スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活生のニーズに応えない「給料泥棒のキャリアセンター職員」

海老原嗣生さん著の「"若者はかわいそう"論のウソ」には、海老原さんと私立4大学キャリアセンター職員との対談が載っている。そこで話されているのは「中小企業を受けたがらない学生について」、「"就職しなきゃ"という意欲が感じられない学生について」、「学生にキツいことを言うと学生がキャリアセンターに来なくなったり、酷い場合は自殺したりすることについて」という話題で、全体的に「俺たちは一生懸命やっているけれど、学生の考えが未熟で・・・」とのスタンスを前提にして対談が進んでいく。


就活生に問題があるのも間違いないが、一方でキャリアセンターの職員にも課題はあるのではないか。ホームページにて公開させていただいた黒 紅 茶さんのエピソードに加えて、この度新たに非公開コメントにて、就職担当への不満を表すコメントを頂いた。非公開でコメントを頂いておいてそれを公開するのもおかしな話かもしれないが、重要な問題提起だと思うので、特に個人情報が載っていない事も考慮して、これを公開させていただく。

私は就活を始める前からうつ病に悩んでいました。就活を始め、就職担当にうつ病である旨を伝えました。

国内で就活でうつ・自殺が増加しているという事実は周知であるはずなのに、就職担当の人々は健康人の「うつ状態」と、患者の「うつ病」の違いすら分からないんですよね。追い詰められたら死にたくなる、自殺しようとするということを分かってくれないのです。

「どんなに辛くても就活は続けなさい」、「新卒じゃないと就職できない」これらの言葉に追い詰められました。うつ病は判断能力が鈍っている状態です。こんなことを言われたら、休みたくても就活を続けるしかありません。(中略)私は結局就活をやめてしまいました。うつ病のまま続けても辛くて辛くて仕方ないだけだからです。今は治療と学業に専念していますが、就活での辛い出来事を思い出しては泣いています。

僕はキャリアセンターの人が就活生に厳しい言葉を投げかけることは原則として認められるべきだと思っている。例えば「就活続けてればいつかは内定取れるでしょ~」という危機感に欠ける姿勢の就活生に対してはむしろ厳しい言葉を投げかけるのが正解だろう。しかし、このエピソードを提供してくださった方のような「うつ病」である人、あるいは「うつ病」とまではいかなくても精神的に病んでいる人に対して「新卒じゃないと就職できない」と危機感を煽るようなことを言うのはおかしい。現に、コメントを下さった方は就活を止めてしまっているし・・・。対応したキャリアセンターの人こそコミュニケーション能力とやらが足りないんじゃないか。


僕が思うキャリアセンターの仕事は、各就活生の考えや精神状態を考慮した上で、その就活生のニーズに応えるアドバイスを提供することだ。当然キャリアセンターの職員のほうが就活生より人生経験は豊富だが、頭ごなしに自分の価値観を押し付けても就活生がそれを受け入れるはずが無い。「私は二十年以上、就活にかかわっているけどね、君がどうなるか……見えるよ」と訳が分からないことを言った職員に当たった黒 紅 茶さんは「(キャリアセンターの職員は)上から目線ではなく、学生の立場というものも少しは考慮したうえで、発言してほしいと思う」と述べている(http://himatubusinoheya.blog89.fc2.com/blog-entry-295.html)。就活生のニーズに応えないで、ひたすら自分の考えを吐き散らす職員は「給料泥棒」と言われても仕方が無い。


キャリアセンター職員が就活生のニーズに応えられていないケースが多発しているとしたら、それは職員が就活生のニーズを「1日も早く就職先を決めること」のみと決め付けているからではないかと僕は思う。職員の「どんなに辛くても就活は続けなさい」、「新卒じゃないと就職できない」という発言を見ると、世のキャリアセンターの職員が思う「学生のためにすべきこと」とは「1日でも早く就職先を決めさせること」なのだと感じる。確かにそれは間違っていないけれど、就活生が持つニーズはもっと多様なのではないか。キャリアセンターの職員の思惑とは逆に、むしろ「1日でも早く就職先を決めるべき」との価値観から開放されたがっている就活生もいるんじゃないかと思う。


後は、この考えが合っていたら最悪だが、職員が就活生に在学中に内定を取るように急かしているのは大学の就職実績を上げるためなのではないか。実際、大学が受験生にアピールする要素の一つに就職実績があるのは間違いないわけで、その実績を上げるためにも就職先が未定のまま卒業しようとする学生の存在を認められないのかもしれない。実績を上げるためなら就活生の意思はどうでも良いと・・・。僕個人は「卒業生の就職率はこんなに高いんですよ!」とアピールする大学よりも、卒業生に対しても就職支援をする大学の方がより高く評価されるべきだと思っている。キャリアセンターが就活生の意思を無視してでも在学中に進路を決めることを強く促し、仮にその結果就職率が向上したとしても、僕はその成果を認めたくない。


就活生が持つニーズの多様性を可視化し、それをキャリアセンターの職員に自覚させる。そして「就職実績」という評価軸よりも「就活生のニーズに応えるアドバイスが出来ているか」という評価軸が優先されるべきとの価値観を根付かせる。以上2点が大事なのかなと今のところは思っている。


