スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ライターページ>公務員試験と比較したことで浮き彫りになる、民間企業の採用活動の杜撰さ

久しぶりにライターページへの投稿を頂きました。今回は、「通りすがりあらためZZ」さんの記事です。この度は本当に投稿有難うございました。


この記事の特徴は、ライターの「通りすがりあらためZZ」さんが公務員試験・民間企業の就活双方を体験した方であることから、公務員試験と民間企業の採用活動の比較がなされていること、及び合同説明会への参加・筆記試験・面接を経験する中で体験した不条理が記されている点にあると思います。「通りすがりあらためZZ」さんも公務員試験が完璧なシステムだとまでは思っていませんが、時折、民間企業が見習うべきことが公務員試験の進め方の中から見出せるのではないかと思わせる記述があります。それでは以下から記事本文です(なお、この記事のタイトルは、記事の内容を踏まえて僕が勝手につけました)。



はじめに、私は既卒一年目で内定を取った者です。他のライターの方のように理路整然とした分析記事とはならないかもしれませんが、あくまで体験談として読んでいただければ幸いです。


新卒の際から公務員志望であったため受験しましたが、一次試験は通過するものの(筆記のマークシート中心)二次試験(論述や面接メイン)で不合格になってしまいました。そのため昨年の秋ごろから民間の就職接活動を開始しましたが、結局内定を得ることが出来ず今年も公務員試験に挑戦し、いくつか内定をいただき、とある県庁に就職することにしました。記事では民間の就職活動をしていた時に感じた事を書いていきます。


まず学校と就職コンサルタントが合同で主催した講演会と合同説明会に参加しました。その際にコンサルタントが「新卒は今年しかなく、たとえ今まで考えていなかった職種であっても視野を広げて受けるべきだし、不本意な企業であっても3年間我慢して働かなくてはキャリアにならずこれからの人生不利になる」という趣旨の事を言っていたことに驚きました。当時は考えもしなかったのですが、コンサルタントにとっての顧客は企業側なので、顧客にコンサルタント会社を通じて就職希望者を斡旋することが存在価値となるのではないでしょうか。説明会が大学との合同企画だったので大学側の内定率を上げたいという思いもあったのかもしれないです。就職コンサルタントにとっての優先事項は企業と大学なのではないか、というように感じられました。


たしかに、働いたことのない学生がイメージで企業や業界を決め好き嫌いを言うのは間違っている面もあります。
働いてみると適正があったという事もあるかもしれません。しかし、新卒で就職しなければならないし、3年間働くべきだ、という主張は安易にするべきではないのではないかと感じました。


次に各企業のSPIや面接に挑みました。30社ほど受けましたが、その際にサイレントの不合格しかなく理不尽に感じました。それまで受けていた公務員試験では個人への通知が必ずあるわけではありませんが、試験を受けた際に結果発表日時が分かっています。また、発表の際には最低でもインターネットにて合格者の試験番号が公表されます。そのため結果を確実に知ることが出来きます。受験側にとってはその程度の措置はしてほしいと感じました。


サイレントなのは採用側が目ぼしい人から連絡をし、辞退や他の選考の進み具合を考慮しながら行っているからではないでしょうか。たしかに企業にとっては一見効率がいいのかもしれません。一番ひどいケースでは、説明会がありその日のうちにエントリーのメールを送信したにも関わらず、一か月間音沙汰がなく突然電話が鳴り「一次試験を受けに来ないか」と勧誘されました。新聞などでも名前を見かける業界大手なので、企業規模とモラルは一致しないと感じました。


次に選考の際の事について書きます。SPIが受からないのは学生の甘えという記事もありましたが、私にはSPIで合否が決まっているようには思えませんでした。簡単すぎる算数の問題が大量にあり、たいていの人は時間内に解けない物などはその典型です。公務員試験の筆記でもスピードが求められる部分があるのである程度練習をしていましたが、このタイプのSPIには私は受かることはありませんでした。それほど差が付かないように感じましたし、会場で連絡先を交換した方が合格していましたが出来は私と変わらないか相手の方の方が悪いように感じました。もしかしたら、特異な才能の持ち主や学歴資格の持ち主を探していたのかもしれないと思えました。


面接について、ここでも企業側が無礼であると感じました。とある企業では最終面接で「あなたのお父さんの職業は?お母さんの職業は?現職なの?役職は?」と根掘り葉掘り聞かれました。私の採用に関して、あくまで私と企業の契約であり父母は関係がないと思います。また、仕事をする上で精神的にサポートを受けることがあっても、営業などの仕事の際に役職を利用し仕事を回すことなどないだろうと考えます。もしあったとしたらそれは癒着などと呼ばれるのではないでしょうか。


