スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仕事を通じて社会に貢献する」、「やりがいが大事」・・・クソ喰らえだ~わたなべ美樹さんから「聞こえの良い」言葉を発する人の胡散臭さを学ぶ~

「和民」で働いていた女性社員が入社2ヵ月後に自殺したことについて、神奈川労働局が女性の死亡を労災と認定したことが話題になっている。神奈川労働局によると女性は「残業が1か月当たり100時間を超え、朝5時までの勤務が1週間続くなどしていた。休日や休憩時間も十分に取れる状況ではなかったうえ、不慣れな調理業務の担当となり、強い心理的負担を受けた」という状況に置かれていたとのこと。女性の日記にも「体が痛いです。体がつらいです。気持ちが沈みます。早く動けません。どうか助けて下さい。誰か助けて下さい」と書かれていたらしい。(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120221/t10013184671000.html)。


このニュースに対するわたなべ美樹の反応が酷い。

労災認定の件、大変残念です。四年前のこと 昨日のことのように覚えています。彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。労務管理できていなかったとの認識は、ありません。ただ、彼女の死に対しては、限りなく残念に思っています。会社の存在目的の第一は、社員の幸せだからです

女性の精神的、肉体的負担を減らそうとしてもなお、女性が「残業が1か月当たり100時間を超える」、「朝5時までの勤務が1週間続く」、「休日や休憩時間も十分に取れる状況ではなかった」状況に置かれていたことに驚く。一体どこまで人を働かせれば気が済むんだ。それとも「女性の精神的、肉体的負担を減らそうとした」というわたなべ美樹の言葉が、そもそも嘘っぱちなのだろうか。


以上のような過酷な労働環境は、何も「和民」特有のものではないだろう。「和民」を責めるだけで終わるのではなく、「従業員を扱き使っている企業のサービスなんか受けない!」という意識が根付くことが必要だ。加えて、お金を払っているからといって、従業員に対してあまりにも無茶な要求をしないということを僕たちも心がけないといけない。いないと信じているけれど、「和民」・わたなべ美樹を責めている人の中で、普段から従業員に無茶なクレームばかり言っている人がいるとしたら、それはおかしいだろうと言いたい。あるいは、朝まで飲み会を楽しんでいる人たちが「従業員を朝5時まで勤務させるなんて、酷すぎる!」なんて怒っちゃいけない。過労死は企業の横暴だけでなく、僕たちのわがままによっても発生しているはずだ。


それにしても、今回の労災認定は「和民」の労働環境のおかしさの他に、わたなべ美樹という人間の偽善者っぷりを浮き彫りにしたような気がする。僕は「もりぞおアジア就活紀行」というブログの「和民の会長 わたなべ美樹氏の、自殺した和民社員への言葉が酷すぎる」という記事を読んで初めて知ったのだけれど、わたなべ美樹が自身のブログで「14年連続自殺者3万人」の国、日本という記事を書いていることに、不謹慎ながら笑ってしまった。例えば、このような記述がある。

自殺者は社会のカナリアだと思う。カナリアは坑道などでいち早く有毒ガスを検知する。「我々の社会はおかしいぞ」と自殺者の方々は、自らの命を絶って訴えているのかもしれない。

しかし、どうやらわたなべ美樹には、この度労災認定された女性の「労働環境が苛酷だ」という訴えは届いていないらしい。自身のtwitterで「労務管理できていなかったとの認識は、ありません」と言っているのだから。

また、

政府のなかに内閣府自殺対策推進室がある。しかし、自殺はいっこうに減らない。3万人ひとりひとりの自殺の背景をどれだけ細かく把握しているのか。それがなければ対策も何もない。

どう考えても原因の一つは「過労死」だということは、自分の会社で女性が亡くなっていることからも分かるだろう。「対策も何もない」と言っているけれど、自分の会社の労働環境を整備すればそれで「対策」になる。この人は本当に自殺を減らしたいと思っているのだろうか。

さらに、

しかし、14年連続で毎年3万人以上自ら命を絶つ社会が真に豊かと言えるだろうか。我々はあまりに、無関心になってはいないか。その膨大な数に痲痺していないか

一番麻痺しているのは他ならぬ自分だろう。自分の会社の従業員を扱き使いながら、このような奇麗事を言える厚顔さはすごい。


そんなわたなべ美樹さんは現在、バングラデシュの子供の教育について熱心に考えていらっしゃる。その前に、従業員の労働環境を少しはまともにしたらどうなんだと僕は思うし、同じようなことをtwitterで述べている人もいて安心した。


