スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接という茶番劇に「自分を偽ったら、入社後に後悔するよ」というアドバイスを胸に臨む就活生が抱くであろう葛藤

「面接が茶番だ」という言葉を発したことがある人は決して少なくないだろうが、この言葉が意味するものは「面接官に合わせるために、思ってもいないことをペラペラと話さなければならない」という苛立ちだと思う。例えば志望動機を聞かれた際に、本当は「お金が欲しいから」という理由しかないのに「御社の~なところに惹かれて・・・」という方向性で答えることを余儀なくされる。


誤解しないでほしいが、ここで言いたいのは「面接官は、本音を剥き出しにする就活生を採用するべきだ」ということではない。ただそれでも、自分が思ってもいないことを発言することに嫌悪感を抱く就活生が「面接は茶番だ」という気持ちを抱くこと自体は決して否定できないと思っている。


そもそもなぜ「自分が思ってもいないことを発言すること」を「茶番」と感じてしまうのだろうか。それは、そう感じる人の中に「自分の思っていることを正直に伝えることこそが是だ」という常識が定着しているからではないかと僕は考えている。だからこそ、その常識から逸脱した「嘘をつく」という行為をバカバカしいと感じるのだと思う。


加えて就活の場面においては、就活生に「面接では、自分が考えることを正直に話すべきだ」と思わせるツールがある。それはよく言われる「面接で自分を偽ると、入社後に後悔するよ」というアドバイスだ。これは言葉の通り、嘘をついてまで面接官に気に入られようとしてはいけないということを就活生に要請する助言と言える。このアドバイスは別に間違っていないだろうし、このアドバイスのおかげで納得のいく企業に就職することができた人もたくさんいるだろう。


しかし一方で、とある就活生の「自分の本音」が明らかに企業が求める素養から逸脱している場合、このアドバイスは就活生を心理的に追い込むことにつながるのではないか。具体的には「面接では本音を話そう」というアドバイザーからの要請と「~な質問ではちゃんと"建前"を語ってくれ。さもなければ落とす」という面接官からの暗黙の了解に挟まれることにストレスを感じる就活生は少なくないのではないか。アドバイスを受けて「面接では本音を語ることが是だ」と感じている状況下で自分の本心とは異なる発言をすることにバカバカしさを覚えるのではないか。


こうした類のストレスを軽減するため、僕は「面接では本音を話そう」というアドバイスをより丁寧に発する必要性があるのではないかと考えている。つまり、「確かに面接では本音を突き通すべき場面は必要だけれども、一方で必要に応じて"嘘"・・・というか"建前"を語ることは少しもおかしなことではない」という形でアドバイスを発する必要があるのではないかと思っている。ここでいう「本音を突き通すべき場面」とは「嘘をつくことにより、入社後に会社に馴染めなくなる状況を生み出し得る場面」のことを意味している。


例えば、学生時代の経験からどう足掻いても飲み会を好きになれなかった人が面接の場面にて「うちは社員同士の飲み会が多いんだけど、お酒とか好き?」と問われた場合は、それは「飲み会は嫌いです」という「本音を突き通すべき場面」といえる。なぜなら、飲み会嫌いの人が飲み会が多い会社に馴染むことは通常想定しがたく(飲み会の存在に憂鬱になるのがオチでしょう・・・)、入社しても不幸になることが見え見えだからだ。一方で、例えば「尊敬する人は誰ですか?」という質問がなされた際に「尊敬する人なんか別にいねーよ」と思っていた場合、それはとりあえず面接官の話に合わせる場面と言える。別にそんな質問に嘘をつこうが、入社後に「おい、お前あの時○○を尊敬してるって言っていたじゃないか!」と軋轢が起こることはまず無いだろうと思うので(笑)


このように考えるので、詳細な説明抜きに「面接ではありのままの自分を出そう」とアドバイスする、つまり就活生に「あらゆる局面で本音を語るべきだ」と思わせてもおかしくない形でアドバイスする人を僕は無責任だと感じる。「時に、本心と異なることを述べて面接官とのコミュニケーションを円滑にしようと心がけるのはおかしなことではない」というコンセンサスが根付くことで楽になる就活生は一定数いるのではないだろうか。「面接では本音を語ろう」という圧力を無くすべきだとまでは全く思わないけれども、少なくとも緩和する必要はあるのではないか。