公務員試験では筆記の合格までは平等ですし、問題と解答の発表があるところや、成績開示が出来るところもあります。面接については、合否基準がよく分からなかったり、昨年落ちた所に今年は合格出来たりと不可解な部分も多いです。なので、公務員の方が試験制度がいいとは言えません。また税金の無駄遣いと考える方がいるかもしれないとも考えます。


民間企業の無礼な振る舞いについて、その方が効率が良いという記事を見かけましたが、私は昨年からの就職活動においての振る舞いはすべて記憶しています。今後製品や入札などの採用を最終的に決定する立場になれ他の条件がすべて同じなら、その企業を採用する事は絶対にないと断言できます。就活生は何者でもありませんが、何者にもなる可能性もあります。企業側はその事を忘れず、正々堂々とした対応をするべきではないでしょうか。また、就活生も正解はないと思うので、その時に出来ることを精いっぱい行えば、最後に塞翁が馬となる事を祈ります。


最後まで読んでくれた方がいるならありがとうございました。lingmu さんスペースありがとうございます。謝々。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ZZさん、記事を書いてくださり有難うございました。そして、コメントが遅くなりまして申し訳ありません。就職コンサルタント・人事・面接官など様々なアクターの問題点が浮き彫りになっていて、非常に面白い体験談だったと思います。また、「試験の結果発表日時が分かっていること」、「筆記試験の比重が高く、選考に透明性があること」という公務員試験の良さも明らかになっていて、これは民間企業が見習うべき点だと感じました。

>私にはSPIで合否が決まっているようには思えませんでした

これは僕もはっきりとしたことは分かりません。「簡単すぎる算数の問題が大量にあり、たいていの人は時間内に解けない物」といっても、その中である程度の問題数をこなせた人が受かっているのかもしれないし、あるいは筆記試験はただの飾りで実際には学歴が見られていたのかもしれない。どうなんでしょうね・・・。





No title

こんにちわ

民間では、確かに筆記はお飾りだったり、あまり重視されないということもあるような気がしました。
証拠と言えるほどのものが無いことが多いですが、ほかの人のいろんな情報からそうなのかなと思いました。

明らかに変なのは日銀で、以下のケースはほんと酷いなと思いました。
http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/101/

公共性のきわめて高い企業がこんなことをやってていいのかなと思いますねw
私の年の時はESが最初のステップのはずなのに、ESを出してない人が呼ばれて
ESを一生懸命書いた人が呼ばれなかったらしいですし

Re: No title

> とも さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>民間では、確かに筆記はお飾りだったり、あまり重視されないということもあるような気がしました。

実際、学歴とかで切っているのかもしれませんね。「テストで高得点を取ったにも関わらず落とされた(言葉は悪いですが)低学歴の人」が多くいれば、ただのお飾りといえるでしょう。

>明らかに変なのは日銀で、以下のケースはほんと酷いなと思いました。
http://gaishi-michishirube.com/recruit/others/101/

見ました。これ、えげつないですね・・・。リク内定者以外の人は怒っても良いのでは。

>私の年の時はESが最初のステップのはずなのに、ESを出してない人が呼ばれて
ESを一生懸命書いた人が呼ばれなかったらしいですし

多分、学歴で脚きりをしているということですよね。これだったら、事前に「○○大学からの書類しか受け付けません」と書いたほうが良い気がしますが、そうすると外部から「学歴差別だ!」というクレームが来るので、企業としては水面下で脚きりをしたいのでしょうね。

No title

以前、非公開のコメントをさせていただいたものです。
SPIの話が出ているようなので、私の知りうる範囲で述べさせて頂きたいと思います。

SPIで合否を判定するのかどうかという話。
これは断言しますが、"合"ではなく"否"のみを判定していると思ってください。

そもそもSPIで、というより一つの筆記試験で個人の持つ技能・才能を全て量りきるなど
不可能な話というのは、ご理解いただけると思います。
よって、SPIの成績の良い順に上から合格者を決める・・・ということはナンセンスの極みであり、
そんなことをしている企業はほとんどないか、有っても少数派と思われます。
(少なくとも、私はそういった企業を存じません。)

