スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「経団連加盟企業の7割が、採用活動において年齢に関して要件を設けてない」という主張への疑問

前回の記事と同様、茂木さんと常見さんの対談「日本の大学教育はこれでいいのか? 茂木・常見のデスマッチ」を取り上げたい。対談開始から11分過ぎ・15分過ぎくらいから、次のようなやり取りがなされている。

茂木:あなたは年齢とかで、あるいは卒業年次で、採用を制限することが良いと思ってるんですか!?

常見:(前略)これは経団連の調査なんですけれども、今採用活動において年齢に関して要件を設けてない会社が、経団連の調べによると、経団連加盟企業の中、つまりそこは大手企業中心なんですけども7割がそうです。

(中略)

茂木:事実としてさ、丸の内に本社があるような、所謂一流大学卒の人がみんな入りたがっていると言われているような大手企業の採用要件というのは、相変わらず年齢制限とか新卒○年見込みとかそういうのがあるんじゃないですか?

常見:結論から言うと、ほとんどNOです。これが答えです。丸の内にあるような大手企業というのはほとんど所謂・・・

茂木:これ学生に聞いてみればいいじゃん?

池田:アンケート取りましょう。yesかnoかで答えられるように(中略)「私は新卒じゃないので応募できなかった、要するに差別されたという経験」があるという人がyes、無いという人がnoということでいきましょう・・・おぉ、59も(yesが)あるじゃん。

常見:だからこれね、要は体験談としての事なんだけど、さっきの話で言うと経団連のデータでは7割がそうだと言っているということと、だけど実際の運用ではこうだということです。ただしこれでも全部がそうですかというと4割が良いと言ってるじゃないですか(※要は「既卒者を受け入れているじゃないですか?」ということ・・・?)。だから今多様化してる過程なんですよ

ちょっと常見さんが何を言っているのかよく分からなくなってきた感があるけれど、今回の記事では常見さんが触れている経団連のデータについて取り上げたい。


経団連は去年の7月に「新卒採用(2012年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要」をホームページで公開している。そして、その概要の中には「7.既卒者の採用の実施状況」という項目がある。その項目の中にある「(1)既卒者の応募受付」というグラフを見てみると、69.8%が「実施している」と答えていることが分かる。恐らくこれが、常見さんが言う「7割」という数字の根拠だろう。


しかし、このデータを根拠に「採用活動において年齢に関して要件を設けてない会社が7割」と言って良いのかは疑問だ。なぜなら、一言で「企業が既卒者からの応募を受け付けている」と言っても、俗に言う「卒業後3年以内」という言葉が象徴するように、卒業年度によっては既卒者が応募を受け付けてもらえないことが大いに考えられるからだ。


ここで同じく経団連のデータを見ると、「(1)既卒者の応募受付」のグラフが掲載されているページに「(3)応募受付の条件(卒業後の年数や就業経験の有無など)」、「(4)応募受付の条件の内容」というグラフが掲載されていることに気づく。それによると、応募受付の条件をつけている企業は、本設問に回答した企業数506社の内の68.2%に達し、且つ、応募受付の条件があると回答した345社の内の78.3%が「卒業後の年数」を応募条件として設けていることが明らかになっている。結果として、「卒業年数を条件にしている」と回答したのは270社であることが「(5)卒業年数の条件」のグラフから分かる。


さて、この経団連の調査に回答した企業数は582社であった(ちなみに調査対象は1285社で、即ち回答率は45.3%にとどまった)。その場合、常見さんの「7割は年齢制限を設けていない」という主張が正しいのならば、582×0.7=407社が年齢制限を設けていないということになる。ところが、上述のとおり「卒業年数を(応募の)条件にしている」と回答した企業数は270社に達しているわけで、この要素を考慮した時点で「582社中、407社が年齢制限を設けていない」という主張が成り立たなくなってしまう。常見さん・・・。


仮に常見さんが「経団連のデータ上、7割の企業が既卒者からの応募を受け付けています」と言っていたならば、その発言は正しいものだと言えると思う。しかし、企業が「卒業後の年数」を応募条件に課している状況があることを踏まえると、「採用活動において年齢に関して要件を設けてない会社が7割」という表現を用いるのは不適切なのではないか。


