スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな面接官はバカだ~就活生を「マニュアルバカ」と嘲笑いながら、自分も「マニュアルバカ」の面接官~

先日の記事で触れた週刊現代の記事「この国はきっと滅びる!就活のバカたち 学生もバカなら、面接官も大バカ」の全文が読めるようになった(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31782)。この記事の大きな特徴は、批判の矛先が就活生のみに向かっているのではなく、面接官にも向かっている点だ。


就活生に対する批判は枚挙に暇がない。「みんな同じことしか言わない」、「自己PRが痛々しい」、「グループディスカッションで、すぐにみんなを仕切りたがる・・・」など。これらの批判の根底にあるものは、就活生のマニュアル依存に対する失笑。「自分の頭で何も考えられないのか!」と嘆きながらも得意気な顔をする社会人の姿が目に浮かぶ・・・というのは少し穿った見方だろうか。


しかし、マニュアルバカなのは面接官も同様・・・というのが週刊現代の記事で浮き彫りになった。例えば、複数の企業の面接で「いま、1億円手に入ったらどうしますか?」と全く同じ質問をされて、すっかり面接官たちに呆れた学生の声が載っている。これはもう、「面接官用のマニュアル」を作っている人がどこかにいるんじゃないか。人材コンサルタント辺りが「こんな質問をすると、就活生の~な能力が分かりますよー」と企業の人事に教えているような気がする。就活生がマニュアル本を頼りにするのと同様、面接官の中には、人材コンサルタント作成のマニュアルが無いと何も質問できない人もいるのかもしれない。勿論、中にはきちんと就活生の話に耳を傾け、自分の言葉で質問してくださる人も多くいるだろうけれど。


別に面接官が人を見るプロでもなんでもないというのは、このブログでよく取り上げている石渡嶺司さんら著の「就活のバカヤロー」でも触れられている(「面接官はアマチュアだらけ」と評されている)。人事の人間だけではすべての応募者を面接することは不可能なので、どうしても人事以外の社員が面接を担当することになってしまうのは自然なことだ。実際に、週刊現代の記事でもIT企業の採用担当者が「一次、二次面接では人事以外の社員が二時間程度の研修を受けて、即席で面接官になることが多いんです。ほとんど素人といっていい」と言っている。さすがに、そのような面接官が自分は人を見るプロとは思っていないだろうし、もしかすると就活生の不安を煽りたがる就活コンサルタントだけが、ひたすら「面接官は人を見るプロです!(だから、私の講座を受けて十分な対策をしておきましょう!)」と頑張って主張しているのかもしれない。


面接官を勤める人たちは別に面接のプロではないので、「マニュアル」にあるような質問をすることは良いのだけれど・・・。しかし、自分がマニュアルに沿って面接の質問の内容を決めているのに、就活生を「マニュアルバカ」呼ばわりする、自分のことを棚に上げて就活生を批判する社会人がいるとしたら、馬鹿馬鹿しいにもほどがあるとは言いたい。


この記事では面接官を「マニュアルバカ」呼ばわりしつつも、面接で人の本質を浮き彫りにする術なんか本当にあるのかという気はする。就活生はいくらでも嘘をつけるし、面接官はバカだから。誤解しないでほしいが、ここでいう「バカ」というのは「頭が悪い」という意味ではなくて、「男ってバカだよね」という文脈で使われる「こいつは本当にしょうがないなぁ」という意味で書いた。面接官もロボットではないから、「会社に役立つかどうか」という評価軸よりも、自分の好みを知らず知らずのうちに優先させてしまうことは理解できなくも無い・・・というより、むしろそれが普通だろう。


週刊現代の記事からの引用ばかりになってしまって恐縮だが、記事では学生の「ものすごい美人の女性社員が『私は社長の大ファンで、著書を何度も読み返し、面接でもそれをアピールして受かったんです』と目を輝かせて語っていた。一体、この会社は学生のどこを評価して採用しているんだろうと、思わず引いてしまいました」という声が載っている(多分、ソフトバンクです笑)。普通の人が「社長の著書を読み返したこと」を面接でアピールしたら「だから、何なの?」と言われるだけだ。しかし、この女性社員の場合は美人だったから面接官も「す、素晴らしい!」と通過させたのだろう。茶番としか言いようが無いけれど、人間が人間を審査する以上、ある程度「茶番」になるのは仕方が無いのかもしれない。できるだけ「茶番」の要素が入り込まないようにするための仕組みができれば良いのだが・・・。


少なくとも、面接を茶番にしている原因は面接官にもある(勿論、就活生側にもある)という意識が、今回の週刊現代の記事により広まれば素晴らしいことだ。


面接官は本当に就活生を「マニュアルバカ」呼ばわりできる立場なのか、面接を茶番にしている原因は面接官の姿勢にもあるという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

就活批判に攻撃対象は必要か?