就活生のニーズに応えないで、専ら上から目線のアドバイスをしてくるキャリアセンター職員はただの給料泥棒だとの考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっと記事を見てかなり腹がたっているのでお許しを。
就職実績を上げたがっているは、まさにその通りだと思います。というか近くのダイエー系列の大学はその就職実績を大学の売りにしていますからね。
まあ実際は内定率90%!とかいっても実際はもっと低いんですが。
あと中小いけばいいとか馬鹿海老原が言ってますが、いや中小って受ければすぐ受かるとかいうレベルだと思ってるの?馬鹿じゃないの?
多用なアドバイスとかいっても職員自体があまり就活に知識がない人も多いし(非正規の職員の人も増えている)なんか相談業務自体に懐疑的なんですよ。
まあ話とりとめなくなりましたがとにかくうつ病の人にこういう仕打ちをする人はキャリアセンターの相談業務につく資格はないですね。

No title

「就活生を全くサポートできていない就職指導課の教員」にも、
コメント投稿させていただきました。

生徒に圧力をかけまくり、就職課やキャリアセンターを
訪れろと言うから、来て相談してみれば、

「それは甘えだ!」の一言

この矛盾した発言のおかげ、
私も一時期、頼る場所を見失いました。

今の就活生に「甘え」は禁句だと思います。

就活のやり方が昔から違うんです。
ニュースやその数字を見て、
なんで、お偉い社会人の老害は分からないんでしょうか、疑問です。

所詮は、他人事なんでしょう。そう思います。

僕の意見って極端な考え方でしょうか?

心の病の偏見

管理人様。係員のコミュニケーション力とは少し違いますね。
精神的な「心の病気」については、一部の専門医ならともかく、罹患して初めて判るのです。
恥ずかしながらわたくしも適応障害になって大円の輪の中のウツ・不安性障害(も中円)・の罪悪感や焦り偏見差別的発言…、併発の怖さはいつも持っています。
コミュニケーション力では語れないのです。
そういう立場の人は、勉強して理解しようとしないと、お話になりません。
求職者の人を追い詰めるなんて最低!

Re: No title

> yasuzo さん

はじめまして、コメント有難うございます。

>ちょっと記事を見てかなり腹がたっているのでお許しを。

僕へのお怒りかと思って、一瞬びくっとしました(笑)

>あと中小いけばいいとか馬鹿海老原が言ってますが、いや中小って受ければすぐ受かるとかいうレベルだと思ってるの?馬鹿じゃないの?

海老原さんのアドバイスが効力を持つのは就活生が「大手企業しか受けるつもりはない!」という態度を取っている場合ですが、しかし実際は多くの就活生が中小企業に目を向けながらも中々就職先を決められないというのが現実だと思います。なので僕も海老原さんの「中小企業に目を向けるべき!」との提言には首をかしげています。

>多用なアドバイスとかいっても職員自体があまり就活に知識がない人も多いし(非正規の職員の人も増えている)なんか相談業務自体に懐疑的なんですよ。

なんのための就職課なのか・・・。仕事しろっていう話ですね(笑)

Re: No title

> PIROさん

こちらの記事にもコメント有難うございます。

>今の就活生に「甘え」は禁句だと思います。(中略)僕の意見って極端な考え方でしょうか?

僕は禁句とまでは思わないですね。例えば、「大手企業じゃなきゃ就職したくないんですよ!」と言い出す人とかには「甘えるな」と怒るのが正解だと思います。

とはいえ、原則としてはキャリアセンターの職員は就活生に「それは甘えている」と言ってはいけないでしょうね。特に精神的に疲弊している就活生に対しては。実際にキャリアセンターで何か言われた後に自殺した学生もいるみたいですよ。

Re: 心の病の偏見

> 『うたって・ゴー』 さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>精神的な「心の病気」については、一部の専門医ならともかく、罹患して初めて判るのです。

僕は何も職員に、就活生が「うつ病」にかかっているか否かを医学的見地から正確に判断すべきと言っているのではなくて、あくまでも外から見て精神的に病んでいる可能性が高い状態でいる就活生に対してあまりにも追い詰めるようなことを言うのは、コミュニケーションの取り方としておかしいのではないかと言いたいのです。ましてや、記事で取り上げた学生の方は「うつ病にかかっている」と職員に言っているわけで、なおさらコミュニケーションの際に注意が求められたはずです。

>求職者の人を追い詰めるなんて最低!
本当ですね!

ふざけてますね。

コミュニケーション能力を問われる就活において(←これの意義はともかくとして)、それをサポートする立場にいる人間が、同能力に欠けるというのも笑えない話ですよね。

黒 紅 茶氏のコメント内容とブログの全文も併せてもう一度読みましたが、一人の”大人”として最低ですね。

他人の立場に立って考えようとする気兼ねがまるで感じられませんし、「他人を決め付ける」という質の悪さ。学生が困惑している様子を、常日頃から目前で見ているはずの人がこれでは、就活の問題点が一向に改善されないのも頷けてしまいますね。

実は、私にも似た経験があります。

初対面の就活コンサルタントと面談をした際、私の考えている事や、思っている事を話したら、頭ごなしに否定されたのです。私の場合、大卒者とは立場が違う就活になりますので、詳細は省かせて頂きますが、その否定内容も「1日も早く就職先を決めること」に重点を置かれた内容だったと記憶しています。

恐らく、このご時世で求職者が大量に押し寄せていて、四苦八苦しているのでしょうが、事務的以下の対応に失望し、それ以来、このコンサルタントとは面談をしませんでした。

また愚痴っぽくなってしまって、すいません。

Re: ふざけてますね。

> けいすけさん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>「他人を決め付ける」という質の悪さ。

当たり前ですが、黒 紅 茶さんも「殆ど面識ないのに、何で色々決め付けてくるの」というようなことを思われたようです。

>実は、私にも似た経験があります。初対面の就活コンサルタントと面談をした際、私の考えている事や、思っている事を話したら、頭ごなしに否定されたのです。

就活コンサルも!(笑)一体どうなっているんだ・・・。実は就活生よりも、就職指導をする人たちの方がコミュニケーション能力はないのでは・・・。

相談後自○?

