スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野瑛太郎さん著の「定時帰宅」は読者のミスリードを誘うことで、単なる提案・思い付きを「成功例」かのように仕立て上げていないか

日野瑛太郎さん著の「あ、やりがいとか~」に「ブログで"完全書き下ろし"を謳っていたのに、本の内容がブログとほぼ同じだった」という問題があったということはこれまで何回か書いてきた(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-544.html)。僕はこれを「詐欺レベル」と評したけれど、実のところ日野さんの最新の著作「定時帰宅」についても「読者のミスリードを誘っている」と感じずにはいられない記述が見られる。


ここでいう「ミスリード」とは2つあって、一つは(既にamazonのレビューにも指摘があるけれど)読者に「日野さんは定時帰宅に成功していた」と思わせるであろう表現がありながら、実際のところは日野さんは全然定時帰宅が出来ていなかったはずだというもの。「定時帰宅」の前書きやp.69には次のような記述がある。

・定時帰宅が出来ないことで悩みを抱えている人は、おそらくたくさんいるのではないでしょうか。本書はまさにそんなあなたのために書かれたものです(中略)僕はどうすれば「会社のための時間」を削減し、「自分のための時間」を生み出すことができるかを真剣に模索し始めました(中略)まずは仕事のやり方を変えることにしました。仕事の優先順位の決め方や、会議への臨み方、メールの書き方など、日々の仕事のやり方を抜本的に見直しました(中略)試行錯誤の末、最終的には会社員として働きながらブログ運営やスマートフォン向けのアプリケーション開発を行い、プライベートで会社の給料と同等の収入を得ることが出来るようにまでなりました。今は会社を辞めて独立し、100%自分のためだけに時間を使うことが出来ています。ここで紹介する「仕事術」や「人間関係術」は、そんな僕の経験が元になって生み出されたものです(p.3-7)。

・社畜にならずに、日本の職場で楽に働くためには、戦略的に「キャラ」をうまく利用することです。つまり、空気を読んで毎日遅くまで残業したり、プライベートを犠牲にして献身的に会社に尽くさなくても許されてしまうような「キャラ」を確立することができれば、社畜にならずとも会社の中でそれなりの地位を保ちながら働くことが出来るというわけです(p.69)。

そもそもこれは「定時帰宅」と題する本である。したがって、普通に読めば前書きの文章を「日野さんは仕事のやり方を工夫する等して"会社のための時間"を削減して定時に帰れるようになって、それにより生まれた時間を利用して独立するための準備をしていったんだな」と、そしてp.69の文章を「日野さんは彼流のテクニックを活用して、空気を読んで毎日遅くまで残業したりプライベートを犠牲にして献身的に会社に尽くさなくても許されてしまう"キャラ"を確立したんだな」と理解することになるかと思う。


しかし、日野さんの著書「脱社畜の働き方」を読むと、日野さんの会社では長時間労働が発生していて、且つ日野さんもそれに巻き込まれていた旨が書かれている。例えば本には「労働時間だけで考えると、起業時代と会社員時代ではあまり変わらないか、もしかしたら会社員時代の方がむしろ少ないかもしれない(p.171)」という記述があるが、その起業時代の労働時間は「ブラック企業に分類されかねないぐらい(p.154)」と書いてあるので、必然的に会社員時代の労働時間も相当のものであったという結論になる。また、脱社畜ブログの「会社を辞めるのがゴールというわけではない」というエントリーにも次のような記述がある。

僕は、プライベートプロジェクトに精を出すことにした。会社外での収入を確保すべく、ブログをせっせと更新し、スマホアプリやウェブサービスの開発にエネルギーを注ぎ込んだ。いま振り返ると、当時はかなり頑張っていたように思える。平日はブログの記事を書く時間が取れない日も多かったので、記事は土日に7個分書き溜めて毎日会社からこっそり更新ボタンを押すという方法で更新していた。他の空いた時間は、基本的にスマホアプリやウェブサービスのコーディングに費やした。終電で帰宅して、深夜2時ぐらいまでプライベートプロジェクト用のプログラムを書くような日もあった。これに途中で出版の話も加わり、いよいよ忙しさは最高潮に達した

