スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ネタ>「ハンパな仕事しかできない若者たちが"ノマド"を名乗って陥る"新・ユートピア社会主義"」という記事が突っ込みどころ満載で面白かった件

SAPIOに掲載された常見陽平さんの「ハンパな仕事しかできない若者たちが"ノマド"を名乗って陥る"新・ユートピア社会主義"」という記事がネットでも読めるようになっている。はてなブックマークのコメントの内容を見てはじめて気づかされた点もあるが、全体的に今回の常見さんの記事は「お前が言うな」という感想を持たずにはいられない内容であると感じさせられた。


例えば1ページ目の「私が渋谷のカフェに入ったところ、隣で仕事をしていた若い男がパソコンの前で大声で話していたので静かにするよう注意したら口論になった。男の反論がふるっていて、"私はイギリスとスカイプ(インターネット電話)でやり取りしている"と言ったのだ。"スカイプ"で"イギリス"なら他人に迷惑を掛けてもいいのか。店長に相談すると、信じられないことに私が席を移るよう求められた」と正義感全開でノマド・店長の非常識な行動を批判しているわけだが、そんな常見さんもそのカフェの店長の勤め先と苗字をネットで晒すという中々非常識な行動をしている(http://togetter.com/li/294041)。「カフェで大声で電話すること」と結構良い勝負の行動だろう。


また、次の段落に「最近、カフェにノートパソコンを持ち込んで仕事をする人をよく見かけるようになった。それもスーツ姿の会社員ではなく、カジュアルな服装でお洒落メガネの若者が中心で、半日くらい居座ってガッツリ仕事をしていたりする」という記述があるけれど、それに対する「落ち着けよ。半日くらい居座ってる人を判断できるのは、半日以上居座ってる人だけだぞ」という超的確なツッコミを見て笑わせてもらった。恥ずかしながら僕はこのツッコミを見てはじめて気づいたのだが、カフェに長く居座るノマドを批判する常見さんも半日くらいカフェに居座り、恐らくそこで仕事をしていたということになる。この見方が正しいとしたら、常見さんは自分に甘くノマドに厳しすぎないか。


さらに、2ページ目に「00年頃には"とらばーゆ"が、"派遣で自由な暮らし"を提唱し、"サービス残業がない""9時5時で帰れる"といった派遣のメリットばかり強調して煽った。しかし、今では派遣社員もその不安定なあり方が問題となっている」とあるけれど、これに対しても「この人の経歴に"とらばーゆ編集部"ってある.仕掛けた側だったクセに」というコメントがついている。常見さんが「00年頃」にとらばーゆ編集部で働いていたかは分からないのでここはなんとも言えないところではあるが、常見さんの経歴を見ると、まさにこの時期にとらばーゆ編集部にいたような感じがするし(http://www.yo-hey.com/)、この感覚が正しければこれこそ「お前が言うな」としか言いようが無い。


この記事への突っ込みどころはもう少しあるのだが、一番感じたのは「この記事こそ"ハンパな仕事"の象徴なんじゃないか?」ということ。例えば2ページ目に「若いノマドワーカーのなかには、冒頭のスカイプ男のようにマナーを知らない者も多く、会社で何年か働いていればこうはならないだろうにと思わずにいられない。実力もないままノマドになってしまうと、仕事もろくにないという状態になる」とあるけれど、1ページ目にこのスカイプ男が仕事をしていた描写があるし、このスカイプ男が「仕事もろくにない状態」であるという根拠も書かれていない。これじゃあ、ただの私怨じゃないか。


また、記事全体として「ハンパな仕事しかできない若者たち(で、且つノマドを名乗っている人たち)」を批判していて、且つその若者たちの例としてイケダハヤトさんや安藤美冬さんが挙げられているわけだが、彼(女)らが「ハンパな仕事」をしている根拠も特に書かれていない。正直僕は、イケダハヤトさんや安藤美冬さんが具体的にどんな仕事をしているのかよく知らないが、それでも彼(女)らが生き延びているのは彼(女)らへの需要があるからじゃないかと思うし、そしてその需要があるのは彼(女)らの仕事にとりあえずは満足している人たちがいるからじゃないかと思うので、常見さんの記述は単に常見さんが個人的に嫌っている人たちをとりあえず貶めているだけのようにしか見えない。