ただ、SPIの問題がまともに解けない → 仕事で使い物にならない という図式については、
はっきりと判断がつきます。基本的な計算ができない、文章が書けない、読めないという人間を
雇ってしまえば、仕事を教える以前に基礎学力の向上から教育しなけれならなくなる。
さすがにそれは非効率ですし、企業の本来の役割から外れています。
よって、一定の基準を設けて、それに満たない者を弾くためにSPIを用いることになります。

ブログ主さんがコメントされている
>ある程度の問題数をこなせた人が受かっている
というのは、文面的にはその通りなのですが、
「学歴・人柄・経験など何かしらの要素によって企業の採用意欲を刺激した人が
基礎学力について試験され、企業の求める水準をクリアした」という方が
より実態を表していると思います。

また、
>筆記試験はただの飾りで実際には学歴が見られていたのかもしれない
は、まず在り得ないでしょう。さすがに企業も飾りの試験を行うほどコスト意識が低くはないです。
(時間と金を費やして、無駄なことはしません。)

学歴で足切りをしたいのであれば、SPIの前に履歴書なりESなりで書類選考を行えば済むし、
わざわざ学生を呼び出して試験を受けてもらうよりも効率的ですからね。
SPIを含む筆記試験を1次選考に設定している企業もありますが、それは本当に学歴・人物よりも
基礎学力を重視しているのだと思います。

この理由から
>「テストで高得点を取ったにも関わらず落とされた(言葉は悪いですが)低学歴の人」
というのは、まず存在しないのではないかなと思っています。
学歴を理由として不合格になる人は、SPIを受ける機会がそもそも無いというのが一般的のような・・・。
また、冒頭に記述したとおりSPIは高得点だからといって、合格になるものでもありませんしね。


もちろん、私が知らないだけで「SPIを受けさせておいて、学歴を理由に切る」ということを行っている
企業が存在するのかもしれませんが、学生への配慮という観点も採用活動の効率化という観点も
抜け落ちているような企業は、遠からず淘汰されていくのではないですかね。

Re: No title

> 山下さん

お久しぶりです、コメント有難うございます。

>筆記試験はただの飾りで実際には学歴が見られていたのかもしれない
は、まず在り得ないでしょう。さすがに企業も飾りの試験を行うほどコスト意識が低くはないです。

僕もそう思うのですが、上で「とも」さんが紹介してくださったurlを見ると、日銀がそういう飾りの試験をやってるっぽいわけで・・・。まぁ、日銀が例外なのかもしれませんし、しかもこれは5年前の記事なので、現在は日銀もまた違う選考方式を採用しているのだと思います。

>学歴で足切りをしたいのであれば、SPIの前に履歴書なりESなりで書類選考を行えば済むし、わざわざ学生を呼び出して試験を受けてもらうよりも効率的ですからね。

確かにそうですよね。

No title

はじめまして、11卒ちゃろと申します。
今日初めてこちらのブログを訪問しましたが、どれも考えさせられるテーマばかりで、ついつい夜更かしをしています。
ZZさん体験談を読み、自分が参加できそうな話題だったので初コメントさせていただきます。
公務員にいくつか内定がもらえるだけのSPI力を持っているZZさんであってもSPIで落とす企業があることに驚きでした。
なぜなら自分はSPIで落ちたことがないからです。大学はS、A、B・・・で言うところのBですが、おそらくZZさんと受けた業界が違うと思われます。
自分が受けたのは民間銀行以外の金融で、電気以外のインフラ系だけなので狭い体験になってしまいますが、SPI通過しなかったS大学生もいることから、たまたま自分が受けた企業はそうだっただけなんだと、こちらを読んでの感想です。
SPIの出来をみないならSPIやめればいいのに理解不能です。そういった企業こそ、事前にアナウンスすべきだと思います。
日銀の場合は、一般職以外はまともなルートで受けても受かりにくそうですね。特定職についてもほぼ採用大学決まっている感じで、しかもそちらは学校推薦なので自分は受けませんでした。


Re: No title

> 11卒ちゃろさん

はじめまして、コメント有難うございます。

>今日初めてこちらのブログを訪問しましたが、どれも考えさせられるテーマばかりで、ついつい夜更かしをしています。

このようなコメント、とても嬉しく思います。でも、夜更かしはほどほどに(笑)

>。大学はS、A、B・・・で言うところのBですが、おそらくZZさんと受けた業界が違うと思われます。
自分が受けたのは民間銀行以外の金融で、電気以外のインフラ系だけなので狭い体験になってしまいますが、SPI通過しなかったS大学生もいることから、たまたま自分が受けた企業はそうだっただけなんだと、こちらを読んでの感想です。

