スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」という主張を嫌う理由

8日に渋谷の鉢山公園で「既卒者問題フューチャーセッション」が開かれた。会には27人が参加し、グループに分かれて「私たちの未来にとって、新卒一括採用はHAPPYなのでしょうか?」というテーマを設定して議論を行ったらしい。僕も誘っていただいたのだが、残念ながら都合が合わずに参加することが出来なかった。せめて、ブログに書いた「"既卒者問題フューチャーセッション"に寄せて」シリーズの記事が少しでも役に立っていれば嬉しい。


自分が参加できなかったということがあって、僕に出来たのはtwitterで「既卒者問題」と検索し、イベントの感想を書いたブログ記事やツイートを探すことのみ。今のところ、以前就トモcafeで一度お会いした、株式会社カイラボ代表取締役の井上洋市朗さんが書いた「既卒者問題フューチャーセンターに参加して」という記事が見つかった。井上さんはこれまで新卒一括採用に疑問を抱いたことはなかったそうだが、議論に参加して、参加者の「社会や仕組みのせいにしていない姿勢」に好印象を抱いたとブログに記している。


また、「社会システムを変革した方が、それによって救われる人の数は多く、インパクトも大きいので、困難ではあるものの、その道を目指す人がいることも承知です。しかし、近道という意味ではやはり自分が変わること」とも井上さんは述べているが、同じような考えを持つ参加者が他にもいたことが次のツイートで分かった。
勿論僕は議論のテーブルについていないわけで、ツイートにある「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」、「ブラック企業でも、そこで何かを自分から学び、成長していくことで、新たな可能性を切り開ける」という発言が一語一句正確なものなのかは分からない。しかし、仮に発言内容が正確なものだと仮定すると、これらの考え方は僕がもっとも大嫌いなものの一つなので、同じテーブルについていたら結構言い争っていただろう(笑)確かに「俺が内定をとれないのは、今の就活がおかしいからだ」と言っている人がいるならば、そういう言葉を使って良いかもしれない。しかし僕は次の理由から、このセッションにおいて「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」という言葉を発することは不適切だと考える。


第一に、今回のセッションが「今の日本企業の採用慣行により不利益を蒙っている人が少なからずいるのではないか。そういう不利益を除去するために、日本の就活をバージョンアップすることを考えても良いのではないか」との目論みで開かれていることが、既卒者問題フューチャーセッションの案内のページに載っている「より多くの方と既卒者を取り囲む問題を共有し、解決策を考え、新たなアクションを起こしていく」、「既卒者問題の解決につながるアイデアや参加者間のつながりが生まれる」などの記述を見れば明らかだからだ(http://kokucheese.com/event/index/52174/)。つまり本セッションは、既存の就活をより良くするためのポジ出し(荻上チキさんが言いだした言葉で「建設的な意見を出すこと」を意味する)をする場なので、「自分が今の環境に順応するべきだ」という発言はセッションの趣旨に根本的にそぐわないというわけだ。これに対して「そういう考えも分かりますが、それでももっと多くの人が幸せになる就活のあり方を考える、ポジティブな提案をしませんか?」と議論を誘導するコーディネーターが各テーブルに一人はいることが必要だったかもしれず、これはセッションの運営側の今後の課題といえるかもしれない。


第二に、企業や社会の慣習に疑いを向ける姿勢を「制度や周りのせいにする」という言葉で表現することを純粋に嫌らしいと思うからだ。就活デモへの批判もそうだけど、社会の問題を批判する際に「制度や周りのせいにする」と評し、あたかも問題の存在を訴える主張者が甘えているかのように誘導する言葉の使い方は非常に悪質だ。勿論、就活をする中であまり不満を感じなかった人もいるだろうし、そういう人が就活の問題点の存在に鈍感になるのは分かる。しかし一方で「自分の体験が全てじゃない」という当たり前のことが分かっていれば、「自分は就活に不満を抱かなかったけど、就活デモも起きているし、もしかすると凄く不満を持っている人もいるのだろう。どういうことだろう?何か問題があるのだろうか?」という想像力を持つことは容易のはずだ。問題点を訴える人に対して「制度や周りのせいにする」というレッテルを貼る前に、ぜひ自分の想像力不足と真摯に向き合って欲しい(これは、現在の就活に不満を抱える人にもいえることで「本当に就活が根本的におかしかったら、就活デモへの参加者はもっと多かったはずだ。もしかすると現在の就活で満足している人も結構いるのかもしれない」という想像力を働かせることも同じく重要である)。


