スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブラック企業ではないけれど知名度の関係から応募者が来なくて、人手に困っている企業」を多く知っている論者の方は、もっとその知識を活用したらどうか

赤木智弘さんの著書「若者を見殺しにする国」には、赤木さんが森達也さんの主張を批判する記述がある。森さんは赤木さんの論考「"丸山眞男"をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争」に対して「探す気になれば安定した職業はいくらでもある」という反論をしたらしい。僕としては森さんがこんな馬鹿なことを言う人だとは思えないので「赤木さんが森さんの主張を勘違いしているのでは?」と少々疑っているが、一応赤木さんの記述によれば森さんがそういう主張をしたということになっている。


これに対して赤木さんは「安定した職業がいくらでもあるというなら、その職業を私に紹介していただきたい。私じゃなくても、森の周辺にはワーキングプアに悩む人を多く知っているような論者もたくさんいるでしょうから、そういう人たちに仕事を斡旋してあげてください。それで100人くらい正社員として就職させることが出来れば、私は素直に森に頭を下げましょう」と森さんの主張を批判している。これに対して森さんがどう反応したかは分からない。


森さんの主張とは少し違うかもしれないが、大学新卒の就職活動においても「ブラック企業ではないけれど知名度の関係から応募者が来なくて、人手に困っている企業はある」という主張が多々見られる。そして「就活生が就活に苦戦するのはそういう企業に気づけていないからだ」というように、苦戦の原因が就活生に押し付けられることもしばしば。


赤木さんではないけれど、そういう企業が少なからずあることを知っていて、且つその企業とコネクションがあるという人がいるのなら、その職業を就活生に紹介する事業を始めたらどうだろう。ハローワークで条件が悪い求人と睨めっこしている就活生はいくらでもいるだろうし、あるいは最近も「既卒者リレーブログ」というページにおいて、埼玉県若年者雇用促進事業に参加した方が社会人スキル研修後の就職斡旋にて、ハローワークと同等かそれ以下の求人しか無かったと報告している(http://kisotu.xii.jp/modules/blog/?p=322)。そういう人たちを「まとも」な企業と結びつける取り組みをやれば、ありとあらゆる人たちにメリットがもたらされる。


当然就活生からすればきちんとした会社に正社員として就職できることになるので、それが大きなメリットになる。また、人手不足で困っている企業からすれば必要な人材を確保できるので、そういう意味で助けになる。さらに、就活生がまともな企業に就職していけるということは、裏を返せばブラック企業に入社する人数が減ると言うことを意味し、ひいてはそれがブラック企業の淘汰につながるはずだ。


自らこのブログの存在意義に疑問を投げかけることになるが、「就活の~なところが問題だ!」と告発することなんかより、まともな求人をどんどん可視化してそれを就活生に知らしめる取り組みの方が何十倍も就活生のためになる。就活の問題点がいくら指摘されたことで、就活生の生活状況が向上するわけではないのだから。せいぜい気休めになるくらいでしかない。そういう意味でも、「ブラック企業ではないけれど知名度の関係から応募者が来なくて、人手に困っている企業」の存在を多く知っている人はそれだけで相当の価値があり、その知識を生かしてマッチングを進めれば良いのにと思っている。


僕としては、過去記事の「"知名度は低くても良質で、且つ正社員が不足している中小企業"ってそんなにたくさんあるのか?」というタイトルにあるようなスタンスである(勿論、「全く無い」という考えではない)。このブログのライターページにも「(ハローワークにて)印刷して頂いた求人票の中には年間80日以下の企業がゴロゴロ混ざっていました」、「紹介してもらえるのは休みが少なかったり、評判の悪い会社ばかり」、「既卒トライアルの面接に行った企業から"雇用保険適用できないけどいい?"と言われた」という不満が寄せられることがあったので(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-category-34.html)。ゆえに「~なところにこんなに良い求人があるのに!」と主張する論者は、その求人と就活生を結びつけるマッチング事業で活躍されたら良いのに・・・と感じるけれど、そういう動きはあまり見られないので一体どうなっているんだと思っている。


「ブラック企業ではないけれど知名度の関係から応募者が来なくて、人手に困っている企業」を多く知っている論者の方は、もっとその知識を活用すべきだという考えに共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>赤木さんではないけれど、そういう企業が少なからずあることを知っていて、

