スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「"良い会社"から内定を得た人→優秀」、「内定がない人・不人気な業界に就職することを余儀なくされた人→無能」という構図に対する疑問

以前「朝井リョウさん"就活の時期は、人を測る目盛りが"内定がある・内定がない"というたった一つだけになる"」という記事を書いたことがある。ここでいう「人を測る目盛りが"内定がある・内定がない"という一つだけになる」とは具体的には、特に俗に言う「良い会社」から内定を得た人には「十分な能力を備えているし、様々なことに努力して充実した人生を送ってきた人だ」という評価が与えられる一方で、内定がない人・不人気な業界に就職することを余儀なくされた人に対しては「能力が十分でなく、堕落的な生活を送ってきたのだろう」という評価が与えられる傾向があることを指していると言って差し支えないと思う。


確かに「"良い会社"から内定を得た人→優秀」、「内定がない人・不人気な業界に就職することを余儀なくされた人→無能」という構図は必ずしも間違っているとは言えないのかもしれない。しかし僕は、「"良い会社"から内定を得た人」を過大評価し、「内定がない人・不人気な業界に就職することを余儀なくされた人」を過小評価する声があるのではないか?という問題意識を抱いている。


最近この問題意識を強めた理由としては、松本孝行さんの「餃子の王将のスパルタ研修…他の方法はあるのか」という記事を読んだことが挙げられる。僕はこの記事を受けて「松本孝行さんによる"社会にでるまでに教育をしっかりとされて来なかった人たちをどうやって救うか?"という問題提起は重要だ」という記事を書き松本さんの問題提起を高評価したが、一方で「"外食産業に就職する人=社会にでるまでに教育をきちんと受けてこなかった人"と推測するのは安易だ」と松本さんを批判する文章も書いた。


松本さんは自身の記事の中で「読み書き計算もろくにできない状態で、コミュニケーション能力も低い状態の少年少女がいきなり仕事が出来るでしょうか」と記し、即ち外食産業に就職した人が「読み書き計算もろくにできない状態で、コミュニケーション能力も低い」という前提に立っている。だから「一つ一つ論理的に説明して理解できるレベルの人材ではないからこその研修方法なのでしょう」とスパルタ研修を肯定する考えをお持ちになった(ちなみに松本さんはBLOGOSのコメント欄で「外食産業=バカとは言っていませんが、他の企業で採用されなかった人達が多く集まるのが外食産業というのは間違いないと思います」と言っているけれど(http://blogos.com/article/60148/)、それに対しては「いや、松本さんの文章を読む限り明らかに"外食産業=バカ"と言ってますけど」としか思えない)。


しかし、この前提は果たして妥当なのだろうか。もし外食産業に就職した人、あるいは内定がない人・(外食産業に限らず)不人気な業界に就職することを余儀なくされた人が松本さんの記事を読んだ場合、次のような思いを抱くのではないかと僕は想像している。それは「確かに多くの会社から断られたということで自分は面接が下手なのだろうけれど、読み書き計算は別に問題なく出来るんですけど・・・」という思いだ。要は、過去記事にも書いた通り「勉強はきちんとやってきたけれど、自分をアピールするのが苦手な性格のためになかなか就職が決まらず、最終的に外食産業に就職したという人」もいる可能性が十分考えられるということだ。


さすがに多くの会社から断られた人が「万能」な能力を備えている(そして面接官がその「万能さ」を見抜けなかった)とは正直考え難い。加えて、その人が何かしら致命的な欠点を備えているという可能性すらある。しかし一方で、そのような人が部分的に十分な水準の、あるいは他社と比べて優れた能力を備えている場合も考えられないか。例えば、もしかすると「読み書き計算」能力に関して言えば、「多くの会社から断られた結果として外食産業に就職した人」の方が「webテストを友達にやってもらって大手・有名企業に就職した人」よりも優れているという場合もあるかもしれない(ただ勿論、webテストを友達にやってもらった結果として大手・有名企業に就職したといっても、その人が「読み書き能力」とは別の能力を備えていることは恐らく間違いない)。このようなケースを想像してみた上で松本さんの主張に目を通すと「"多くの会社から断られた"という事実をもって、"~な能力がない、~な能力もない"と単純に推定するのは安易すぎるんじゃないか」という気がしてくる。


これは既に何度か書いていることだが、内定が出ている人・内定が出ていない人共にそれぞれ「長所」、「短所」双方があるはずなのに、特に内定が出ていない人(+不人気業界に就職した人)に対しては「内定がないんだから(不人気な業界に就職することを余儀なくされたのだから)、~な能力も、~な能力も欠けてるんでしょ?」という推定がなされ、その長所に目が向けられないのだということを松本さんの記事を読んで再確認した。しかし、そのような考え方はどうなのだろうか。別に内定が出ていない人+不人気業界に就職した人の能力を過大評価する必要はないと思うけれど、安易に人を過小評価する考え方には僕は同意できない。

<補足>
松本さんの問題提起を知るには、本記事で取り上げたエントリーよりも、コメント欄で「ななし」さんが紹介してくださった「下流層を切り捨てますか、下流層と共に生きますか?(http://agora-web.jp/archives/1530845.html)」を読むのが良いと思います。

「"良い会社"から内定を得た人→優秀」、「内定がない人・不人気な業界に就職することを余儀なくされた人→無能」という構図はあまりにも単純過ぎるという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

松本さんがその記事の続編を書かれていますね。
http://agora-web.jp/archives/1530845.html
松本さん自身、前の記事は書き方が悪かったと思っているようです。
外食産業に入ってくる人は必ずしも底辺の人ではないでしょうが、松本さんが問題にしているのは、どこにも行き場がない、本当に底辺の人のことのようです。
管理人様の言う、学力などがあるのにほかで採用されずに来た人、は、松本さんのいう底辺の人ではないということになります。

実を言うと僕も松本さんの発言に違和感が有りました。何と言うか、差別的な言い方だな、というのが第一印象でした。本文を読んで何故か管理人さんの過去の「内定長者」の記事を思い出しました。本来は「量より質」を求めるべきなのに、周囲は「質より量」を求めるという中で如何に自分たちの就活をしていくか、ここに就活の難しさがあると考えています。僕自身まだ迷っている面もありますし、親や周囲との違いに戸惑いを覚えている所です、正直言って。

Re: No title

> ななしさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>松本さんがその記事の続編を書かれていますね。http://agora-web.jp/archives/1530845.html 松本さん自身、前の記事は書き方が悪かったと思っているようです。

記事の存在を教えてくださり有難うございます。その記事の問題提起に対しては何も異論はない・・・どころか、とても的確なものとすら思います。松本さんが19日の段階でその記事を書いているにも関わらず、僕は22日に松本さんの姿勢を批判する記事を書いたわけなので、教えてくださった記事を本文に補足という形で記すつもりです。

Re: タイトルなし

> たろうさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>実を言うと僕も松本さんの発言に違和感が有りました。何と言うか、差別的な言い方だな、というのが第一印象でした。

上で「ななし」さんが松本さんの別の記事を紹介されているので、そちらも読んでみるとまた印象が変わってくるかもしれません。

>本文を読んで何故か管理人さんの過去の「内定長者」の記事を思い出しました。本来は「量より質」を求めるべきなのに、周囲は「質より量」を求めるという中で如何に自分たちの就活をしていくか、ここに就活の難しさがあると考えています。

想像ですが、「内定長者」も一応「(企業の)質」は考慮しているのではないでしょうか。誰も入社したがらない企業群から多くの内定をとっても、彼ら・彼女らも別に周囲に自慢できませんからね。

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。