第三に、「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」という主張は、純粋に社会のコスト増につながるからだ。日本にどれくらいいるかは正確には分からないが、就活の理不尽さ・ブラック企業への恐れから就活を止めて「このままではいけないと思うけれど、働く意欲が沸かない」と感じている人はそこそこいると思う。そういう人を「甘えだ」「ブラック企業でも、そこで何かを自分から学び、成長していくことで、新たな可能性を切り開ける」などの精神論をもって批判してくる人も同じくそこそこいるのだろうが、そんな精神論を語って自己満に浸る人なんか正直どうでも良くて、働き始めることに不安を抱える人のハードルを下げることの方がずっと大事なことだ。


NPO法人「育て上げ」ネットの工藤啓さんはイギリス人かドイツ人の若者支援機関の職員から「若者を放置すればタックスイーター。支援すればタックスペイヤー。だから、社会全体で若者を支援していく」と聞いたらしい。つまり「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」という主張は、結果として社会の支え手の数を減らし、現役世代の負担を重くし、社会全体をパンクさせることにつながり得る有害なものと言えるのだ。工藤さん自身、無業のまま立ち止まっている若者とたくさん会っているらしいが「働きたくない」と言われたことは一度も無く、「自信が無い」「やっていけるのか不安だ」「自分のことを必要としてくれる会社はどこにもない」という不安を抱えているがゆえに、なかなか一歩を踏み出せないという人が多いと著書「NPOで働く」で記している。若者がこうした不安を持つ背景には、例えばブラック企業の存在が挙げられると思うので、そうした企業の存在を非難し、排除し、人が就職するに当たってのハードルを下げることが若者個人だけでなく社会全体にとっても有益なのである。そうすることで、社会の担い手が増えるわけだから。


それにしても、このセッションに参加した人は一般の人よりも就活問題に関心がある人といえると思うけれど、そうした人でも「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」と考える場合があるということで正直驚いた。多分就活問題は、まだまだ社会問題というよりも個人の問題として位置づけられる傾向が強いのかもしれない。就活に問題があるということは、別に就活生のみが言っているわけじゃなくて、学者や元リクルートの人も結構言っていることで、その問題点を考察した先行研究もそこそこあるのだけれど・・・。まだ一般には伝わっていないということだろうか。問題提起の方法ももっと練り上げないといけない、つまりデータ・統計・専門家による先行研究などの「鳥瞰図」と就活生(主に既卒者?)の生の声という「虫瞰図」をミックスさせることで、問題提起の説得力を高めていくことが必要となる。


僕が「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」という主張を嫌う理由に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なにもいう事はありません。記事の内容全てに賛同します。
そして、僕もその場にいたらあらゆる知識を総動員して、言い争っていたと思います(笑)
もし一歩、相手の意見をくみ取ってあげて「現状でできる事をしましょう」という趣旨で発言されたんだとしましょう。
けどそれって「世界平和は大事だよね」みたいな言葉と一緒で、「いやそんなんわかってるんですけど」としか言いようがありません。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「みんなもやっているんだから」「昔からそうだったんだから」「こういうもんなんだから」

この記事を読んでいて、上のような言葉がいくつか浮かんできました。

立ち止まって考え直さなければならないような事柄について問題提起をするとよく返ってくる言葉ですよね。こちらのブログの以下の過去記事を読んだ時と同じようなことを考えさせられます。「適応すればいい」と言ってしまえば非常にシンプルな問題に見えてしまいますが、一括りにしてしまうことのできる問題ではありませんから、的外れですよね。