>且つその企業とコネクションがあるという人がいるのなら、その職業を就活生に紹介する事業を始めたらどうだろう。ハ

>ローワークで条件が悪い求人と睨めっこしている就活生はいくらでもいるだろうし、あるいは最近も「既卒者リレーブログ」というページにおいて、埼玉県若年者雇用促進事業に参加した方が社会人スキル研修後の就職斡旋にて、ハローワークと同等かそれ以下の求人しか無かったと報告がなされた(http://kisotu.xii.jp/modules/blog/?p=322)。

>そういう人たちを「まとも」な企業と結びつける取り組みをやれば、ありとあらゆる人たちにとってメリットがもたらされる。

その通りです。なのにハローワークや民間の就職支援会社でこれを指摘しても
「そんなの入社してみないと分からない」とはぐらかされるんですよねぇ

東京しごとセンターにおいて同様の事を言った際
「紹介している会社の労働環境や離職率に関しては口頭で確認しているから大丈夫」という驚くべき返答がありました。

口頭って・・・

やはりハロワも民間も目先の数字目標、利益ばかり優先していて求職者の事はおざなりなんですかね・・・

Re: No title

> すみさん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>その通りです。なのにハローワークや民間の就職支援会社でこれを指摘しても「そんなの入社してみないと分からない」とはぐらかされるんですよねぇ

恐らく「すみ」さんは、「この条件だったら、入社しなくても労働環境がヤバイってことは分かるわ!」と思って異議を唱えているのでしょうが、それに対して「そんなの入社してみないと分からない」と言われても何の気休めにもならないですよね。

>東京しごとセンターにおいて同様の事を言った際
「紹介している会社の労働環境や離職率に関しては口頭で確認しているから大丈夫」という驚くべき返答がありました。

信用できない・・・。

就活生と知名度の関係で人が集まらない優良企業とのマッチングが進まないのは、就職課の職員がそのような企業を知らないか、仮にそんな企業があったとしてもマッチングさせるまでの手間がかかるからだと思います。
探せばあるというのは確かにその通りですが、それなり労力に見合った対価がないと職員も働かないかと思います。
就活生には生活がかかっているという対価がありますが、職員はそこまで労力かけてもあんまり給与が変わらないのでマッチングさせようとの動きが活発化しないんでしょうか?

知名度の低い優良企業の探し方ですが、上場企業であれば有価証券報告書に勤続年数書いてますのでそれを参考にするとか、就職四季報の給与や勤続年数のデータ見て判断する方法もありますね。

Re: タイトルなし

>かむむかさん

お久しぶりです、コメント有難うございます。

>就活生と知名度の関係で人が集まらない優良企業とのマッチングが進まないのは、就職課の職員がそのような企業を知らないか、仮にそんな企業があったとしてもマッチングさせるまでの手間がかかるからだと思います。
探せばあるというのは確かにその通りですが、それなり労力に見合った対価がないと職員も働かないかと思います

記事本文では書きませんでしたが、一応今回の記事における「ブラック企業ではないけれど知名度の関係から応募者が来なくて、人手に困っている企業はある」という主張をしている人とは、「就職課の職員」ではなく「就活問題に関する本を出している論者」というイメージです。本とかで結構そういう主張が見られるので。

No title

確かに需要はあると思いますし、私も紹介してほしいですw

ですが、学生と中小企業のマッチングを目的としていたdream match projectの成果や若者と企業のマッチングを目的としている就職shopの求人数から考えてもそんなにそういった企業があるようには思えません
就職shopの求人も非公開のようですが、産業別の求人数や最新求人情報の一部(11/20更新のもの)を見る限り、既卒者カフェのリレーブログにあった若年者雇用事業と求人傾向は似ているような気がするんですよね……

埼玉県若年者雇用促進事業の昨年の実績?のようなものがhttp://www.meti.go.jp/committee/chuki/kigyouryoku/004_05_00.pdfのp.6に出ていますが、既卒者カフェのリレーブログを見る限りでは、この7割が3年後まで勤務している可能性はあまり高くないような気がします。
以前、lingmuさんが海老原さんの中小企業ミシュランと一緒に紹介していた常見さんも参加している大阪府優良企業ガイドを作成した事業の就職サイトもありますが(http://nextmatching.force.com/Home2013)、確かに強みがありそうな企業が載っていますが、採用実績校を見ると「ブラック企業ではないけれど知名度の関係から応募者が来なくて、人手に困っている企業」ではないようには思います。
実際には優良中小企業としか書いていないので人手不足ではないのかもしれませんが。

