スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも「社畜」とは何だっけ?・・・「社畜のススメ」の著者、藤本篤志さんの定義と海外ニートさんの定義

本棚を整理していて、実に久しぶりに「社畜のススメ」という本を目にしたのだが、そこでふと「そもそも社畜とは何だっけ?」という疑問が浮かんだ。


wikipediaを見ると、「社畜」とは「企業に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態」を揶揄した言葉であると説明されていた。ここで気になったのは「自分の良心を放棄し」という記述。wikipediaを見る前の僕の印象では、「社畜」とは「会社の言いなりになる人」という意味だと思っており、「自分の良心を放棄する」という要素が含まれるとは特に考えていなかった。また、「社畜のススメ」においても、著者の藤本篤志さんは「社畜」の説明として「会社に言われれば何でも愚直に言うことを聞く、奴隷のようなサラリーマンの姿を連想するでしょう」と述べていて、その後の記述も併せて読むと、藤本さんは「社畜=会社の歯車」と認識されているように僕には思えた。そして、「会社の歯車」であるということから即「自分の良心を放棄する」という要素が導けるかと言うと僕には疑問だったので、「社畜」が特定の人を揶揄する言葉として機能することはおかしいと感じた。


しかし、一方で「『社畜』がこの定義だったら、人を揶揄する言葉として機能することも問題ないだろうな」と感じさせる定義も目にした。それは、日本の労働環境を徹底的に批判してきた海外ニートさん流の定義で、「一介の雇われの身なのに何を勘違いしたのか経営者視線でモラル的、法律的にも間違った価値観(サビ残、休日返上当たり前。有給を使わせないなど)を押し付けて来るような連中を指します。会社の間違ったやり方に加担して、本来は同じ立場であるはずの労働者の権利を奪う側に回っている人たちや、『俺らがこんなにキツい思いしてるのに楽するヤツがいるのが許せない!』って感じで協調性(と言う名の同調圧力)や、不幸の横並びを強要して来る人たちの総称(http://ameblo.jp/helpinghand/entry-10616500735.html)」というもの。これは特に会社から命令されている訳ではないが、社員が自発的に、例えば他の社員に対して「おい、何有給取ろうとしているんだ。仕事をなめてるのか」といったことを言い出している状況を指していると言え、単に「会社の歯車」になっているに留まらず他人に危害を加えるレベルに達している。経営者にとっては大助かりだろうけれど、勿論こんなことが許されていいはずが無い。


結局のところ「社畜」の意味をきちんと調べたわけではないので(笑)、この言葉の本来の意味はよく分からない。「社畜」の定義の理解は人それぞれだろうが、少なくともこの言葉が特定の人を揶揄する言葉として機能していることは皆の共通認識となっていると思う。そこで僕は、自分が「社畜」という言葉を使う際には、海外ニートさんの定義に従う形で使いたい。つまり藤本さんのように、単に社員が「会社の歯車」になっている状況をもって、それを社畜と呼ぶという形を僕は採りたくない。理由は単純なもので、「会社の間違ったやり方に加担して不幸の横並びを強要して来る人たち」は十分揶揄されるべき人であると感じるのに対して、単に「会社の歯車」となっているに過ぎない人を揶揄すべき理由がよく分からないからである。加えて、「会社の歯車」となっていることを揶揄し始めたら、殆どの社会人が揶揄される客体になって息苦しいのでは・・・との思いもある。


「意識の高い学生」の定義を考えた際にも同じような事を述べたが、人を揶揄する意味を持つ言葉を使う際には、バカにする人の範囲をきちんと限定することでバカにされてもしょうがない人のみが不愉快な思いをするようにし、本来揶揄されるべきではない人に「あぁ、また私はバカにされている」と思わせないように注意すべきだと僕は考えている。「そもそも、他人を揶揄すべきではない」と考える人もいるかもしれないが、僕は人間が出来ていないので(笑)、そのような考えは採りません。今後このブログで「社畜」という言葉が使われた際には「会社の間違ったやり方に加担して不幸の横並びを強要して来る人たち」が批判の対象で、単に「会社の歯車」となっている人を「社畜」として批判することはないので、そのつもりでお願いします。


