スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カリスマ内定者」なら何を言っても良いのだろうか

随分と前の話だが、このブログで「カリスマ内定者」について取り上げたことがある。この言葉は僕の造語ではなく、実際に「カリスマ内定者100人の告白―大学生が書いた大学生が知りたい就活のホンネ」という本が発売されているのだ。以前の記事では「自分のことを"カリスマ内定者"と言うなんてバカじゃないか」というようなことを書いたのだが、今はこのブログを読んでくださっている方も増えたので、もう少しオブラートに語ろうと思います(笑)


この本の内容を一言で言えば「就活が上手くいった学生のインタビュー集」である。「カリスマ内定者」というタイトルから傲慢なことを言う人も多いのではと感じる方もいるかもしれないが、実際その就活体験記を読み進めると、むしろめちゃくちゃ謙虚な考え方をもって就活に臨んでいた人が大半で、体験記の文章にもその謙虚さが表れていることが分かる。しかし一方で、中には明らかに調子に乗り「いくら"カリスマ内定者"だからって、こんなことを言うのはおかしくないか」と思わせる文を書いている人もいて、この記事で取り上げるのはそのような人の話である。


今回取り上げる「カリスマ内定者」は大手銀行内定の方なのだが、彼の主張の要旨は「マスコミは中小企業に目を向けろというけど、そんな声に耳を傾けてはいけない。まずは大企業を受けるべき。大体、"中小企業に目を向けろ"と言うマスコミだって大企業じゃないか」というもの。断っておくと、この意見自体には同意できて、今後このブログでもこの意見を支持する記事を書きたいと思っているくらいだ。しかし一方で違和感を持つ記述もある。まずはこれ。

やっぱり大企業に行きたいというのは誰もが持つ自然な願望ですよ。先行きの見えない時代ですし。「大きな会社で歯車になりたくない」、「人に使われたくないから起業する」なんて僕から言わせれば負け犬の遠吠えです。

せっかく大手銀行に内定するだけのポテンシャルを持っているのに、驚くほど視野が狭い考え方を持っていることを純粋に勿体無いと思った。とはいっても、この記述はあくまでも前座で、今回の記事で主に取り上げたい記述は次のもの。

大企業に行けばそれだけ大きな仕事にチャレンジできるチャンスがあります。お給料だって安定しています。仕事が出来る人が多くいる環境であれば、それだけ多くのことを学ぶことができ、結果、自分の成長にもつながるのです。

「お給料が安定している」と言うのは分かる。しかし、「大企業に行けばそれだけ大きな仕事にチャレンジできるチャンスがある」、「仕事が出来る人が多くいる環境であれば、それだけ多くのことを学ぶことができ、結果、自分の成長にもつながる」とまだ働いていない段階で断言するのはおかしいのではないか。細かいけれど、「大企業に行けばそれだけ大きな仕事にチャレンジできるチャンスがあると感じた」、「大企業は仕事が出来る人が多くいる環境だと思ったので、それだけ多くのことを学ぶことができ、結果、自分の成長にもつながると思った」と自身の推測を語るのなら話は分かる。しかし、まだ働いていない段階で「大企業に行けばそれだけ大きな仕事にチャレンジできるチャンスがある」、「大企業には仕事が出来る人が多くいる(→だから、自分もその人たちから学び成長できる)」と全てが分かっているかのように断言するのはおかしいのではないかと思う。


僕がこのような考えを持つ背景には、サッカー日本代表の内田篤人選手の著書「僕は自分が見たことしか信じない」における以下の記述がある。

僕が評価や批判をするときには、僕なりの定義がある。それは「自分が経験したことがあること」についてなら、評価や批判をしてもいいというもの。

例えば、僕はJリーグで3連覇した。まだ鹿島しか成し遂げたことが無いことだから、3連覇の難しさを話すことは出来る。欧州チャンピオンズリーグでもそう。ベスト4までいったのは、日本人では僕しかいないのだから、それについて意見や考えを言うことは出来る。

