノミネート企業から大賞を選ぶとすれば人が亡くなっている「株式会社 大庄」、「JR西日本」、「株式会社 ヤマダ電機」、「株式会社 A-1 Pictures 」、「タマホーム株式会社」のどれかじゃないと「ブラック企業」の大賞として相応しくないと思っている。労働者が亡くなっているこれらの企業を差し置いて、且つ「すき家」がノミネートされないで東京都議会が1位を走っているというのは正直かなり引いてしまう。


雇用問題に詳しい濱口桂一郎さんはブラック企業大賞について「一昨年の東京電力と同じで、労働問題それ自体よりも全然他のことに関心のある人々が、ブラック企業という恰好の看板を掲げてやってるイベントということなんでしょう」と言っているけれど、その認識で合っているんじゃないかと思う(http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-597c.html)。且つ、都議会に投票したと思われる人の中にも「コメントを読むと、都議会を挙げたことにクレームの声があるけれど、こういう場でないとなかなか都民の声を出すことができないし、twitterなどでは注目度も低い。あえてノミネートした委員会の英断に拍手」とブラック企業問題を利用してブラック企業と関係のない都議会の問題を訴えようと目論む声があったりする。まぁ、今年はもはやそういうイベントだということかもしれない。


ちなみに、2012年は一般からの投票ではワタミが一番票を集めていたにも関わらず「大賞」を受賞したのは東電だったはずなので、今年も東京都議会が一番票を得たからと言って必ずしも「大賞」を受賞するとは限らない。さすがに東京都議会がブラック企業としての「大賞」を受賞するのは勘弁してほしい。また、このままいくと東京都議会が「一般投票賞」を受賞するのが濃厚だけれど、少なくともその賞の背景には投票した人たちの歪んだ思惑があるというのは各人が認識しておくべきだと思う。

「ブラック企業」の大賞を決める賞なのに、東京都議会に投票してる人たちはおかしいという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  

「ブラック企業大賞」に東京都議会がノミネートされた件・・・もう、「ブラック企業」の定義がよく分からない

労働環境に問題がある企業を糾弾する「ブラック企業大賞」が今年も行われる。実行委員会のホームページではノミネートされた9つの企業とノミネートの理由が書かれている(http://blackcorpaward.blogspot.jp/2014/07/3.html)。


これは「ブラック企業」を批判するという意味では一定の意義があるイベントと言えると思う。しかし一方で、今年「東京都議会」がノミネートされたことに関して次のツイートで述べられているような批判が出るのも分かる。 個人的にも今年の東京都議会(あるいは2012年の東京電力)のノミネートについては「それを"ブラック企業"の問題として扱うの?」という疑問を抱いてしまう。twitterで「ブラック企業 定義」と検索してみても、ブラック企業大賞が東京都議会をノミネートしたことについて「ズレている」と評する声が見られる。


この点、ブラック企業大賞の実行委員の一人である佐々木亮弁護士は、記者会見で東京都議会をノミネートした理由を次のように述べている(http://www.youtube.com/watch?v=T-uOOgY3YEI 7分20秒過ぎから)

こういった野次はですね「環境型セクハラ」に該当し、その発言があったところでの労働者はそういった発言によって就労環境が不快なものとなるということで許されるものではないということになります。ところが都議会はこの問題に対してまったく自浄能力が無いということが露呈されているところでありまして、雇用の現場の話が本来ブラック企業に~なので(※よく聞き取れませんでした)都議と都議会は雇用の関係ではありませんけれども、雇用の現場でもこういったセクシャルハラスメントに該当することは許されない発言であるということを再認識する意味も込めてですね、東京都議会をノミネートいたしました。特別にノミネートしたということになります

勿論「環境型セクハラ」が問題であるということは否定しない。しかし思うに、ブラック企業問題というのは「就労環境が不快なものとなる」というレベルのものではなくて、より深刻な「就労環境により人が潰される(死ぬ、健康を害する)」というレベルのものだったはずではなかったか。少なくとも今野晴貴さん著の「ブラック企業」における「ブラック企業」の定義は「労働者を使い潰す企業」であったと思うし、そういう概念として世間に浸透したのだと僕は理解していたのだが、それは間違いだったのだろうか・・・。もう、「ブラック企業」の定義がよく分からない。

もう、「ブラック企業」の定義がよく分からないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly 
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。