【そもそも「社畜」とは何だっけ?・・・「社畜のススメ」の著者、藤本篤志さんの定義と海外ニートさんの定義】http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-253.html 

No title

新卒一括採用についてですが、
和田秀樹さんの「東大秋入学の落とし穴」という新書で、次のような懸念が述べられています。

「秋入学、春入学の学生が混在し、その結果、企業の新卒採用も従来の春一括採用は崩れ、秋・春2回か通年採用になっていく。そしてキャリア組の採用は東大生が卒業する秋に集中する。春採用者はノンキャリア扱いとなり、さらに非正規雇用化や低年俸制社員が増えるという過酷な状況も想定される。」

東大の秋入学は2017年をめざしているようですが、新卒一括はいい、その制度は変わらない、と思っていると、意外なところから崩れていくかもしれません。
しかも、それがいい方向に行かず、上のような悪い方向になるかもしれないのです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

個人が悪いか社会が悪いかってのは、就活に限らずよくある議論ですが、
これは視点が違うだけで、たいていの場合どっちも正しいのです。

個人の視点に立てば、個人の努力次第でかなりどうにかなるとというのも正しいですし
社会全体を見る視点に立てば、社会の変革が必要だというのも正しいです。

しかし今回のセッションの場合は社会をどう変えていくべきかが論点であって個人の問題を話す場ではないので
単にその人は場をわきまえていなかっただけでしょう。
それだけの話なので、別に真剣に言い争う必要もないと思います。

Re: No title

> takeshi さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>相手の意見をくみ取ってあげて「現状でできる事をしましょう」という趣旨で発言されたんだとしましょう。
けどそれって「世界平和は大事だよね」みたいな言葉と一緒で、「いやそんなんわかってるんですけど」としか言いようがありません。

そもそも、多分セッションの参加者も「現状の就活のあり方が変わらない限り、俺は就活しない!」と言っている訳ではなく、別に誰かに改めて言われなくても既にできることはやっているのだと想像しています。そういう意味でも「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」という主張は意味が無いと思っています。

Re: No title

>非公開コメントをくださった方へ

はじめまして、コメント有難うございます。

>明日の連合のイベントにはいらっしゃいますか。

既にイベントは終わってしまいましたね・・・。本当に返信が遅くなりすみません。とりあえず、「行く予定は特にありませんでした」とだけ書いておきます。

Re: No title

>非公開コメントをくださった方へ

はじめまして、コメント有難うございます。また、いつもブログを読んでくださっているとの事、大変嬉しく思います。

>セッションの運営側は、議論の内容について「就活のあり方」を包含しつつも、限定はしていないのではないでしょうか。(事実、案内ページの本文中には「就活」「就職活動」という言葉は一言もありません。)

この記事の初めにも書いておりますように、このセッションにおけるディスカッションのテーマは「私たちの未来にとって、新卒一括採用はHAPPYなのでしょうか?」なので、 事実上「就活のあり方」にテーマは限定されていたのではないでしょうか。また、すみさんのツイートを見れば、僕が批判した参加者が「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」という発言の前に「今の企業の採用方法について、それは当り前だ」と述べているので、そこで思考停止しちゃセッションの意味ないでしょとは思いましたね。


>第2の論点(中略)当該の発言者について「現在の就職活動の在り方に疑義を抱きつつ、それでも求職者の問題解決のためにあえて現実論を唱えた」と仮定した場合はいかがでしょう

その仮定上も、発言者の言葉はダメだと僕は感じます。「社会のエラーを指摘すること」と「制度や周りのせいにすること」は全然違う行動ですし、そこをごっちゃにする行為がもうダメだと思うので。ただ「"悲しい現実に憤りを覚える"ことと"悲しい現実に向き合いつつ、強かに生きる"ことは矛盾するものではありません」というのはその通りだと思います。