逆にいえないのは、自分が経験したことが無いこと。

僕はこの考え方をすごくフェアなものだと感じた。先の大手銀行内定のカリスマ内定者の例で言えば、彼が「大手銀行の内定をとるために必要な行動、心構え」を語ることはまるで問題ない。それは彼が実際に経験したことだからだ。聞き手は嫌かもしれないけど、別に自慢めいた口調で語っても良いとすら思う。しかし、「大企業で働くのは~だ」と断言するのは、彼が実際に会社で何年か働いた後ではないとおかしくて、いくら"カリスマ内定者"といえどもそこまで語るのは明らかに分不相応だ。
このツイートにあるように、「カリスマ内定者」は何者でもない。「お前は何者でもないから、何も語るんじゃない」というのは間違っていると思うけれど、それでも語ることが適切な話題とそうでない話題の区別はすべきだ。いくら就活の成功者が語った意見と言えども、それを無条件にチヤホヤしないで、批判する余地のある意見はきちんと批判したほうが良いはずだ。


余談だが、就活デモに対して「就職できなかった連中がわめいても仕方がない」という意見が寄せられることがある。しかし、上で紹介した内田選手の基準に照らせば、就職できなかった人であっても、実際に就活をしていく中で不条理な経験をしたことがある場合は、それについて語ることは何も問題ないことになる(勿論、語った意見が反論に晒されることは大いにありえるが、「そもそも意見を語ってはいけない」ということは無い)。大手企業内定者は内定を取るコツについて語ることはできるが、比較的遅い時期まで就活をすることの苦しみを語ることはできない。逆に、就職できなかった人は内定を取るコツについて語ることは出来ないが、大手企業内定者が語れない、就職が中々決まらないことの苦しみ・既卒で就活する苦しみなどについて語る事は出来る。大手企業内定者、就職できなかった人どちらの意見が優れているかを比べることに意味は無く、どちらも現在の就活の実態を浮き彫りにする貴重な声なのだ。


カリスマ内定者により発せられた意見であっても、その意見が筋違いのものなら、チヤホヤしないできちんと批判すべきだとの考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ウッチーの言葉が結論ですね。

今回の記事を読んで率直に思った事は、就職という事象だけに止まらず、人生そのものにも置き換わり得る内容かなと。

ある業種ではスペシャルな存在のコメンテーターが、畑違いな業種に当るニュースに対して、好き放題言っている…という感じでしょうか(笑)就活コンサルタントも、最近の大学生と同じ状況に置かれて就活したわけではないですしね…。

就活本だと、編集の魔術で大いに胡散臭いという前提にはなりますが、意味を引っくり返すと「中小企業に行くと小さな仕事しかないし、給料も不安定。仕事が出来る人も少なくて、多くの事が学べず、結果、自分の成長にも繋がりません」という事になりますね。人物重視の面接であれば不採用になりそうですね(笑)

「大手の内定者=カリスマ内定者」という、単純な構図に仕立て上げる事に問題がありそうかなと思います。

Re: ウッチーの言葉が結論ですね。

> けいすけさん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>ある業種ではスペシャルな存在のコメンテーターが、畑違いな業種に当るニュースに対して、好き放題言っている…という感じでしょうか(笑)就活コンサルタントも、最近の大学生と同じ状況に置かれて就活したわけではないですしね…。

就活コンサルの言葉をネット上で読むと、本当に自分の言いたいことを好き放題言っているだけだなという印象を持つことが多いですね。加えて最近、文転就活生さんが「(就活関連の論者は)渦中の苦労を知らない人達が実況中継を楽しんでいるようにしか見えない」というコメントをくださいました。

No title

その本は見てないですが、
大学生が語ったことをそのまま活字にしているとは思わない方がいいんじゃないでしょうか。
出版界で少し仕事をしたことのある人間ですが、けっこう捏造があるんですよ。
大部分は謙虚だそうですが、全部謙虚じゃつまらないから、見るからに傲慢な大学生を作り上げている可能性もあります。
その学生の言い分は傲慢どころかただのアホで、イマイチ真実味がないというか、傲慢なやつの見本を出しているだけみたいな感じ。

