スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第一印象」という誘惑と戦う武器としての「雑談面接」

前回の記事で「雑談面接」について紹介したが、これについて少し誤解している人もいるかと思うので補足する。「雑談面接」と聞くと穏やかな雰囲気で会話を楽しむ面接のことを想像される方も多いかもしれない。確かにそのような一面も無いわけではないが、実際は就活生・面接官双方にとって厳しい面接でもある。繰り返すが、「雑談面接」とは過去の行動事実を浮き彫りにする面接。就活生に関して言えば、このような面接では、事前に用意してきたことを吐き出すことはできないし、また嘘をついて面接を乗り切ろうとすることも難しい。面接官がとことん過去の事実について掘り下げてくるからである。


しかし雑談面接は、就活生よりも面接官にとって厳しい面接といえる。なぜなら、面接官は就活生の過去の行動事実を掘り下げる深い質問をしていかなければならず、且つ就活生が自分の良さを面接官に分からせると言うよりは、面接官の側が就活生の強みを会話から積極的に感じ取ることが求められるからだ。「学生時代に頑張ったことは何ですか?」、「あなたの強みと弱みは?」など予定調和的な質問をすることは雑談面接においてはタブーであり、あくまで自然な会話の中から就活生の人間性を浮き彫りにすることが面接官の役割なのだ。就活生・面接官双方の負担は大きいが、その分互いに納得して選考を終えられるというメリットがある。


以上のようなメリットを提示しても、もしかすると「面接官が誰と働きたいと思うかをどのように決定するかは、その面接官の自由。雑談面接じゃなくて、普通の面接で良い人材が採れると面接官が考えているのならば、その意思は尊重されるべき」と考える人がいるかもしれない。妥当な考えのように聞こえるかもしれないが、「会社に必要な人材を採用する」という採用活動の趣旨に照らせば、面接官個人の気持ちを尊重するよりも、就活生の人間性がより浮き彫りになる雑談面接の方がベターだと僕は考える。


大体、「学生時代に頑張ったことは何ですか?」、「志望動機を教えてください」などテンプレ通りの質問がなされるだけの面接では就活生も中身のある答えを返すはずが無いし(これは就活生のせいではなく、面接官の力量の無さが原因だと思う)、結局面接官が依拠するのは「第一印象」、「好き嫌い」という感覚的な要素になりかねない。「それでも良いんだ!」という面接官もいるかもしれないけれど、それに対しては「あなたは良いかも知れないけれど、人材を受け入れる企業としては良くないんだよ」とか「曖昧な評価基準で評価される就活生の身になるべきだ」とのツッコミが可能かと思う。


そもそも「雑談面接」は「新入社員はなぜ『期待はずれ』なのか」の著者の樋口弘和さんが薦めているものだが、彼がなぜ雑談面接を薦めているのかと言うと「ベテラン面接官であっても、ほとんどが第一印象のマジックに勝てません」との問題意識があるからだ。彼は採用コンサルティングの会社の社長なので宣伝の可能性もあると考えて彼の記述に接するべきだが、人が他人の評価を下す際に第一印象に依拠する傾向が強いのは心理学的にも証明されている。この点については、このブログの過去記事「面接においては、第一印象が『重要』どころか『全て』・・・?」で詳しく書いたが、社会心理学者である斉藤勇先生が「人は、なぜ足を引っ張り合うのか」という本で、人間に対する先入観がいかに変わりにくいかという「印象形成における初頭効果」という概念を紹介している。それに関連してではないが、樋口さんは「見抜き力のある面接官は、第一印象と戦う人です」とも述べる。


人間である以上他者を評価する際に、「第一印象」、「好き嫌い」といった感覚的な要素を完全に無視することは出来ないだろう。しかし、可能な限りそれらの要素を排除することを意識した選考を行わないと、企業・就活生双方に害を与えると思う。企業に関して言えば「なんで、こんな人採ったの?」との不満を後に持つかもしれない。また、特に落とされた就活生は「あんな淡白で、訳が分からない面接で落とされるなんて・・・」と精神的に苦しむかもしれないし、少し前の日経の「就活生は見た あきれた面接官」という記事でも「(面接の質問が)『学生時代何をやっていましたか』といった定番のものばかりで不安になった」との声が載っている。そのような弊害を避けるためにも、極力「過去の事実」を評価の基準にする雑談面接は有効だと僕は思っている。

