スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東日本の「書類選考の合否の伝え方」を他企業は反面教師にするべきだ

4月から多くの企業が面接をスタートさせる。3月下旬というこの時期は、4月からの面接開始に備えて、企業が書類選考の合否を次々と明らかにしていく時期といえる。


どのような基準で書類選考の合否を決定するかはそれぞれの企業が決定することであって、外部が口を出すことではない。しかし、「書類選考の合否の伝え方」については、もう少し就活生の立場を考慮した形でなされても良いのではないかと感じることがある。


その例として、JR東日本の選考フローを取り上げたい(http://www.jreast.co.jp/recruit/student/recruit/screening/potential.html)。採用ホームページを見ると、今年のエントリーシートの締め切りは3月5日、適性試験の締め切りは3月14日に設定されており、且つ選考期間は4月であることが分かる(ポテンシャル採用の第1回の選考について取り上げています)。常識的に考えて面接は4月1日から始めるのだろうから、就活生からしたら遅くとも3月下旬までに書類選考の合否を知りたいと考えるのが自然だ。


ところがJR東日本の選考フローには、「書類選考に伴う面接へのご案内は2012年4月23日までにお電話にて連絡いたします。期日までに連絡が無い場合は、ご縁がなかったものとご理解ください」と表記されている。このような案内では、合格の場合に具体的にどの期間に通過連絡が来るのかが分からず、4月に多くの面接を控える就活生のスケジュール調整を一層困難にさせる点が問題である。


合格者だけでなく、書類選考の不合格者に対しても不親切だ。第一に、そもそも書類選考の合否を伝えないという「サイレントお祈り」について突っ込むことが出来る。第二に、書類選考の不合格者に4月の中旬位まで無駄に通過の希望を持たせてしまう可能性があることが問題である。間違いだったら申し訳ないが、「合格者のみに、4月23日までに電話で連絡する」とホームページに書かれていても、例えばJR東日本が「4月22日」に書類選考通過の連絡をすることは事実上考えられないだろう。こんな案内は極めて形式的なものに過ぎず、全く中身が無い情報と評価せざるを得ない。


「書類選考の通過連絡をする時期」という情報は、ある程度具体的に示さないと意味が無い。また、「書類選考の合否」という情報は、就活生がその情報を求めるタイミングで伝えられて初めて意味を持つものだ。4月23日に「あぁ、やっぱり連絡が来なかった。エントリーシートが通らなかったんだな」ということに気づかされても、就活生からしたらそれは全く意味が無い。残念ながらJR東日本の案内を見るとどちらの要素も満たしておらず、採用担当者の就活生に対する気遣いの欠如が伺える。


誤解しないで欲しいが、何も就活生を神様扱いすべきだという話ではない。ただ、「合格者のみに、4月23日までに電話で連絡する」という案内を、例えば「原則として、合格者には3月2○日くらいに電話で連絡する予定です」、あるいは「去年は3月2○日~2○日に、合格者に面接の案内をしました」と表記するだけで情報の価値は全く変わる。合格者が4月のスケジュール調整をしやすくなることは明らかだし、不合格者も自分が落ちたことを認識して次の選考に気持ちを切り替えられる。採用担当者がその程度の気遣いすら出来ない理由が僕には分からないし、他企業はJR東日本の選考フローの案内を反面教師にするべきだと思う。また、同じような案内をしている企業を知っている方は、ぜひコメント欄で教えてください(笑)


JR東日本の「書類選考の合否の伝え方」を他企業は反面教師にするべきだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

JRはどこもそんな感じですよ。実際には3月後半にリクルーター面談が3回ほどあるので、それに呼ばれなかったら「ああ、ダメだったんだ」と分かるようになっています。正式な通知はありません。

Re: No title

> ja さん

はじめまして、コメント有難うございます。記事を書き上げたばっかりなのにコメントがついていて、少々びっくりしました(笑)

やっぱりリクルーター面談か・・・。ちなみに先ほど、倫理憲章の賛同企業を確認したところ(http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2011/042sengen.html)、明らかに「東日本旅客鉄道」の名があるという(笑)やはり、倫理憲章は完全に機能不全に陥っていますね。

合否の連絡

 初めまして。いつも拝見しています。コメントは初めてです。
 私は、大学新4回生で、就職活動中です。そろそろ私も祈られ始めています(笑)