分かるのは先

「自慢し、羨ましがられる内定者(コメントが脚色無しの本当かは本人に問わないと解らず=その方を悪く言えないなぁ)」を論じるのは、その学生が人気大企業に内定を取消される事無く入社-試用・研修期間を終え-第一線で!見下す先輩・上司よりも、【仕事が出来る】と顧客側が認めるかどうか?の段階からでしょう。
☆評価するのは顧客や(直属の)上司であり、決して本人の自己評価ではありません。
当然、その際、採用担当部署の力量も分かります。

新入社員の能力を発揮させる動機付けをするのも、会社組織の役目です。
カリスマ内定者が自慢通り、存分に仕事が出来る大企業なら良いです。

No title

大手企業や有名業界に憧れるのは別に個人の勝手ですし、大手銀行に内定するには?のイロハを語るのは大いに構いません。ただ、「「大きな会社で歯車になりたくない」、「人に使われたくないから起業する」なんて僕から言わせれば負け犬の遠吠えです」は何と言うか謙虚に欠ける・・もしくは完璧な驕りにしか思えません。だって大手企業は中小企業の支えも会社維持に繋がってるんですよ!謙虚さを知らないカリスマ内定者が実際に働くことになってから中小企業さんと果たして上手く仕事の付き合いが出来るのでしょうか・・?

そもそも大企業だってバブル期ほど活力はありませんし今身を置いている会社も10年、20年経てば果たして今のような活力があるかどうか分かりません。私が大学2年だった1997年は大手証券会社の相次ぐ倒産が社会現象になってその後も大手銀行の倒産も相次ぎました。この年の今年を表す漢字一文字は「倒」でしたが歴史は繰り返す・・もあり得ると思います(決してカリスマ内定者を驚かせるつもりはありません。)

ドライな言い方をすれば「内定」は本戦のスタートラインに立っただけにすぎないのです。そんなポジションだけで「勝ち組」「負け組」を決められても何の得にもなりませんし、実際に自分で全力で走って周りから評価を貰わないと分からないのです。会社の良さなんて結局、働いている本人が分かっていることですし大企業だろうが中小企業だろうが汗水流して充実を得ている人には勝てないんですね。

中小企業でも「年収は少し低いけどでも仕事や会社が好き。」「繁忙期は残業で忙しいけどそれを乗り越えた後の達成感が良い!だから辞められない!」「小さい会社でも社長も上司も先輩も良い人が多い。自分もそんな人を目標にしたい。」こんなことを素直に思える人は幸せだと思いますね。大企業でも中小企業でも前向きに仕事を取り組んでこそですね。

Re: No title

> その本は見てないですが、大学生が語ったことをそのまま活字にしているとは思わない方がいいんじゃないでしょうか。~というコメントをくださった方へ

はじめまして、コメント有難うございます。

>大学生が語ったことをそのまま活字にしているとは思わない方がいいんじゃないでしょうか。出版界で少し仕事をしたことのある人間ですが、けっこう捏造があるんですよ。

そうなんですか!知らなかった・・・。ただ、この本に関して言えば、本が「PICASO~東大・早慶ベストセラー出版会」という「企画・執筆などを自ら行い、出版社の方々のご協力で、学生だからこそ書ける本を読者にお届けしています」というコンセプトのもと活動しているサークルによって出版されているので、出版社の編集(というかねつ造?)はさほど無いのかなと思っていますが。

>その学生の言い分は傲慢どころかただのアホ

やっぱり、そうですよねー(笑)

Re: 分かるのは先

> 『うたって・ゴー』さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>「自慢し、羨ましがられる内定者(コメントが脚色無しの本当かは本人に問わないと解らず=その方を悪く言えないなぁ)」を論じるのは、その学生が人気大企業に内定を取消される事無く入社-試用・研修期間を終え-第一線で!見下す先輩・上司よりも、【仕事が出来る】と顧客側が認めるかどうか?の段階からでしょう。

僕は、「内定」という成果に関しては、別に働く前の段階でも自慢しても良いと思っています。しかし、記事本文にも書いたとおり、「大企業に行けばそれだけ大きな仕事にチャレンジできるチャンスがあります」といったことは、実際に会社に入って、その大きな仕事を担当するチャンスを掴んでから言うべきなのではないかと思います。