面接官が就活生を審査する際に「第一印象」など感覚的な要素に極力左右されないための武器として、「雑談面接」は重要だとの考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回のコメントでは俺も他のコメントに影響されて雑談面接の定義を異なる形で捉えてしまいました
すみませんでした
さて、雑談面接の定義を正しく捉えたうえでコメントさせていただくと、俺も雑談面接は重要だと共感しますし、実際、面接の全ての時間が雑談面接ではなくても、現状特にリクルート面談で過去の掘り下げを採用している企業は結構多いように感じます
俺自身、某大手企業の面接において1対1で40分ぐらい延々学生時代に注力したこと等を掘り下げられたことがあります
しかしその経験上、雑談面接においても嘘をつくことは可能だと思います
寧ろ、志望動機等の方が間違ったことを言ってはいけないため、企業研究等もしなければならず、嘘をつきにくい(正確には準備しにくい)と感じました
個人的な意見としては、選考は複数回あるのが一般的なのでその中で中身を確かめるために必要に応じて雑談面接を組み込むのが良いのではないかと思います

第一印象はあまり良すぎても良くないと思います。

仮に採用されて入社したとしても人間である以上働けば働くほど粗が出てくるので欠点ばかりが見えて結局期待はずれなんて結果に…

完璧過ぎる人柄なんて人間味に欠けますし、あまり魅力的ではないと思います。
それに就活におけるマナーも厳し過ぎては採用する側もされる側もメリットがあまりないのでは?

最近の就活生が個性が無いのも厳し過ぎるマナーが原因だとも思えるし、就活生もマナーについていけずドロップアウトしてしまう事も十分に有り得ると思います。

就活生の間はマナーなんて「最低限」でいいんですよ。社会人になって経験を積み重ねながら身につけていけばいいんです。

Re: No title

>カクさん さん

こんばんは、こちらの記事にもコメント有難うございます。

>現状特にリクルート面談で過去の掘り下げを採用している企業は結構多いように感じます

僕の主張は「現時点で、雑談面接をしている企業が一つも無い。どうなっているんだ!」というものではないので(笑)、既に面接にて過去の掘り下げに注力している企業は勿論存在すると思っていますし、そのような姿勢の企業が一つでも増えればと思っています。

>しかしその経験上、雑談面接においても嘘をつくことは可能だと思います

仰るとおりです。記事本文でも「嘘をついて面接を乗り切ろうとすることも難しい」という表現を用いて、雑談面接でも嘘が全くつけないわけではないだろう旨を示そうと思っていました。

>個人的な意見としては、選考は複数回あるのが一般的なのでその中で中身を確かめるために必要に応じて雑談面接を組み込むのが良いのではないかと思います

確かに全部の選考が「雑談面接」である必要はないかと思いますが、雑談面接でなくても、極力テンプレ通りの質問は避けるべきでしょうね。

Re: タイトルなし

> 雨宮 さん

こんばんは、コメント有難うございます。

>完璧過ぎる人柄なんて人間味に欠けますし、あまり魅力的ではないと思います。

どのような人柄に魅力を感じるかは人それぞれだと思いますが、少なくとも面接官が就活生への第一印象のイメージを引きずることで、結果として会社に合わない人材を採用したなどの事態は極力防ぐべきだと思います。

No title

返信ありがとうございます
まず誤解を解きます
記事内において雑談面接を実施している企業の存在と数に触れていないことから、管理人様の主張が
「現時点で、雑談面接をしている企業が一つも無い。どうなっているんだ!」というものではなく
また仰る通り「難しい」という表現から
雑談面接でも嘘が全くつけないわけではないだろう旨を表しているとも理解していました

同じように俺も「結構多いように感じます」や「~しにくいと感じました」等の表現を用いています

では何故敢えてあれらの文を書いたかというと
「寧ろ、志望動機等の方が間違ったことを言ってはいけないため、企業研究等もしなければならず、嘘をつきにくい(正確には準備しにくい)と感じました」
上記の文の前ふりで、これが俺のコメントのメインの主張です

No title

少なくとも「雑談面接の方がテンプレ面接に比べて嘘がつきにくい」と言うためには
「どんどん掘り下げていくことによる嘘のつきにくさ」と「嘘のバレにくさという嘘のつきやすさ」のどちらが大きいか比較衡量しなければなりません
「自分には~の方が大きいように感じる」と言うのは1個人の感じ方としては当然ありですが、それを更なる土台として雑談面接の方がより優れているとまで言うのは流石に無理があります
結構難しいと思いますし、実際俺には無理です
各々によると思います

尚、あくまで管理人様の一番の土台は「嘘のつきにくさ」ではなく、「感覚的要素に左右されないこと」だと(思います)ので、最重要基準ではないと書いておきます

それでも納得できるところはしたいので
他の比較衡量の基準に関しては定義等の共通見解が得られてからにしたいと思います

Re: No title

> カクさん さん

すいません、こちらのコメントへの返信がまだでしたね。申し訳ありませんでした。

>少なくとも「雑談面接の方がテンプレ面接に比べて嘘がつきにくい」と言うためには
「どんどん掘り下げていくことによる嘘のつきにくさ」と「嘘のバレにくさという嘘のつきやすさ」のどちらが大きいか比較衡量しなければなりません。「自分には~の方が大きいように感じる」と言うのは1個人の感じ方としては当然ありですが、それを更なる土台として雑談面接の方がより優れているとまで言うのは流石に無理があります

