スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<就トモcafe取材 前編>バリスタたちによる「就トモcafe」カスタマイズの可能性

一昨日新宿で、【既卒者カフェ×若者就職支援協会】 ~やりたいことの方法論~が開催され、僕もプログラムの一部に参加させていただいた。いつもだったら、これまで既卒者カフェの集まりを取材した記事のように会の中身について触れていくところだが、僕にとって重要だったのがこのイベントが開かれた場所。


それは、「就トモcafe」というところだ。3時間100円で利用できる就活生向けのシェアスペースで、NHKのハートネットTVにも取り上げられている。番組では、店長(?)の篠原さんが演劇関係を志望する女子学生の話を聴きアドバイスをしていたそうだ(http://togetter.com/li/341271)。「これは悩みを抱える就活生の助けになる組織だな」と僕は感じて、ゆえにいつか行ってみたいなと思っていた。


というのも、最近の「しゃちこ」さんの記事に限らず、これまで「就職課の対応がおかしい」というコメントをブログに多数頂いたことから、本来就活生をサポートすべき組織が機能不全に陥っているのではないかという問題意識を抱いていた。そして問題の所在を明らかにしそれを批判するのも大事だけれども、それ以上に就活生をケアするための具体的な活動に力を注いでいるアクターを紹介し、その存在を伝えることが必要なのではないかと思うようになった。そこで、イベント主催の山口さんの許可を頂いた上で、今回は既卒者カフェのイベントよりも就トモcafeの実態把握に努めたというわけだ。既卒者カフェのイベントも盛り上がったみたいでどんな内容だったのかは気になるけれど、多分山口さんがその内容を彼のブログに書いてくれると思うので(http://ameblo.jp/laugh11/)、気になる人はそちらを見て欲しい。


今回の取材記事は前編・後編の2本立てで書く。前編では就トモcafeの「バリスタ」の存在に触れながら就トモcafe発展の可能性について書き、後編では就トモcafeを通じて来訪者が受けられるケアについて書いていく。「就トモcafe」の雰囲気、店長・篠原さんの考えに関しては、「社会人も利用可の新しい就活生向けシェアスペース「就トモCafe」に行ってきた」という記事や、「就トモcafe」のfacebookページが写真付きで詳しく伝えているので、そちらに譲りたい。


では、やっと本題に入ります。「就トモcafe」のバリスタとは「インターン」のことだ。「社会人も利用可の新しい就活生向けシェアスペース"就トモCafe"に行ってきた」という記事には、「就トモカフェは一人で運営」、「実質一人(篠原さんのこと)ですべて切り回している」と書かれているが、現在は主に大学4年生の人たちがバリスタとしてカフェの運営に携わっている。


カフェに入って左手の奥に、バリスタたちのプロフィールが顔写真付きで掲載された紙が壁に貼られている。プロフィールには出身大学・学年などの基礎情報から、「2013年4月から○○業界で働きます」、「インターン経験は30社以上あります」、「就活やり直し経験があります」など詳細な情報が載っていて、やろうと思えば自分のニーズに合うバリスタを見つけてその人に相談に乗ってもらうということも可能だ。ちなみに写真を見る限り、ここのバリスタは「イケメンの男性」が非常に多いので、特に女の子にとっては都合が良いかもしれない(笑)逆に女性の数は少ないので、男・・・はどうでも良いとして、女性ならではの相談をしたい女の子にとっては少し都合が悪いかもしれない(訂正:あるスタッフの方から、「バリスタの中にも女性がいますし、運営スタッフは女性が多いです。(専属キャリアカウンセラーはすべて女性です)女性が来れるスペースを目指しています」とのご指摘を頂きましたので、ここで補足させていただきます。確かにfacebookの写真を見ると女性も多く写っていたので少し自分でも違和感があったのですが、これでスッキリしました!この度は誤解を招く表現を記してしまい大変失礼しました&記事を読んでくださり有難うございました!) 。


バリスタの一人に中郷さんという方がいて、僕はその方に就トモcafeの様子を色々聞かせてもらったのだが(有難うございます!)、彼によるとインターンが増えたのは割と最近だということだった。そしてインターンの数が増えたことで「こんなイベントをやっていこう」という企画の提案が活発化しているらしい。例えば「就トモCafe」は21:00で閉まるのだが、今月の28日に閉店後にバーを開いて普段語れない話を語ろうという企画があることを中郷さんは話してくださった。このカフェには就活生だけでなく、社会人もふらっと訪れることもあるらしいので(運悪く、僕の滞在中には来なかった)、恐らく就活生―社会人の間での交流も出来るのかもしれない。