Re: No title

> N.A さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>ドライな言い方をすれば「内定」は本戦のスタートラインに立っただけにすぎないのです。そんなポジションだけで「勝ち組」「負け組」を決められても何の得にもなりません

仰るとおりなのですが、僕は社会人がスタートラインに立っただけのはずの就活生を過剰に持ち上げているケースも少なくないのではと思います。ここでいう「社会人」とは主に就活産業の人が当てはまると思います。彼らは有名企業から内定を得た人を持ち上げて、その就活体験記を聞きだして、本を出版したりするわけですから。その他にも、有名企業内定者は、同期、そして後輩から「すごいですね!」と持ち上げられます。そんな状況下では、「自分はすごいんだ!」と入社前の段階から勘違いする人が出てきてもおかしくないはずです。このカリスマ内定者の謙虚さに欠ける姿勢は、単にその人の性格に起因するのではなく、もしかすると外部からの影響も大きいのかなと思っています。

No title

「カリスマ内定者により発せられた意見であっても、その意見が筋違いのものなら、チヤホヤしないできちんと批判すべきだとの考え」には賛同しますが、記事全体には賛同できかねます。

「思う」とかの言葉じりを捉えた批判は、自分がカリスマ内定者に対して抱くネガティブな感情を補強しようとする無理筋の批判であって、何ら論理的ではありません。(そもそも「思う」なんて言葉は基本的には「間違ってても僕の責任じゃありません」というくらいの意味しかないのではないでしょうか?そういう意味ではこのカリスマ君を肯定的に評価することすらできます)
また、経験したことがないのに断言すべきではない、というような話になると、知識がない人は知識がない人よりも発言力がないということになるが、それはそれで傲慢な意見です。

もちろん、私だって偉ぶっているカリスマ内定者はむかつきます。しかし、感情に振り回された論理で反論しても、それこそ批判されるべきぐちゃぐちゃな意見にしかなりません。


今回の記事は、「カリスマ内定者?えらそうにすんなむかつくんだよ」ということをこねくり回していった結果、よくわからないことになってしまった文章に思えました。

Re: No title

> 田中太郎 さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>もちろん、私だって偉ぶっているカリスマ内定者はむかつきます。しかし、感情に振り回された論理で反論しても、それこそ批判されるべきぐちゃぐちゃな意見にしかなりません。

要はごちゃごちゃ言葉尻を捉えてないで、「カリスマ内定者」の意見のおかしなところを直接批判すべきだ・・・という意見と受け取ってよいですよね。それは、もっともだと思います。ただ、「経験したことがないのに断言すべきではない、というような話になると、知識がない人は知識がない人よりも発言力がないということになるが、それはそれで傲慢な意見です」とありますが、それについて「カリスマ内定者」に「まだ会社に入ってないのに、なんでそういうことが分かるの?」という「根拠」を求めることはしても良いかもしれません。そこで根拠が示されれば、例えムカついても(笑)意見を受け入れるということで。

No title

>「大きな会社で歯車になりたくない」、「人に使われたくないから起業する」なんて僕から言わせれば負け犬の遠吠えです。

このカリスマ内定者が大企業に行きたいと望むのは勝手だけど、後半の負け組までのくだりみたいなことを言っちゃうのは価値観が偏りすぎてる。自分の思考が絶対正しい!それ以外は絶対に間違ってる!こんな思考でよくカリスマ内定者になれたな。いや、就活=運ゲーとか言われるけど、単にこの人も運が良かっただけなんだろうか?