勿論、既卒者カフェのリレーブログで体験記を書いているカクさんのようケースもあるようなので、全くないというわけではないんでしょうけど……

Re: No title

> 11卒業務未経験無職さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>就職shopの求人も非公開のようですが、産業別の求人数や最新求人情報の一部(11/20更新のもの)を見る限り、既卒者カフェのリレーブログにあった若年者雇用事業と求人傾向は似ているような気がするんですよね……

そうなんですか!就職shopもまさに「無名の企業でも、良いところは沢山ある」という主張をしているところなのに・・・。

>以前、lingmuさんが海老原さんの中小企業ミシュランと一緒に紹介していた常見さんも参加している大阪府優良企業ガイドを作成した事業の就職サイトもありますが(http://nextmatching.force.com/Home2013)、確かに強みがありそうな企業が載っていますが、採用実績校を見ると「ブラック企業ではないけれど知名度の関係から応募者が来なくて、人手に困っている企業」ではないようには思います。

少し企業の求人情報を見たのですが、確かに京都大とか神戸大とか阪大とか有名大学出身者を採用している企業も載っていますね。でも、そういう人が入社している場合でも応募者が全然集まっていないというケースは十分考えられる気がします。

No title

普通の中小企業のことはよくわからないのですが、私のかかわってきた業界の話。
小さくていいところは、おおっぴらに求人しません。
そういうところは自力で探しあてないと見つからない感じです。
会社も、自力で見つけてくるような人がほしいのです。
ハロワのような公の場所で応募してくる人はいらないのです。だから、ハロワみたいなところには求人出しません。

ハロワのような公の場所に出してくるところは、やっぱりどこか問題があって、ほとんど最後の手段でハロワで求人みたいなところがあると思います。だから、よくても、多少はマシくらいなところしかない、たまにいいところが来ても、たまたま朝一番に来た人がかっさらっていって終わりだと思います(リストラされた中高年が早朝からハロワに並ぶとか、ありますよね)。

なんでもそうですが、大手は王道のルートがあって、そのコースで探せるけど、小さいところは王道のコースなどなく、自分で道を切り開いて探さないとないのではないかと思います。
探す力のある人だけが、見つけることができて、そういう人が来ると、社長が直に面接して即決、ということになるのではないかと。

だから、普通の人に、優良中小企業はたくさんある、といっても、普通の人が普通にやってたら、出会うチャンスはないのではないかと思うのです。

知名度が低くて応募者がいない、のは事実だとしても、それで困っているとは思えません。
誰でもいいから来てほしい、とは、優良中小は思わないでしょうから。

論者たちは、そういう企業があるとは思っても、個別にどういう企業があるかは知らないのではないでしょうか。もちろん、普通の人に探し方を伝授することも、彼らはできないと思います。
また、探す力のある人は、自分が損するから、絶対、他人には教えません。また、ある人が成功したやり方が別の人にも役立つとも限らないのです。
小さくてよいところを探すのって、ほんとうにむずかしいですよ。でも、探せる人は探せるんです。

Re: No title

> ななし さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>小さくていいところは、おおっぴらに求人しません。そういうところは自力で探しあてないと見つからない感じです(中略)知名度が低くて応募者がいない、のは事実だとしても、それで困っているとは思えません。誰でもいいから来てほしい、とは、優良中小は思わないでしょうから

僕が本で見る論者の声は「優良企業なのに、知名度がないゆえに応募者が少なくて困っている」というものなのですが、企業が困っているかいないかで差がありますね。僕は「ななし」さんが言っていることの方が納得できるのですが。

>ハロワのような公の場所に出してくるところは、やっぱりどこか問題があって、ほとんど最後の手段でハロワで求人みたいなところがあると思います。だから、よくても、多少はマシくらいなところしかない、たまにいいところが来ても、たまたま朝一番に来た人がかっさらっていって終わりだと思います

まぁ、「多少はマシくらいなところ」があれば就活生からしても十分でしょうが、やはりボロボロの求人ばかりだときついでしょうね。ゆえにハロワ経由ではない別の道を行くべきだけども、その道がどこにあるのかを探し当てるのは普通に活動していたら難しい・・・。なんか、ある意味大手企業内定より難しそうですね(笑)

