スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイトマップ(目次)

私事ですが、もうすぐブログを開設してから1年になります。ブログ村によると、このブログには現在250もの記事があるとのこと。我ながらよくここまで記事を書けたものだと驚いています。これも、記事を読んでくださっている皆さんのおかげです。有難うございます。


たくさんの記事が載っているということはブログとしては望ましい状態でしょうが、一方で更新頻度が高いゆえに、特にかなり前に書いた記事が読まれにくくなっていると感じていました。そこで、このブログの主なカテゴリをこの記事にて紹介し、それが常にトップページに掲載されるような形にすることで、読者の方々が過去記事に目を通しやすいようにしました。最近記事の更新を控え、その分過去記事の文体を整える時間を作ったことで、一つ一つの記事の読みやすさを向上させることが出来たと思っています。では以下、カテゴリの紹介です。


ライターページ
就活への不満・怨念に関するエピソードを読者の方々から募集し、それをブログ内に掲載するページです。デモなどのイベントが行われて初めて就活生の不満を吐露する場が生まれるのではなく、特別なイベントが無くても就活生の声を表現する場があるべきではないかと考え、開設しました。エピソード投稿の際の注意点は「就活への不満、怨念をこのブログに寄せてみませんか?~ライターページ開設のお知らせ~」という記事に書かれていますので、もし記事を書こうと考えてくださる方がいらっしゃいましたら、まずはこの記事をご覧下さい。 

バカ採用担当者/採用担当者への提言
このカテゴリには主に、「就活生に無駄な負担を課している」、「合否連絡を就活生に伝えない」など、採用担当者に対する批判を記した記事が属しています。加えて採用担当者に対して、「~な選考をすれば良いのでは?」といった提言をした記事もあります。

バカ面接官/面接官への提言
このカテゴリには主に、「エントリーシートの内容を踏まえない質問」など無駄な質問をしたり、圧迫面接など非常識な言葉を就活生に投げかけたりする面接官を批判した記事が属しています。加えて、「~な面接をすれば良いのでは?」という提言系の記事もあります。

就活生を食い物にする就活コンサルやライター
このカテゴリには主に、就活生が抱える不安や、あるいは彼ら・彼女らの知識不足につけこんで、彼ら・彼女らからお金を奪おうとしたり、あるいは「こんなバカな学生がいますよ~!」というように就活問題を肴に大騒ぎしてお金を稼ごうとするコンサルやライターの仕事を批判する記事が属しています。

「就活デモ」など就活批判の動き/就活生による訴えへの疑問
去年行われた「就活ぶっこわせデモ」、「カルト就活やめなはれデモ」の動向を追い、その動向に対する感想を述べた記事が多く属しています。「デモをやるだけでも十分頑張っている」と思考停止するのではなく、どうしたら「就活デモ」という活動をより効果的なものにできるのかを考えました。

新卒一括採用/「新卒一括採用」に対する異議申し立ての動き
名前どおり、日本の就活の特徴とされる「新卒一括採用」について考察した記事が並んでいます。新卒一括採用のデメリット、及び新卒一括採用廃止により懸念されることを考察しました。また、「既卒者カフェ」の存在など、新卒一括採用に違和感を覚える人たちの活動についても取り上げています。

マスコミの就活報道
マスコミの就活報道を取り上げ、「こういう報道の仕方は問題の所在を見失わせるのでは?」「就活の早期化が問題だと言うけれど、自分たちの採用活動も早くないか?」などのツッコミを入れた記事が並んでいます。

「就活問題」を考える必要性/問題を考える際に持つべき心構え
そもそも、なぜ就活の問題点を考察しなければならないのか。また、考察する際にどのような点に注意をするべきなのか。自分なりの考えを記しています。

大手病/大手企業内定で調子に乗る「カリスマ内定者」
よく問題視される「大手病」。就活生が大手病になる背景は単純に彼ら・彼女らのミーハー志向だけなのか。また、大手企業内定者が「カリスマ内定者」と名乗り本を出す事象についても自分なりの見解を記しています。

倫理憲章について
就活生の動向を大きく左右する「倫理憲章」。しかし、このルールは抜け穴だらけ。その存在を指摘した上で、最低限企業が守るべきルールの存在について自分なりの見解を述べています。

親・就職課の課題/就活生をケアするアクター
就活生のメンタル面をケアする役割を果たし得る親や大学の就職課。しかし、逆に彼ら・彼女らの振る舞いにより就活生が追い込まれることも。また、親・就職課を頼りに出来ない状況下があることを想定し、就活生のケアに資する活動を行っているアクター(既卒者カフェなど)をこのカテゴリで紹介しています。

もし宜しければ、各記事で気に入って頂けたものにランキングのバナー・拍手をクリックして頂けるとありがたいです。特に、ランキングのバナーをクリックしてくださると新規読者が増えるかもしれず、僕自身一人でも多くの方に記事を読んでいただきたいと思っているので、もし宜しければご協力をお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
(2013.8.20追記)
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!
follow us in feedly 
スポンサーサイト

