スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わがままが止まらない採用担当者

この前の記事で、企業が就活生の学歴を重視する合理的な理由の一つとして「効率性」という要素が挙げられることを書いた。


「効率性」とは、具体的にどういうことを意味するのか。この点、この前も引用した「鬼人事クマさんの叫び(http://d.hatena.ne.jp/onikuma/20110818より引用)」というブログに、分かりやすく書いてある。

採用活動の資源は有限です。採用担当が読める履歴書の数しかり、説明会に入れる人数しかり、面接に呼べる人数しかり、webテストですら1件4,000円程掛かってしまうので、その実施数も資金の面から有限と言わざるを得ません。有限である資源を1万人も居る志願者全員に平等に分配する余裕なんてないんです。

ここでいう「面接に呼べる人数しかり」というのは、「時間」という資源の有限性のことを指していると思う。面接を経験した就活生の中には、人間性を見抜くのに10分~15分という面接時間はあまりにも短いだろうと感じた人もいると思う。あんな短い面接で何が分かるんだと。しかし、面接官は現場の社員が行うことが多い、つまり彼らも「面接官」という仕事以外に時間を割かなければいけない本業(営業など)が山ほどあるのだ。そのような事情があることを見落として企業の側を責めるのは、僕は酷だと思う。


ただ、この記事で就活生を責めたいわけではない。僕が言いたいのは、採用担当者は「真剣に採用活動をやっている」というけれど、それはあくまで「効率性」という制限を受けた上での真剣に過ぎないということだ。だから、内定者の中に「なんでこんな奴が入社してきたんだ!?」という人がいても、本来しょうがない話なのだ。


内定者の質に満足していない採用担当者が多いらしいが(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-25.html 参照)、そんなことを言うんだったら、もっと採用活動にお金をかけたり、面接の時間を長くして就活生の人間性を掘り下げる選考を行うべきなんじゃないか。「採用活動は全力で出来ません、でも優秀な学生はたくさん欲しいです・・・」なんて、そんなわがまま通るわけないじゃないか。それが出来ないなら、内定を出した人を信じて彼ら・彼女らを鍛えることに専念するしかない。まぁ、内定者の研修にもお金がかかると思うので、そこは難しいところではあると思うが。


学生にも僕自身にも言えることかもしれないけれど、自分の値打ちを高くつける企業が多すぎるんだろう。「入社してきた新入社員こそが、能力的にも人間性的にも自分達の会社に合った人たちなんだ」という謙虚な発想が無いんだ。だから、気に入らない内定者・新入社員がいたら、「近頃の若者は終わってる・・・」という風に全て若者側のせいにするわけだ。そういう姿勢が、社会人全体の評価を落とすとも知らないで。


就活生が自己分析を熱心にやって「自分探し」に明け暮れるように、採用担当者も「理想の新入社員探し」が止まらない。「完璧な採用なんて出来ないんだ」という現実を、採用担当者自身が自覚する必要があると僕は思う。

内定者の質に満足していない採用担当者は、「入社してきた新入社員こそが、能力的にも人間性的にも自分達の会社に合った人たちなんだ」という謙虚な気持ちを持つべきだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

観方を変えれば

 お久しぶりです。
 別に「面接官の我儘」をどうこう言うわけではありませんが、もし入社を希望する会社が地元の営業所や支社で「本社面接」がある場合、当然本社のある所まで面接の為出かけなければならない場合交通費がかかりますが、それが自己負担か会社負担になるか、求人票等に明記されていればいいのですが、そうでない場合何処で聞けばいいのか迷う事になるでしょう。それが原因で-つまり「入社希望が本気かどうか」を疑われてそれで合否が左右されるなら「それはそれ」なのでしょうが、一般人が就活中で万単位の交通費を受かるか受からないか判らない、一種のギャンブルのような本社面接に投資するのは経済的な負担の面で無視できないと感じます。
 「もし本気で入社したいのならそんな事には拘らないはずだ」という声も聞こえてきそうですが、実際問題として自分にとっては無視できない問題になるでしょう。タイミングが一番の問題かと思いますが「自己負担か会社負担か」はやはり本社面接が決まってからの方がいいのでしょうか?

Re: 観方を変えれば

>KYさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>一般人が就活中で万単位の交通費を受かるか受からないか判らない、一種のギャンブルのような本社面接に投資するのは経済的な負担の面で無視できないと感じます(中略)タイミングが一番の問題かと思いますが「自己負担か会社負担か」はやはり本社面接が決まってからの方がいいのでしょうか?

すいません、全体的に何を仰りたいのかよく分かりませんでした・・・。

まぁ、交通費が「自己負担か会社負担か」は会社負担の方が就活生にとっては良いでしょうが、その場合は面接に進める人の数が減るかもしれません。また、「自己負担か会社負担か」の開示は面接前になされるならそれに越したことは無いと思います。 
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。