これは僕の推測だけれど、そもそも茂木さんが「年齢とかで、あるいは卒業年次で、採用を制限すること」を全面的に批判している立場であることは彼の発言から自明な訳で、これに対して「経団連のデータによると、卒業後3年以内の人を受け付ける企業は多くあります」と正直に言ってしまったら、茂木さんから「だから俺は、卒業年次で採用を制限することがダメだって言ってるだろ」と返されてしまうから、だから常見さんはあえて「採用活動において年齢に関して要件を設けてない」という表現を用いたのかなと思っている。そんな思惑があったか無かったかは知らないが、結局茂木さんは常見さんが援用した経団連のデータについて「そもそも年齢制限を設ける会社が違法だって言ってるんで、7割がどうなってるとかいうのは実は本質的じゃないんですけどね」とつっこんでいる(対談開始から13分30分頃)。これは、その通りだろう。


前に海老原嗣生さんの文章を批判した際にも同じようなことを書いた気がするけれど、論者と言われる人がデータに基づいて話をしていたとしても、そのデータの扱い方に誤りがあることは十分考えられる。また、予防線を張るわけじゃないけれど(といいつつ、思いっきり張る訳ですが笑)、僕のデータの読み取りにも誤りがないとも言い切れない(あったら、この記事の内容が全て崩壊するわけですが・・・)。だからこそ、根拠が明示されている主張であっても、それが違和感を覚えるものである場合は、一次資料に目を通すことが大事になるのだと思う。

「経団連加盟企業の7割が、採用活動において年齢に関して要件を設けてない」という主張はおかしいのではないか?という意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本文ではどうなのか解りませんが、アンケートに応えた企業の規模から考えると、実際に応えた407社の企業はやはり地方の零細企業というのは考えにくく、大都市のそれなりに余力のある中堅、大企業が多いと考えています。そういった企業では、当然競争率も高いでしょうし、採るとしても新卒が圧倒的に有利な状況であることには変わりはないと思います。そういった企業に仮に採用されるには正面から就活するよりかは、確率は低いけど、アルバイトや契約社員として雇って貰い、そこで努力して正社員に、といった方法がまだ現実的だと思います。恐らく常見さんもそう言うでしょうけど。

Re: タイトルなし

> たろう さん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>アンケートに応えた企業の規模から考えると、実際に応えた407社の企業はやはり地方の零細企業というのは考えにくく、大都市のそれなりに余力のある中堅、大企業が多いと考えています

アンケートに答えた企業群が大企業が多いというのは正しいと思いますし、実際常見さんもその旨を動画で述べています。なお、コメント中に「実際に応えた407社の企業は」とありますが、僕が本文で書いたのは「常見さんは経団連のアンケートを根拠に"582社中407社が年齢制限を設けていない"と言っているけど、それって間違ってないか?」という主張です。つまり「582社中407社」という数字に特に意味はないということですね。

>そういった企業に仮に採用されるには正面から就活するよりかは、確率は低いけど、アルバイトや契約社員として雇って貰い、そこで努力して正社員に、といった方法がまだ現実的だと思います。恐らく常見さんもそう言うでしょうけど。

常見さんが実際に著書でそう言ってたかは忘れましたが、常見さんと関わりが深い海老原嗣生さんという人は、大企業入社を希望する人に向けて「フリーターから入るのは難しいけど、第二新卒の枠で入るなら可能性はある」という主張をよくしています。

口では「年齢は関係ない」と言ってもいざ採用するとなるとどうしても新卒や若い人を採りたがるんですよね。何せ会社の将来を左右しかねない事ですから。

これは僕の持論ですが、会社が新卒や若い人しか採りたがらない理由は3つあると思うんです。

・中途採用だと、採用された人が働いた時、前に勤めていた会社と比較されて自社の悪い部分が見えてしまうから

・新卒はまだあまり社会の仕組みを知らないので、多少理不尽な事を課しても「これが社会だから」で言いくるめられるから

・若い人は元気があるのでストレス耐性を植え付けるのに持ってこいだから

あくまで一個人の意見なので全ての会社がこういう理由で新卒採用をしてるとは思いたくないのですが、昨今の労働環境の悪化を見る限り妙に納得してしまうのも事実です。

新卒採用も悪くはないのですが、中途採用でも経験や知識のある人を取り入れられるというメリットがある訳ですから、新卒と同じくらい企業は重要視してほしいものですね。

No title

僕も「既卒者を受け入れている」という事実を持って=「年齢に関して要件を設けていない」あるいは「年齢による差別を行っていない」と表現するのは早計だし不適切ではないかと感じます。lingmuさんが指摘している既卒3年以内の問題も同感ですが、それ以外の視点でも気になることがあるので付け加えさせて頂きます


例えばある大企業が①「平成26年3月大学卒業見込みの者、採用予定人数300人」と②「大卒、年齢および経験不問、採用予定人数若干名」という2種類の求人を出しているとします。前者がいわゆる新卒、後者が既卒です。これだけだと既卒を本当に採用しているのか?空求人じゃないのか?という疑問を差し挟む余地があるので、この企業は応募してきた既卒者の中で必ず誰かは採用していると仮定します。


