スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクセルシオールカフェの店長さんは、常見陽平さんを訴えられるのだろうか

常見陽平さんのtwitterで、渋谷のエクシルシオールカフェでの出来事が話題になっている。具体的には、常見さんの隣にいたノマドワーカーが大声で電話しており、それを常見さんが注意したところノマドワーカーが逆キレ。そして、店長は大声で電話する姿を注意することなく、逆に常見さんに席を移動するように促したらしい。このようなことがあって常見さんは大変お怒りであることに加えて、非常に多くの人が常見さんのツイートをリツイートしたために、少々炎上気味になっている。


大声で電話するノマドワーカーと、それを注意しない店長。彼らに対する常見さんの憤り自体は大変もっともなものだ。ただ、今回の常見さんの意見・感覚には概ね賛成なのだが、一つ問題ではないか?と思うところがある。それは、常見さんが問題の店長が勤める店舗と苗字を公開したことだ(http://togetter.com/li/294041)。


この点について、常見さんは「店長は、自分の名前をネットで晒していいと言った」と説明している。僕が思うに、そもそも常見さんが「このことはネットに書きますよ!あなたの名前も書きますよ!」とか言わないと、店長が「自分の名前を晒してもいいです」なんて言う訳ないんじゃないか。まぁ、これが本当だとしたら常見さんの人間性には益々疑問を持つが、問題とまではいえないかもしれない。


しかし、いくら本人の同意を得たからといって、店長の名前・店長が勤める店舗(即ち、本人の特定につながる情報)を公表することはどうなのか。政治家や芸能人とかならともかく、今回のケースで晒された人はただの一私人だし・・・。勿論「本人が同意したんだから良いじゃん」という意見もあるだろうし、法律的にもそれが正しいのかもしれない。しかし、法律素人の僕の感覚としては、名前と勤務先を晒された店長は、常見さんを訴えようと思えば訴えられるのではないかという想像を巡らせる。勿論、店長が大声で電話していた客を注意しなかったこと自体はいけないことで、この点については常見さんに理があると思うのだが、それと「店長の情報を晒す」ことは話が別ではないか。


(以下、「法律素人」の妄想です笑)


そもそも「晒すならどうぞ」という言葉を額縁通り受け取るのもどうなのかと思うのだけれど・・・。それはとりあえず置いておいて、今回の件では、問題の店長が「特定」できることが重要なのではないか。


仮に「苗字は晒していいですよ」と言っても、店舗名まで晒されなければ個人を特定することは出来ないので、さほど問題にはならない気がする。しかし常見さんは店長の勤務先まで晒しているので、個人の特定は容易になる。


加えて店長は、常見さんのtwitterのフォロワーは1万人を超えることを知らずに「この人に晒されても大したことにはならないだろう」と判断した可能性もある。普通に生活していたら「常見陽平」という存在を知らないことも珍しくないはずで、まさか自分の名前や勤務先が、これほど多くの人に晒されることになるとは店長も想像していなかったのではないか。


また、常見さんの行動について、確かに常見さんのノマドワーカーや店長に対する「理」は正しいと思うのだが、その理を通すために店員の名前を晒すことは必要だったのだろうか。単に店やドトールに文句を言えば済む話のはずで、実名を晒すことは問題提起に際して必要でもなんでも無かったのではないか。


民法上でも刑法上問わず、今回のケースは「名誉毀損」が問題になったりして・・・。特に刑法の「名誉毀損」のwikipediaを見ると(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA 面倒なのでソースはwikipediaで勘弁を!笑)、名誉毀損が「人の名誉を公然と事実を摘示して毀損すること」に加えて、この罪が「外部的名誉が現実に侵害されるまでは必要とされず、その危険が生じるだけで成立する」と書いてある。しかも、刑法230条の2を見ると常見さんは免責もされなさそう(笑)あらら・・・。仮に刑法上は罪が成立しなくても、店長は「精神的損害を蒙った」として民法上慰謝料を請求することとかも出来たりするのだろうか。一体どうなることやら・・・。


(妄想終わり)

駄文を失礼しました。改めて、上の文章は僕の妄想であることを明らかにしておきます。まぁ、常見さんが法律違反をしているか否かはどちらでも良い。しかし、いくら本人の同意を得たとしても名前+勤務先を晒すことは、少なくともみっともないと思った(いくら、その店長がクソでも)。特に常見陽平さんは「親は知らない就活の鉄則」という本で「ソー活と学生のネット上の不祥事」について取り上げているだけに、一層みっともなさを感じる。もうこの件について就活生を指導することは出来ないだろう。他ならぬ自分が、少しムカついたことがあったからといって、人の情報を多くの人が目にするtwitterに投稿して晒しているのだから(しかも、別に店長の名前を晒さなくても問題提起は出来たにも関わらず)。就活生を指導する人のネットリテラシーもこの程度のものということが顕在化しただけでも、今回にケースには意義があったのかもしれない。


常見陽平さんが自身のtwitterで、カフェの店長の「個人を特定できるような情報」を公開したことはみっともないという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ええ、そこまで店長責めんでも

「店長」が「大声で電話するノマドワーカー」に注意をしないのもどうかという所はわかるんですが
店を晒し上げようとするとかなんか矛先ずれてますよね。

こういう場合、自分が常見陽平の立場だったら
店や店長に文句を言う前に、
あくまで事のきっかけである「大声で電話するノマドワーカー」を第一に叱り倒したいところです。
(逆に言えば、このノマドワーカーがマナーをきちんと“携帯”しておればこういう話は起こらないで済んだ訳で)
個人的な感覚ですが。

Re: ええ、そこまで店長責めんでも

> L_z_m_i さん

こんばんは、コメント有難うございます。

一応常見さんはノマドワーカーにも怒ったみたいですよ。その後に、店長がノマドの味方についたので常見さんの怒りが頂点に達したようで・・・。僕は常見さんが怒るのは分かるけれど、いくら本人の同意があるからといって、実名と勤務先を晒すのはおかしくないか?と感じました。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。