キャリアセンターで相談後に自殺された求職者がいらしたのですか!?
大○市皇子山のいじめと同じで、隠ぺい・保身主義者が得する世界。

☆暗いお話ばかりなんで、当地の求職者支援の件です。
確かに地場の中小企業は-、のご意見も有るでしょうが。
応募票の1枚は、各企業面談後返却。(もう1枚は産業労働局へ提出しても可)=2枚記入。
履歴書は持参しない。
また、対象も、コメントの方々のご意見通り、年での表現になっていて少しだけ安心しました。

Re: 相談後自○?

> 『うたって・ゴー』さん

またまたコメント有難うございます。

>キャリアセンターで相談後に自殺された求職者がいらしたのですか!?大○市皇子山のいじめと同じで、隠ぺい・保身主義者が得する世界。

「隠ぺい」があったのかどうかはよく分からないです。あくまでも「"若者はかわいそう"論のウソ」という本に書いてあったのを見ただけですので。

>応募票の1枚は、各企業面談後返却。(もう1枚は産業労働局へ提出しても可)=2枚記入。履歴書は持参しない。

良さそうな形式ですね!

相談者がきたらとりあえず

「どんなに辛くても就活は続けなさい」
「新卒じゃないと就職できない」
「それは甘えだ」

この3点を連呼しとけばいいんだよ、って程度でやってるのと大差ない働きぶりのようですね、
キャリアセンター職員っていうのは。
いくら行き着かせる先が「1日も早く就職先を決めること」だとしてても
職員が先の3点ぐらいしか言葉を話せないなら、歳食ったおっさんおばさんが職員やってたところで
職員どもに人生経験も無いのと一緒かとも。

たとえ見かけ上就職率がよくなっても、なんか離職率も心配になってきそうなやり方ですね。

Re: タイトルなし

> L_z_m_i さん

こんにちは、いつもコメント有難うございます。


>「どんなに辛くても就活は続けなさい」
「新卒じゃないと就職できない」
「それは甘えだ」

この3点を連呼しとけばいいんだよ、って程度でやってるのと大差ない働きぶりのようですね、キャリアセンター職員っていうのは。

多数のコメントを頂いて、僕もキャリアセンター職員の質の低さに驚いています。別の記事でPIROさんがコメントされていますが「就活の"何をどのように"サポートしていただけるのか明確ではない」という課題を抱える職員が少なくないのでしょう。質の低い職員が淘汰される仕組みが作れれば・・・。

No title

私も学校のキャリアセンターや新卒ハローワーク等であまり良くない相談員にあたってしまい、その事もありしばらくそういった施設の利用を避けていたことがあるので、非常に同意できます。
ただ、中には良い方もいたので、○○さん以外の方に相談したいと言って、嫌な相談員以外の人を指名するのも良いと思います。
「色々な方の意見を聞きたいので、以前担当してもらった方以外の方に相談したい」と受付で言えば、よっぽど混んでいない限り要望が断られることはないと思いますし。

そもそも、相談員やキャリアカウンセラーの方もどうすれば良いのか良く分かっていない。
というよりできないのではと思います。
自己分析や企業研究の仕方、企業の選び方やエントリーシートの書き方等基本的な事は指導できても、それ以外の事はなかなかアドバイスできないというか難しいのではないかと思います。
実際、エントリーシートや筆記試験は通るが、面接が通らないというような学生には模擬面接をすることぐらいしかできないわけですし。
ですが、大抵の就活生のニーズは、基本的なところにあると考えられる事からズレが生じているように思えます。
加えて、ほとんどの学校では未就職の卒業生のその後の動向を把握しているという事はないと思いますし、既卒の現状が分からない以上、就職課の方もとりあえず新卒で就職しろとしか言えないと思います。

また、中小企業を受ければ受かるというような話題が出ていますが、中小企業なら求人はあるという根拠になっているリクルートワークスの調査(http://www.works-i.com/surveys/adoptiontrend/)では、よく話題になる企業規模別の調査以外にも業種別の調査もあります。
この業種別の調査によれば2013年度卒業生向けの調査では、製造業1.65倍、流通業3.73倍、金融業0.19倍、サービス・情報業0.42倍になっています。
という事は、企業規模で見た場合、企業規模300人未満(中小企業)の場合、3.27倍となっていて求人がありそうに見えますが、企業規模300人未満でも金融業、サービス・情報業の場合決して求人が多くはなく、簡単に受かるものではないように思えます。
製造業で企業規模300人未満ならば求人はありそうですが、そもそも製造業の場合、特定の学部・学科を対象とした技術職の求人も多いと思いますし(実際、理系の実学系の学部・学科は不況でも就職に強いと言われていますし)、そうなると求人はあってもほとんどの人が応募できないと思います。
そうなると本当に人手が足りないのは中小企業というよりも、300人未満の製造業の技術職と、様々な企業規模の流通業の企業のように思えます。