既卒者対象の求人を出していてしかも必ず誰かは採用してるんだから、この企業が「既卒者を受け入れている」というのは間違いないでしょう。しかし、じゃあ「年齢に関して要件を設けていない」と言えるのかと聞かれたら、新卒と既卒で枠が異なり(母集団の数の差を考慮に入れても)採用人数に大きな開きがあるとすれば、それは年齢に関して要件を設けているということになるのではないでしょうか。そもそも採用人数など関係なく、枠が異なるという時点でそれは年齢に関して要件を設けているじゃんと考える人もいるかもしれません。


実際に記事内で触れられている「新卒採用(2012年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要」では、「7.既卒者の採用の実施状況」の「(2)既卒者採用の形態」として、「新卒採用の扱いで実施」が80.4%、「中途採用の扱いで実施」が9.9%、「その他」9.1%、「無記入」が0.6%となっています。その他というのが具体的にどのような採用形態なのかは分かりませんが、既卒を採用すると言っても2割の企業は新卒とは異なる枠での採用ということになり、それらの企業は「既卒は採用しているけれども年齢に関する要件を設けている」と言えるかもしれません。


動画の中で茂木さんが理想としていた年齢や卒業年次で差別しない採用というのも、ここではどちらかというと「新卒採用の扱いで実施」の方に該当するのではないでしょうか。僕はそう解釈しました。さらに茂木さんは、「既卒者を採用しているというのは中途採用をしているということとは違う」という趣旨の発言もしていたので、約10%の「中途採用の扱いで実施」も場合によっては茂木さんのいう年齢や学業年次での差別に該当するかもしれません。


しかもこの(2)の統計と記事内でlingmuさんが引用している「(3)応募受付の条件」の統計の母数には、「(1)既卒者の応募受付」に対して「実施している」と回答した69.8%の企業に加えて、「2013年4月入社対象の採用選考活動から実施予定」の5.2%、「今後、実施を検討する」と回答した12.0%の企業も含まれています。


対象を「(1)既卒者の応募受付」を「現在実施している」企業69.8%に限ると、(2)で「新卒採用の扱いで実施」と答えた企業、あるいは(3)で応募受付の条件が「ない」と回答した企業はもっと少なくなっていたかもしれません。(もちろんその逆も有り得るわけですが)。来年度実施予定の企業はともかく、今後の実施を検討しているだけの企業まで母数に入れたのはいったいどういう理由なんでしょうね?実態調査としては問題がある気がするんですけど。


その上でlingmuさんが指摘している卒業後年数が条件に含まれているケースも存在するわけです。これらの統計における「採用活動において年齢に関する要件を設けていない企業」というのは①既卒者の応募を現在受け入れていて②既卒者も新卒採用と同じ扱いを受け③卒業後の年数などが応募受付の条件になっていない・・・企業のことであると僕は考えます。残念ながらそれらの条件を全て満たす「採用活動において年齢に関する要件を設けていない企業」がどれぐらいあるのかはこの統計では正確に特定することは出来ません。


ただ「既卒者の応募を受け入れている」=「年齢に関する要件を設けていない」と解釈するのは不適切ということは言えるのではないでしょうか。

Re: タイトルなし

> 雨宮 さん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>これは僕の持論ですが、会社が新卒や若い人しか採りたがらない理由は3つあると思うんです。

・中途採用だと、採用された人が働いた時、前に勤めていた会社と比較されて自社の悪い部分が見えてしまうから

・新卒はまだあまり社会の仕組みを知らないので、多少理不尽な事を課しても「これが社会だから」で言いくるめられるから

・若い人は元気があるのでストレス耐性を植え付けるのに持ってこいだから

2点目と3点の要素をまとめると「若者の方が扱いやすく、都合が良い」という風に言えそうですね。

>新卒採用も悪くはないのですが、中途採用でも経験や知識のある人を取り入れられるというメリットがある訳ですから、新卒と同じくらい企業は重要視してほしいものですね。

多分、中途採用自体は多くの企業がやっているのですが、一定の年齢を超えた人が中途採用の枠から外れるという状況があると言えると思います。ちなみに、アメリカの「年齢差別禁止法」という法律で保護の対象となっているのは「40歳以上」の人たちだそうです。これは裏を返せば、アメリカにおいては40歳以上の人を保護する必要性が存在する、つまり企業が40歳以上の人の採用を敬遠するという事情があると推測できそうです。