結構「この業界は~な選考プロセスが多い」という傾向はありますよね。そして、筆記試験の結果を考慮する業界・企業もあれば、筆記試験が形だけということもあると。

>SPIの出来をみないならSPIやめればいいのに理解不能です。

最近の記事でも取り上げましたが(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-353.html)、「ESを学生に出させるのは、公平性を演出する一面もある。本当は大学や適性検査などの結果で落としたのに、学生には『エントリーシートの中身が悪くて落ちたんだ』とある種の納得感を持ってもらえるからだ。ESという定性的なものを使うことで、選考基準を曖昧にできる」と述べる採用支援会社担当者もおり、このことから「公平性の演出」というのがキーワードになると思われます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 非公開コメントをくださった方へ

ちょっと緊急のため、コメント返信の順序を無視して、このコメントから返信します。

コメント有難うございます。

「申し訳ありませんが、あのコメントは非公開のままでお願いします。m(__)m」とありますが、前回投稿してくださったコメントは「非公開コメント」ではなかったため、僕が既に承認して現在「公開」の形になっています。もしそれを削除したほうがよければ、お手数ですが再度コメントをお願いします。

No title

こんばんは、ちゃろです。
夜更かしの頭で書いてしまったので、不正確な表現だったなと反省し非公開のお願いをしちゃったわけですが、自分のコメントが載るとやはり嬉しいですね。公開のままでお願いします(笑 
お気を使わせてしまって申し訳なかったです^_^;

自分の上のコメントのフォローをさせていただきます。
思い出してみれば、私が受けた企業ではSPIだけ受けて帰る選考はなかったので、「自分はSPIで落ちたことがないからです」は間違いでした、すみません。
SPI+ES、G面接、Gディスカッション、作文なり、SPI以外のものが何かしら付随していたので、「SPIが受からないのは学生の甘え」と言い切ってしまうのは私も違うと思います。そう言い切れるのは公務員試験ぐらい?

SPI後も選考は続いていく中で、私の大学名(BかCランク)で落とされたという実感はなかったです。振り返れば、最終面接は意思確認と間違った思い込みから、油断して失言したり(自分で失言だとはその時思わなかったけど、あとで社会人の方から指摘されました)、4次あたりだと回りの就活生があまりにも優秀で(言ってることが違う)こりゃ私がいる場所ではないと感じたり、何かしら自分に原因が思い当たりました。
それと、親の仕事などについて聞かれることは1社か2社はあったかもしれませんが、私の場合はほぼなかったです。そのような質問ついては理不尽とは思わず、そういうカルチャーと理解したほうがいいように思います。
結論から言えば、私の受けた業界ではあまり大学差別を感じるようなことはなかったです。無駄な努力をしたくなければ、大学の就職先、企業の採用大学、OB訪問からでも推察可能だと思う次第です。
あ~1つ思い出しました。部門別採用でES通落ちでした(笑

Re: No title

> 11卒ちゃろ

こんばんは、またまたコメント有難うございます。

>公開のままでお願いします(笑 お気を使わせてしまって申し訳なかったです^_^;

了解です!ご連絡有難うございます。

>SPI+ES、G面接、Gディスカッション、作文なり、SPI以外のものが何かしら付随していたので、「SPIが受からないのは学生の甘え」と言い切ってしまうのは私も違うと思います。

そうですね。ただ僕自身も自分の主張を忘れていたのですが(笑)、今記事を読み返してみると、僕が言ったのは「SPIが受からないのは学生の甘え」ということではなく「"SPI対策が大変だ"という声は甘え」ということだったようです(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-296.html)。つまり、このライターページの記事における「SPIが受からないのは学生の甘えという記事もありましたが、私にはSPIで合否が決まっているようには思えませんでした」というのは誤解ということになりますね。

>SPI後も選考は続いていく中で、私の大学名(BかCランク)で落とされたという実感はなかったです。

面接まで行ってしまえば、学歴の重要度がガクンと落ちるということかもしれませんね。

>無駄な努力をしたくなければ、大学の就職先、企業の採用大学、OB訪問からでも推察可能だと思う次第です。
確かこれは「凡人内定戦略」という本にも書いてあったアプローチですね。仰るとおり、就活生側がこうした手法を採ることで無駄な労力を回避することは可能でしょう。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。