スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「終身雇用」約9割の人が支持~多くの日本人は「重症」なのか~

最近、終身雇用・解雇規制の緩和に関する記事を勉強不足なりに書いてきたけれど、NHKが報じた「『終身雇用』約9割の人が支持」というニュースを見ると、僕の意見はあまり支持を得られるわけではないらしい(笑)


NHKによると、この調査は、厚生労働省が所管する「労働政策研究・研修機構」が去年11月から12月にかけて行い、全国の2200人余りが回答。終身雇用について「良いと思う」「どちらかと言えば良いと思う」と答えた人は87.5%で、年代別に見ても20代から70代以上までのすべての年代で80%を超えており、特に20代では10年前、平成13年の調査より20ポイント以上増えたそうだ。ちなみに、勤続年数とともに給与が増えていく「年功賃金」についても「良いと思う」と「どちらかといえば良いと思う」と答えた人が74.5%だったらしい。


僕がこの前ブログで紹介した一橋大学大学院商学研究科の守島基博教授の記事(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120602-00000001-president-bus_all)には「最近の若者は転職を前提に就職するようになっている」といったことが書いてあったけれど、これは決して「自分のキャリアアップのために、積極的に転職したい」との意味ではなく、自分の会社がダメになった時の「保険」として「転職」という選択肢を残しておきたいという学生の心理を表しているのだろう。まぁ、これ自体は非常に合理的な判断と言わざるを得ない。


20代の回答結果はひとまず置いておいて、30代より上の人たちは就活生の安定志向を散々否定しておいて、自分は終身雇用+年功序列にしがみ付く気ですか(笑)現時点では、別に終身雇用を好む人の価値観を否定はしないけれど(それでも本当に、今後も終身雇用が当たり前との意識で良いのかとの疑問はあるが)、それだったら就活生に向けて「チャレンジ精神を求める!」といったメッセージを発するのも止めるべきではないか。他ならぬ自分も安定志向なのだから、せめて就活生の安定志向も認めましょう。


ただ、20代の回答結果も決して褒められるべきものではないような・・・。僕は漠然と、公務員の新卒採用抑制のニュースなどを通じて「若者を見捨てて自分たちだけ助かろうとする老害は本当にクソだな」みたいな(笑)感覚を持っている人は少なくないのかなぁと思っていたのだけれど、この回答結果は若者も老害と何も変わることのない存在だということを表しているのではないか。ちょっとショック・・・。ある人がツイッターで「『天下りを廃止しろ』『生活保護の支給を減らせ』と叫びながら、9割の人が「終身雇用」を、7割の人が「年功序列」を支持している。他人の特権は許さないが、自分が社会の寄生虫になるのは構わない・・・となると、この国はかなり重傷かも知れない…。」と言っていたけれど、確かにまさに日本は重症なのかもしれない。


個人的には終身雇用が前提の社会には「どうせ、年功序列とか終身雇用なんて言ってられない時代が来る」、「雇用の流動性を妨げ、労働者が合わない会社にしがみ付くことを事実上余儀なくされる」などのマイナスのイメージを持っているので、これをあまり支持できない。それに、以前コメント欄で教えていただいたのだが、OECDの調査で「労働者の平均勤続年数が短い国ほど高い生産性の伸びを示す傾向」との結果も出ているし・・・(http://www.oecd.org/dataoecd/2/43/2380415.pdf p.67 More generally, in some of the countries where multi-factor productivity has accelerated, employment tenure tends to be low (Figure IV.6). Though the causes are not established, it is clear that a certain degree of mobility is needed to seize new business opportunities)。いくら多くの人が「終身雇用」を望んでいて、それを裏切る結果となるとしても、企業の「終身雇用」前提の社会のモデル作りは止めたほうが良いのではないかと僕は思っている。


「終身雇用」約9割の人が支持というニュースは、多くの日本人が「重症」であることの表れだとの考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