「凡人内定戦略」の著者・武野さんとお会いして~2013年はもっと上質な記事を書きたい~

前回の記事でも少し触れたけれど、この間都内で「凡人内定戦略」の著者・武野光さんとお会いする機会があった。武野さんがtwitterを通して誘って下さり、僕がそれに応じたという形。約4時間話していたけれど、その時間の長さを全く感じないくらい話は盛り上がり、とても濃密な時間だった。


話題になったことの一つとして「就活(の問題点)について表現すること」が挙げられる。これは僕がブログ、武野さんがブログ・書籍を通じて各々の考えを表現している立場の人間であることから必然的に話題になったトピックで、この点はかなり時間を割いて話した。主に武野さんの体験談から実感したこととしては、「無名の人間が書いた就活に関する文章」を世に広めることの難しさである。


事実、武野さんの著書「凡人内定戦略」の企画書は出版甲子園で準グランプリを獲得するレベルのもので、且つ本のコンセプトも「資格やコネなどがない一般の学生でも、企業から複数内定を獲得するための戦略を解説する」という結構ユニークなものだったにも関わらず、出版に至らせるのは相当大変だったらしい。というのも「就活」は売上がもっとも見込めないジャンルの一つだからだ。就活本の読者層は殆ど大学3年生~4年生に限られてしまうことを考えると、出版社からすると一定の売上があると見込めるのは既に実績を出した有名な人が出す著作であり、無名の人が出す本では厳しいそうだ。本屋に行くとたくさんの就活本を見るし、ゆえに「タイトルに"就活"とついていたら、本出せちゃうんじゃないか?」と錯覚してしまったこともあるけれど(笑)、それは間違いだった。


とはいっても、武野さんは既に1冊本を出した訳だしその評判も上々なので、もう1・2冊ヒットさせてさらに「実績」を作れば、自分の考えを多くの人に届けることができるようになる。贔屓目抜きに「凡人内定戦略」の記述のレベルは高いので(石渡嶺司さんも褒めているhttp://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-319.html)、しょうもない就活本をどんどん淘汰していって欲しいと思っている。


やはり僕も武野さんも累積すれば大量の文章を書いているだけあって、武野さんは既存の一部の就活本、僕は既存の就活の問題点を論じている本の内容に不満を持っていて、代わりに自分が良いと考える主張を表現したいという欲を持っている(もっとも武野さんは別に"就活"にこだわりはないとのこと)。就活本に関しては効果の低いノウハウが効果あるものとして流通しているし、就活の問題点を論じている本に関しては問題の矮小化が普通になされていたりする。後者について言えば、例えば「就活生は大手企業ばかり見て、中小企業を見ない」というよくある主張一つにしても、前回の記事のコメント欄を見ればそれが単純すぎる図式であることが伺えるはずだ。


ただ現実として、上で述べた通り、現在就活本・就活の問題点を論じている本を出し易いのは著名な論者であり、そういう人の声が大きくなってしまう現状には歯がゆいとしか言い様がない。ただ武野さんに関して言えば彼は既存の論者と同じステージで戦えるので、「俗説」を排除して、より多くの就活生の助けとなる書籍を提供していってほしい。また僕も、既存の論者よりも「売れる本」は作れなくても、本に書かれているものよりも優れた意見、本がカバーできていない事情などを記していくことはブログを通じて十分できる。来年は今年よりもさらに、事実や専門知に裏打ちされた上質な記事を書いていきたい。来年もよろしくお願いします!


来年もよろしくお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村   

2012年10月の「拍手数」トップ5記事紹介

ちょっと早いですが「ここ1ヶ月で拍手を頂いた記事トップ5」の紹介です。



4位タイ
就活生が就職先を選り好みすることは、それなりに大事なこと<12拍手>

一般的に「甘えるな!」との批判を受けやすい、就活生の選り好み。しかし、「こんな条件の会社では働けません!」としっかりと意思表示することが、ひいては労働者全体にとっての利益となることを記した記事。



4位タイ
「就活で鬱になるのは甘え」という言葉が愚かな理由は、各就活生が持つ「溜め」の大小を無視しているからだ<12拍手>

就活生一人一人置かれている状況が異なることは自明。それにも関わらず、「首都圏に実家があり、親のおかげで家計も裕福で、仮に就職がうまくいかなくてもすぐには追い詰められないような状況にある恵まれた就活生」が、「地方に実家があり、家計があまり裕福でないので首都圏の大学にも行けないし、首都圏に就活に行く際にもお金のことを気にしないといけないし、ましてや就職浪人は許されない状況にある就活生」に対し「就活で鬱になるのは甘えじゃない?」なんて言うことは、僕の感覚では認められない・・・という主張を込めた記事。



3位タイ
海外ニートさんの「仕事なんてクソだろ?job is shit!」という言葉を忘れないでいたい<13拍手>

「仕事なんてクソだろ?job is shit!」で知られる「海外ニート」さんの主張を紹介した記事。仕事が原因で健康を害する、あるいは命を落とすなんて、そんな馬鹿なことはあってはならない。