>大企業に行けばそれだけ大きな仕事にチャレンジできるチャンスがあります。お給料だって安定しています。仕事が出来る人が多くいる環境であれば、それだけ多くのことを学ぶことができ、結果、自分の成長にもつながるのです。

給料が安定しているとはともかく、多くのことを学べるとか自分の成長につながるとか、それを実際に求めてる人ってそんなに多くない気がするのだけど。ゆえにこの2つは別に必ずしもメリットにはなりえないかと。私はそんな機会をくれる大企業よりも、中小零細で良いからちゃんと法律を守る企業に巡り合いたいですよ。

No title

>やっぱり大企業に行きたいというのは誰もが持つ自然な願望ですよ。先行きの見えない時代ですし。「大きな会社で歯車になりたくない」、「人に使われたくないから起業する」なんて僕から言わせれば負け犬の遠吠えです。

単に

…僕『の価値観』から言わせれば負け犬の遠吠えです。

って、彼の価値観が語られているものと考えられ、なにも『俺に従え』ではないと思います。


「マスコミは中小企業に目を向けろというけど、そんな声に耳を傾けてはいけない。まずは大企業を受けるべき。大体、"中小企業に目を向けろ"と言うマスコミだって大企業じゃないか」

こうした趣旨の主張をするなかで発せられた言葉であること…

そう考えると私は違和感を抱かないけどなぁ…。


このように言葉が切り取られているものって、その全文を確認しない限りは、ニュートラルな捉え方をしないといけないように思ったものです…><…

Re: No title

> あらいさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>このカリスマ内定者が大企業に行きたいと望むのは勝手だけど、後半の負け組までのくだりみたいなことを言っちゃうのは価値観が偏りすぎてる

他の人は結構いいことを言っていたと記憶しているのですが(もう、本は売ってしまったので正確には分かりません・・・)、この記事で取り上げた人に関しては視野の狭さに驚きました。正直「これは釣りなんだろうか?」と疑ったくらいです。

Re: No title

> みかけたもので・・・さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>彼の価値観が語られているものと考えられ、なにも『俺に従え』ではないと思います。

そうだと思いますよ。そして、この記事ではその「彼の価値観」を批判したわけです。

>「マスコミは中小企業に目を向けろというけど、そんな声に耳を傾けてはいけない。まずは大企業を受けるべき。大体、"中小企業に目を向けろ"と言うマスコミだって大企業じゃないか」 こうした趣旨の主張をするなかで発せられた言葉であること… そう考えると私は違和感を抱かないけどなぁ…。

そうですか、僕にはよく分かりませんでした。

No title

経験したことについてしか評価できない、いわば「経験至上主義」だと、
例えば死刑の是非について議論できるのは身内や近しい人を亡くした人だけ
ということにならないでしょうか。
殺人罪の是非については、人を殺した経験のある人や近しい人を殺された人
しか語る資格がないということになります。

この価値観でいくと、相手の意見を「お前は経験がないから何も語るな」と
一方的に切り捨てることになります。
これはかなり狭量な考え方だと思いますね。

No title

>そうだと思いますよ。そして、この記事ではその「彼の価値観」を批判したわけです。

>驚くほど視野が狭い考え方を持っていることを純粋に勿体無いと思った。

ただそれだけのことですよね?

何も「カリスマ内定者」を擁護する訳ではないですが…
『価値観』なんて人それぞれ…
異なる『価値観』を対比させてまで批判することでしょうか?


>就活の成功者が語った意見と言えども、それを無条件にチヤホヤしない

これが『大切』なのだと思うのですが…。
彼の『価値観』から発せられた言葉をことさらとりあげて批判するのではなく、
それをとりあげて「読みもの」にするような社会への批判ということでしたら、
大いに『賛同』する!
という主旨の書き込みでした。

Re: No title

> 通りすがりさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>経験したことについてしか評価できない、いわば「経験至上主義」だと、例えば死刑の是非について議論できるのは身内や近しい人を亡くした人だけということにならないでしょうか。

このツッコミについては、「田中太郎」さんのコメントとそれへの僕のコメント返信で意見が既に交わされているので、そちらを見て頂ければと思います。。

Re: No title

> みかけたもので・・・さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>彼の『価値観』から発せられた言葉をことさらとりあげて批判するのではなく、それをとりあげて「読みもの」にするような社会への批判ということでしたら、大いに『賛同』する!

