スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤美冬さんの言葉を鵜呑みにして路頭に迷う若者が現れても、それはその若者自身の責任であるはずだ~意見の受け手側の責任を追及しよう~

宇野常寛さんが編集をした「"PLANETS vol.8" 僕たちは〈夜の世界〉を生きている」には、「ノマド・ブームの功罪」と題された宇野さんによる安藤美冬さんへのインタビューが収録されている。その中で宇野さんが「"安藤さんの言説を聞くと若い学生やサラリーマンが勘違いする"という批判があるけど、どう思う?」と問いかけていて、それに対して安藤さんは「そんなのは勘違いする人の勝手なんだから、知ったこっちゃないです(中略)ある人が何かを言った時にどう受け止めるかなんて自由なんだから、勘違いしたければすればいいし、勘違いすることに対してこちらが責任を負う必要もない」と答えていた。その通りだと思う。


宇野さんが言う通り、安藤さんの言動を危険視する主張は確かにある。例えば、「さようなら、憂鬱な木曜日」というブログは「"ノマドワーキングという生き方"安藤美冬が日本の若者をリスキーな道へ誘導している」と題した記事において、安藤さんが出演した情熱大陸を見た感想として「この生き方(※ノマドのこと)が広く認知され、選択肢の一つとして若者に定着してしまうと何が起こるのか?簡単に言えば、勘違いした人間がフリーターになって、人生を踏み外してしまうのである。安藤美冬がどうして食べていけるのか、を正確に分析しないで、"ノマド"という自由なイメージに惹かれて就職しない、あるいは退職する人が出てくる可能性は低くないと思う」と記している。他にも、同様の意見を発している人は恐らくいるだろう。


僕も安藤さんが出演した情熱大陸を見たけれど、確かに番組では「安藤さんがなぜノマドとしてやっていけているのか」という点はさほど掘り下げていなかったと記憶している。しかし、それでも安藤さんの生き方に惹かれてそれを真似しようとした若者が後に路頭に迷うことになったとしても、それはその若者の自己責任ではないのかと僕は思っている。僕自身ささやかながらブログを執筆し意見を発信する側に回っているからかもしれないが、もう少し「意見の受け手」側の責任を認めても良いのではないかと感じている。


僕の考えでは、受け手がある意見を鵜呑みにしても仕方がない場合としては、「専門家が自身の専門分野に関する事実・意見を述べている」というものくらいしか思い浮かばない。例えば、就活コンサルが就活を乗り切る方法を語っていたとして、就活生がそれを鵜呑みにするのは分かる。あるいは弁護士が法律知識について話している場合、依頼者がそれを信じるのも分かる。


ただそれに対して安藤さんはキャリア論の専門家でもなんでもなく、言葉は悪いけれど「元集英社で、ノマドでちょっと有名な一般人」に過ぎないわけで、それ以上でもそれ以下でもない。そして、そのような一般人による「~な生き方をすれば、上手くいきますよ!」という主張が必ずしも正しいわけないことなんてあまりにも明らかなはずで(実際には安藤さんは「ノマドという選択肢があるよ」という話しかしていなくて、「ノマドという生き方をすれば、全て救われるよ」という主張はしていないと思いますが。過去記事http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-200.html参照)、その主張を鵜呑みにした帰結として安藤さんにクレームをつけるのは受け手側の甘えに過ぎないと感じる。


この記事で安藤さんを擁護している理由として、第一に、純粋に安藤さんへの批判の中におかしいものがあると感じていることが挙げられる。そして第二に、単にノマドという選択肢を提示しているに過ぎない安藤さんに対する「安藤さんの言説を聞くと若い学生やサラリーマンが勘違いする」という主張が認められてしまうと、若者が勘違いしようがない超無難な話しかできなくなってしまうではないかという危険性を感じていることが挙げられる。その危険が現実のものになってしまえば、それはあまりにも息苦しい。


誤解しないで欲しいが、今回の記事は「安藤美冬さんへの批判は、全て的外れだ」ということを主張するものではない。例えば安藤さんは現在「安藤美冬がセレクトするあなたのレベルを上げるような書籍・文具・雑貨、そしてフードやドリンクなども加えた詰め合わせセット」を5000円で販売しているけれど(https://www.box2you.com/contributors/andomifuyu)、購入した人が「この中身で5000円は、どう考えても高いだろう!」と批判することは全然妥当だと思う。あくまでも「安藤さんの言説で、若者が勘違いする!」という主張をもって安藤さんを批判することがおかしいと言いたいだけである。