一度返信を切りますね!次に続きます。

Re: No title

> 非公開コメントをくださった方へ

上のコメント返信の続きです。

>「制度や周りのせいにしないで、自分が今の環境に順応するべきだ」という主張は、純粋に社会のコスト増につながるからだ

僕は専門家ではなく、且つ馬鹿なので、大雑把な試算すら出来ないのですが・・・(笑)一応、「若者を放置すればタックスイーター。支援すればタックスペイヤー」というのは恐らくその通りでしょう。放置すれば、生活保護など税金で人の生活を支えることになり(勿論、それが悪いというわけではない)、支援して納税者になれば税金を納める立場になるのだから、若者を放置することがコスト増につながることは別に試算をしなくても自明だと思いますけども。


>ブラック企業について述べておられますが、ブラック企業は少なくとも「制度」ではないでしょう。(就職活動が「制度」なのかいうと疑問ですが、長くなるので割愛します。)また、「環境に順応すべき」という言葉が、即ち「ブラック企業に入社せよ」という意図とは限らないでしょう。

ブラック企業は少なくとも「制度」ではないですけど、ここで問題視している記述は「制度や周りのせいにしないで」という発言であり、少なくとも「周り」には含まれるのではないでしょうか。また、ブラック企業の話に関しては、記事本文に書いた「すみ」さんのツイートにある「ブラック企業でも、そこで何かを自分から学び、成長していくことで、新たな可能性を切り開ける」という発言を批判するために書いたものであり、セッションの発言者は「ブラック企業を問題視するよりも、とりあえず入社してみなって」というスタンスなのは恐らく間違いないでしょう。そのスタンスを批判したと言う話です。


>即ち「今の環境に順応させる」ためのサポートを行うという解が存在しても良いのでは?

そういう考え方もあると思いますが、「すみ」さんのツイートを見る限り、僕が批判している発言者にそんな意図があるとは全く思えないのですが・・・(笑)

>貴殿において「変わるべきは若者ではなく、社会の方である」という強固な主張があるのかもしれませんが

「変わるべきは若者ではなく、社会の方である」というスタンスにかなり傾いてはいますが、一応このブログでは「就活生による訴えへの疑問」というカテゴリも設けてますし、就活生の側が変わるべきこともあるとは思っていますよ。一応補足です。

Re: No title

> 文転就活生 さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます&過去記事のご紹介有難うございます。

>「適応すればいい」と言ってしまえば非常にシンプルな問題に見えてしまいますが、一括りにしてしまうことのできる問題ではありませんから、的外れですよね

本当そうだと思います。特にブラック企業への入社なんか「ほとんどの人は適応できないだろ!」って感じですよね(笑)

Re: No title

> ともさん

お久しぶりです、コメント有難うございます。

>しかし今回のセッションの場合は社会をどう変えていくべきかが論点であって個人の問題を話す場ではないので単にその人は場をわきまえていなかっただけでしょう。

これは記事本文の「第一に~」からはじめる段落の内容に通じるコメントと言えますね。各参加者が議論の趣旨を把握していたのかは謎ですが、もしかするとセッションの運営側が説明不足だったのかもしれません。またセッションは開かれるみたいなので、こうした課題を認識し、それが解決されたセッションになれば良いなと思っています。

No title

セッションは制度について議論すること前提だから個人の問題にするのは的外れなのかもしれんけど、結局は
既卒者問題=「既卒になるような人=新卒で無内定で卒業せざるを得ない人=内定が貰えないような人」の問題とみなされがちなんだよなー。
勿論人それぞれ新卒カードを捨てる事情はあるのだろうけどね

ただ既卒者であるが故の風評被害の問題よりも、新卒就活したけど内定が出ないような個人の問題のほうがより深刻だとは個人的に思うのだが。

海老原だったかな。
(若者かわいそう論が嘘とは言ったけど)対人折衝能力がない若者が一番かわいそうって言ってたの

コミュ力、人間力は漠然としすぎた言葉ではあるんだろうけど
内定が出る人出ない人でそれまでの人生経験や対人関係の構築度に差がありがちなのは仕方のないわけで。
(勿論SNSでデキる学生ごっこすればいいわけではないが)

