スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートたけしさん「日本という国は、楽な仕事ほどお金がもらえる。どういう訳だか、一番きつい仕事が安いんだ」

前回の記事でネタにさせてもらった常見陽平さんの肩書きの一つは「人材コンサルタント」であるが、この職業はしばしば「人材コンサルタント(笑)」という風にバカにされることがある。その理由について、当の常見さんは著書「"意識高い系"という病」において次のように自己分析している。

これは個人的な好みの話になってしまうが、勝手に肩書きを作る人は信用できない(中略)もちろん、今までになかった仕事を創るという意思を感じることもある。ただ、何かこう、「ごっこ遊び」的で痛いのである。


そんな私も以前は「就職ジャーナリスト」なる肩書きを名乗っていたことがあった。いや、名乗らされていたとも言える。「人材コンサルタント」だっていまだにしっくりこない。今思うと恥ずかしい、生きていてすみませんというレベルだ。まぁ、分かりやすさ、他人との違いを打ち出そうということなのだけど。今では二度と名乗りたくないのだが、出版社や講演会の主催者など周りがそう表記したがるのでそう書く事は未だにある。当然、私のアンチたちはそこをバカにする。(p.55-56)

この文章を少し補足すると、常見さん曰く「人材コンサルタント」という肩書きがバカにされる理由は高城剛さんが名乗っていた「ハイパーメディアクリエイター」という肩書きが馬鹿にされる理由と同じで、要は「肩書き名が痛いから」ということらしい。引用した文章を読むと、常見さんの「俺は"人材コンサルタント"という肩書きを名乗っているけれど、本当は嫌なんだ。周りに名乗らされるから、仕方がないんだ。俺はその他の"痛い肩書き"を名乗っている人とは違うんだ」と必死に弁解する姿勢を感じる。その割には、本人が自由に編集できるはずの常見さんの公式ホームページを見ると、一番上に「人材コンサルタント・作家・大学講師」という肩書きが書かれているのだが・・・(http://www.yo-hey.com/)。


「人材コンサルタント」という肩書きを名乗ることについて「生きていてすみません」とまで言う必要は無いんじゃないかと僕は思うけれど、一応常見さんとしてはそう感じているらしく、且つそれがアンチから馬鹿にされる理由だと考えているようだ。当の常見さんがそう言っているのだから本来これ以上突っ込む意味はないのかもしれないが、しかしそれでも明らかにアンチの一人である僕の感覚からすれば(笑)、「人材コンサルタント(笑)」とバカにする人たちは別に「肩書きの痛さ」を問題にしているわけではないと思っている。


特に常見さんが書いた記事「就活スラング"意識の高い学生www"たちの残念行動13パターン」への評価をいくつか見れば、なぜ「人材コンサルタント(笑)」と馬鹿にされているのかがよく分かる。具体的には次の記述が参考になる。

・城とか海老原とか就活で稼ぐ奴はいるが賛否はあっても方向性は常に一貫してる。この常見とかいうアホはその時その時面白キャラ取り上げてオモシロ話してるだけだろ。スベッてるし。あんま調子のんなよ

・実際これらの行動(※意識の高い学生wwwがしている行動のこと)をしている学生としてない学生のの就職成功率比較などが示されてるかと思えば、そんなこともないし。最初からそつのない行動をすればまたケチをつけるだろうし。人材コンサルタントなんかのいうことなんか聞く耳持たなくていいよ

もう一言で言ってしまえば「仕事内容がクソだから」ということに尽きるだろう(笑)具体的には「"意識高い系"という病」から引用した文章の始めにも「これは個人的な好みの話になってしまうが」と書かれているように、単なる主観・個人的な好みを垂れ流しているに過ぎない文章をもって「コンサルタント」としてお金を稼いでいる点が「人材コンサルタント(笑)」と批判される所以なのだと僕は思っている。レベルとしては、就活生による「あの面接官、個人的にムカつく!」という不満の発散とほとんど変わらないわけで、そのような形でお金を稼ごうとすれば馬鹿にされるのも仕方がない。


前回に続いて常見さんの文章をネタにするのもそろそろくどくなってきた感があるので真面目な話に戻ると、前回と今回の記事の内容を通じて、ビートたけしさんが著書「みんな自分が分からない」にて記した次の記述について各々考えるべきではないかと思っている。

商売の根本を考えれば、誰がどのくらいの賃金を取るべきか分かるはずだ。本当に必要な仕事を真面目にやっている人ほど3Kだと思われていて給料が安い。それに対してバブル商売をやってる奴が、文句をたれているだけで高給をとっていたんだからね(中略)日本という国は、楽になるほどお金がもらえる。どういう訳だか、一番きつい仕事が安いんだ