No title

>そうなんですか!就職shopもまさに「無名の企業でも、良いところは沢山ある」という主張をしているところなのに・・・。

単純に業種別でみると離職率が高そうな宿泊・娯楽・飲食サービスや商社・流通・小売の求人数が多い事からそう推測しただけなので、信用されてもそれはそれで困りますw
新着求人の方で見ると不動産営業や自動販売機の補充、携帯shopのスタッフは頻繁に募集しているという印象があります。(実際リクルートが運営しているリクナビネクストやはたらいくにはこういった求人が良く出ています)

>でも、そういう人が入社している場合でも応募者が全然集まっていないというケースは十分考えられる気がします。

確かに技術関係の職種や特定の語学能力を求めている求人等は特にそうかもしれないですね。
中小企業の場合、志望動機や自己PRが思い浮かばないから積極的に受けていないという人も多そうなので、こういった情報公開はどんどんやってほしいところです。
(埼玉県内の中小企業を主たる回答者にした埼玉労働局「企業情報アンケート~不採用の着眼点~」http://saitama-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/saitama-roudoukyoku/press/backnumber/2011/pr110531-15.pdfを見ると中小企業と言っても選考基準が甘いわけではないようですし……)

Re: No title

> 11卒業務未経験無職 さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>新着求人の方で見ると不動産営業や自動販売機の補充、携帯shopのスタッフは頻繁に募集しているという印象があります。(実際リクルートが運営しているリクナビネクストやはたらいくにはこういった求人が良く出ています)

一言で「中小企業には求人がある」と済ますのではなく、特にどういう業界が人手不足なのか、それを明らかにしていきたいですね。11卒業務未経験無職さんはライターページの記事で既にある程度その点を探求してくださっていますが、僕もやらないと・・・。

>中小企業の場合、志望動機や自己PRが思い浮かばないから積極的に受けていないという人も多そうなので、こういった情報公開はどんどんやってほしいところです

志望動機が特にきつそうですね。大阪府の「ネクストマッチング」プロジェクトに載っている企業を見ると、エントリーしたら即選考に突入という印象を受けまして、会社説明会を開く企業はあんまり無さそうでしたし。まぁ、企業がその辺をあまり考慮しないのなら問題ないのでしょうが、埼玉労働局「企業情報アンケート~不採用の着眼点~」を見る限りでは企業理解度を重視するところも少なくなさそうですから難しいですね。

No title

ちょっとこういう意見もありまして。
http://ameblo.jp/reisai/entry-11417613331.html

>偉そうなことを言うようだが、大企業ではないからこそ、最高のモノ、ヒトを求めたいのである。

>さらに言れば、非情な言葉かも知れないが、企業は「人を雇うこと」を最終目的に存在しているのではない。同じ賃金を支払うならば、仕事の出来ない社員を低賃金で多数抱えるよりも、高賃金でも優れた人材に来てもらいたいというのが当然の本音だろう。

>政治屋や役人のように私企業に対して「ともかく人を雇え」と上から目線でものを言う姿勢は根本的に間違っている。雇用問題は政治問題だという認識が足りない。


おっしゃる通りかと。中小だからこそ求めるレベルも高いだろうし、このブログで繰り返していうように求人数=採用数ではないですね。
人手に困ってる企業でも、質の高い人材を求めてるのは至極普通ですね。
そこをもっと多くの人に直視してほしいと思う。

Re: No title

> takashi さん

こちらの記事にもコメント有難うございます。

>中小だからこそ求めるレベルも高いだろうし、このブログで繰り返していうように求人数=採用数ではないですね。人手に困ってる企業でも、質の高い人材を求めてるのは至極普通ですね。そこをもっと多くの人に直視してほしいと思う。

海老原さんは「中小の中には、求める人物像がそれほど高くない企業もある」と本でよく書いていますが、これは相当疑わしいと僕は思っています(笑)もし採用されても、すぐに使い捨ててくる企業のことなんじゃないかと。以前僕の記事を読んで、「そりゃあ、求人はあるよ。入るのも難しくないよ。でもこんなところ(※初めから若者を使い捨てることを前提としている会社のこと)で働きたい奴がいるのか?甘えるなとか言う奴はこういう会社行ってみろ」と感想を書いてくださった方がいらっしゃったことを改めて思い出しました。