以上の記述を踏まえると、上述の「日野さんは仕事のやり方を工夫する等して"会社のための時間"を削減して定時に帰れるようになって、それにより生まれた時間を利用して独立するための準備をしていったんだな」という理解は誤りである可能性が高いということになるはずだ。日野さんは「会社のための時間」を削減し、定時帰宅して平日に空き時間を作れていた訳ではなく、あくまでも「休日」に独立のための準備を頑張ったことで独立に成功したということに過ぎないということではないか。


以上を踏まえて2つ目のミスリードに話を進めると、それは本には「こういう場面ではこうしましょう。そうすると、こうなります」というように方法論が「成功例」かのように書かれているけれど、実際にはその方法論のほとんどは単なる提案・思い付きに過ぎないだろうというもの。この点、本には「定時帰宅するエリートはみんなこれをやっている」、「定時に帰るためのテクニック集」、「定時に帰るエリートが絶対にやらないこと」といった文言が見られるので、これを踏まえると「日野さんはこうしたテクニックを活用することで定時(少なくとも、それに近い時間)で帰れていたんだな」と理解するのが自然であるはずだ。


しかし実際には上述の通り日野さんは定時で帰れていないわけで、ゆえに本に書かれている方法論は単なる提案・思い付きレベルのものに過ぎないのではないか。別に単なる提案・思い付きレベルの文章を書くこと自体は問題ないけれど、そのレベルのものを「成功例」かのように書くのはいかがなものか。「日野さんが定時で帰れていなかった」という事情を踏まえると、少なくとも「本で紹介されているテクニックを活用しても、空気を読んで毎日遅くまで残業したり、プライベートを犠牲にして献身的に会社に尽くさなくても許されてしまうような"キャラ"になれるわけではない」、あるいは「空気を読んで毎日遅くまで残業したり、プライベートを犠牲にして献身的に会社に尽くさなくても許されてしまうような"キャラ"になれたとしても、それが定時帰宅につながるわけではない」といった欠陥が本にあるという話になる。そんなものを「成功例」かのように仕立て上げるというのはやり方が汚いなと感じる。


これまで就活・労働関連の本で最低のものだと感じたのは「就職活動研究会」が出している「会社別就職試験対策シリーズ」であったけれど(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-446.html)、日野さんの本の出し方もこれに肉薄するレベルで酷い(「就職活動研究会」はの酷さは群を抜いているので、さすがにそれよりはマシと言えるだろうか・・・)。この「定時帰宅」のみを手に取った人は本に書かれている方法論を信用してしまうだろうけど、そういう人がこの記事を通じて上述の「脱社畜の働き方」・「脱社畜ブログ」の記述を知り、「定時帰宅」に書かれているテクニックの妥当性を疑うようになったなら幸いである。

日野瑛太郎さん著の「定時帰宅」は読者のミスリードを誘うことで、単なる提案・思い付きを「成功例」かのように仕立て上げていないかという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly    
関連記事
スポンサーサイト

常見陽平さんが「意識高い系(笑)」と見なす人の中には「頑張ってる人」も含まれてるんじゃないか?

いきなりツイートを引用しまくってしまった。見ての通り、佐々木俊尚さんによる「意識高い系」を揶揄する声への非難を発端にして、加野瀬未友さんがその非難が不当である旨を述べている。


加野瀬さんは常見さんが述べる「意識高い系」が「口だけで行動してない人」のことであると認識している。それ自体は正しいと思うのだが、一方で僕の理解では常見さんがバカにする「意識高い系」はそれだけではないとも思っている。なぜそう思うのかと言うと、本の最初に次のように書かれているからだ。

例えば、日本の未来について考えている、社会問題に対する関心が高い、自分のキャリアについてよく考えている、勉強熱心、積極的に人と交流する、リーダーになりたいと思っている・・・(中略)ネット上で語られる「意識が高い人」はというと・・・。もちろん彼らはこれらのことをよく考え、取り組んでいたりする。しかし、だ。あまりにも前のめりに取り組んでいるがゆえに、時には滑稽に見え、痛いなと思ったり、ウザいなと感じたりする。気持ち悪いなと思うことすらある。中には、表面的に取り繕っていることがバレバレな人もいる(p.3-4)。