初めまして。
いつも拝読させていただいております。

私は現役で採用担当をしておりますが、なんと申しますか、この手の論争を見る度に悲しく、悔しく、憤りを感じます。学生も面接官も「どっちもどっち」という落としどころは見事だと思いますが、どうしてそうケンカ腰な物言いができるのか。

最も、ライターは当事者ではないし、金儲けが主だからだと思いますが、最近のメディアは行司の立場であるにも関わらず、あまりにも扇動的です。ライターは問題提起のつもりでしょうが、感情的に就活批判を行う学生にとって、こういった表現は最高の核燃料です。

学生に対して明るい未来を提示すべき大人が、このような批判一辺倒で救いの無い記事を書いて良いのでしょうか。

このような事実を書くのであれば、「こんな質問をしてくる面接官もいるんだぜ。ハハハ」止まりではなく、「こういった質問をしてくる会社はハズレです。ブランドに惑わされず、気持ちよく面接してもらえる会社を選びましょう」と、次の一手を示すべきではないでしょうか。


私の面接レベルがどの程度かは分かりませんが、面接とは、不採用となる学生に対しても興味を持ち、全てを引き出し、すっきりして部屋を出てもらうことが前提だと思っています。

むしろ、そうしないと学生の本質は見えません。

また、『自分が一緒に働きたいと思う学生を採用する』というお話もありましたが、面接官が客観視できなくなったら終わりだとも思います。

本来面接官が見るべきは、自分がではなく“顧客に愛されるか”であり、そして次に“現場の人間が一緒に働きやすいか”だと思っています。
(もちろん、そのためには現場経験必須ですが)

果たして、面接に面接官個人の視点は必要なのでしょうか。


長くなってしまい申し訳ありませんでした。
私が日々悲しく、悔しく、憤りを感じるのは、最近の批判が建設的ではなく、攻撃対象を探すだけのものだからに他なりません。

某採用担当(←釣りではないと願いたいが…)の意見に一理あり!

このブログの記事と、週刊現代の記事…それから某採用担当なる人物のコメントを読んだ上でコメントします。


面接っていったい何なんでしょうか???


どうも、よく分からなくなってきました。圧迫面接や、わけのわからない質問例などを見ると、聞くと…。



本来、就職活動(そして面接)は、お見合いと同じくお互いの将来を決めるための一種の儀礼ではなかったのでしょうか? 時代の変化というのもあるのでしょうが、どうも歪んでいるように思えます。私事になりますが、先月のマイナビの合同企業説明会で無料で手に入れたマイナビによる面接対策の本を読むと、「就職サイトを活用しなければ就職できない」というような趣旨の文言が多く出てきてます。就職活動がビジネスと化しているのです。(偏見を多分に含みますが)最近の社会は何でもビジネスに結び付け、それがもたらすデメリットには目をつむっているように思えてなりません。


それと、某採用担当という人がおっしゃるように、どうもこの手の問題は「就活生VS企業」という構図になりがち――つまり、攻撃対象を見つけて攻撃することが当たり前となり、攻撃対象を作るにしても、その前提となる原因なり背景の追求がおざなりとなっています。

政治を引き合いに出すならば、「脱官僚」をはじめとする官僚批判です。すべての官僚(もしくは公務員)が悪人のような風潮が目立ちます。しかし、具体的にどういう点で、どこの誰に問題があるのかということまで触れられていません。ただ、「官僚が悪い」「官僚を××しろ」という言葉だけが世にあふれているのです(阿久根市の竹原氏はその象徴です)。

今の就職活動における問題もこれと同様です。「学生が悪い」「面接官が悪い」といった批判を行う前に、そのメカニズムを解剖することが先決ではないでしょうか?

