スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スマホがないと就活が困難になる」というのは勘違い?

いつからか正確には分からないけれど、いつの間にか、就活に取り組むにあたって「スマートフォン」が必需品となったように思う。NHKオンラインの「“就活”スタート 初日からトラブルも」でも、スマホを使って会社説明会の予約をしようとする就活生が映し出されていた。


オーシャナイズが行った『就活生とスマートフォンに関する意識調査』によれば、「就活中のマストアイテム」をたずねた質問で、2年連続で「スマートフォン」が1位にランクインしている。使用目的としては、企業情報収集や説明会・セミナーへのエントリーが主なものとなっている(http://s.news.mynavi.jp/c_cobs/news/getnews/2011/12/post_1221.html)。


一方で、就活生の(過度な)スマホ依存に批判的な声もある。【常見陽平氏×沢田健太氏 対談:後編】激変する就職活動――内定率59%に現れない学生の現実(http://www.sbbit.jp/article/cont1/24251?page=1)では、常見陽平さん、沢田健太さんがそれぞれ、そんなにスマホが就活において大事なのか?という疑問を発している。

常見さん「会社説明会の予約を外出先からでも取ったりするのには便利です。だけど、スマホがなかったから、それで落ちたなんてほどの影響はないです」

沢田さん「スマートフォンがなきゃ就活ができないなんて考える風潮がおかしいですよね。実際には、スマホがないと就活が困難になるなんて状況にはなっていません」

確かに、仮に「僕はスマホを持っていなかったから内定をもらえなかったんだ!」と嘆いている人がいれば、それは違うだろうと思う。しかし、特に沢田さんの「スマホがないと就活が困難になるなんて状況にはなっていません」という意見には、僕はあまり賛成できない。


対談を読んでみると、常見さん・沢田さん共に「就活が困難になる」という言葉を「内定がなかなか取れなくなる」という意味で使っているように感じた。しかし僕は、「就活が困難になる」という言葉には「説明会・選考の予約が困難になる」という文脈も含めるべきではないかと思っている。


実際、特に人気企業といわれるところの説明会は、「なんでこんなにすぐ満席になるんだ!」と驚かざるを得ないくらい、あっという間に予約が出来なくなる。説明会の席を確保するために、絶えず神経を研ぎ澄まさないといけない点も、就活生が苦しむ要因の一つだ。スマホとにらめっこしている就活生を見て異様だと感じる人も居るかもしれないけれど、このように感じる人は、就活生の置かれている状況への想像力が欠けている。


「別に説明会に行かなくても、OB訪問でもすればいいじゃん」という人も居るかもしれない。その考えは確かに正しいのだけれど、企業の中には選考にエントリーするに当たって、「説明会への参加」が必須となっているところもある。どれだけ入社を志望する企業のことを理解しようが、そもそもエントリーするための要件を備えられなければ全く意味がなくなってしまう。このような事情も、就活生がスマホを手にすることを助長しているのではないか。


常見さんにしても沢田さんにしても現在の就職活動の事情に詳しい人たちな訳で、就活生が説明会の予約などをするにあたって、どれだけ神経を使っているかを知らないはずは無いのだけれど・・・。なぜ彼ら(特に沢田さん)がスマホがないと就活が困難になるなんて状況にはなっていないということを言っているのか、その真意は僕にはよく分からなかった。


常見さんと沢田さんの対談では、スマホについて、「(就活生が)スマホに頼り過ぎの弊害」というトピックを取り上げている。例えば、「スマホに頼りっきりになってしまうばっかりに、道に迷って遅刻してしまう就活生がいる」という話を対談の中で紹介している。このような話も重要かもしれないけれど、より重要なのは、就活生が就活を進めるにあたってスマホとにらめっこせざるを得ない状況を作り出す、企業の採用活動の進め方を再考することではないかと僕は思う。


企業が主に大学在学中の学生を対象に採用活動を行い続ける以上は、その活動には学生への配慮が求められるべきだ(そもそも、新卒一括主義を批判する人も多いかもしれないけれど、その点は今は置いておきます)。例えば、明らかに講義が行われている時間に説明会の予約をスタートするのはおかしい。真面目に講義を受けている人が説明会の予約が出来ず(講義が終わったあと予約をしようとしても、どうせその時には満席でしょう)、講義をサボっている人・講義中にスマホをいじくり出す人が無事に予約が出来るのはいかがなものかと思う。企業が授業中にスマホをいじくって説明会の予約をする者が欲しいと言うのならば話は別だけれど・・・。


確かに企業も慈善事業をやっているわけではないので、企業が採用活動を進めるにあたって「効率」という観点を重要視することは否定できない。しかし、効率を追求することによって生じる歪みを就活生に押し付けることを当然と思ってしまう風潮が仮にあるとすれば、それはおかしいのではないか・・・と僕は感じている。


「スマホがないと就活が困難になる」というのは勘違い・・・という意見こそ勘違いだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あなたの時代の就活とは違うんです

Re: タイトルなし

> あなたの時代の就活とは違うんです とコメント下さった方へ

はじめまして、コメントありがとうございます。

「本エントリーのどの記述からそのような感想を持つに至ったのかが想像できなかった」というのが頂いたコメントへの正直な感想です、すみません。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。