特に太字で強調した文章に着目すると、実際にちゃんと考えて行動している人であっても、それが(常見さんから見て)あまりにも前のめりである場合には「痛いから」という理由で常見さん流の「意識高い系」に含まれることになる。即ち、加野瀬さんは「ボランティアとか実際に行動しているような意識の高い若者を椰揄する人はいない訳じゃないだろうけど少数派では」と言っているけれど、常見さんはその「少数派」に含まれる側だと言える。


さらに常見さんは本のp.37にて、「意識の高い学生(笑)」に特徴的な言動・行動の一つとして「やたらと前のめりの学生生活を送る」というものを挙げ、その文脈の中で「海外でボランティアをする学生」を「他人に自慢できる経験をしようとしている」・「前のめりなのはいいのだが、周りに認めてもらいたい、あるいは就活で自慢できるネタにしたいという下心が見え見えなのがいやらしい」などと評している。加野瀬さんは佐々木さんを批判しているわけだけど、こういう記述があれば佐々木さんのような指摘をする人が出てくるのも当然ではないかと思う(佐々木さんが「"意識高い系"という病」を読んでるか否かは知りませんが)。


この点、常見さんはp.5で「頑張ってる人を否定したり、批判するつもりはない」と言っている。しかし、その割には前述のように前のめりで頑張っている人を「痛い」・「ウザい」呼ばわりしているので、その記述は単に予防線を張ったものとみなしてよいだろう。最近「常見陽平氏の意見は、誰のためでもなく、自分のブランディングのためだけです」、「常見のブランディングに釣られてはいけません」というコメントを頂いたけれど(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-142.html)、常見さんの「頑張ってる人を否定したり、批判するつもりはない」という発言も彼流の「好感度を下げないためのプランディング」と言っていいんじゃないかと思うし、且つそれに釣られないようにするのが得策ではないだろうか。

常見陽平さんが「意識高い系(笑)」と見なす人の中には「頑張ってる人」も含まれてるんじゃないか?という理解に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly   
関連記事

「日野瑛太郎さんの本は薄っぺらすぎる」と不満を言う人は「モンスター消費者」なのか?

日本の労働環境の問題点としてよく挙げられることの一つに「過剰要求をするモンスター消費者」がある。この問題点を踏まえて日野瑛太郎さんが著書「あ、"やりがい"とかいらないんで、とりあえず残業代ください」にて主張していることは「値段相応」の考えを持つことの重要さだ。これを別の言葉で言えば「払ったお金に見合わない過剰なサービスを求めるべきではない」と表現でき、本では例えば「ファストフード系牛丼屋などで380円の牛丼を注文し、それで店員の態度が悪いと大騒ぎするのは明らかに過剰要求です」という具体例が挙げられている。


ところで、これは他ならぬ僕自身も批判の対象に含まれるのだが、「あ、"やりがい"とかいらないんで~」のレビューの中には、本を低評価したレビュアーに対して次のように批判をするものがある(http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4492223347/ref=cm_cr_pr_hist_4?ie=UTF8&filterBy=addFourStar&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending)。

ブログからのファンもいるだろうが。。。はっきり言ってブログに戻ってわざわざ読みたくない人だっている。ダイジェストに意味がある。自分のモノの価値基準を上回った時に初めてお金を出すという順番間違えてもダメだが、逆にお金だしてるからこそ読む気になることもある。著者もお金儲け出来れば、新たなアウトプットをしてくれる(はず)。結局はモンスター消費者になって、過度に期待してもだめ。amazon故、立ち読みはできないが、Kindleなら安いし。たまたま通りすがりの初見が購入する可能性もある。まあでも、やはり前著と似通ったところは確かに多い。半年で2冊目が出ているから。おさらい感には釘を刺しつつ、今後に期待

「あ、"やりがい"とかいらないんで~」には全部で26個のレビューがあるけれど、その内の10個は最低評価をつけていて、僕もそのような評価を下した一人である。そして上述のレビューは、そういう評価をした人に対して「過度に期待してもだめ」と釘を刺しているという訳だ。僕を含めて、本に低評価をした人たちは「モンスター消費者」なのだろうか?