おまけに、3ページ目の「ある著名なノマドはプロフィールで、会社員時代に所属する課で受賞した社長賞を自分個人が受賞したかのように書いている。これでは、ソーシャルネットではなく、サショウ(詐称)ネットである」という記述に関しては、安藤美冬さんは訴えようと思えば訴えられるんじゃないかと思った。「著名なノマド」で且つ「社長賞を受賞した人」といえば安藤さんを思い浮かべる人は多くいるだろうけれど(http://andomifuyu.com/#profile 「ノマド 社長賞」と検索しても安藤さんのページがヒットする)、安藤さんのプロフィールを見ても、安藤さんが常見さんが言うような「会社員時代に所属する課で受賞した社長賞を自分個人が受賞したかのように」という意図を込めているかどうかは断定できなかった。にも関わらず常見さんは「サショウ(詐称)ネット」とまで言っちゃっているし、これこそ「ハンパな仕事」なんじゃないかと僕は思う。


一つの記事でここまで突っ込みどころがあるのも中々珍しい。今回取り上げた常見さんの記事を真面目に読んで得るものがどれだけあるのかというとかなり疑問だが、突っ込みどころを見つけてそれを笑う分にはなかなか面白い記事だった。ただ常見さんにはこういう面白い記事を書くという「寄り道」をせずに、著書「僕たちはガンダムのジムである」で追いかけていると公言した「村上春樹のような作家になって芥川賞を取る」という夢に向かって頑張って欲しいと個人的には思う。 

「ハンパな仕事しかできない若者たちが"ノマド"を名乗って陥る"新・ユートピア社会主義"」という記事は突っ込みどころが多くて面白いという考えに共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノマドを代表するように新しい働き方を認めない奴等は少なからず存在する。

楽そうに働いて見えるから、ちゃんと仕事をしていてもハンパな仕事をしている風に見られるんだろうな。

まさに「自分より楽をする奴は許せない」奴隷社畜根性丸出しだなwww

Re: タイトルなし

> 雨宮さん

こんばんは、いつもコメント有難うございます。

>ノマドを代表するように新しい働き方を認めない奴等は少なからず存在する。楽そうに働いて見えるから、ちゃんと仕事をしていてもハンパな仕事をしている風に見られるんだろうな。

一応この点は常見さんを擁護しますが、常見さんは別に「ノマド」という働き方を否定しているのではなく(確か、常見さんも今フリーで働いていますし)、「ノマド礼賛者の言動をすべて鵜呑みにし、若者たちが無邪気にノマド化しているのだとしたら看過できない(http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20121126-01/2.htm)」という意思の下、こうした批判記事を書いているのだと思います。

しかしそれでも、最新記事でも書いたように、どうもノマド批判をするに際してイケダハヤトさんの主張を曲解したり、あるいは個人的な恨み言をあたかもノマド全体の問題であるかのように書いたり、記事の内容は正直おかしいものだと思っています。あとは「ノマド礼賛者の言動をすべて鵜呑みにする若者ってどれだけいるんだ?」という点にも疑問が残りますね。

常見陽平もお前がいうな!で情けない?