「カクさん」さん自身仰っているように、僕の主張の一番の土台は「嘘のつきにくさ」ではなく、「感覚的要素に左右されないこと」です。そして、「嘘のつきにくさ」というのは「雑談面接の方がより優れている」ことの理由ではなく、「雑談面接が、就活生にとって普通の面接より厳しい」ことの理由です(記事の第1段落の記述参照)。そして、「雑談面接が就活生にとって厳しい」理由は「事前に用意してきたことを吐き出すことはできない」というものも同じく挙げているので、「どんどん掘り下げていくことによる嘘のつきにくさ」と「嘘のバレにくさという嘘のつきやすさ」のどちらが大きいかの比較衡量の結果「雑談面接の方が嘘をつきにくいというのは嘘だ!」との結論に達したとしても、そんなに主張の核に影響を与えるものではないと感じているのが正直なところです。

また、
>「寧ろ、志望動機等の方が間違ったことを言ってはいけないため、企業研究等もしなければならず、嘘をつきにくい(正確には準備しにくい)と感じました」

「志望動機等の方が間違ったことを言ってはいけないため、企業研究等もしなければならず、嘘をつきにくい」との記述には同意ですが、志望動機はむしろ準備しやすいのではないかと僕は思いますが・・・。ちなみに「雑談面接」を薦めている樋口さんは志望動機に関して「会社に興味をもったきっかけ程度は聞いても良いが、将来の希望のキャリアパスについて聞くことは意味が無い」と述べていて、僕も概ねそれに同意見です。

No title

真摯な回答ありがとうございます

さて、もう大分時間も経ってしまいましたが、折角土台が固まったので俺の考えるテンプレ面接>非テンプレ面接になりうる点を列挙します

①非テンプレ面接の方がテンプレ面接より面接を受けられる人数が少ない
②非テンプレ面接の方がテンプレ面接より形式的相対的に不平等が生じやすい
③非テンプレ面接の方がテンプレ面接より感覚的な要素に左右される

①は、間接的な質問が投げかけられるか、直接的な質問でもそれまでの会話の流れに沿ったものであるという非テンプレ面接の性質上、一度に面接できる人数が限られてしまうことです
多くても一度に2人が限界だと感じます
その結果、面接以前、例えばESや履歴書、大学名等の段階で足切りされてしまう学生が増加することが考えられ、更なる就職難を引き起こす可能性があります

②は、上記性質上、非テンプレ面接の方が良くも悪くも面接の質が面接官に依存するために、不平等が生じやすくなるということです
面接官の質が悪いことが問題で、上げれば良いという考えもあるかもしれませんが、人間である以上絶対に差が生じます
例えば「良い面接官」と「凄く良い面接官」でも差が生じます
仮にこの2人の面接官が別々に面接をすることになれば、明らかに後者の面接官に面接を受けた就活生の方が通過しやすくなるでしょう
このように受ける面接官次第で面接内容が変化し、他の志望者に比べて不利益を被ったり、又納得がいかなかったりすることが考えられます

③は②に関連することですが、上記性質上、非テンプレ面接の方が面接内容が感覚的な要素に左右されるということです
つまりテンプレ質問は就活生の第一印象等、感覚的要素がどうであれ、質問はあらかじめ決まっているのに対し、非テンプレ質問は自然な会話、すなわち質問等もあらかじめ決まっていない以上、その内容は就活生の感覚的な要素に左右されることがありえます
例えば就活生の趣味が面接官と同じで大いに盛り上がって、その時間、質問回数等も増えたりすることが挙げられます
これも面接官が悪いのですが、実際に起こる以上、問題になりえます

No title

本来なら『面接において「○分間で自己PRをお願いします」なんて会話はいらない』にコメントすべきですが、流石に総コメントが多いと感じたのでこちらにしました

又、雑談面接はあくまで管理人様の一提案に過ぎず、最も重要な主張はは自己PR等の「テンプレ面接」の批判であると考えたため、論点をテンプレ面接と非テンプレ面接の比較に絞りました

Re: No title

> カクさん さん

すいません、この記事へのコメントの返信が遅くなってしまいました。

ご指摘に対してはそれぞれ思うところはありますが、そもそも何をもって「優れた面接」とみなすかの意識が僕と「カクさん」さんでは根本的に違うように思えます。僕は、面接において「○分間で自己PRをお願いします」なんて会話はいらない(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-230.html)という記事の最終段落で少し触れたように、「就活生が自分の能力・適性をアピールしやすく、且つ面接官が就活生の能力・適性を審査しやすい面接」を「優れた面接」とみなしています。逸れに対して、「カクさん」さんは「就活生間の平等」を特に重視しているように思われるので、話が噛み合わないのも無理はないかと・・・、と僕は感じました。