個人的な実感を述べれば、1000円ほど払って(Kindleならもっと安い訳ですが)あの本の内容に満足できる方がおかしいんじゃないかと感じるし、且つ低評価をしたレビュアーの言い分の多くは特におかしいものとは思えない(「ナモアミダンブ」という人のレビューは意味が分かりませんが)。言い分の具体的な中身は、主に「本の中身がブログとほぼ同じ」・「"完全書きおろし"が謳われていたのに(http://dennou-kurage.hatenablog.com/entry/2013/12/10/101407)、本の中身がブログとほぼ同じ」・「考察がありきたりすぎ」・「一部の極端な例を挙げている(+それを一般化している)」・「理屈に関して、根拠となるデータなどが示されていない」というもので、そりゃ、そういう要素があれば本を低評価するのは自然なことだと思う。ブクログにも、3つ目と4つ目の不満を含めた次のようなレビューがある。

これほど中身がない本も珍しい。1章の残業と有給の話は別に反論もないが自明なことで真新しさはない。あとは稀有な例を一般化して感情論で文句言ってるだけで最後まで読む気もしない。筆者はよっぽど仕事が嫌いなのだろう。これが本として成り立ってること自体が問題だとさえ感じる。酷い(http://booklog.jp/users/yoshiyuki1987/archives/1/4492223347)。

個人的には、特に2つ目の「完全書きおろし"が謳われていたのに~」と4つ目の「理屈に関して、根拠となるデータなどが示されていない」という不満に基づき評価を低くするのに共感できる。前者は普通に詐欺レベルだし(ということを過去記事でも書いた http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-544.html)、後者については「根拠がない」ということは著者の独りよがりな主観を読まされているに等しい訳で、なんで金を払った結果読める文章がそんなレベルなんだ?という不満を抱くのは分かる。


とはいえ、上述のレビューを書いた人を始め本を高評価してる人からすれば「そんな欠点があるからどうした?良い点もたくさんある訳で、本の内容は十分値段に見合っている。お前らはモンスター消費者だ!」と感じるかもしれない。もし本を高評価した人たちが本当にそういう風に思うのだとしたらそれは個人的には結構不当な評価だと感じるけれど、一方で自分が「モンスター消費者」と位置づけられたことで「"モンスター消費者"と言われる人たちにも一応その人たちなりの理屈があってサービスを求めているのかもしれない」という視野を手に入れることが出来たのは収穫であった。そして、何気なく使われている「値段相応」という言葉の曖昧さを確認できたことも有意義なことだと思っていて、この点については考察が必要だと感じている。

「日野瑛太郎さんの本は薄っぺらすぎる」と不満を言う人は「モンスター消費者」なのか?という問題意識に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly   
関連記事

東京都議会がブラック企業大賞の「一般投票賞」を受賞するかもしれない件

ブラック企業大賞には「大賞」以外にもいくつかの賞がある。去年で言えば、業界賞・特別賞・教育的指導賞などがある。そして、(恐らく)一般人からの投票を最も集めた企業に対する「一般投票賞」というものもあり、去年はワタミが大賞と共に受賞している(http://blackcorpaward.blogspot.jp/2013/08/2013.html)。


今年のブラック企業大賞にも「一般投票賞」があるのかは分からないが、少なくともホームページを見ると今年も自分が「ブラックだ」と感じた企業に投票できることになっている。且つ、投票をせずに投票結果を見ることも可能なのだが、驚くことに現在1位を走っているのがノミネートが疑問視された「東京都議会」である。2位の「株式会社 ヤマダ電機」を700票ほど上回っているのだ(http://www.enlog.jp/enqResult/14240/)。


ちなみに投票理由も見ることが出来るのだが、「東京都議会」への投票理由はどうも「労働環境批判」というよりはただの「政治批判」の色が出ているものが多い。それに対して、例えば「政治を絡めた時点でこの投票に何の意味もなくなった」など、ブラック企業大賞の存在意義に疑問を呈するコメントも出てきている。