自分も常見陽平はどうもイケダハヤトがITに長けているのでコンプレックスでもあるのか?と思うんですよ。

http://www.nogakureki.com/archives/22072033.html

『司馬遼太郎を読むと大手人気企業に内定する法則』なんて昔、流行した『モーツファルトのクラシック音楽を聴くとガンが治る』のような根拠のない与太話でオカルト電波な馬鹿話でしょうが。

でも、常見陽平も『就活の栞』でイケダハヤトばりのバカな与太記事を書いていてお前がいうな!じゃないか?と思うんですけど。

http://www.s-shiori.com/con3/archives/2010/12/post-51.html

この発言を聞いて私は「きたー!」と思いました。

そして、「内定が出る就活生は司馬遼太郎を読んでいる」の法則は現在も生きているのだと確信したのでした。

こんなバカな文章を常見陽平も書いていますが、司馬遼太郎ファンにいわせればお前がいうな!だと思うんですよ。

2chじゃないし、作家に向かって、きたー!なんてバカなイケダハヤトと同じ雑記事。それをチェックもしないで『就活の栞』で編集部は載せている。

常見陽平も素直に反省したほうがいいのではないかなあ、と思いますけどね。

自分にいわせれば内定と司馬遼太郎の関係などあるわけがない、と思っていますが。

だいだい就職活動本もこんな話なのか?と思うとちょっと???

Re: 常見陽平もお前がいうな!で情けない?

> ドクター・ロッキーさん

こちらの記事にもコメントありがとうございます。

>でも、常見陽平も『就活の栞』でイケダハヤトばりのバカな与太記事を書いていてお前がいうな!じゃないか?と思うんですけど。

「内定が出る就活生は司馬遼太郎を読んでいる」の法則は現在も生きているのだと確信したのでした・・・ここは笑うところなんですかね(笑)「イケダハヤトと同じ雑記事」とコメントされていますが、これはイケダハヤトさんよりひどいんじゃないかと思います。このブログでは、今後も常見さんの文章を批判していくので、もし宜しければ今後もブログを読んで頂ければ嬉しいです。

常見陽平はIT嫌いか?

常見陽平のノマド叩きはイケダハヤトのような迷惑なオピニオンをいうような人間を叩きたいらしい。

http://www.nogakureki.com/archives/22738311.html

ノマドになって活躍したいと思ったら、オピニオンリーダー的な人も良いのだけど、無名だけどちゃんと実直に稼いでいる人を見習った方が良い。

常見陽平自身は迷惑をかけていないノマドは擁護しているらしいが、自分は叩きすぎるのではないか?と思うんですが。

常見陽平の佐々木俊尚批判でノマドは悪だ!で不寛容な態度は大人気ない

http://www.nogakureki.com/archives/22150025.html

常見陽平ももう少しノマドは悪だ!ではなくて、最後の就職できない時に最後の手段でノマドは選択肢に入れろ!という穏健な発言が欲しいのだが。


自分は常見陽平がノマドが嫌いだ、とDisやっているのは実はITが苦手でイケダハヤトがブログでアクセスを集めているのが気にいらない!と思うんですよね。

「内定が出る就活生は司馬遼太郎を読んでいる」なんて歴史小説ファンを激怒させるようなバカな発言だと思いますよ。

自分も常見陽平のおかしいと思った発言には批判もちょっとしています。

Re: 常見陽平はIT嫌いか?

> ドクター・ロッキー さん

こんばんは、またまたコメントありがとうございます。

>常見陽平のノマド叩きはイケダハヤトのような迷惑なオピニオンをいうような人間を叩きたいらしい。

以前、「就活関連の論者の文章を即座に鵜呑みにすることなく、きちんと評価することが必要だ(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-372.html)」という記事で、常見さんがイケダハヤトさんの「会社はオワコン」という発言を曲解した上で自身の主張を展開している姿勢を批判しました。常見さんからしたら「イケダハヤト、ふざけたことを言いやがって」と思っているのかもしれませんが、僕の考えでは「迷惑なオピニオン」を垂れ流しているのはむしろ常見さんの方です。

>自分は常見陽平がノマドが嫌いだ、とDisやっているのは実はITが苦手でイケダハヤトがブログでアクセスを集めているのが気にいらない!と思うんですよね。

どうなんですかね・・・(笑)「ノマドワーカーの私がノマド礼賛の奴らを叩く理由 論争の最前線に立つ常見陽平さんに聞く(http://diamond.jp/articles/-/23565)」という記事がありまして、もしかするとこの内容の中に、常見さんの怒りの源があるのかもしれませんよ。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。