ですが、根本的な事として、この調査の対象なっているのはリクナビ会員で、実施時期が就活が本格化しはじめる2月6日~3月15日頃の調査となっていますが、掲載料等の関係から大企業が利用していると言われているリクナビを就職活動本格化の時期から利用していて、尚且つこういった調査アンケートに答える層というのは少なくとも就活に対する意識が平均以上にある人たちだと思います。
そういった人たちにアンケートを取れば、そりゃあ企業規模が大きいところを選ぶのではと思います。

Re: No title

> 11卒業務未経験無職さん

こんにちは、いつもコメント有難うございます。一度、コメント消されました?(笑)それとも僕が誤って消してしまったのだろうか・・・。

>中には良い方もいたので、○○さん以外の方に相談したいと言って、嫌な相談員以外の人を指名するのも良いと思います。

そうすれば、嫌の相談員への相談件数が減って「あの人、まずいんじゃないの」との評判が立つ。良いことだと思います。

>そもそも、相談員やキャリアカウンセラーの方もどうすれば良いのか良く分かっていない。というよりできないのではと思います。

相談員やキャリアカウンセラーの人は、就活コンサルや就活に関する有識者から現在の就職事情について勉強したりしないんですかね・・・。

>また、中小企業を受ければ受かるというような話題が出ていますが、中小企業なら求人はあるという根拠になっているリクルートワークスの調査(http://www.works-i.com/surveys/adoptiontrend/)では、よく話題になる企業規模別の調査以外にも業種別の調査もあります。

僕も先ほどこの調査を見ました。11卒業務未経験無職さんの認識で恐らく間違っていないと思います。流通業の企業の求人はあるように思いますが、この流通業というのが百貨店・スーパー・カメラ、メガネの専門店などを指すので、恐らくブラック企業の可能性が高い企業が高いと思われます。あまりにも求人の募集者数が多いのも「この会社、入社してもすぐ辞める人が多いから、いつも大量募集しているんじゃないか」と疑いたくなります。

>根本的な事として、この調査の対象なっているのはリクナビ会員で、実施時期が就活が本格化しはじめる2月6日~3月15日頃の調査となっていますが、掲載料等の関係から大企業が利用していると言われているリクナビを就職活動本格化の時期から利用していて、尚且つこういった調査アンケートに答える層というのは少なくとも就活に対する意識が平均以上にある人たちだと思います。そういった人たちにアンケートを取れば、そりゃあ企業規模が大きいところを選ぶのではと思います。

ですよね。多分、今頃アンケートとれば多くの就活生が中小企業に目を向けているので、倍率もなかなかすごいことになっているのではないでしょうか。



Re: No title

> 11卒業務未経験無職 さん

すいません、つっこみ忘れたところが・・・。

>製造業で企業規模300人未満ならば求人はありそうですが、そもそも製造業の場合、特定の学部・学科を対象とした技術職の求人も多いと思いますし(実際、理系の実学系の学部・学科は不況でも就職に強いと言われていますし)、そうなると求人はあってもほとんどの人が応募できないと思います。

これも大事ですよね。11卒業務未経験無職さんの見解を鵜呑みにすることは危険かもしれませんが、恐らくこの分析は間違っていないと思います。「就職難なのは、就活生が中小企業に目を向けないからだ」という主張のメッキがどんどん剥がれてきましたね(笑)11卒業務未経験無職さんのおかげです、有難うございます。僕ももっとデータ・先行研究に目を通して勉強してみますね!

No title

ブログタイトルもさることながら
社会人になっている者として恥ずかしい限りです。

就職ができないと人間として問題があるというレッテルを貼る風潮には腹が立ちます
キャリアセンター職員も希望してなった人は
当初は学生や就業希望者の幸せを望んでなった人も多いと思います。

が、社会はそれを許してくれないのです。
雇用する側の都合のよい結果を出さないと
その仕事も続けることが難しくなってしまうのです。

もう、若い人たちは集まって起業してほしいです。
優秀な意欲ある人たちが企業に捕まり、
就業希望者を拒んでいく様を見たくありません。

年を重ねてもどうしたらよいのか私にもわかりませんが
こういったブログが増えていくことを望みます。

突然、お邪魔して失礼しました

No title

大学が就職率に固執しているというのは強く同意します。もっといえば、大学が「学校」ではなく「会社」に近い存在になっているような感じでしょうか。私立大学の場合、学生が集まらなければ儲けがありませんし、高い学費を払ってくれる学生や、高い入学金や受験料を払ってくれる受験生は貴重な“お客様”なので、人気を集める必要がありますし、就職率で選ぶ受験生に少しでも選ばれるために「就職者」を一人でも増やそうと必死という姿勢が伺えます。そのため、本人の希望進路や今の状況などを考慮せずに「就職を決める」ことだけに執着してしまうのではないかと思うんです。

大学は本来教育・研究の場であると思うんですが、実態は就職予備校になっている部分が強く、特に私立大学は殆どがその傾向にある気がします。偏差値・就職率といった数字ばかりがブランドとして先行しているような構造を感じます。私の大学もブランドだけが前面に出ており、内部からと外部からの評価が乖離している大学の一つです。