No title

この記事にはコメントしたいと思い続けてきました

俺も「ブラック企業ではないけれども知名度がなく志望者がいない企業は案外ある」と主張していますが、それでも公に具体的な企業名を出さない理由は
①志望者が殺到し、企業側に多大な負担が出る蓋然性があり
②それに対して責任がとれない
③又、自力で探し当てた人に内定をとってほしい
ためです

以前どこかで書いたかもしれませんが、俺が2年連続で第一志望にしていた企業は2年目の際初めて大手就職サイトに載せたのですが、その結果志望者が激増し、説明会に参加するのにさえエントリーシートの提出による足切りをする状態になっていました
特に中小企業は、採用・人事のみをその業務とするのではなく、経理等他の業務と兼任するところが多いです
ななしさんの仰る通り、志望者が少なくて困っている企業はないと俺も考えており、規模を超えた志望者は負担でしかありません

No title

又、安易なネットの情報に飛びつく人に対して、俺はその能力に不安を抱きます
能力が不明な不特定多数の人が大量に押し寄せることに対しては、俺は全く責任をとれません

上記コメント③に関しては完全に俺個人の感情です

そんな感じで他の論者の方は知りませんが、まぁ大っぴらに「紹介します」と言える人はいないんじゃないかなと思います

しかし無論、例えばヤミンさん等個人的に関わりを持ち、信頼できると確信すれば、そのやり取りの中でバンバン固有名詞を出すと思います
管理人様とも個別的なやり取りがあれば出せます

それと余談ですが、俺の勤める会社は本年度も求人を出しましたが、1人しか志望者がいなかったそうです(笑)
若干の縛りはあるものの、ブラックではないと思うんだけどなぁ(苦笑)

Re: No title

> カクさん さん

こちらの記事にもコメントありがとうございます。

>俺も「ブラック企業ではないけれども知名度がなく志望者がいない企業は案外ある」と主張していますが(中略)ななしさんの仰る通り、志望者が少なくて困っている企業はないと俺も考えており、規模を超えた志望者は負担でしかありません

この意見には僕も賛成です。ただ、この記事で僕が取り上げたのはタイトルにあるように「ブラック企業ではないけれど知名度の関係から応募者が来なくて、人手に困っている企業」です。人手に困っているのでカクさんが懸念する①の要素はあまり問題にならないと思いますし、また③のようなスタンスでいる余裕がない企業のことを取り上げています。

「ななしさんの仰る通り、志望者が少なくて困っている企業はないと俺も考えており」とコメントされていますが、僕もそう思っているんです(笑)ただ、海老原さんとか常見さんによればそういう企業があるらしいので、今回の記事のような問題提起をしたわけです。

No title

会社名を具体的にご存知の方は、会社名は出せなくても、その会社に至る方法は(ぼかすにしても)示せるのではないでしょうか。…案外、その会社は自社の取引先なのでは。取引先であれば、賃金はともかく就業時間から経営体制、社風なども分りますし。そうであれば、自分が正社員として働いてみて知ったという話なので、新卒が利用できる事が少ない(アルバイト経験でのコネを生かす?)し、紹介するにしても変な奴には教えたくない(から教える人を選ぶ)、って話になるんですよね。

Re: No title

>きのこさん

こちらの記事にもコメントありがとうございます。

>会社名を具体的にご存知の方は、(中略)案外、その会社は自社の取引先なのでは。取引先であれば、賃金はともかく就業時間から経営体制、社風なども分りますし。そうであれば、自分が正社員として働いてみて知ったという話なので、新卒が利用できる事が少ない

ここでいう「会社名を具体的にご存知の方」は、人材関連のビジネスを通じていろいろな企業のことを知り、その上で「知名度はないけれど、案外良いところもあるのに」という思いを持つに至っているといえます。多分、海老原嗣生さんなんかはそういうパターンですね。

>会社名は出せなくても、その会社に至る方法は(ぼかすにしても)示せるのではないでしょうか

海老原さんは「ハロワに行こう」という超オーソドックスなことを言ってますね(http://blogos.com/article/44854/?axis=&p=4)。ハロワの求人に関しては、良い話よりも悪い話が耳に入ってきますが・・・。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。