スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロート製薬の新卒採用情報のページにある「"とりあえず"を止める」というメッセージに好印象を抱いてしまうことへの絶望感

毎日新聞がロート製薬の新卒採用について取り上げた「就活:ロート製薬、あえて脱・ネット "思い"持つ学生と本音で対話」という記事が話題になっている。これは、ロート製薬が就活生からの応募を就職情報サイトではなく電話で受け付けているという特殊性について触れた記事で、このような「ハードル」を設けることで応募者数を減らし入社意欲を持つ就活生と優先的に会うことができるようになったという。


そんなロート製薬が自身の新卒採用情報ページで掲げるメッセージは「"とりあえず"を止める」というもの(http://www.rohto.co.jp/req/fresh.htm)。ここでいう「とりあえず」とは具体的にどのような行為を指すのかというと、新卒採用情報ページにある「とりあえず説明会を数多く実施する」、「とりあえずインターネットを通じて数多くの学生を集める」ということだと思われる。要は、目的意識に欠けた採用活動はおかしいのではないか?というメッセージを込めているということだろう。


このようなメッセージは完全に正しいと僕は思うし、メッセージに好印象を抱いたのも事実だ。しかし、一方でどこか釈然としない気持ちも覚えていた。それが何なのか考えてみると「なんで、こんな当たり前過ぎるメッセージに好印象を抱いているんだ?」というものだと気づいた。


考えてみれば、ロート製薬の掲げるメッセージは採用活動を行う企業が意識すべき最低限のことのはずではないか。加えて、企業が就活生のエピソードに対して「大事なのは"何をしたか"ではなく、"なぜ、どう感じてそれをしたのか"」という趣旨の注文をつけていることが多いことを鑑みると、企業側も「なぜ、どう感じてそのような採用活動をしているのか?」を説明できるレベルに達しているのが当然のことではないか。


しかし、そんな当然の採用活動に好印象を抱いてしまうということは、全体的に「とりあえず」採用活動を進めている企業が多いことを意味していることの現れであるわけで、その点について絶望感を感じる。就活生に目的意識を大事にすることを求めながら企業側が「とりあえず」採用活動を進めるという構図はフェアではないと思うので、そのような構図を徐々に無くしていくことが必要だ。


そしてそのために、ロート製薬や、過去にこのブログでも取り上げたことがある「ライフネット生命」の採用活動(http://recruit.netseiho.com/)のように、目的意識をはっきりさせた取り組みを好意的に紹介していくことも重要だ。というのも、「ブラック企業はいいからホワイト企業の話をするべき」における「ブラック企業を紹介するよりホワイト企業をたくさん紹介した方が経営者の意識がポジティブに変わっていいと思うわ」という記述にあるように、「こんな取り組みをしている企業は良いですね!」というメッセージを発していったほうが企業の取り組みがより早く、確実に変わるような気がするからだ。このブログでもたまにコメント欄・ライターページに「採用担当者・面接官の~な姿勢は良かったです」というメッセージを頂くことがあるが、そういう声をもっと大きくしていく必要があるのかもしれない。


ロート製薬の新卒採用情報のページにある「"とりあえず"を止める」というメッセージに好印象を抱いてしまうことに絶望感を感じるという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

企業の側からこういうマトモ?なアプローチがあるとかえって身構えてしまう、嫌な風潮ですね。本文とはややずれますけど、こういったキャッチコピーを考える担当者は今の就活情勢をどう考えているのか、一度聞いてみたいです。

No title

日本はけなす文化で、日本人はほめるのが苦手、とよく言われますが、よい方を紹介しないと、企業の意欲が高まらないだけでなく、若い人もひたすら絶望感ばかり、ということになってしまいますね。

電話で申し込み、というのは、以前は当たり前で、私の頃なんか、電話で大学名を言うと断られたり、中には大学名を言ったとたんにガチャンと切られる、というところもよくありましたが、電話での態度で相手がわかるという利点もあります。
企業は電話を受ける人が何人も必要だったり、回線がパンクしたりと、大変な面もあると思いますが、ホテルでもいい部屋はネットで受け付けず、電話予約させるところもありますからね。やはり電話の方が信頼されてるのです。

なお、好印象を抱くことに絶望感を感じる、という考え方自体がとてもネガティヴで、けなす文化がよく現れていると思います。ほめるよりけなす方が記事が受けちゃうという、管理人様のブロガーの本能ですね。

Re: タイトルなし

> たろうさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>本文とはややずれますけど、こういったキャッチコピーを考える担当者は今の就活情勢をどう考えているのか、一度聞いてみたいです。

本記事で触れた毎日新聞の記事の最後に、ロート製薬の人事総務部・矢倉芳夫マネジャーという方が「ネットは悪ではないが、企業側は数を集めて安心し、学生側はどこにでも通じる志望動機を書いたESを大量に送る。思考停止状態からミスマッチが生まれていないか。お互いの相性確認をするのに、対話する努力は欠かせない」と述べています。これはつまり「採用活動の進め方について思考停止している企業が多くあるけれど、自分たちはそうならないようにしたい」という意思表示をしているということですよね。とても良いことだと思いました。

Re: No title

> ななしさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>日本はけなす文化で、日本人はほめるのが苦手、とよく言われますが、よい方を紹介しないと、企業の意欲が高まらないだけでなく、若い人もひたすら絶望感ばかり、ということになってしまいますね。

そうですね。これまでは既卒者カフェといった支援団体の取り組みを好意的に紹介することはそれなりにあったのですが、今後企業の取り組み、面接官の姿勢について好意的に言及する頻度を増やしていった方が良いのかなと感じています。

>好印象を抱くことに絶望感を感じる、という考え方自体がとてもネガティヴで、けなす文化がよく現れていると思います。

はぁ・・・。「ロート製薬は"目的意識を持つ"という当たり前の姿勢をきちんと持っていて好印象を抱く。しかし、その"当たり前の姿勢"に好印象を抱いてしまうということは、裏を返せば多くの企業にその"当たり前の姿勢"が欠けていることを意味していると思われる。そこに絶望感を感じる」という展開のどこに「けなす文化」が現れているのか、僕には理解できませんでした。

>ほめるよりけなす方が記事が受けちゃうという、管理人様のブロガーの本能ですね。

あんまり適当なことを言わないでもらっていいですか?