なるほど、すっきりしました。この記事ではそういう批判が出来ませんでしたが、本来「みかけたもので・・・」さんが仰る形での批判記事として構成すべきだったと僕も思いました。時すでに遅しですが・・・。

No title

管理人様、ご返信ありがとうございます。

私なりに管理人様の真意を解釈すると、管理人様は「経験至上主義」一辺倒という訳ではないものの、

>大企業に行けばそれだけ大きな仕事にチャレンジできるチャンスがあります。
>お給料だって安定しています。仕事が出来る人が多くいる環境であれば、
>それだけ多くのことを学ぶことができ、結果、自分の成長にもつながるのです。

のように断言できる根拠は何か?という率直な疑問を抱くことはあっても良いのではないか、
といったところでしょうか。

そもそも、この内定者の発言は一般論に過ぎないというか、かなり抽象的で、
結局、何も語っていないに等しいのかも知れません。
「大きな仕事」の定義も曖昧ですし、「仕事が出来る人が多くいる環境であれば~」のくだりは
別に大企業に限った話でもないですからね。
仮に「大きな仕事」を「受注金額の大きい仕事」「規模の大きい仕事」等と読み替えれば、
確かに一般論として中小企業よりも大企業の方が「大きな仕事」にありつける可能性は
高いかも知れませんが、この内定者自身が内定した会社がそれに該当するかどうかは、
管理人様の仰るとおり、実際に入社して働いてからでないと、何とも言えませんね。

ただ、これも一般論となってしまいますが、現実の世間の評価として、
成功者の話に耳を傾ける人は多い一方で、失敗者の話に耳を傾ける人は少ないということは
あるかと思います。

本記事タイトルの「カリスマ内定者なら何を言っても良いのだろうか」という疑問ですが、
就職活動における失敗者よりも成功者の方がもてはやされるのが、現実の世間の評価だと思います。
つまり、「何を言っても良い」か否かを「許可する」か否かということではなく、
「カリスマ内定者なら何を言っても多くの人が耳を傾けてくれる」という現実について
その理不尽さを批判するという観点で議論した方が面白いかもしれません。
これも田中太郎さんとのやり取りと被りますね。すみません。

Re: No title

> 通りすがりさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>つまり、「何を言っても良い」か否かを「許可する」か否かということではなく、「カリスマ内定者なら何を言っても多くの人が耳を傾けてくれる」という現実についてその理不尽さを批判するという観点で議論した方が面白いかもしれません。これも田中太郎さんとのやり取りと被りますね。すみません。


これは「みかけたもので・・・」さんが指摘してくださったポイントですね。その指摘が妥当だと思ったということは「みかけたもので・・・」さんへのコメント返信で書いています。

No title

あなたがこの社会で言い争いをしたいなら何かを持っていないといけません。

経験、社会的地位、お金、なんでもいいです。他人から珍しがられるものであれば結構です。

多くの人が一目置くようなものであれば尚良いでしょう。

たとえ持っているものが議論の本質とは何の関係のないものであったとしても構いません。あなたが持っているという事実があなたの意見に箔をつけてくれるでしょう。

たとえあなたがたまたま上手くいった開発者であろうが、大手入社できるような出来のよい子供をたまたま授かっただけの親だろうが、要約すると運動しか取り柄のないスポーツバカだろうが関係ありません。それらの経験や地位はあなたに十分な説得力と発言力を授けることでしょう。

傍から見ても大して能があるように思えない学生が、大手内定を得たとたんにヒーローに見える、という経験が少なくない数の人々が経験していることでしょう。

また、社会人がこれから社会に出ていこうとして一生懸命な学生を、社会人経験をタテに「甘えるな」といびっている姿も珍しくありませんよね?

対して、もしあなたがそれら珍しいものを持たない、謂わば真っ当に生きてきた普通の人間であるならば、残念ながら極力言い争いは避けるべきでしょう。恐らく勝ち目はありません。

真っ当な人々は、言い争いの場を極力避け、言い争いの末生まれた結論に自身を適応させて生きていくのが賢明でしょう。

大丈夫です。真っ当に生きてこれたということは、多くの馬鹿どもが議論の末に生み出した社会に適応することが出来ている証です。あなたのこれからの人生はきっと道端の糞のようにつまらないものでしょうが、あなたは今後も順当に生存できることでしょう。

一時的に輝きを放つ阿保どもに目を奪われてはいけません。枯れない花などないのです。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。