スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題を放り投げて遊びに行く人こそ、人間力アリ!?~「人間力」という言葉を聞いて常識的に皆が持つであろうイメージは、案外間違っている~

企業は採用ホームページに、よく「人物重視の選考です」という言葉を載せている。この「人物重視」とは、就活生の資格・能力だけではなく、その人の人柄を重視しようとする姿勢のことを指す。


このような状況を受けてか、現在の若者には「人間力」という感情や人格の深部に根ざすような曖昧で柔軟な諸能力が重視されるようになってきていると、本田由紀先生は著書「軋む社会」にて論じている。本田先生は度々「人間力」という概念の曖昧さ・怪しさを主張している。しかし僕は単にそれらを指摘するだけでなく、「人間力」という言葉を聞いて常識的に皆が持つであろうイメージは、いとも簡単に覆される程度のものでしかないということを論じるべきだと考えている。


一般的に「人間力が備わっている」というフレーズを聞くと、さすがに「聖人君子」とまではいかないまでも、「明るい」、「向上心がある」、「人に気を遣える」などポジティブな要素を備えているのではないかという推測を働かせる人が多いと思う。しかし、僕の考えではこの推測には誤っている部分がある。どういうことかと言うと、ケースによっては「こんな行動をしておいて、人間力が備わっているといえるのか!」と驚く場合もあるのではないか?ということだ。


例えば、ビジネス雑誌「プレジデント」の2011年10月17日号「大学と就職・出世・結婚・お金」の人事部対談における、IT業界の採用担当者のコメントが参考になる。

「うちが適性試験で最も重視しているのは働く動機だ。(略)たくさんの設問があるが、たとえば『宿題をやっているときに、友達から遊びの誘いがありました。あなたはどうしますか』という質問がある。答えの選択肢には『宿題が終わってから遊びにいく』『宿題を放り投げて遊びにいく』というのがある。うちで活躍しているのは、宿題を放り投げて遊びにいくやつなんだ(笑)。つまり、楽しい話があれば、すぐに飛び乗るタイプが仕事でも成功している。(略)」

このエピソードを耳にした時に、各々の視点によって、人間力があるか否かは異なってくるのではないか。この採用担当者のように「宿題を放り投げて遊びにいく」ことを肯定的に捉える人もいれば、ただのバカと捉える人もいるだろう。例えば、友人に宿題を見せてあげることが多い人としては「宿題をやらない奴を評価するなんて、社会人の頭はおかしいんじゃないか」と考えても不思議ではない。


また、例えば企業から、自社の商品を多くの友人に売ることを迫られたケースについて考えてみる。この場合、「いや、友人たちに悪いんで、私にはそれは出来ないです・・・」という人には優しさがあると評価できる。「友人に迷惑をかけたくない」という気持ちの表れといえるからだ。ただ、企業からすればそんな優しさを見せられても「いや、利益出せよ」としか思わない。そういう意味では、あまり親しくも無い人にまで図々しく商品を売りつけようとする人の方が「人間力が備わっている」と企業から評価されやすいのではないか。


「宿題を放り投げて遊びにいく」、「友人に対して、図々しく自社の商品を売りつけようとする」・・・これらのフレーズを見ると、とにかくネガティブなイメージしか浮かばない。しかし、企業からすれば、これらの要素を備えている人を「人間力が備わっている」と評価しているかもしれない。一見どうしようもない姿勢・行動であっても、見方次第で簡単に「人間力が備わっている」と評価できてしまう。これが「人間力」という言葉の持つ恐ろしさだと思う。

「人間力」という言葉は単に曖昧なだけでなく、一見どうしようもない姿勢・行動であっても、見方次第で簡単に「人間力が備わっている」と評価できてしまう点に恐ろしさがあるという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当の「人間力」って、何なんでしょうね・・

近年、「〇〇力」というような言い回しが流行っているわけですが
人間力っていうのにしましても、ポジティブな聞こえのようで
つくづく定義や解釈に幅や差異や齟齬の出やすい言葉ですね、
この言葉を始めて聞いたとき、個人的にもなんか釈然としませんでしたし。

Re: 本当の「人間力」って、何なんでしょうね・・

> L_z_m_i さん

お久しぶりです、コメント有難うございます。

一言で「人間力」といっても、場面場面で定義が変わるのだと思います。
極端な話、例えば会社勤めの人だったら「おい、ノルマ達成してないけどどうすんだよ?」と部下を脅して、強引にノルマを達成させる人こそ、企業から見れば「人間力が備わっている人」なのかもしれません。これが本当だったら、何か変な気がしますけどね・・・。

僕自身も就活していろいろな就活生にあっているのですが,印象に残った人はあまりいなかったような気がします。


僕が思うに日本の就活スタイルは就活生の個性を消しているように感じます。


マニュアル本や就活本だけでなく、明文化されてないルールがあるようではその中で就活生自身の個性をアピールすることは難しいのではないでしょうか?


ポジティブや向上心を求めたいのは分かりますが,人間24時間365日いつでもそういう状態を保てる人なんて滅多にいないし、就活生みんながみんな素晴らしい人格者にはなれないということを企業側ももっと認めて欲しいですね。

No title

ブログ内容いくつか拝見させていただきました。
私は就活生なのですが、この活動にたまに疑問をかんじるので、就活のおかしさを綴っていて大変共感を得ました。 マイナビなどはたくさんの企業にエントリーしやすく、会社への窓口を作ってくれてはいますが、結局のところ彼らが企業にも、学生にも、就活はこうだと指導しているおかげで、就活がややこしいものになっていると感じています。エントリーが始まればそこから戦場、内定をとるためにいかに小さな自分を過大評価し、言葉を並びたてるか・・そこが目標になっていると感じます。エントリーシートを書くのにどれほど時間を要するか・・嘘の熱意を並びたてるのに時間を要すくらいならもっと学生のうちにできる貴重な体験をもっとしたいと思います。乱文失礼しました。私の後輩の時代にはもっとましな就活がおこなわれると嬉しいです。

Re: No title

> akkさん

はじめまして、コメント有難うございます。

僕も今の就活には改善の余地が大いにあると思っています。就職情報会社の持つ力の大きさや、「エントリーシートを書く、嘘の熱意を並びたてるのに時間を要す」という努力のベクトルのおかしさ。これらは是正されるべきものと確信しています。もっと「就活のあり方」を向上させていく取り組みが必要です。

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。