そのため、入り口と出口をよく見せようとするようになりがちで、就職もとにかく見かけ上の数字を上げるために必死に学生を会社に「突っ込む」ような後押しの仕方をしてしまうのではないでしょうか。大学入試にも「偏差値操作」といわれる操作があって、これも科目や一般入試枠を減らすことで、見かけ上の倍率を上げ、偏差値を高く見せるものなんですが、これに似た部分がある気がします。外部からの評価を気にするあまり、中にいる学生を大事にできないケースは多そうです。

大学教育や大学運営について考えれば考えるほど、大学というものが一つのビジネスになっている感が否めず、本当の意味で学生に親身になるのは難しいのではないかなあというのが正直なところですねぇ…キャリアセンターと学生の関わり方からはやや脱線してしまい、申し訳ないです。

No title

こんにちは、コメントたくさんついてますね!
私も以前大学のキャリアセンターに相談しに行った際、嫌な思いをしました。お粗末なエントリーシートを見た段階で駄目学生だと判断されたようで、高圧的な態度で説教されました。「何人もの学生を就職させてきた、就活のプロである私が相談に乗ってあげてるの」という雰囲気。

挙句の果てには
「○○学部ってあなたみたいな人が多いのよね。聞きたいんだけど、最近の学生ってどうしてそうなの?自分に自信でもあるの?」
などと偏見丸出しの発言をされました。
危機感はあるんですが、どこから手をつけたらいいか分からなくて、と正直に話したら、上のように言われました。
どこをどう聞いたら自信があるように見えたのか分かりません・・・。
これまでのいろんな学生のイメージをごっちゃにして、思い込みで人と話をしているんじゃないかと思いました。
話し方が一方的だし、何でそこまで言われないといけないんだ?と腹が立ち二度と行っていません。
上でも書かれていますが、「他人を決めつける質の悪さ」だと思います。

うつ病についてですが、「うつ病」だと人に告げるのは勇気がいることだと思います。上の例ではそこまで話しているにも関わらず、テンプレートな対応しかできないというのは配慮が足りないとしか言いようがないですね。
ひとつ気になるのは、一見「就活続けてればいつかは内定取れるでしょ~」と危機感のない学生のように見える人の中にも、実は心の中は不安でいっぱいで、うつ気味の人も結構いるだろうということです。
周りに心配をかけまいとかなり無理をして明るくふるまっていることもあるので、
叱咤激励するのか、共感的に話を聞いてあげるのかという判断は相当難しいのではないでしょうか。
その判断の手がかりをつかむためにも、アドバイスする前にちゃんとヒアリングする必要があると思います。
一方的な説教するだけなら、相談員なんて必要ないですよね。

No title

どうも、件の(?)黒紅茶です。
ホームページの記事と、この記事を拝読しました。


私はいまも就職指導課(私んとこではキャリア支援センターと呼ばれているが)をよく思っていません。ゆえに強制的なことがないかぎりは利用しようとは思っていません。

それは私を馬鹿にするような、上から目線でものを言った教員が嫌だからというのもありますが、単純に、そういうものに頼らず、自分自身の手で進路を勝ち取りたいと思うからです。かっこつけた言い方になりますが、私は他人が敷くレールに乗りたいとは思ってません。大学進学だって、就職を有利にするためや親に言われて決めたわけではありません。



ところで、
就職指導課と学生との間におきた良いエピソードってないでしょうか???

この記事(あるいは私が就職指導課について書いた記事)を読んだ方は就職指導課に対して嫌な印象を持つかもしれませんが、就職指導課の適切なアドバイスによって進路を見つけられた人間もいるだろうことをを忘れないでほしいとおもいます……。

私の場合は、はっきりいって運が悪かったのです(苦笑)






さて、「今日では学生が中小企業に目を向け始めたことによって去年よりも状況が改善している」といった話題をどこかで耳にしたのですが、MSNのサイトでこんな記事を発見しました。

『新卒学生を中小企業へ“橋渡し” ハローワーク「大学常設」の功罪』
http://money.jp.msn.com/news/diamond/%e6%96%b0%e5%8d%92%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%82%92%e4%b8%ad%e5%b0%8f%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%b8%e2%80%9c%e6%a9%8b%e6%b8%a1%e3%81%97%e2%80%9d-%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%8c%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e5%b8%b8%e8%a8%ad%e3%80%8d%e3%81%ae%e5%8a%9f%e7%bd%aa

管理人さんはもう見たかもしれませんが、こういうような記事を見ると、何が事実であるのか不安で仕方がありませんね。

あと、文転就活生さんのコメントについてはまったく同意見です。むしろ、これこそが本質的な問題ではないかと思ったりしています。このことについてはいずれ、私のブログでも取り上げるつもりです。

長いコメントになってしまってすみませんでした。

Re: No title

> ワースさん

はじめまして、コメント有難うございます。

>就職ができないと人間として問題があるというレッテルを貼る風潮には腹が立ちます

そういう風潮があるから自ら命を絶つ人が絶えないのでしょう。

>社会はそれを許してくれないのです。雇用する側の都合のよい結果を出さないとその仕事も続けることが難しくなってしまうのです。

そうですよね、そこが難しいところです。今回の僕の記事の内容も、理想論と言ってしまえばお終いなのかもしれませんが・・・、理想論で終わらないようにしたいですね。

Re: No title

> 文転就活生さん、黒 紅 茶さん

まとめてのコメント返信をお許しください。恐らくお二人は

>大学は本来教育・研究の場であると思うんですが、実態は就職予備校になっている部分が強く

の部分について共通の問題意識を持っているのではないでしょうか。これについては僕も次の記事で書くつもりですので、良かったら読んでください。

Re: No title

> もずさん

お久しぶりです、コメント有難うございます。

>お粗末なエントリーシートを見た段階で駄目学生だと判断されたようで、高圧的な態度で説教されました。「何人もの学生を就職させてきた、就活のプロである私が相談に乗ってあげてるの」という雰囲気。

