スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活に悩む女性を狙う男たち

少し前に「就活論を熱く語ってる人間には、それでメシ食ってる人間か、女子大生と一発ヤリたい人間くらいしかいない」というエントリーが話題になった。このエントリーの主張の核は「問題点としては、学生が人生における重要な意思決定をするために集めなければならない情報をさぼって集めないで、お膳立てされた安直かつ低コストの情報源のみで求めることにある」という極めて真っ当なもので、エントリーのタイトルにある「女子大生」云々の話は特に書かれていない。ただ実際「一発ヤリたい」という欲まであるかどうかは置いておいて、就活に悩む女性を狙う男はそこそこ存在するように思われる。


最近もポストセブンに「就活女子大生 大手広告代理店社員に誘われ鍋料理作らされる」という記事が載った。これはある女子大生が知り合いの大手広告代理店の男性から「広告業界に興味のある子を集めて。マスコミに出ない話を教えてあげるから」と言われて女の子4人で代理店の人が住んでいる高級マンションに行き、そこで鍋を作らされたり、男性陣から自慢話をされたという話。この話のオチとして、女の子4人で帰っている途中に可愛い子にだけ「まだ飲みたいから、みんなに内緒で戻っておいでよ」というメールが男性から来たというものが挙げられている。要は、広告代理店の男性からすれば別に就活の相談云々はどうでもよく、ただ可愛い子と一緒にいられればよかったということだろう。


まぁ、このケースは女子大生と問題の広告代理店の男性が知り合いということで、それほど大問題に発展するリスクはないといえるかもしれない。ただ、ポストセブンの記事に載っている「大手商社に勤める男性をOB訪問したところ、わざわざ私の誕生日を指定して食事に誘ってきました。就職のためと思って仕方なく会うと、プレゼントまで渡そうとするのでドン引きしました。受け取るのを断わると気まずくなり、就活のアドバイスもいい加減になりました。それ以来、何度かメールがきましたけれど無視しています」というもう一つのエピソードのように、運が悪ければ結構な面倒事に巻き込まれるリスクも考えられる。


実際に数年前、三菱東京UFJ銀行の行員がリクルーターを装い女子大生をカラオケ店に連れ込み「内定がもらえるよ」と言いながら無理やりキスするなどのわいせつ行為に及んだという事件も起こっている(http://www.j-cast.com/2007/05/21007779.html?p=all)。上の大手広告代理店、大手商社の男性もなかなかどうしようもない人だと思うけれど、この行員は本当に「腐りきっている」としか言いようがないレベルだ。一方で、泣き寝入りをせずにきちんと被害届を出して事を公にした女子大生は立派だと思う。この記事に登場した大手広告代理店、大手商社、三菱東京UFJ銀行の行員よりもこの女子大生の方が「社会人」と言うにふさわしい・・・って当たり前ですね(笑)比べるのも女子大生に失礼な話だ。


就活生の「内定が取れるか不安」という心に付け込んでやりたい放題やる人の存在は、いくら周知しても周知し過ぎということはない。被害の程度に優劣をつけるようでアレだが、特に最後に取り上げたりクルーターの事件のようなケースは女性を精神的に傷つける程度が非常に大きいと思うので、この点に関しては大学辺りが注意を喚起しても良いかもしれない。また、女子大生の側も可能な限り、しょうもない男性社員から自分を守る行動をすることが望ましい。トラブルに巻き込まれた際の相談窓口を見つけたら、後日この記事に追記したい。


あ、すぐ上で「しょうもない男性社員」と書いたけれど、弱みに付け込んでくるのは社員だけではなく、就活コンサルも可能性として考えられる。思うに、スタッフが男性のコンサルタント「のみ」で「女性の就活生の相談に乗ります!」と言っている人がもしいるとすれば、それは相当怪しいのではないだろうか。勿論女性スタッフがいれば安心かというとそんなに話は単純ではないが、こういう場合は特に警戒すべきだと考える。


最後に北野武さんの著書「超思考」における次の記述を紹介したい。

本当の本音なんてものは、だいたいが身の蓋もないものことばかりだ。腹が減ったとか、あの女とやりたいとか、糞がしたいとか、金が欲しいとか、酒が飲みたいとか。下半身の話、下品な話は、まず掛け値なしの本音だろう(中略)葬式で泣き崩れる未亡人を見て「あの人はこれからどうやって生きていくんだろうと思うと、可哀想で涙が出た」というのが本音であるとは思えない。慰めるふりをして、隙あらばなんとかしてしまおうというのが男の本音なのだ。


三菱東京UFJ銀行の行員が起こした事件を周知させ、「就活に悩む女性を狙う男たち」の存在を浮き彫りにすることが必要だという考えに共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村     
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日は「就活失敗~」の方にコメントした者です。

似たような件にあったのでコメントしますw今年1月に5つ上の先輩にいきなり告られました。困惑しましたが、最終的に色々考えてOKを出しました。

ところが、4月あたりから突然私が去年やってきたこと(具体的にはサークル運営です)を全否定してきたり、親が正しい、お前はゴミみたいなことを言ってくるようになりました。

相当泣かされ、結局5月にポイ捨てされました。向こうは色々言い訳してましたが、要はヤらせてくれなかったから、ということでした。

就活中でそんな気分でもないのに、何度も迫られました。しかも、1回嫌がる私の目の前でその…自慰行為を見せつけてきたことがありました。

ちなみにその先輩は女子校の先生です(笑)ヤりたくて仕方ないところにたまたま弱っている私がいたから、うまく利用しようと考えたんでしょうね…。

この件以降男性を見る目が明らかに歪み、かつ男性恐怖が体に染み付いてしまいました。正直面接官ですら怖いです(汗)

No title

就活中の女性たちは、普段より愛想が良かった気がします。
情報交換のために、説明会やイベントで会った男性の就活仲間とも積極的に連絡先を交換したり。

それを「チャンス」とか思っちゃってる男も中にはいましたね。
インターンとかで。

ただ、変なことにさえならなければ、いろんな人と知り合えたり話せるのは
日本型シューカツの数少ない良い点かもしれません

Re: No title

> あぷりこっと さん

またまたコメントありがとうございます。

「あぷりこっと」さんにとって元彼の方を批判してしまうことになってしまいますが、この男性は終わってますね。「あぷりこっと」さんの気持ちを完全に理解することは(僕を含め)男性には出来ないと思いますし、男性恐怖・面接官への恐怖という気持ちがあるならば、誰か女性のカウンセラーに相談された方が良いかもしれませんね。辛い出来事だったでしょうに、エピソードを紹介して下さりありがとうございました。

Re: No title

> とも さん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>就活中の女性たちは、普段より愛想が良かった気がします。情報交換のために、説明会やイベントで会った男性の就活仲間とも積極的に連絡先を交換したり。それを「チャンス」とか思っちゃってる男も中にはいましたね。インターンとかで。

就活を通じて男女が出会うこと自体は全く悪いことではないと思います。問題のある関係とない関係の線引きが自分でもはっきりしていませんが、少なくとも記事に書いた「三菱東京UFJ銀行の行員」の行為はアウト、大手総合商社の男性の行為はアウトに近いセーフだと感じています。僕の基準は何なんでしょうかね・・・(笑)言葉にできるよう考えてみます。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。