どうも、普段から「聞こえの良いこと」を言ったり、「聞こえの良い活動」をしていることを外部に積極的にアナウンスしたりする人なんて、所詮は自分がよく見られたいだけなんじゃないかと思う。まぁ、「しない偽善より、する偽善」とも言うから、売名目的、自分がよく見られることが目的であっても「良いこと」をすること自体はそこまで問題じゃない。ただ、「聞こえの良いこと」を言っている人によって誰かが苦しめられている・・・というケースがあることについては自覚していたい。


就活でも会社説明会とかで「仕事を通じて社会に貢献したいんだ」「やりがいが大事」だという「聞こえの良いこと」を発する人がいる。そのような発言は必ずしも間違っているとはいえないけれど、そういう聞こえの良い言葉によって社員が過度に働かされている状況があるとすれば、それはおかしい。人を過労死に導く罠は、案外就活の段階から設置されているのかもしれない。


「仕事を通じて自己実現」、「やりがいが大事」・・・クソ喰らえだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

見た目が若干ヘンなみきさんですが、本当に厚顔無恥なんですね。
ワタミは二度と利用しません。
聞こえのいい言葉で人を誘って、苦しい生活を強いるってどこかの国の与党みたいですね。
昔母親によく教えられました。「自分のやったいいことは人に話したくなるけど、褒めてもらいたくて話すなら私だけにしておきなさい」
世の中聞こえのいいことを言って人を釣るやからが多すぎるので、なかなか的を得た教えだったなぁとしみじみ思います。

Re: No title

> ささくれ さん

お久しぶりです、コメント有難うございます。

お母様の言葉、とても良いですね。わたなべ美樹に伝えてあげたい(笑)

「ワタミは二度と利用しません」とのことですが、ツイッターを見ると「ワタミで飲まない会」という運動が起こっているようですよ。良かったら調べてみてください。

この世のガン細胞

わたなべ美樹というダブルスタンダード野郎・・・
こいつのバカさ加減はもう言うまでもないとして、

店や会社や業種を問わず
こういう問題を出すようなトコから物やサービスを買うのは確かに考えたくもなります、的にも。
そこでボイコット運動も出てくるわけですが、
(実際、関連ツィッターでも「ワタミでのまない会」とか)
ある意味この世の放射線治療だなあという気もまた一方でします。
こういう運動でわたなべ美樹というこの世のガン細胞に打撃を与えることはできても、
多くの善良な一般従業員も同時に・・・・という懸念もあるわけで。

そういう意味で、心置きなく“放射線”を集中して
この世の“ガン細胞”を焼き払える手法はないものか・・・

コメント正誤

× 的にも。

〇 感情的にも。

No title

ワタミは許せないけど、こういう輩が社会に出てきてしまうのも日本式なのかなぁ、と考えてしまう。

"お客様は神様"と言われるように、販売員・接客というのは、たとえそれがアルバイトだったとしても、プロと同等の仕事を求められる。そして、客もそれを求める。それが当たり前だと思い込んでしまう。それがそもそもの原因なんじゃないか。

日本のサービスは、本当に高レベルなのだろうけど、それが原因で"人が死ぬ"ことがあるようなら、いらないのでは?

ワタミの社長に憤慨するのはいいけど、というか私も怒っているけど、自分たちの行動も見返るいいキッカケじゃないと思うよ。過剰なサービスは本当に必要かってこと。そして、それを他人に強要してないかってこと。色々。

どちらにせよ、本当に考えて、行動してかないと、第2・第3のワタミのような社長が輩出されるんじゃないのかな。

もうすでに出現しているだろうけど。


Re: No title

> L_z_m_iさん、ほらいぞんさん

コメント有難うございます。

ほらいぞんさんのご指摘には、僕も賛成です。むしろ高度なサービスを当たり前のように享受できると思い込んでいる僕ら自身も加害者です。記事にも書きましたが、「和民」・わたなべ美樹を責めている人の中で、普段から従業員に無茶なクレームばかり言っている人がいるとしたら、それはおかしな話です。わたなべ美樹は確かに「ガン細胞」といっても言い過ぎではないかもしれませんが、分かりやすい悪者を作って、その人を叩いて終わりということにならないことを望みたいですよね。

「ガン細胞」の除去・・・という話とは少し次元が違うかもしれませんが、「僕らも加害者だ」という意識が従業員の保護につながるかもしれないという点は大切な視点です。勿論、L_z_m_iさんが仰るようにクソ経営者をぶっ潰す方法も考え出したいところですが(笑)

No title

ワタミがアレなのは既に多くの人が述べておられるから今更言う必要もないけど

>そんなわたなべ美樹さんは現在、バングラデシュの子供の教育について熱心に考えていらっしゃる。その前に、従業員の労働環境を少しはまともにしたらどうなんだと僕は思うし、同じようなことをtwitterで述べている人もいて安心した。
>どうも、普段から「聞こえの良いこと」を言ったり、「聞こえの良い活動」をしていることを外部に積極的にアナウンスしたりする人なんて、所詮は自分がよく見られたいだけなんじゃないかと思う。