僕はあくまでも「ブラック企業問題」は「"労働者を使い潰す"という意味での労働環境の問題」と認識しているので、今年のノミネート企業から大賞を選ぶとすれば人が亡くなっている「株式会社 大庄」、「JR西日本」、「株式会社 ヤマダ電機」、「株式会社 A-1 Pictures 」、「タマホーム株式会社」のどれかじゃないと「ブラック企業」の大賞として相応しくないと思っている。労働者が亡くなっているこれらの企業を差し置いて、且つ「すき家」がノミネートされないで東京都議会が1位を走っているというのは正直かなり引いてしまう。


雇用問題に詳しい濱口桂一郎さんはブラック企業大賞について「一昨年の東京電力と同じで、労働問題それ自体よりも全然他のことに関心のある人々が、ブラック企業という恰好の看板を掲げてやってるイベントということなんでしょう」と言っているけれど、その認識で合っているんじゃないかと思う(http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-597c.html)。且つ、都議会に投票したと思われる人の中にも「コメントを読むと、都議会を挙げたことにクレームの声があるけれど、こういう場でないとなかなか都民の声を出すことができないし、twitterなどでは注目度も低い。あえてノミネートした委員会の英断に拍手」とブラック企業問題を利用してブラック企業と関係のない都議会の問題を訴えようと目論む声があったりする。まぁ、今年はもはやそういうイベントだということかもしれない。


ちなみに、2012年は一般からの投票ではワタミが一番票を集めていたにも関わらず「大賞」を受賞したのは東電だったはずなので、今年も東京都議会が一番票を得たからと言って必ずしも「大賞」を受賞するとは限らない。さすがに東京都議会がブラック企業としての「大賞」を受賞するのは勘弁してほしい。また、このままいくと東京都議会が「一般投票賞」を受賞するのが濃厚だけれど、少なくともその賞の背景には投票した人たちの歪んだ思惑があるというのは各人が認識しておくべきだと思う。

「ブラック企業」の大賞を決める賞なのに、東京都議会に投票してる人たちはおかしいという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  
関連記事

「ブラック企業大賞」に東京都議会がノミネートされた件・・・もう、「ブラック企業」の定義がよく分からない

労働環境に問題がある企業を糾弾する「ブラック企業大賞」が今年も行われる。実行委員会のホームページではノミネートされた9つの企業とノミネートの理由が書かれている(http://blackcorpaward.blogspot.jp/2014/07/3.html)。


これは「ブラック企業」を批判するという意味では一定の意義があるイベントと言えると思う。しかし一方で、今年「東京都議会」がノミネートされたことに関して次のツイートで述べられているような批判が出るのも分かる。 個人的にも今年の東京都議会(あるいは2012年の東京電力)のノミネートについては「それを"ブラック企業"の問題として扱うの?」という疑問を抱いてしまう。twitterで「ブラック企業 定義」と検索してみても、ブラック企業大賞が東京都議会をノミネートしたことについて「ズレている」と評する声が見られる。


この点、ブラック企業大賞の実行委員の一人である佐々木亮弁護士は、記者会見で東京都議会をノミネートした理由を次のように述べている(http://www.youtube.com/watch?v=T-uOOgY3YEI 7分20秒過ぎから)

こういった野次はですね「環境型セクハラ」に該当し、その発言があったところでの労働者はそういった発言によって就労環境が不快なものとなるということで許されるものではないということになります。ところが都議会はこの問題に対してまったく自浄能力が無いということが露呈されているところでありまして、雇用の現場の話が本来ブラック企業に~なので(※よく聞き取れませんでした)都議と都議会は雇用の関係ではありませんけれども、雇用の現場でもこういったセクシャルハラスメントに該当することは許されない発言であるということを再認識する意味も込めてですね、東京都議会をノミネートいたしました。特別にノミネートしたということになります

勿論「環境型セクハラ」が問題であるということは否定しない。しかし思うに、ブラック企業問題というのは「就労環境が不快なものとなる」というレベルのものではなくて、より深刻な「就労環境により人が潰される(死ぬ、健康を害する)」というレベルのものだったはずではなかったか。少なくとも今野晴貴さん著の「ブラック企業」における「ブラック企業」の定義は「労働者を使い潰す企業」であったと思うし、そういう概念として世間に浸透したのだと僕は理解していたのだが、それは間違いだったのだろうか・・・。もう、「ブラック企業」の定義がよく分からない。

もう、「ブラック企業」の定義がよく分からないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly 
関連記事
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。