No title

手書きESをとことん叩くブログ主さんが何故かこれは賛美してるのには違和感を感じる。
手書きも「とりあえず」防止を趣旨としている可能性は考えないのか?

電話で応募を受け付ける場合であれ、手書きでまともな字でESを書く場合であれ
以前のライフネットの「重い課題」に比べたら大した労力ではないだろうことぐらいは分かるわな。
ライフネットのケースだけ見た時は
「重い課題でも挑戦して、かつクリアできる優秀な奴だけ欲しいのかー」
って思ってたから特に違和感はなかったんだが。

何度も書くけど手書きES推奨、WebES反対って言いたいのではなく
WebESでES記入が簡略化される(記入項目が被りがちなのは仕方ないので)ほど
「とりあえず」が増えていることも忘れずに。

Re: No title

> のさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>手書きESをとことん叩くブログ主さんが何故かこれは賛美してるのには違和感を感じる。手書きも「とりあえず」防止を趣旨としている可能性は考えないのか?

過去記事「就活が茶番な訳は、企業が就活生に求める努力のベクトルがおかしいからではないか?(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-179.html)」において、僕は手書きエントリーシートというタスクを課すことについて「そんなこと、就活生に努力させてどうするの?これらを乗り切った経験が入社後において何か活かされるのか?」という理屈をもって批判しています。それに対して、(記事を書いた時点では特に意識していませんでしたが)ロート製薬の電話応対については「電話応対の経験は入社後にも活かされるだろう」という考えがあって好印象を抱いたのかもしれません。


即ち、本記事の最後の段落では「目的意識をはっきりさせた取り組みを好意的に紹介していくことも重要だ」と書いていますが、単に「目的意識」がはっきりしているに過ぎないタスクは好意的に評価できない場合があるということになりますね。その意味で、この最終段落における記述はおかしいですね。「企業が課した"とりあえず防止"のタスクをこなした経験が入社後にも活かされるか?」などの要素も考慮していく必要があるのかもしれません。具体的にどのような要素を考慮していくべきなのか、自分でもよく分かっていないのですが(笑9

No title

手書きの場合は、とりあえず手書き、という風潮があるのが問題だ、ということだったのだと思います。
たとえば、パイロットのように筆記具を作る会社が手書きを要求するのはむしろ当然と思えます。
また、実際は、手書きでなくてもいい会社もあるし、そういうところで手書きなしで内定した人もいるのに、企業側も就活側もとりあえず手書き推奨になってしまっているわけで。
つまり、手書きをとりあえず防止のために意識して採用している企業はいいけれど、実際は、とりあえず手書きという逆の現象になっているような面があるので批判を受ける、というのなら、理解できますね。
一方、電話申し込みは、とりあえず防止であって、とりあえず電話申し込みではない、というところが、手書きとの違いといえるのではないでしょうか。

私自身は、手書きはその人の能力を見る1つの手段だと思っているので、そういう理由で手書きを採用するのはよいと思っています。とりあえず手書きにしとけ、というのは批判されてよいですが。
要は、もっといろいろバラエティがあった方がいいということですね。

私の文章は時々、誤解されるようなのですが、言いたいことはわかっていただけたでしょうか。

Re: No title

> ななしさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>手書きの場合は、とりあえず手書き、という風潮があるのが問題だ、ということだったのだと思います。たとえば、パイロットのように筆記具を作る会社が手書きを要求するのはむしろ当然と思えます。また、実際は、手書きでなくてもいい会社もあるし、そういうところで手書きなしで内定した人もいるのに、企業側も就活側もとりあえず手書き推奨になってしまっているわけで。

おっしゃる通りだと思います。実際、僕も過去に「普段の仕事の中で、パソコンじゃなくて手書きで文書を作成しなければならないという事情があれば、手書きのエントリーシートを就活生に書かせることも分かる。しかし現実には、いつもパソコンで文書を作成するわけだろう。そんな状況下で、応募者の"字の綺麗さ"なんか見てどうするんだ」と書いたことがあります(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-80.html)。

>つまり、手書きをとりあえず防止のために意識して採用している企業はいいけれど、実際は、とりあえず手書きという逆の現象になっているような面があるので批判を受ける、というのなら、理解できますね。一方、電話申し込みは、とりあえず防止であって、とりあえず電話申し込みではない、というところが、手書きとの違いといえるのではないでしょうか。

この意見も大いに正しいと思います。ただ「の」さんがおっしゃったのは「"とりあえず防止"のために手書きを課している企業も考えられるのではないか?」というものなので(「手書き」でエントリーシートを書くのはそれなりに時間を食うので、それに耐えられる人のみが応募してくるようにしたいという発想ですね)、その場合において企業が就活生に手書きエントリーシートを課すことを肯定的に捉えるのか、それとも僕が「の」さんへのコメント返信で書いたように否定的に捉えるのかは各々意見が異なると思います。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。