何でもかんでも一緒くたにするようでは、問題解決にはつながらないと思います。



えらそうな文言且ついつも以上の長文になってしまいましたが、すみません。

新卒一括採用の必然

私も某採用担当者さんが釣りではないことを祈ります(笑)

また、『自分が一緒に働きたいと思う学生を採用する』というお話もありましたが、面接官が客観視できなくなったら終わりだとも思います。

本来面接官が見るべきは、自分がではなく“顧客に愛されるか”であり、そして次に“現場の人間が一緒に働きやすいか”だと思っています。


「愛される」「働きやすい」という主観的かつ観念的な表現。
それは例えば容姿に優れていたり、企業内は年功序列ですから「体育会系」で年上から多少しごかれても動じなかったりする人物を評価するというところにつながるわけですね。
(この点で明確で客観的に測れる基準が存在するというなら驚きですが 例えば資格や学内での成績、長期間指導した教員の評価書のような)

これは、同一労働同一賃金ではない日本の雇用慣行の必然だとしか言いようがないでしょう。
雇用契約として職務や勤務場所が決まっていなく、教育段階でほとんど職業訓練がない日本の環境では上記のような基準でしか測りようがないんですね。

たとえ面接官が自分が一緒に働きたいと思うかという指標で測っているにしろいないにしろ、日本の雇用慣行が現行のものから覆らない限り、「履歴書を手描きで書くかどうか」「説明会で質問した学生を評価するかどうか」「マニュアルを使う学生や面接官はどちらもバカだ」のような薄っぺらい議論、このブログ主さんの言葉でいえば「茶番」がなくなることはないでしょうね。

No title

一方、中小の企業でも気概のある所だと(あるいは社員数の都合からか)、
アルバイトの募集でもいきなり社長直々の面談になったり。
(昔、正規/非正規の口を問わず職を探していたとき、そういう会社がありました)

面接官の方々全てが某採用担当さんのように、ポリシーやプロ意識を持った方ならいいんですが
いま指摘されているような困った面接官が手前を棚に上げて威張っているとなると、
求職者側としては、人によっては(面接官を)殴ってやろうかと思ってもおかしくないとは思います。
(某採用担当さんが職を探していた頃は、その辺どうだったでしょうか?)

それに、一昔前だったら
こうした話題は「就活生の努力不足やマニュアル依存に対する失笑」で止まっていたでしょう、
今でこそ、「面接官こそドウなのよ?」という観点もあるあたりはフェアだとは思います、
しかし確かにダメ出しで止まっていてもいけませんね、
就活生には「気持ちよく面接してもらえる会社を選びましょう」と言うならば、
現在面接官してる人にも・・・某採用担当さんのように気概をもってほしいもんですね。

釣りではないです(笑

お騒がせしまして申し訳ありません。
釣りではないのでHN名乗ります(笑

おたけ と申します。
黒紅茶様、人様のコメント欄での連投をお許しください。


va様の仰る通り、私の言葉は主観的かつ観念的で、自身の言葉に矛盾がありました。面接官でありながらの大失態、気づかせていただき感謝致します。

面接の場での主観的でない判断、これは永遠のテーマのような気がしてなりません。
もちろん評価シートに数字を記入しますが、正直、私の肌感覚ですし、人間を正しく数値化することはほぼ不可能でありましょう。
数値化するにしても必ず主観が絡むものと思いますし、何より私は面接結果の数値化に深い意味を感じません。
数値化はあくまで自分用のメモ、そして上司への報告ツールでしかないからです。

ここまでくると完全に個人の論ですので、お気を悪くされましたらお詫び致します。


そもそも私は、最低限のタブー把握以外の面接官訓練を受けたことはありません。落合監督的に言えばオレ流でしょうか。

現場を経験しているからこそ、「この学生だったら、ミスがあってもお客さんは笑って許してくれるな」であったり「しっかりしてるけど、体からインテリジェンスが滲み出してるタイプだからお客さんに嫌われるな」など、社風(というより、より本番に近い感覚)的に肌で判断しているのです。これが「愛される」タイプの判断基準です。

また、「働きやすさ」の判断基準は、甘え上手であったり適度にずうずうしいタイプであったり、ここは実際のエピソードを話してもらいながら判断しています。
大切なのは、働きやすいの定義が“今現場にいる人間が働きやすい(=使いやすい)”という意味ではなく、“新入社員が、自身の性格を持って働きやすいか”というところです。

社内の異職種の相手に気が使えるか、先入観を持たず相手を受け入れられるか(=素直さ)などです。

この面接方法が正しいかどうかは賛否があると思いますが、新入社員に触れる機会のある社外の方に聞くと「毎年ブレないですねぇ~(笑)」と言ってくださいます。
結果論ですが、私は、今の会社ではこれで正解だと思っています。