ブログ主さんとはちょっとだけ違う切り口になるが、これって「デキる学生」によくいる「海外(東南アジア)でボランティアやってました」と同じじゃないか。
勿論デキる学生が人殺したとかではなくて、灯台下暗し的な
「海外の貧しい子供たちを救うほうが日本のワーキングプア・ホームレスを救うよりも聞こえがいい」
って考えな。
後者は政治思想団体的な問題から就職上マイナスになるから誰もやりたがらないだろうが。

別記事でほらいぞんさんが仰ってた

>話変わるけど、「絆」「人との繋がり」という割には就活生・フリーター・ワープア・ホームレスにめっさ厳しいのよね。どうしようもないことを「自己責任」で片付けようとする人もいるし、そういう人達をせせら笑う人もいる。どこが「絆」「人との繋がり」なんだか。呆れてものが言えない。

とも通底してると思う。
そこは学生も、学生を評価する人事も、「デキる学生」の固定観念を作ってる我々も偉そうにワタミを叩けない部分ではあるわ。

Re: No title

> のさん

いつもコメント有難うございます。

確かに何となく「海外の貧しい子供たちを救うほうが日本のワーキングプア・ホームレスを救うよりも聞こえがいい」 という空気はあるかも・・・。日本の「ワーキングプア・ホームレスに陥るのは自己責任。そんな人たちを何で救うの?」という風潮が、身近なワーキングプア・ホームレスを救うよりも、生まれながらにして貧困に苦しむ海外の子供たちを救うほうがウケが良い・・・という空気を醸成しているのかもしれませんね。

僕を含めてワタミを叩いた人たちが、普段どのくらい「過労死」の問題について考えているかも疑問ですもんね・・・。確かに、僕らもそんなに偉そうにワタミを叩ける身分だったのか。再考すべき点ですね。

酷い労働環境にびっくり

内容読んで素直に、めちゃくちゃな社長さんだなと思いました。

ツイッターでつぶやく暇があったらもっと出来る事があるだろうに…。

亡くなった女性の方の気持ちを思うと悲しいです。

そもそも女性が子育て
男性が仕事という社会構造が悪い意味で崩れているのを感じます。


(もちろん真面目な男性もいると思いますが)体力的にもハンデがある女性をこきつかって男性は楽して仕事をしないで遊んでいる、ついそんな構図がイメージに浮かんでしまいました。

仕事をしないで何をするんだろうと思ってしまいますが。(あんまり暇だからツイッターしてるよ~という声が聞こえてきそうです。)

日本の幸福度が低いと聞きましたが、この記事を見て、納得してしまいました。


また、(普段から心がけているつもりではありますが)お店の方には丁寧に接しようと改めて思いました。

Re: 酷い労働環境にびっくり

> 通行人さん

はじめまして、コメント有難うございます。日本の労働環境の酷さがとんでもないことが、このワタミの件からも伺えます。

「体力的にもハンデがある女性が男性に使われている」という視点は僕にはありませんでした。単に経営者がやりたい放題やっているという印象しかなかったのですが(笑)、もしかすると通行人さんが仰るような状況もあるのかもしれませんね。

>また、(普段から心がけているつもりではありますが)お店の方には丁寧に接しようと改めて思いました。
激しく同意です!

No title

改めてこの記事を読み返しました。

『この世の仕事は、なんらかの形で社会に貢献している』
『どうしてもやりがいが欲しければ、個人で見出すもの』

だと思うんですよね。自分の価値観では、ですけど。

無論、自分の知らない仕事は沢山あるでしょうし、
非合法な仕事は如何なものかと思いますが。

「○○に甘んじるな」と以前の職場で言われた事がありますが、
それは他人が決める事ではなく、その人しか決められないのでは?と思いましたし、
そういう事を言う人は大抵、自分の利益が損なわれる可能性があるから
言っているだけなのだと感じました。

わたなべ氏にはマザー・テレサの言葉を送りたいですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/naomoe3/61093168.html

Re: No title

> けいすけ さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>「○○に甘んじるな」と以前の職場で言われた事がありますが、それは他人が決める事ではなく、その人しか決められないのでは?と思いましたし、

日本に限る話ではないかもしれませんが、「ほどほどに働く権利」が尊重されにくい現状があるのかもしれません。働きたい人はとことん働いて、「出世と給料はそこそこで良いから程々に働かせてください」と願う人は比較的責任が軽い仕事を請け負うような社会になれば良いなとちょっと思っています。


>わたなべ氏にはマザー・テレサの言葉を送りたいですね。

誰か忘れましたが、ツイッターで同じ事を言っている人がいましたよ!
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。