というか日本的な働き方以外の働き方を知らないんだと思います。無理せず精神的にも肉体的にもゆとりある生活は終身雇用的な働き方では達成できないのに。それに終身雇用以外は首切り自由な社会だという誤解があるんじゃないでしょうか。

Re: No title

> takeshiさん

はじめまして、コメント有難うございます。

正しい御指摘だと思います。「日本的な働き方以外の働き方を知らない→知らないから漠然と不安→だから、働き方の変更は嫌だ」という思考の流れが多くの人の頭の中にあるのかもしれません。チャールズ・ダーウィンの「最も強い者が生き残るのではなく、 最も賢い者が生き延びるでもない。 唯一生き残るのは、変化できる者である」という有名な言葉がありますが、これに照らすと恐らく日本人は最弱ですね。

No title

>それだったら就活生に向けて「チャレンジ精神を求める!」といったメッセージを発するのも止めるべきではないか。他ならぬ自分も安定志向なのだから、せめて就活生の安定志向も認めましょう。

 僕はこれと似たような感覚をノマド論者・起業論者・海外就職論者にも感じていて、ああいった人達がいつも「若者は」を主語にばかり語ることに非常に違和感を覚えるんですよ。もう会社に頼る時代じゃない、海外に打って出る時代だ、というのは、別に若者に限った話ではなく、同じ時代に生きる中高年にも言えるわけです。むしろ独立や起業なんて経験も人脈もお金も若者より持ち合わせている中高年の方が遥かに成功する可能性が高いと思うんですよね。なので本来は彼らに対してより強くこういった主張が向けられるのが筋ではないかと。

 こういった主張をする人自身は言うだけの生き方をしてそれなりに成功している場合が多いのかもしれませんが(自分自身は終身雇用に身を置きながら若者だけにチャレンジを促すような奴は論外!)、高学歴→新卒就活→大企業正社員といったような経歴で若いなりに経験・人脈を積めたからこそ成功した(ように見える)人が、就活生や既卒生にいきなりそういった生き方を推奨することは矛盾以外の何物でもないのではないでしょうか。

 僕には結局この手の論者の多くは就職の悩みを抱えた若者をカモに、幻想を振りまいてるだけに見えます。

Re: No title

> William Yamin さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>もう会社に頼る時代じゃない、海外に打って出る時代だ、というのは、別に若者に限った話ではなく、同じ時代に生きる中高年にも言えるわけです。

ですよね!何か若者ばかりにチャレンジすることを求めて、自分はぬくぬく生きようとする中高年が多すぎな気がします。

中高年・・・特に大企業の正社員のチャレンジを促すために、「大企業の正社員」の既得権益を「奪う」のではなく、彼等がベンチャー転職・起業をやりやすくなる環境・仕組みを作る・・・という考え方を示している人がいて(http://blog.goo.ne.jp/mit_sloan/e/c16956561b07a1c4694d8bec9c507316)、それを読んだときは面白いアプローチだと感じました。

No title

少し分かる気がする。
50ぐらいで会社を辞めて自営と資産運用で喰うだけの稼ぎが期待できる貯えの持ち主もざらなんだが、どうしてそういう古株は社員の枠を空けようとしないのか。

恐らく、そういう人たちは時間を守って所定の作業を行えば自動的に給料が手に入るという思考を持っていて、需要と供給の法則も理解できていないと思われる。
つまり、自分たちが会社に長居することは若い世代が手にすべき雇用の枠がなかなか空かないという意味であるのだ。

Re: No title

>かぼちゃさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>50ぐらいで会社を辞めて自営と資産運用で喰うだけの稼ぎが期待できる貯えの持ち主もざらなんだが、どうしてそういう古株は社員の枠を空けようとしないのか

会社に籍を置いた方がより安泰だし、且つ会社側からしても経験ある社員に残ってもらうのは得だからではないでしょうか。

>自分たちが会社に長居することは若い世代が手にすべき雇用の枠がなかなか空かないという意味であるのだ

そうですね。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。