L_z_m_i様、ここまで語っておいてアレなのですが、私の最終学歴は高卒なのです。
大学には門にも入っていません。

ですので、正直、面接の度に怖いのです。私が面接をして良いのだろうか、と。
自分の中では、アンフェアなのです。

そのせいもあってか、例え不採用であっても「あれでダメならだめか(笑)」と思ってもらえるような面接をしたいと思ってます。
内定者に話を聞くと、私は何も言っていないのに「他社の面接に比べて、いろいろ引き出してもらえたので楽しかったです」と、毎年言ってもらえます。
本当に涙が出るほど嬉しい瞬間です。


黒紅茶様、私は中途採用も兼務しているのですが、最近は特に求職者のおいてけぼり感は異常です。
新たな求人媒体など必要ないのに、儲けに走って媒体を増やし、求職者と企業を混乱させています。

新卒部門で言えば、ソーシャルリクなんとかという会社はひどいです。
会社のミッションが「歴史に名を刻む会社を創る」ですから。
求職者のことなど微塵も考えていません。

何も知らないと批判もできませんので、今度会社に呼んで話を聞こうと思っています。
機会がありましたら報告致します(笑


それでは、大変長くなりまして申し訳ありませんでした。
ありがとうございます。

Re: 釣りではないです(笑

> コメントを下さった皆様

こんばんは、コメントありがとうございます。これほどたくさんのコメントを頂けて、本当に嬉しいです。

まだコメント欄でなされている議論について、自分がどのような意見を述べるかが固まっていないので、申し訳ありませんが、今日か明日に返信をさせていただければと思います。とは言え、新たなご意見、おたけさんのように意見の補足をすることも大歓迎です。

No title

一発芸をさせるか イチモツを突き出してしゃぶらせた方が早いだろ。 個性的な人間と従順な人間はこれで残る。

Re: 釣りではないです(笑

> 某担当採用(おたけ)さん、黒 紅 茶さん、vaさん、L_z_m_iさん

みなさん、コメントありがとうございます。コメントの返信になっているかは分かりませんが、コメント欄でなされている議論についての僕から付け加えることがあるとすれば、それは次の記事(「就活生はバカ」、「面接官だって同じくバカじゃないか」・・・~特定の攻撃対象を作る「分かりやすい」就活批判ばかりしていて良いのか?~)で大体書かれているので、そちらをご覧ください。

特におたけさんの言葉から、採用担当者が何を考えているのか、理想の面接とは何かという煩悶が明らかになって、結果として非常に面白い記事になったと思います(他力本願ですね!笑)。本当に有難うございました。

Re: No title

> 阿部たかかずさん

はじめまして、コメント有難うございます。

特に「イチモツを突き出してしゃぶらせる」のは極論でしょうけれども、仰りたいことは分かる気がします。ただ、応募者の人間性は浮き彫りになるかもしれませんが、例えばtwitterとかで「○○会社の面接で、~なことをやれ!って言われた挙句落とされた。ふざけるな!」と書き込まれることによって、結果、その選考を実施した会社の評価は落ちそうな気がします・・・。

No title

冒頭にある「みんな同じことしか言わない」という就活生への批判ですが、それをさせているのは面接官自身、といようよりも日本の就活という文化、慣習だと思います。その文化、慣習を作り出してきたのは面接官自身でしょうけど。

既卒排除に見られるように少数派、仲間はずれは排除する傾向あるのだから、マニュアルに頼ったりして結局、就活生からしたら多くの人が言うことを言っておいた方が安心感があるのでしょう。

面接官が就活生に対してこのような批判を行うのであれば、面接官は文字通りのバカだと私は思います。

Re: No title

> あらい さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>冒頭にある「みんな同じことしか言わない」という就活生への批判ですが、それをさせているのは面接官自身、といようよりも日本の就活という文化、慣習だと思います。その文化、慣習を作り出してきたのは面接官自身でしょうけど

まぁ、就活生が全く悪くないというわけではないと思うのですが、面接官の質問の仕方によって就活生が決まりきった答えを返さざるを得なくなる・・・という一面はあるといえるかもしれません。「面接において"○分間で自己PRをお願いします"なんて会話はいらない(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-230.html)」という過去記事では、その一面の存在を表現することを図りました。

>面接官が就活生に対してこのような批判を行うのであれば、面接官は文字通りのバカだと私は思います。

そうですね。「面接で、みんな同じようなことしか言わない」という問題があるとすれば、その問題の解決のために、就活生だけでなく面接官の挙動に改善の余地があるかどうかを考察する必要があります。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。