補足すると、ここでいう「バブル商売」とは「空間デザイナー」、「スーパーバイザー」などのカタカナ商売のことで(恐らく「人材コンサルタント」もこれに含まれる)、たけしさんはこのような商売を「あんなのは町中の手相見以下なんだからね」と評している。現実問題として、前回の記事の最後でも触れたように、たけしさんの言う「町中の手相見以下」の人が世に「空回りをやめて、現実を見よう」、「まずは今を一生懸命生きないと、現実を直視しないと、明るい未来なんてものはないのだ」というメッセージを発信している訳で、これはもう「世も末だ」と言って良いかもしれない。「誰がどのくらいの賃金を取るべきか」・・・僕の感覚ではこの点については考え直さなければならない点が山積みだと思っている。


ビートたけしさんが言う「日本という国は、楽な仕事ほどお金がもらえる。どういう訳だか、一番きつい仕事が安いんだ」という指摘はもっともだという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>「誰がどのくらいの賃金を取るべきか」
すいません。話の文脈からそれた事を書きます。これいつも思ってるんですけど、日本って都合のいい時だけ職務給の考え方になりますよね。
例えば「お前、給料分の仕事をしたのか!」みたいな言い方って前提として「これぐらいの仕事をしたらこれぐらいの給料がもらえる」というのがわかっていなくてはならない。

>・実際これらの行動(※意識の高い学生wwwがしている行動のこと)をしている学生としてない学生のの就職成功率比較などが示されてるかと思えば、そんなこともないし。最初からそつのない行動をすればまたケチをつけるだろうし。最初からそつのない行動をすればまたケチをつけるだろうし。人材コンサルタントなんかのいうことなんか聞く耳持たなくていいよ


これ全くその通りだと思う(笑)。結局、何が言いたいのかわからないんです。
フリーランスとしてカタカナ職業がたくさんある事はまあ別にいいと思いますけどね。日雇いとかだったら世間から怪しまれますから。


またまた話変わります。ツイッターでおなじみMay Romaさんが
>日本の役所や大会社と接触して愕然とするのは、ど素人が重要な決定権を握っていたり、組織の血液であるIT担当だったり、英語さえできない人が国際マーケ担当だったりすること。順繰り人事で送られるらしい。アサインすればなんとかこなすと思われている。

>日本の日本的な組織でしか働いたことがない人が好む言葉は「やればできる」。様々な仕事をまったく専門性が異なる人に押し付ける。大変仕事がやりにくい。なぜそんなことをするかというと、自分に専門性がないからである。

こういう事言ってましたけど、職務能力や知識がない、たたき上げが指揮・命令する日本型雇用の非効率さってもっと語られるべきあと思うんです。





毎回常見さんをネタにするのもなんですが、別にああいう職業というのはさほど必要無いのでは?といつも思います。前回も書き込みましたが、無責任な言葉やその場の思いつきで就活生達を惑わせている様にしか思えないのですけど、もし本当に就活生の為に行動しようとするのであれば、わざわざお金を取ったりしないでしょうし、地道に行った確かな調査や確固たる信念を基に自分の言葉を発信する筈です。そもそも常見さんのような就活で苦労した事の無いようなは人に余り就活について語って欲しくないですし、まあ、長々書くと僻みにも受け取られますからここまでにします。

Re: No title

> takeshi さん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>これいつも思ってるんですけど、日本って都合のいい時だけ職務給の考え方になりますよね。例えば「お前、給料分の仕事をしたのか!」みたいな言い方って前提として「これぐらいの仕事をしたらこれぐらいの給料がもらえる」というのがわかっていなくてはならない。

言われてみれば確かにそうですね!

>職務能力や知識がない、たたき上げが指揮・命令する日本型雇用の非効率さってもっと語られるべきあと思うんです。

メイロマさんはよく「マネジメントをしっかりしろよ」ということを言ってるんでしたっけね。海老原嗣生さんなんかは所謂「日本型雇用」の良さを著書で語っていますが、メイロマさんが指摘するこうしたマイナス面についてどう思っているかが気になるところです。

Re: タイトルなし

> たろう さん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>別にああいう職業というのはさほど必要無いのでは?といつも思います。

そうですね。少なくとも僕は、常見さんの文章は全く必要ないと思っています(笑)ネタにする分には面白いんですけどね。

>無責任な言葉やその場の思いつきで就活生達を惑わせている様にしか思えないのですけど、もし本当に就活生の為に行動しようとするのであれば、わざわざお金を取ったりしないでしょうし、地道に行った確かな調査や確固たる信念を基に自分の言葉を発信する筈です

僕としては、就活生からお金をとるとしても、それと引き換えに「地道に行った確かな調査や確固たる信念を基にした自分の言葉」を発しているならば、それを「就活生のための行動」と評価しても問題はないと思っています。ただ、現実には「無責任な言葉やその場の思いつき」でお金をとろうとしているとしか思えないような文章が少なからずありますからね・・・。