挙句の果てには
「○○学部ってあなたみたいな人が多いのよね。聞きたいんだけど、最近の学生ってどうしてそうなの?自分に自信でもあるの?」
などと偏見丸出しの発言をされました。

それに対して「キャリアセンターの方って、学生に言いたい放題言えばお金もらえるんですか?」と言い返したいところ(笑)実際、こんな仕事で給料が発生するなんておかしいですよ。

>ひとつ気になるのは、一見「就活続けてればいつかは内定取れるでしょ~」と危機感のない学生のように見える人の中にも、実は心の中は不安でいっぱいで、うつ気味の人も結構いるだろうということです。
周りに心配をかけまいとかなり無理をして明るくふるまっていることもあるので、
叱咤激励するのか、共感的に話を聞いてあげるのかという判断は相当難しいのではないでしょうか

仰るとおりだと思います。就活生の心理状態は複雑、且つ1日1日変化が激しいことも珍しくないですからね。ご指摘、本当に有難うございます&もし僕の記述で不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんでいた。

Re: No title

> 黒 紅 茶 さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>就職指導課と学生との間におきた良いエピソードってないでしょうか???

この記事(あるいは私が就職指導課について書いた記事)を読んだ方は就職指導課に対して嫌な印象を持つかもしれませんが、就職指導課の適切なアドバイスによって進路を見つけられた人間もいるだろうことをを忘れないでほしいとおもいます……。

僕からも補足すると、この記事では「全ての」職員が悪いと言いたいわけではなくて、あくまでも「問題のある職員の態度」について取り上げているだけです。

>文転就活生さんのコメントについてはまったく同意見です。むしろ、これこそが本質的な問題ではないかと思ったりしています。このことについてはいずれ、私のブログでも取り上げるつもりです。

先に僕が取り上げますので(笑)、良かったら参考にしたり、批判を加えたりしてください。

物流業界問題

管理人様の、デパート・スーパー・カメラ、メガネ専門店等狭義の意味と併せ、ルートセールス・配送・卸売業や運輸…迄有りますね。
高離職率は皆様ご存知でしょう。
「見える問題」は、ノルマ制。個人成績=給料ならまだしも、チーム全体で成績を出す。だから、居場所が無くなるのです。


が、「見えない問題」で、求人が多いとも言えるのです。
それは、H19/6の免許改正です。
管理人様のブログに来ていらっしゃる方々は、ほとんど、それ以降取得の普通免許かと思います。
例:管理業務とチルド品を時々配送する仕事。 特別装備(冷蔵・パワーゲート)した車輌は、見た目小型トラックでも中型免許になるのです(総重量5トン以上・もちろん、それ未満の車輌も有)。
普通免許では、食品をコンビニに配達している冷蔵車の大半は運転出来ないのです。

中小の物流業界の廃業原因でもあるのです。

求人倍率に隠れた、「見えない問題」です。

No title

すいません、1つ前の記事にコメントを投稿してしまったため、1度削除しました。

>そもそも、相談員やキャリアカウンセラーの方もどうすれば良いのか良く分かっていない。というよりできないのではと思います。

>相談員やキャリアカウンセラーの人は、就活コンサルや就活に関する有識者から現在の就職事情について勉強したりしないんですかね・・・。

この部分に関しては、私に書き足りない部分があったため、解釈の違いが生じてしまったのかもしれませんが、私は基本的に相談員やキャリアカウンセラーの方が勉強不足や無能とは思っていません。
どちらかというと擁護するような意見です。
lingmuさんもたびたび書いていますように就活コンサルや有識者の考えが必ずしも良いというわけではないですし。
勿論、中には他の方もコメントしているように勉強不足の人もいると思います。
私自身の経験としても、そういった人はいましたしw
私としては、個人の努力ではどうにもできない部分が多いので就職課の人もアドバイスしづらいのではと思っています。
そもそも不景気で基本的に求人は少ないうえに応募できる求人というと更に減りますし、世界的に見ても失業者が増えているという状態ですし。
そういった意味でのどうすれば良いのか良く分かっていない。というよりできない。という意味合いです。
更に、そんな状況を考慮せず、今回の記事のように就活生のみへの批判が多いというのは私としては疑問ですし、ブログタイトルのような感情を抱いてしまいます。

自分で書いていて何ですが、自分ですら何が言いたいのかよくわからなくなってきましたw

>流通業の企業の求人はあるように思いますが、この流通業というのが百貨店・スーパー・カメラ、メガネの専門店などを指すので、恐らくブラック企業の可能性が高い企業が高いと思われます。あまりにも求人の募集者数が多いのも「この会社、入社してもすぐ辞める人が多いから、いつも大量募集しているんじゃないか」と疑いたくなります。

