スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著者の意図を「推測」してみる前に、まずは書いてあることをきちんと理解するのが大事ではないか

タイトルにも書きましたが、 何故たらればさんのツイートを掲載されたのですか? プロフィールを見た限りでは編集者さんのようですが(中略)あ、「自身の主張の妥当性を強めるために掲載した」 と私が解釈したのは私の『推測』によるものですので 『誤解』だったらごめんなさいね。

前回の記事についた「はまち」さんのコメント。超簡単に表現すれば前回の記事では一応「"書いてあること"をきちんと読み取ろう」という趣旨のことを言ったのだけれど、そのような記事にこうしたコメントがつくというのは中々萎えるし、同時に前回の記事で書いたことは繰り返し述べる必要があるトピックなのだなと感じるに至っている。


というのも、「何故たらればさんのツイートを掲載されたのですか?」という質問に対する答えは前回の記事本文に書いてあるも同然だからだ。引用すると「このツイートに示されている考え方は主張の妥当性を判断するにあたって重要なものだと思う」という文章。つまり質問に対する答えも「"たられば"さんのツイートにある考え方が主張の妥当性を判断するにあたって重要なものだと思ったから」というものになることは明らかだと思う。


そして、「はまち」さんがコメント欄で述べた「自身の主張の妥当性を強めるために掲載した」という推測、「そんなツイートを掲載したところで あなたの今回のような主張の妥当性は強められないのではないでしょうか? (もしそのような実績があるならば合わせて掲載するべきです。) せいぜい"他の人も言ってるからそうに違いない"レベルにしか成り得ませんよ」というツッコミも前回の記事本文の記述に照らすとかなり不当なものだと感じる。というのも、再度「このツイートに示されている考え方は主張の妥当性を判断するにあたって重要なものだと思う」という記述を見ると、別に僕が「"たられば"さんが言ってるからそうに違いない」といった趣旨の文章を書いた訳ではなく、単に「たられば」さんのツイートの考え方そのものに大いに同意できる部分があった(つまり僕自身の考えを言い表している部分があった)からツイートを掲載したことが明らかなはずだからだ。


では、前回の記事のどこで「たられば」さんのツイートに記されている考え方の妥当性が裏付けられていたのか。それは記事の約半分をも占めている「"kato"さんが書いていないことまで勝手に読み取ったことで内田さんの主張を誤って認識し、それゆえに主張に対して不当な評価をした」という例である。抽象的に言えば、この例から「書いていないことまで勝手に読み取ってしまうことで、その文章を不適切な形で評価してしまう」ことが示されている。この例があるからこそ、「たられば」さんのツイートにある「書いてないことまで読み取らない」という姿勢が誤った読解を避けるために有益であるという旨の記述に同感できるようになるわけだ。


冒頭で記したように「はまち」さんのコメントには「"自身の主張の妥当性を強めるために掲載した" と私が解釈したのは私の"推測"によるものです」とある。確かに前回の記事で僕は「"書いてないこと"に思いを巡らせること自体は問題ないと思う」と書いた。しかし、前回の記事と同じような結論だけれど「推測したこと」に囚われて本来の主張の意味を理解し損ねては意味がない


僕は過去に「ブログ記事に対するコメントを見て"これは明らかに読解力不足だ"と感じたことは無いか」という記事を書いたことがあり、即ち元々「読み手の読解力不足」という点に問題意識を持っていた。その記事を書いた時点では、単純に「文章の読み取り方がおかしい場合があるなぁ」という愚痴レベルのことを感じていたに過ぎなかったのだが、現在は、主張の意味を理解し損ねたゆえに文章の妥当性の判断に狂いが生じてしまう恐れが発生するという点で「読み手の読解力不足」を問題と感じるに至っている。場合によっては「書いていないこと」こそ読み取らなければならないこともあるかもしれないけれど、ひとまずは書いてあることをきちんと理解することが大事なのではないかと僕としては感じる。


ちなみに今日アップされた「メイロマおばさん、ロンドンは本当にベビーカー天国なんですか?」というエントリー(※このブログの記事ではない)の追記でも、明らかな誤読に基づくコメントに対する「俺そんなこと書いたか?どこに?(中略)俺はこういう書いてもないことで喧嘩売られるのが嫌いなんだよ。」という文章が書かれている(しかも、その誤読コメントにスターをつけている人も多数いる)。この他にも「読み手が、書いていないことを勝手に読み取る」という問題は結構あるんじゃないかと思うのだが、最後に吉岡友治さんの「"眼力"をつける文章力」という本から次の文章を引用したい。

もちろん「行間を読む」ことが新しいものを創造するきっかけになることも無いとは言えないが、自分の頭の中をのぞき込んでいるだけのことも多い。本を読みながら自分勝手な想像をしているだけなら、わざわざ他人の書いたものに触れる意味は無かろう。むしろ、「行間を読む」技術を身に着けるより、書いてあることをそのまま理解する技術を身に着ける方が先だろう。


著者の意図を「推測」してみる前に、まずは書いてあることをきちんと理解するのが大事ではないかという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly     
関連記事
スポンサーサイト
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。