Re: No title

> カクさん さん

一応、簡単にそれぞれのご指摘に対して思うことを書きます。

>①非テンプレ面接の方がテンプレ面接より面接を受けられる人数が少ない

これは、その通りだと思います。そういう意味では、ふるい落としの意味合いが強い1次面接などにおいて「雑断面接」をすることは不適切かもしれません。

もっとも、僕は「入社後に必要となる資格・能力をエントリーの要件にしてみてはどうか?(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-176.html)」という記事で触れたように、書類選考の段階での脚きりを推奨する立場です(「大学名」による脚きりは個人的には嫌いですが、資格やTOEICの点数で脚きりするのなら良いかなと)。

>②非テンプレ面接の方がテンプレ面接より形式的相対的に不平等が生じやすい

この点については、僕は別に「就活生間の平等」という価値をそれほど重視していないこともあって、そこまで懸念すべきこととは思えないというのが正直なところです。

>③非テンプレ面接の方がテンプレ面接より感覚的な要素に左右される

「例えば就活生の趣味が面接官と同じで大いに盛り上がって、その時間、質問回数等も増えたりすること」を懸念されていますが、僕にはこれはよく分かりませんでした。勿論、面接官が「こいつ、俺と趣味が同じで気が合うから通過させよう」と判断した場合は、これは思いっきり「好き嫌い」という感覚的な要素に依存した判断なのでマズいです。しかし、趣味の話で盛り上がったことで就活生の「行動事実」が浮き彫りになり(雑談面接は「行動事実」を浮き彫りにする面接です)、そのコミュニケーションの結果、面接官が就活生の会社への適性・能力を判断できれば、その面接は大成功ではないかと僕は思います。あくまでも雑談面接は「行動事実」を尋ねる質問なので、趣味に関する質問でも、例えば「君はAKBをよく聴くみたいだね。俺もAKBが好きなんだけど、君はどのメンバーが好き?」といった質問は「行動事実」を尋ねていることにならないので雑談面接の中でするべきではない質問といえます。

こう書くと、話が盛り上がらない面接官と当たった就活生が不利になるではないかと思われるかもしれませんが、それはもう縁が無かったと判断するしかないのではないでしょうか。就活生間の平等を完全に担保するのは無理です。


以上が、僕の考えですかね・・・。長くなってすみません。

No title

返信ありがとうございます
正直頂けると思っていなかったので本当に嬉しいです

何をもって「優れた面接」とみなすかの意識の違いは今回の管理人様の返信で初めて気付きました。
只、俺はテンプレ面接>非テンプレ面接になりうる点を列挙しただけに過ぎず、とりわけ就活生間の平等を重視しているわけでもなく、「能力・適性アピールのしやすさや就活生の能力・適性の審査しやすさ」と同様に「平等性」も優れた面接と判断する一要素であると考えているだけです
何故なら、他の一切の要素を排除して単に平等と不平等とを比較した場合平等の方が良いという価値観だからです
次に「アピール・審査のしやすさ」と「平等性」との比較衡量ですが、正直なところ、これは俺も前者の方が優先されると思います
しかし、同一企業において、ある面接官は上手くて通りやすい、ある面接官は下手で通りにくく、通過者数に差が出るような状況は就活生にその要因が全くなく、著しく平等性を欠いているというのが俺の価値観です
無論ここまでくれば本当に価値観の問題で、理論的に突き詰めるのは難しくなってきたように感じます
それでも、確かに就活生間の平等を完全に担保するのは無理ですが、それは就活生の能力・適性を完璧に審査するのも無理なのと同様であり、出来る限り平等は図られるべきだとは思います



脚きりに関しては俺は企業次第だと考えます
只、余程の資格でなければあまり意味はないでしょうし、残念ながらおそらく大学名による脚切りが増えるでしょう
俺個人としてはそれでも問題ないという考えです

Re: No title

> カクさん さん

こちらの記事にもコメント有難うございます。


そういえば話の発端は「テンプレ面接は雑談面接より優れている」という話ではなくて、「テンプレ面接には、雑談面接より優れている面がある(だから、「雑談面接が優れていてテンプレ面接はダメ」といった構図は単純だ」)といったものでしたね。大変失礼しました。僕が言うべきだったのは、「テンプレ面接が雑談面接と比べて、平等性が担保出来るとは思わない」ということでしたね。そして、実際にテンプレ面接でもそんなに平等性が担保出来るとは僕は思いませんが、これはもう感覚の問題でしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

> >非公開コメントをくださった方へ

コメント有難うございます。問い合わせの件ですが、申し訳ありませんが遠慮させていただきます。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。