「社畜」とは「会社の間違ったやり方に加担して不幸の横並びを強要して来る人たち」のことであり、そんな人たちは揶揄されて当然との考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おそらくこういう事かと→社畜とふつーの労働者の間
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-b130.html

Re: No title

> 制度設計さん

はじめまして、コメント有難うございます。また、urlのご紹介有難うございます。濱口桂一郎先生のブログですね。「歯車であれというメッセージと歯車にとどまるなというダブルバインドを見事にこなしてこそ、日本的正社員なのでしょう」という記述は非常に興味深かったです。もっとも、藤本さんが考える「歯車」と濱口先生が考える「歯車」の定義がズレているような気もしましたが・・・。気のせいなのだろうか・・・。

No title

不幸の横並びを強要するという意味での社畜という捉え方、とてもすっきりきます。
私はまだ学生しか経験していませんが、学生時代にもこのような社畜的価値観に乗っ取った言動を取る人がいました。
過度な協調性が生み出す負の効果の典型的な例のような気がします。

社畜って奴隷意識が過剰な奴のことをいうんだよな


前にもここでコメントしたと思うけど本来資本と労働は対等であるはずなんだよ


つまり経営者は賃金を与える代わりに労働力を得る、労働者は賃金を得る代わりに労働力を提供する、両者winwinの関係なのは小学生でも分かるよね?


それを何を勘違いしたのか給料や有給を“頂く”だとか、無賃労働を“サービス”残業だとかいつの間にか経営者が優位になるようにすり替えられてるんだよ。

まあ経営者からの圧力で奴隷になってしまったのは世界中で起きている事だし分からなくも無いけど、自ら進んでなっちゃうなんて世界広しと言えど日本人ぐらいなもんだよなwww

Re: No title

> 文転就活生 さん

はじめまして、コメント有難うございます。

>不幸の横並びを強要するという意味での社畜という捉え方、とてもすっきりきます。

有難うございます。

>私はまだ学生しか経験していませんが、学生時代にもこのような社畜的価値観に乗っ取った言動を取る人がいました。

僕も一時期こういう価値観に染まっていました(笑)この価値観が間違っているということに気づいたきっかけが海外ニートさんのブログでした。もう閉鎖してしまったので、大変残念に思っています。

Re: タイトルなし

> 雨宮さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>それを何を勘違いしたのか給料や有給を“頂く”だとか、無賃労働を“サービス”残業だとかいつの間にか経営者が優位になるようにすり替えられてるんだよ。

僕は、サービス残業は「奴隷労働」と言い換えるくらいで丁度良いと思っています(笑)

No title

こんにちは。いつも楽しくブログを拝見しています。

「社畜」の定義って、たしかに難しく、
こちらの言いたいことが伝わりにくいのが悩みどころですね。
私は、社畜を以下のように定義してます。
海外ニートさんの定義と似てますが。。。
http://yaplog.jp/oomizuao/archive/202

Re: No title

> 金兵衛さん

はじめまして、コメント有難うございます。

ブログ記事拝見いたしました。確かに、海外ニートさんの定義と似ていますね。そして、「社畜」のお気に入りフレーズなどは大変面白かったです(笑)このブログを読んでくださっている皆さんにも見ていただきたい!

Re: No title

>lingmuさん

こんばんは。レスありがとうございます。
今後とも、こちらのブログにちょくちょく伺いたいので、
HPからリンクさせていただきました。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~tooriame/friend.htm

「社会」のところで紹介しています。

今後ともよろしくお願いします^^。

Re: Re: No title

> 金兵衛 さん

おはようございます、コメント有難うございます。

リンクを貼ってくださり有難うございます。こちらからもリンクをさせていただきますね。今後ともよろしくお願いいたします。

No title

こんにちは、リンク返しありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします^^

Re: No title

> 金兵衛さん

おはようございます、コメント有難うございます。

>こんにちは、リンク返しありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします^^

いえいえ、よろしくお願いいたします!
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。