 まだ片手で足りる程度ですが、書類選考や一次面接の結果をもらいはじめています。やはり、「○月○日までに通過者のみ次の選考の連絡をさせていただきます」という企業はとても多いです。
 記事の通り、確かにこの方式の連絡だと、先々の予定がとても立てにくいです。しかも、明らかに授業がある時間帯に次の選考日を設定しているので、大学側と相談もできない状況です。
 4回生ともなると、ゼミや資格取得のための実習などがありますので、自分が選考に通過したのか、落ちたのか、はっきりとして欲しいと思います。

 というより、社会人に必要とされている「ほう・れん・そう」(報告、連絡、相談)は、どこに行ったのでしょう…?ビジネスの世界では、「サイレントお祈り」のような、不明確な連絡は、当たり前のように行われているのでしょうか?
 学生がこんな連絡の仕方を企業にすれば、批判の的ですよね…?「○日までに連絡しなかったら、内定辞退するから」という対応を就活生に取られても、問題ないと考えている企業なんでしょうか…JRは…。

 そんな企業も多いなか、先日、一次選考を受けた企業(老舗の呉服屋さん)は、「合否に関係なく、自宅に郵送で結果を発表する。遅くとも○月○日までには発送する」という連絡方法でした。
 結局、私は落ちてしまったのですが、その企業に対する印象はとても良いものです。お客さんとして店に行ってみてもいいかな、とも思っています(笑)

 就活生を将来の客になるかもしれないと考えられる、長期的な経営ビジョンがあるかどうかの違いなのかなあと思いました。

 長文失礼しました。このブログは、自分の就職活動の方針について、様々に考えさせられるブログです。
 

Re: 合否の連絡

> ななしさん

はじめまして、コメント有難うございます。いつもブログを読んでくださっているとのこと、大変嬉しく思っています。

>社会人に必要とされている「ほう・れん・そう」(報告、連絡、相談)は、どこに行ったのでしょう…?

それなんですよ!(笑)僕もこのブログで何回か言ってきましたが、採用担当者らは「私たちは学生とは違う」空気を出しておきながら、実際は簡単な連絡すら怠る。一体どうなっているんだという話です。倫理的な側面は置いておくとしても、ななしさんが仰る「ゼミや資格取得のための実習などがありますので、自分が選考に通過したのか、落ちたのか、はっきりとして欲しい」という切実な要求につながる話でもあります。その点、老舗の呉服屋さんの対応は素晴らしいですね。他企業は見習って欲しいです。

No title

拝見させていただきました。
私もJR東日本の書類選考を受けました。
先日友人から「受かってれば3月25日くらいまでには連絡が来るらしい」という話を聞いていたので、連絡のない私は落ちたのかなぁ、と思っています。(笑)もう割り切った感じですね(笑)

私はサービス業を中心に受けているのですが、今のところ「サイレントお祈り」はJR東さんだけですね。
コメ欄ななしさんの仰る様に、今後のお客様となりうる・・・。という話は当然なのですが・・・。やはりJRは企業体質としてインフラ業なんですかね?JR東海の説明会で「鉄道はインフラだが、今後はサービス業として活動しないと生き残れない」と言っていたのを思い出します。ほんとにそう思っているんですかね?笑・・・どうせ利用客は減らないとか思ってるんでしょうかねぇ・・・。
それじゃあ東電とかと考え方が一緒ですよね。
せっかく志望したのに何か悲しいです。

話は変わりまして、私が受けた会社の中で面白い結果発表の仕方があったので紹介させていただきます。ご存知でしたらあしからず・・・
あるブライダル関係の企業なのですが、2次選考が社員相手の模擬店頭営業の個人ワークでした。その結果発表が、「当日」なのです。しかも最短で1時間後。発表後、合格者のみ再度詳しい職種説明会を当日にする。といった感じです。
説明会等々で忙しい2月にそういった選考を受けまして・・・、受かれば一日中、落ちたら半日。という時間の拘束を迫られました。ま、落ちたんですけど(笑)


長々と失礼致しました。
最後に・・・ホウレンソウはビジネスというか対人関係の基本ですよね。企業にも考えて欲しいものです。

Re: No title

> 1104 さん(William Yaminさん、すいません。コメント返信を飛ばさせていただきます!)