No title

こういうの東電の幹部と福島原発での現場こそあてはまる話なんだろうが、常見等の就活コンサルタントの場合どうなんだろ

駄文だろうがなんだろうが金稼げるのはこれまでの経歴や掲載するメディアとのコネの賜物なわけで、
「楽」と言っても「内定逃した大学生や既卒は常見みたいになれ」って言われてもまず無理。

コネがあったり既得権益に守られた産業にいる人に関する限りでは正しいと思うけど、大半の庶民には関係ない話だね。

Re: No title

> のさん

こちらの記事にもコメントありがとうございます。

>駄文だろうがなんだろうが金稼げるのはこれまでの経歴や掲載するメディアとのコネの賜物なわけで、「楽」と言っても「内定逃した大学生や既卒は常見みたいになれ」って言われてもまず無理

それはそうなんですよね。多分、大概の人は常見さんと同レベルの文章を提出したら「ふざけんな」と怒られると思っています(笑)あくまでも、常見さんの文章のみに着目した場合において、その文章が「単なる主観・個人的な好みを垂れ流しているに過ぎない」ことから就活生による不満の発散と同レベルである、つまり仕事内容としては「楽」といえるだろう・・・という話だと思って頂ければ。、

No title

楽な仕事が儲かるのはしかたないのでは
だってみんなそれを目指して頑張ってるんだもの

T化で業務が一気に効率化して
会社は過去最高益、従業員の仕事も楽になった

労組は賃上げ要求しますよね。会社は儲かってるんだから
仕事が楽になったから賃下げしてもいいよとは言わない。

賃金が下がるなら誰も仕事の効率化に協力しないし。

そして効率化が可能な業界とそうでない業界の格差は開いていく

Re: No title

> ちょこたん さん

お久しぶりです、コメントありがとうございます。

>楽な仕事が儲かるのはしかたないのではだってみんなそれを目指して頑張ってるんだものIT化で業務が一気に効率化して会社は過去最高益、従業員の仕事も楽になった

あ、IT化という話に言ってしまうと、結果として僕が記事で書きたかったことから離れてしまいます・・・(笑)とはいっても通常、「楽な仕事でお金を稼いで」という記述が見たらIT化による業務の効率化だとかそういう方向の話と勘違いされるのも無理はないと思います。僕の書き方が悪かったですね・・・。

今回の記事では、ビートたけしさんの発言を引用して、彼が言う「バブル商売」をやっているような人たちの仕事を批判しています。この言葉の正確な定義は全くわからないのですが(笑)、たけしさんの「バブル商売をやってる奴が、文句をたれているだけで高給をとっていた」という記述を見ると、「ただ文句をつけているだけで高給を得られる仕事」という風に言葉の定義を確定できそうですね。そして、常見さんの文章を見る限り、まさに彼の仕事が「バブル商売」に該当すると言えそうで、そんな仕事をしている人が高給をとったり、キャリア論を語ったりするのはおかしいのではないか?という考えを書いたのが今回の記事になります。

No title

>>「日本という国は、楽な仕事ほどお金がもらえる。どういう訳だか、一番きつい仕事が安いんだ」

これ別に日本だけの話じゃなくて、そもそも資本主義ってそういう社会なんです。
そしてもちろんこれは問題アリな話だと思います。
マルクスもここらへん批判していましたしね。資本論のわかりやすい本を一度読んだら勉強になるかと思いますよ。

Re: No title

> これ別に日本だけの話じゃなくて、そもそも資本主義ってそういう社会なんです。とコメントをしてくださった方へ

こんばんは、コメントありがとうございます。

>これ別に日本だけの話じゃなくて、そもそも資本主義ってそういう社会なんです。そしてもちろんこれは問題アリな話だと思います。 マルクスもここらへん批判していましたしね。資本論のわかりやすい本を一度読んだら勉強になるかと思いますよ。

マルクスの議論のご紹介、ありがとうございました。恥ずかしながら現時点ではこの議論について大して知識が無いので、無理に分かったようなことを言わず(笑)文献に目を通してみようと思います。

見下す人達

これってブルーカラーを馬鹿にしてるくせに、あの人達は偉いと行ってる人に通じる。

常見タイプ(通称Newタイプ 安定しないから強化人間かもしれんが)
仕事は幾らでもある!介護や飲食に行け!社会に必要なことだ。

一般人
↑だったらオマエはそれをしたのか?若しくは賃金を上げる為に高くても利用するのか?
それともコンサルなら給料上げろと経営者に直談判してくれるか?

で終わる問題。

たけしさんは楽して金儲けした挙句、弱者を食いつぶす馬鹿を良く見てるね。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。