リクルートワークス社の定義する流通業の大部分を占めると考えられる小売業の中にも優良企業はあると思いますが(メガネの専門店で言うとテレビ等で何度も取り上げられているメガネ21がありますし)小売業関係は、就職四季報等を見ても離職率が高かったり、賃金低かったりしますので、やはり敬遠してしまう要素はあると思います。
小売業は非正規雇用者が多いため、恐らく非正規雇用者も含めた賃金である可能性が高い政府の統計は鵜呑みにはできないと思いますが、政府の統計でも小売業の平均年収は低くなっています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/youran/indexyr_e.html
勿論、平均年収が高ければ良い業界と言うわけではありませんが、1つの指標にはなると思います。
また、小売業は多くの学生がアルバイトとして就業することから、そこで現場の状態を知り敬遠してしまう部分もあると思います。
(アルバイト求人サイトの調査なので、回答者層に偏りがでそうですがhttp://www.dreamnews.jp/press/0000051599/の調査からも学生の中で小売業を経験している人は多いと推測できると思います)
本社と店舗では違うとは思いますが、ほとんどの正社員は各店舗で勤務すると考えられるので、アルバイトで知った経験での判断もあながち間違いとも思えませんし。

Re: 物流業界問題

> 『うたって・ゴー』さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>管理人様の、デパート・スーパー・カメラ、メガネ専門店等狭義の意味と併せ、ルートセールス・配送・卸売業や運輸…迄有りますね。

リクルートの分類上、運輸業は「サービス・情報業」に含まれています。

>管理人様のブログに来ていらっしゃる方々は、ほとんど、それ以降取得の普通免許かと思います。
例:管理業務とチルド品を時々配送する仕事。 特別装備(冷蔵・パワーゲート)した車輌は、見た目小型トラックでも中型免許になるのです(総重量5トン以上・もちろん、それ未満の車輌も有)。
普通免許では、食品をコンビニに配達している冷蔵車の大半は運転出来ないのです。

つまり普通免許を持っているだけでは、求人があってもそれに応募できないということですよね。それじゃあ求人があってもあまり意味ないですね・・・。

Re: No title

> 11卒業務未経験無職 さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>小売業は非正規雇用者が多いため、恐らく非正規雇用者も含めた賃金である可能性が高い政府の統計は鵜呑みにはできないと思いますが、政府の統計でも小売業の平均年収は低くなっています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/youran/indexyr_e.html
勿論、平均年収が高ければ良い業界と言うわけではありませんが、1つの指標にはなると思います。
また、小売業は多くの学生がアルバイトとして就業することから、そこで現場の状態を知り敬遠してしまう部分もあると思います
(アルバイト求人サイトの調査なので、回答者層に偏りがでそうですがhttp://www.dreamnews.jp/press/0000051599/の調査からも学生の中で小売業を経験している人は多いと推測できると思います)
本社と店舗では違うとは思いますが、ほとんどの正社員は各店舗で勤務すると考えられるので、アルバイトで知った経験での判断もあながち間違いとも思えませんし。

太字にした部分、まさに海老原さんとキャリアセンター職員との対談で話されていたことですよ。小売業が敬遠される理由は、まさに11卒業務未経験無職さんが仰るとおり「多くの学生がアルバイトとして就業することから、そこで現場の状態を知り敬遠してしまう」ことにあります。

11卒業務未経験無職さんが取り上げてくださるデータのおかげで、論者の提言の穴がどんどん見つかっています。有難うございます。なんかデータを紹介してもらってばかりで申し訳ないです・・・。ご紹介してくださったデータや分析を今後に活かせればと思います。

うちの就活課(笑)

 過去記事ですが、思い当たることがあったのでコメントを。
以前「しゃちこ」の名で投稿した者です。どの記事に投稿したかは忘れてしまったのですが…。

 私は現在大学4年で就活中です。先々週就活課から面談日程の案内が来たのですが、その項目に違和感を感じました。

 現在までの就活の進度を記入するのは当たり前として、
「就活におけるあなたの弱いところを書きだしてください」(欄大き目)
「就活課にどんなサポートをしてほしいか書いてください」(一番小さい欄)の3項目のみ。
表ペラ一枚の空欄不可。

 どこの大学でも見かける普通の面談カードですが、とてもおざなりな印象を受けました。
特に後2項目のつなぎ方がまるで「この時期まで就活してるのはお前が悪いからだ。お前の悪いところ矯正してやるからありがたく思えよ」と言われてるみたいで…書く気失せました。
これが私の自意識過剰ならいいのですが…。
病んでいる就活生がこれを見たらどう思うでしょうね?

 もっと用意すべき項目があると思うのです。「体調や精神面、金銭面で不安はあるか」「親との関係はどうか」「就活をやって働くことについてどう考えたか」「既卒就活を考えているか」 などなど。ぱっと思いついただけでもこれだけ。

 おそらく、そういう相談事は「どんな支援を~」の項目に書けということなのでしょうが、委縮した就活生がそこまで思いつくか疑問です。質問にそのまま答えるはずです。
就活課でしてもらえる支援なんて添削と職安ぐらい。それを書いて終わりですよ。

 学生が就活課にお説教くらうための材料を提出しているようなものです。
別に医者やカウンセラーやってくれというわけではなく、その問題に具体的なアプローチができなくても知るべき情報はもっとあるでしょう、と言いたいのです。