この企画そのものも素晴らしいけれど、僕は純粋に「就トモCafe」という場をカスタマイズできる可能性が開かれていることに魅力を感じた。僕が一人でメモ帳とにらめっこしている時も、中郷さん含めバリスタの方々が室内の装飾について話していたし、また、就トモCafeのfacebookを見ると就トモCafeが土曜日営業できるようになった背景にはバリスタたちの力が大きかったと書かれている。会話の中で中郷さんは何回か「(このカフェは)まだ出来たばかりなんで」と言っていて、実際このカフェは5月7日に出来たので、まだ誕生から4ヶ月ちょっとしか経っていない。だから、もしかすると「このカフェには、至らないところがいくつもある」と感じる来訪者もいるのかもしれないけれど(まぁ、3時間100円で滞在できるんだから、もしそういう人がいたら「贅沢言うな」と僕は思う)、逆に言えばこれは今後カフェのキャパシティを大きく伸ばしていける余地があることの証でもある。


つまり、店長の篠原さんの許可があることは前提だろうけど、「就活生は~なニーズを抱えているのだから、~な取り組みをするべきだ」というアイディアを具現化する可能性が開かれているのだ。だから、「もっと、こんなケアをしてくれる場所があれば良いのに」という思いを抱える就活生がもし居るとすれば、自分こそがそのニーズに応える場を「就トモCafe」を活用しながら生み出し、且つ自分も自らのニーズを満たす・・・という流れを生み出すことも意識次第で可能といえる。


その具体例として、中郷さんの存在も挙げられると思う。というのも、中郷さんは今年3月に大学を卒業した「既卒者」のスタッフ。一般的に「既卒者」というと「時代が悪いから、就活に苦労することになった気の毒な人たち」というレッテルが無批判に貼られ、ゆえに「保護すべき客体」とみなされがちだが、中郷さんは「自分のような人がいることで、色々な価値観があることを理解してもらえれば」との思いをもち就トモcafeのスタッフとして働き、むしろ就活生をケアする主体となっている。そして中郷さんの取り組みによって学生・社会人問わず「大学卒業後すぐ会社に入らないで、こういうスタッフをやってみることもアリだな」という価値観が根付けば、それは結果として中郷さんの利益にもなるわけだ。


特に就活に関わる取り組みは、まさに就活で辛酸を舐めた既卒者の力が活かされやすいと思うので、就トモCafeが問題意識を持つ既卒者の力を活用して、可能ならば学生だけでなく既卒者のフォローという役割を担う場として機能すれば良いなと思った。もっとも、勿論一つの組織がありとあらゆる就活生のフォローを出来る訳がないので、就トモCafeによる支援の対象が学生に偏ったとしてもそれは問題ないと思う。その場合は、既卒者カフェなどの別の組織がその穴を埋めれば良いだけの話なので。


この記事では、「就トモCafeは出来てから日が浅いので、まだまだ発展途上であるということ(そして、それはスタッフ自身が自覚していること)」、「発展途上の段階だからこそ、"こんなイベントが行われると良い"という、就活生のニーズに応えるアイディアを若者の手で具現化できる可能性があること」を記した。後編では、現在就トモcafeを訪れることで受けられる恩恵について「就活生間の交流」「就活生―社会人間の交流」という観点から記していきたい。

バリスタたちによる「就トモcafe」カスタマイズの可能性に期待できるという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメント有難うございます!ご指摘の件、記事本文に太字で反映しましたので、誤解は解けるのではないかと思います。この度はご迷惑をおかけして、大変申し訳ありませんでした。


この記事は前編なのですが、後編も書くので、そこにも事実誤認などありましたら容赦なく訂正していただければと思います!

No title

記事の趣旨等に関しては何もありません

只、スタッフの男女比やその人数は既に訂正されていますが、俺個人の感覚としては「イケメン」等容姿に関する描写も、冗談(?)というのは重々承知しているものの、違和感を覚えました

勿論、俺個人の感覚ですし、取材元も構わないというようであれば良いのかもしれません

尚、このコメントの公開に対する承認の有無はお任せ致します

Re: No title

> カクさんさん

お久しぶりです、コメント有難うございます。

>俺個人の感覚としては「イケメン」等容姿に関する描写も、冗談(?)というのは重々承知しているものの、違和感を覚えました

少し考えたところ、申し訳ありませんが、僕の感覚ではこの違和感を理解することは出来ませんでした。でも、だからといって別にこのコメントを承認しない理由は何も無いので、普通に承認させていただきます。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。