2位
「既卒者問題フューチャーセッション」に寄せて~第3回「新卒を逃したら人生が終わる」という恐怖感~<15拍手>

もうすぐ就活をはじめるであろう大学3年生がもっとも抱いている不安は「大学生のうちに正社員になれなかったら、この先の人生どうなるんだろう」というもの。新卒一括採用にはこのような問題点があるということ、及び別にヨーロッパの採用慣行も別にバラ色とはいえないことを記した記事です。



1位
初めから若者を使い捨てることを前提としている会社の求人を含めて「求人はある!」なんて言うべきではない<22拍手>

単に有効求人倍率の数字を見るだけでなく、「その求人に応募して仮に採用されたところで、その会社で一定期間きちんとした給料を得て、且つ体を壊さないで働き続けられるか」という視点を考えるべきだと主張した記事。この記事が支持された背景には、次のツイートがありました。リツイート88回と、とんでもなく拡散されたツイート。このツイートの中身に共感する人たちが多くいたということでしょうか。

来月もよろしくお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村       

2012年9月の「拍手数」トップ5記事紹介

先月から「ここ1ヶ月で拍手を頂いた記事トップ5」を紹介する試みを始めています。今回ランクインした記事は、司法制度改革に関するものが多くを占めます。その理由は1位の記事紹介にて。



5位
こんな面接官はバカだ~就活生が自分の努力で変えられない事柄について突っ込んでくる面接官~<13拍手>

面接で家族構成を聞かれたとのツイートを題材に、就活生が自分の努力で変えられない事柄について突っ込んでくる面接官を批判した記事です。家族構成だけでなく、血液型も聞いてはいけない事項に当てはまるでしょうか。「就活生本人に責任のない事項」が原因で面接官からの評価が下がっているのに、社会が「どうせ面接官からの評価を得られず内定を取れない理由は就活生本人の努力不足でしょ」と見なしているとしたら、えげつないにも程があります。



3位タイ
法科大学院なんて不要なんじゃないか<17拍手>

法曹志願者に重い金銭的負担を課す割に卒業しても大して価値の無い法科大学院を廃止することを唱えた記事。法科大学院協会事務局長の中山幸二教授は「(現在はまだ)法科大学院創設から10年もたっておらず質の低下をあれこれ言うのは早すぎる。むしろ成果は上がっている」と訳が分からないことを言っていて、こうしたふざけた発言はどんどん批判していき、将来の法曹志願者の保護を図るべきだと考えます。



3位タイ
司法試験に通った人には職が無く、webテストを友達にやってもらう人には職がある、不思議な国「日本」<17拍手>

弁護士の就職難について取り上げた記事。弁護士になれた人はそれまで専門的な知識を長期間にわたって身につけてきたわけだが、それでもそうした人たちの受け皿が社会に十分に用意されていない(しかも、大学時代に遊んでた人の受け皿はある)ことを問題視しました。不思議な国「日本」とタイトルにつけましたが、実際日本だけの問題なのかは分かりません(笑)海外にも同じような問題はあるのかも。



2位
「福祉・介護の仕事は大変だけど、このまま就職先が決まらないよりはマシでしょ」という「ゼロよりは一がマシ」理論への対抗法<21拍手>

読売新聞が、和歌山県で開催予定だった「福祉・介護の仕事 合同面接会」が面接会への申込者数があまりにも少なかったことを理由に中止になったことを報じたニュースを出発点にして、劣悪な労働環境だという事情を踏まえた上で「それでも求人自体はあるわけで、無職を続けるくらいならそこに入社したほうがマシでしょ」と述べる人を批判した記事。労働者が保障されるべき権利のレベルは一ではなく、二であり、三であり、五のレベルのはずです。



1位
法科大学院の存在なんか無視して、予備試験の合格者数を増やしていくべきではないか<144拍手>

タイトルどおり、法曹志願者に重い金銭的負担を課す割に卒業しても大して価値の無い法科大学院を廃止し、予備試験の合格者を増やすべきだと主張した記事。yahooニュースに掲載され、1日に8000近いアクセスがあったことでその分拍手も増え、ぶっちぎりの1位となっています。この記事が大きく取り上げられたことで、司法制度改革について書いた記事が多くランクインしました。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村   

ブログ開設1周年!

ブログを開設してから、今日でちょうど1年となりました。特に、いつもこのブログを読んでくださる方々、賛成・批判を問わずコメントを残してくださる方々に感謝したいと思います。本当に有難うございました。


これからも主に大学新卒の就活について記事を書いていきます。問題点を発掘し、その問題点を読者の皆さんと共有し、可能ならば問題点に対する解決策を練り上げていく。このような機能を担うブログでありたいと思っています。そのためには僕が記事を更新し続けることは勿論、皆さんからのコメント・ライターページへの投稿も多様な視点を確保するために必要です。現在の就活は問題点が満載ですが、それを一つ一つ潰していきましょう。


今後とも、このブログをよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。