安藤美冬さんの言葉を鵜呑みにして路頭に迷う若者が現れても、それはその若者自身の責任だという考えに共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

安藤氏の発言を鵜呑みにするのは自己責任ですね。


ただ、就活コンサルも同じだと思います。
ここでたびたび登場する常見氏も「元リクルートでなんとなくほんとか出してメディアにも出ている一般人」です。他の就活コンサルやジャーナリストなる人たちも似たり寄ったりです。
元コンサル、元マスコミ、元外資系企業(金融/IT)、元広告代理店、元大手企業の人事部とかの人が独立して勝手に就活コンサルとか名乗っているのが関の山。

医者、会計士、税理士、弁護士、薬剤師…のようにある程度厳格な専門職などほど遠く、証券会社や銀行の商品販売にも及びません。それどころか業界の内部倫理規定がある仕事にも及ばずに、誰でも明日から名乗れて何の制約もないただの人です。

言ってしまえば、lingmuさんと同格であって、何ら信頼すべきとは思えない人たちです。

No title

安藤さん…この人、ネットでアムウェイ信者と言われている人ですよね(笑)
管理人様の仰ることも正論なのですが、この人の言動、行動はアムウェイの件でどうも全て胡散臭くて…
この人をメディアに掲載、出演させる側は、この人の身辺を調査して欲しいなぁ、と個人的に思っています。

詐欺師に騙されるのは自己責任ですが、詐欺師に知らず知らずに加担する側にも、問題があると思います。

受け手側も発信する側も、お互い日頃から注意すべきですね。

Re: No title

> 吊られた男さん

お久しぶりです、コメントありがとうございます。

>ここでたびたび登場する常見氏も「元リクルートでなんとなくほんとか出してメディアにも出ている一般人」です。

常見さんに関しては、元リクルートというだけでなく、元バンダイの採用担当者でもあるので、就活生が常見さんの話を聞き「これが、採用担当者の考えなのか・・・!」と思うのは無理はないと思います。

>元コンサル、元マスコミ、元外資系企業(金融/IT)、元広告代理店、元大手企業の人事部とかの人が独立して勝手に就活コンサルとか名乗っているのが関の山。医者、会計士、税理士、弁護士、薬剤師…のようにある程度厳格な専門職などほど遠く、証券会社や銀行の商品販売にも及びません。それどころか業界の内部倫理規定がある仕事にも及ばずに、誰でも明日から名乗れて何の制約もないただの人です。

確かにそうですね。

Re: No title

> すみ さん

お久しぶりです、コメントありがとうございます。

>管理人様の仰ることも正論なのですが、この人の言動、行動はアムウェイの件でどうも全て胡散臭くて…この人をメディアに掲載、出演させる側は、この人の身辺を調査して欲しいなぁ、と個人的に思っています。

確かに、アムウェイの件がありましたね。安藤さんを「詐欺師」呼ばわりまでして良いかは疑問ですが(笑)、仮に彼女のセミナーなどにおいて「うまい話」がなされているとすれば、それには一応用心したほうが良いといえるでしょうね。

No title

命令でもしない限りはどんな言説であれ受け取るほうの自己責任でいいと思います。
株の予想屋はまさにその好例です。
一方で自己責任=当人が100%悪いから同情の余地なし、という切り捨て論として語られすぎてるとも思いますが。
(若者の就職難は中小企業に行かない自己責任、は一例でしょうね」

Re: No title

>maru さん

こちらの記事にもコメントありがとうございます。

>命令でもしない限りはどんな言説であれ受け取るほうの自己責任でいいと思います。

そうですね。

>一方で自己責任=当人が100%悪いから同情の余地なし、という切り捨て論として語られすぎてるとも思いますが

「当人が100%悪いから同情の余地なし、という切り捨て論」が生まれているとすれば、それには反対です。例えばノマドをめぐる議論の中で「そんな言説を聞いたら若者が勘違いする!」という意見がありますが、もしノマドを目指して路頭に迷うことになってしまった人が出てきた時に「だから、勘違いするな!と警告したじゃないか!警告したにも関わらず、あなたはノマドという道を選んだのから、あなたを救済する必要はない」と言う人が現れても不思議ではないと思います。もしそんな人がいたら「人間小さいな」と思いますが(笑)
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。