はじめまして、コメント有難うございます。

>JR東海の説明会で「鉄道はインフラだが、今後はサービス業として活動しないと生き残れない」と言っていたのを思い出します。ほんとにそう思っているんですかね?笑・・・どうせ利用客は減らないとか思ってるんでしょうかねぇ・・・。

まさに説明会で言っていたことが、ただの「建前」であることが証明されましたね!(笑)個人的に、JR系の企業体質は東電とそこまで変わらないのではないかという気がしてきています。多分、社員一人一人はものすごく優秀なんでしょうけどね。それでも、体質は・・・。

ブライダル関係の企業の合否連絡の伝え方は面白いですね。早く合否を明らかに出来るなら、就活生を無駄に待たせずに結果を伝えることが望ましいでしょうから、その企業のスタンスには好印象です。

はじめまして!私もJR東日本を受けました。4月23日までと表記してあったのでてっきり、4月中に来るものだと思っていました。そしたら、友達は3日以内に連絡が来て4月半ばに一次面接を受けたそうです。そう考えるともうさすがに書類通過の連絡が来ることはなさそうですね。

Re: タイトルなし

> こんばんは! さん

はじめまして、コメント有難うございます。

>3日以内に連絡が来て4月半ばに一次面接を受けたそうです。

「4月半ばに一次面接を受ける」というケースもあるんですね!大抵、1次面接は4月の上旬に行われるものだと思っていたので少々驚きました。ケースのご紹介、有難うございます!

No title

現在就活中の院生です。
サイレントお祈りを行っている企業は少なくないようですね。
私もサイレントお祈りをされたことがあります。
中でも企業説明会の時に、採用担当者が「書類選考合格者のみに、次回選考について連絡します。ウチってサイレントお祈りだから。」と笑いながら我々に話しかけてきたときは、やっぱり就活において採用する側の人間は就活生を見下しているんだなと痛感しました。
とある物流の大手企業Sの説明会での話です。

Re: No title

> 現在就活中の院生です。・・・とのコメントを下さった方へ

はじめまして、コメント有難うございます。

>中でも企業説明会の時に、採用担当者が「書類選考合格者のみに、次回選考について連絡します。ウチってサイレントお祈りだから。」と笑いながら我々に話しかけてきたときは、やっぱり就活において採用する側の人間は就活生を見下しているんだなと痛感しました。

本当にどうしようもない採用担当者ですね。この採用担当者をクビにして、若者を雇うべき!・・・と気持ちとしては言いたいところです(笑)今度記事で書いてみようと思っていますが、「選考プロセス・合否結果を応募者に通知する」ことは法律で定めても良いレベルだと僕は感じています。基本的に僕は就活を法的に規制することに懐疑的な立場ですが、それでもこの点については例外です。

No title

ずいぶん前にコメントした者です。お久しぶりです

私もサイレントは何度も経験しました

それだけでなく2週間で知らせると言ったのに1カ月後にいきなり連絡が来て「2日後に1次面接」ということもありました。

1番驚いたのは、何も進めていないのに(エントリーボタン押して説明会の予約待ち状態)お祈りが来たことです。それも2回も。何を見てんだwwwって思いました。

こういうことを何度も経験したからか、サイレントは普通だって思うようになってましたw

実際は凄く失礼なことなのに…。慣れって怖いです。

人事の方には「ほう・れん・そう」を徹底してほしいものです。

Re: No title

> あぷりこっと さん

お久しぶりです、コメントありがとうございます。

>それだけでなく2週間で知らせると言ったのに1カ月後にいきなり連絡が来て「2日後に1次面接」ということもありました。

こういう話がコメント欄に寄せられることは少なくないですし、また、過去記事「合否連絡を期限までに伝えない"社会人失格企業"(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-69.html)」という記事にも多くの拍手がついています。勿論、拍手が付くこと自体はとても嬉しいのですが、裏を返せばそれはこの問題に悩まされている(あるいは悩まされた)人が多くいることの証のようにも思えて、そこはとても複雑です。

1番驚いたのは、何も進めていないのに(エントリーボタン押して説明会の予約待ち状態)お祈りが来たことです。それも2回も。何を見てんだwwwって思いました。こういうことを何度も経験したからか、サイレントは普通だって思うようになってましたw

ここまでくると、逆にネタにしたくなるくらいですね(笑)

>実際は凄く失礼なことなのに…。慣れって怖いです。

「慣れって怖い」という感覚はとても大切なものだと思います。「慣れ」に流されることなく、(抽象的ですが)どのような採用活動が適正なのか、それを考える必要があると感じます。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。