学生の心理を全く考えていません。やっつけ仕事でよこしたペラ一枚のテンプレなのに「空欄不可」とはこれいかに!大量でないだけマシか…。

うちの大学の就活課スタッフは比較的(性格は)いい人ばかりですが、正直がっかりです。

以前ES添削でも腹の立つことがあったのですが、また後日に。

Re: うちの就活課(笑)

> しゃちこ さん

お久しぶりです、コメント有難うございます。以前「しゃちこ」さんがコメントを投稿された記事は「面接官"就活生の話は旅行・バイト・サークルのことばかりで飽きた"(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-248.html)」という記事です。2ヶ月以上前の記事なので、覚えていないのも無理はありません。

>学生が就活課にお説教くらうための材料を提出しているようなものです。

僕もこのコメントを読んでいて同じような印象を受けました。というか、「就活におけるあなたの弱いところを書きだしてください」というのは就活生に直接書かせるべき事柄ではなくて、カウンセリングをする人の側が、就活生から就活の進捗状況をヒヤリングした結果、その就活生の問題点を浮き彫りにするべきなのではと僕は思いました。でも、1回のカウンセリングにも時間制限があるのでしょうから、言葉は悪いですが「流れ作業」のような形で就活生の相談に乗らざるをえないという事情が就職課にはあるのだろうか・・・。

>別に医者やカウンセラーやってくれというわけではなく、その問題に具体的なアプローチができなくても知るべき情報はもっとあるでしょう、と言いたいのです。

これは重要な意見です。YES、NOのどちらかを丸で囲むアンケートのような形で「体調や精神面、金銭面で不安はあるか」などの質問が面談カードにてなされるのが良いですね。


>以前ES添削でも腹の立つことがあったのですが、また後日に。

ぜひお願いします。コメントとしての投稿でも勿論大丈夫ですが、もし宜しければライターページという形でエピソードを載せてみませんか(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-287.html参照)?ご検討いただけたら嬉しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。
現在就活中の大学生です。

高校生の頃うつと診断され、
周りの人に恵まれたこともあって
少しずつマシになりつつはありますが
やはり大学の授業もいけない日が続いたり
外に出れなかったりする日もある状態です。

こんなんで就職できるのか?
かなり不安に感じていますし、仮に隠して内定を頂いてもそのさきどうなるのか怖いです。
高校の頃から朝~夕方の定時に通学することはあまりできず、昼過ぎ~とか部活だけ、とかも多かったので、フルタイム勤務に対する不安がとても大きいのです。
キャリアセンターに行って相談すべきかなと思いつつ、なかなか理解されないのでは、とか変に気を遣われないだろうか、とか…そもそも初対面の職員の方にうつなんてカミングアウトしたらたぶんわたしはその場で泣き出してしまいます。

就職に対する不安は人一倍強いのに、どこに頼ればいいのかわかりません。
フレックスタイム制度ならなんとかなるだろうかと思って調べたりもしていますが、そもそも就活においてうつって言って採用なんてしてもらえるんでしょうか?

長々とすみません。キャリアセンターいくのが怖いです。

Re: タイトルなし

> すずかさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

>キャリアセンターに行って相談すべきかなと思いつつ、なかなか理解されないのでは、とか変に気を遣われないだろうか、とか…そもそも初対面の職員の方にうつなんてカミングアウトしたらたぶんわたしはその場で泣き出してしまいます。長々とすみません。キャリアセンターいくのが怖いです。

この記事に登場するキャリアセンター職員は、「どんなに辛くても就活は続けなさい」、「新卒じゃないと就職できない」という言葉をうつ病の人に投げかけてますからね。歯がゆいですが、こちらとしては安易に「とりあえず一度はキャリアセンター行ってみましょう!」とは言い難いですね・・・。

>就職に対する不安は人一倍強いのに、どこに頼ればいいのかわかりません。
フレックスタイム制度ならなんとかなるだろうかと思って調べたりもしていますが、そもそも就活においてうつって言って採用なんてしてもらえるんでしょうか?

正直僕はこの点についてよくわかりませんが、少し調べてみたところ、株式会社リヴァというところが、うつ病を患っている人の再就職支援をやっていることが分かりました(http://liva.co.jp/index.html)。ここは「再就職支援」ということで「すずか」さんのケースには直接当てはまりませんが、もしかすると「再就職」に限定しないで、うつ病を患っている人の就職支援をする団体がどこかにあるかもしれません。

キャリアセンターは起業も支援して欲しい。

 自分もキャリアセンターは就職活動で内定!で実績では限界じゃないか?と思います。

http://www.nogakureki.com/archives/22173369.html

 新規一括採用で就職できない場合、起業も考えろ!というアドバイスも欲しい。

 アプリ開発などもやれば出来るので考えていくといいと思います。

 シューカツばかりで内定!では近視眼的でよくないと思うのですが。

Re: キャリアセンターは起業も支援して欲しい。

>  ドクター・ロッキー さん

こちらの記事にもコメントありがとうございます。

>キャリアセンターは起業も支援して欲しい。

起業の支援が充実するのは良いと思います。ただ、その支援の役割を担うのがキャリアセンターというのは少し苦しい気がします・・・。

>シューカツばかりで内定!では近視眼的でよくないと思うのですが。

これは本当にそうですよね。いろいろな道があることがもっと可視化されると、就活生の精神面にも良いと思います。勿論最終的には、各人の努力量・意識の問題になりますが。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。