Re: No title

> のさん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>結局は既卒者問題=「既卒になるような人=新卒で無内定で卒業せざるを得ない人=内定が貰えないような人」の問題とみなされがちなんだよなー。

多くの人はそう見なすでしょうし、そしてその認識が間違っているとまでは言えないので難しいところです。全面的に既卒者個人の問題とみなすことは間違っていると思うんですけども・・・。

>ただ既卒者であるが故の風評被害の問題よりも、新卒就活したけど内定が出ないような個人の問題のほうがより深刻だとは個人的に思うのだが。

海老原だったかな。
(若者かわいそう論が嘘とは言ったけど)対人折衝能力がない若者が一番かわいそうって言ってたの

そうです、海老原さんで合っていますし、この海老原さんの認識は間違っていないと僕は感じています。ただ、海老原さんが提示している解決策は「派遣」なのですが、それに対してアマゾンで「"対人関係が苦手な人を救うのが派遣である"と主張するが、これにはまったく反対である。著者は"対人関係が苦手な人"の実態を調査したのであろうか。"対人関係が苦手な人"の中には障害も含めて、どんな状態の人がいるのか知っているのか。あまりに無責任な発言である。私は"対人関係が苦手な人"の就職支援を始めるつもりであるが、"対人関係が苦手な人"は新しい職場を転々とすること自体が苦手なのである。"対人関係が苦手な人"には、安定した長期雇用の中で"対人関係を気にしなくて済む職場環境をつくる"ことが必要なだけである」という批判が書かれています(http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4594062164/ref=cm_cr_pr_hist_2?ie=UTF8&filterBy=addTwoStar&showViewpoints=0)。

No title

返信が遅れました。。

>ブログ主さん

もっと言えば新卒一括採用=プロパー社員至上主義=転職しにくい、といった側面で新卒一括採用批判する人もいるしね。
記事のセッションだと社会人も参加してたということだけど、彼らにとってはそっちの方が関心あるんじゃあ?

就業経験ない就活生だけが騒いでると所詮は子供の甘えと切り捨てられても仕方ないかもしれんが、
終身雇用を冷めた目で見てる若手社会人を巻き込めばより賛同得られるんじゃないかなっと。

対人関係が苦手な人云々については

>著者は"対人関係が苦手な人"の実態を調査したのであろうか。"対人関係が苦手な人"の中には障害も含めて、どんな状態の人がいるのか知っているのか。あまりに無責任な発言である。

の通りだと思うな。
派遣=職場を転々とする、というのは人間関係にしがらみを作りたくないという意味なんだろうか・・・?
対人関係が苦手な人とは言うけど、ただ体育会系的なガツガツとした人間関係が嫌なだけって人が結構いる気がするのだが。

Re: No title

>の さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>終身雇用を冷めた目で見てる若手社会人を巻き込めばより賛同得られるんじゃないかなっと。

そうですね、主張をする際には「どのような層を巻き込んで、訴えを広めていくか」という戦略の問題も考えなければいけないと思います。もう就活デモなど、就活の問題点を訴える活動は複数回行われてきている訳ですから、そろそろ「行動しているだけ素晴らしい」と評価する段階から、「こういう層も巻き込んだほうが効果が上がるんじゃないか」という評価もしていく段階へと移るべきだと思います。

>派遣=職場を転々とする、というのは人間関係にしがらみを作りたくないという意味なんだろうか・・・?

海老原さんは本で、「対人折衝能力がない人への効果的な対策は派遣」という主張を述べる際にある女性のケースを根拠に挙げていた気がするのですが、今その本が見つからない・・・(笑)「"若者はかわいそう"論のウソ」という本の最後のほうに書いてあった気がします。ちょっと探してみます。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。