Re: No title

> William Yamin さん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>既卒者対象の求人を出していてしかも必ず誰かは採用してるんだから、この企業が「既卒者を受け入れている」というのは間違いないでしょう。しかし、じゃあ「年齢に関して要件を設けていない」と言えるのかと聞かれたら、新卒と既卒で枠が異なり(母集団の数の差を考慮に入れても)採用人数に大きな開きがあるとすれば、それは年齢に関して要件を設けているということになるのではないでしょうか

「採用人数に大きな開きがあるとすれば」の部分ですけど、茂木・常見対談の動画の20分過ぎから常見さんが「大企業は卒業後面白いことをしてた変わり者(の既卒者)が欲しいと思っているけど、そういう人が応募してこないというのが問題だ」と言っていて、それに僕は驚きましたね。「新卒一括採用」というと「企業が新卒偏重の採用をして、既卒となった人が苦しむ(あるいは在学中の学生も既卒になることを恐れる)」という構図が頭に浮かびますが、常見さんの話を聞くと、どうやらいつの間にか「企業は新卒だけが欲しいわけじゃないけど、就活生の側が大学生の内に就活して入社していってしまう」という構図が作られていたようです。william yaminさんも僕と同様に海老原さんの記述をおかしいと感じたことがあるかと思いますが、どうやらそれ以上にやばいのは常見さんの方ですね。

こういう構図が作られている以上、「採用人数に大きな開きがある」と言っても「それは、そもそも既卒者が応募してこないからだよ!」と返されかねないと感じました。

>動画の中で茂木さんが理想としていた年齢や卒業年次で差別しない採用というのも、ここではどちらかというと「新卒採用の扱いで実施」の方に該当するのではないでしょうか。僕はそう解釈しました。さらに茂木さんは、「既卒者を採用しているというのは中途採用をしているということとは違う」という趣旨の発言もしていたので、約10%の「中途採用の扱いで実施」も場合によっては茂木さんのいう年齢や学業年次での差別に該当するかもしれません

茂木さんの発言の理解は正しいと僕は思いました。そして僕も、茂木さんは、職務経験のない既卒者の採用を「中途採用の扱いで実施」することに憤りを覚えると思います。茂木さんが常見さんに「大きな嘘を隠すために、小さな嘘をついているような・・・」と言って常見さんが「それはひどいな~」と憤慨する場面がありましたが、<「(2)既卒者採用の形態」として、「新卒採用の扱いで実施」が80.4%、「中途採用の扱いで実施」が9.9%、「その他」9.1%、「無記入」が0.6%>という事情を述べなかったことを鑑みると、結果として茂木さんの発言は失礼でもなんでもなく、ただただ事実を述べていたと評価して良いと思いますね。

No title

データについてはどうでもいいでしょう。
海老原の話然りただ統計こねてるだけで意味ないです。

前にも言ったけど、既卒者が不利なのは他が同じ条件なら既卒無業者より新卒者の方が有利というだけ。
年食ってるぶん相対的に能力が低いと考えるのはごくごく当たり前な感覚だわな。
新卒者からすれば、同じ能力の既卒者は自分よりも数年遊んでたように見えるわけで。

こーゆー既卒者への扱いはアファーマティブアクションを取らない限りはいつまでも言われ続けるよ。
ペーパー試験と違って就職面接は主観で決まっちゃうもん。これは否定できない

Re: No title

> の さん

こちらの記事にもコメントありがとうございます。

>データについてはどうでもいいでしょう。海老原の話然りただ統計こねてるだけで意味ないです。

しかし、常見さんのtwitterを見てみると「常見さんの話は根拠・データに基づいている」という趣旨のツイートして常見さんを高評価する人もいたみたいで、ゆえに「いや、常見さんの発言は一見データに基づいているように見えるけど、実は言ってること滅茶苦茶だから」という主張をしたかったのです。正直常見さんを評価する人の考えが本当に分からないです。

>前にも言ったけど、既卒者が不利なのは他が同じ条件なら既卒無業者より新卒者の方が有利というだけ。年食ってるぶん相対的に能力が低いと考えるのはごくごく当たり前な感覚だわな。新卒者からすれば、同じ能力の既卒者は自分よりも数年遊んでたように見えるわけで。

そういう現実があることが事実だとして、それを前提とした上で茂木さんが主張することとしては「確かに、年齢だけ高くて能力が新卒者と変わらない既卒者が選考にて不利になるのは仕方がない。しかし中には、卒業後留学やボランティアをしてきた既卒者もいるはず。新卒一括採用では、そういった道を歩んできた人も排除されてしまうじゃないか!」という趣旨の意見だと思われます。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。