「面接では本音を話そう」というアドバイスはもっと丁寧に発信されるべきだという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そもそも どうあがいても茶番にならざるをえない問答にそんなに重きを置くこと自体が問題で
面接の配点自体を下げるしかないのだと思います

ちょっと面白いのを見つけたので貼っておきますね

面接を捨てる覚悟
http://www.dhbr.net/articles/-/1431?page=6

No title

就活の面接のみならず、その後の社会人生活においても「嘘」や「演技」を上手く使いこなす場面はかなりある気がしました。そういうのを器用に楽しめる人になりたいとも思いますが、私はどうもうまくいきません…

Re: No title

> ともさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

>そもそも どうあがいても茶番にならざるをえない問答にそんなに重きを置くこと自体が問題で面接の配点自体を下げるしかないのだと思います
ちょっと面白いのを見つけたので貼っておきますね

面接を捨てる覚悟
http://www.dhbr.net/articles/-/1431?page=6

記事のご紹介、ありがとうございました。高橋潔教授はインターンシップ型の選抜を推奨しているようですね。確かに面接と比べて自社に必要な人材を採用できる可能性は高まるのでしょうが、企業側からすればやはりコストがかかるというのが大きいのでしょう。ただ、記事でも取り上げられているワークスアプリケーションズはインターンシップ型の選考が出来ているわけで、やり方次第では就活生に実際に仕事をやらせ、その成果で採用の可否を判断することも大いにできるのかもしれません。

Re: No title

> 文転就活生さん

お久しぶりです、コメントありがとうございます。

>就活の面接のみならず、その後の社会人生活においても「嘘」や「演技」を上手く使いこなす場面はかなりある気がしました。そういうのを器用に楽しめる人になりたいとも思いますが、私はどうもうまくいきません…

今度ブログでも取り上げるかもしれませんが、平野啓一郎さんの「私とは何か」という本を読むと気持ちが楽になると思います。「文転就活生」さんが抱える悩みにぴったりと応える本です。

No title

 >面接で自分を偽ると、入社後に後悔するよ

 「面接」の部分を「求人票」と置き換えたらどうか、と言う事を採用側は考えたことがあるのでしょうか(苦笑)?

Re: No title

> KYさん

こちらの記事にもコメントありがとうございます。

>>面接で自分を偽ると、入社後に後悔するよ

 「面接」の部分を「求人票」と置き換えたらどうか、と言う事を採用側は考えたことがあるのでしょうか(苦笑)?

求人票を偽るといっても、企業からすれば偽ることで自分たちが不利になるということにはならないのではないかと思います。例えば「求人票には正社員の募集とあったのに、実際は契約社員としての採用だった」という話なら、企業からすればそれは美味しい話になるのでしょうし(その分、割を食うのは労働者なわけですが・・・)。

No title

 面接に限らず、応募の際にも選考基準で「本音と建前の乖離」に悩まされることもあります。
 最近でも、職種自体は経験を活かせるのでそこだけなら応募したいのですが、重いものを運ぶ男性向きの職種なのに「自給800円前後、パート、正社員登用の可能性あり」と他の条件では躊躇してしまいます。確かに自分の歳では正社員にばかり拘ってもいられませんが、時給の額の低さが一番気になります。社会保険完備なので(それは有難いのですが)、諸経費を引かれると手元に残るのはいくらなのか、それを考えるとやはり踏ん切りがつきません。
 こういう迷いって甘えでしょうか?

Re: No title

> KYさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>最近でも、職種自体は経験を活かせるのでそこだけなら応募したいのですが、重いものを運ぶ男性向きの職種なのに「自給800円前後、パート、正社員登用の可能性あり」と他の条件では躊躇してしまいます。確かに自分の歳では正社員にばかり拘ってもいられませんが、時給の額の低さが一番気になります。社会保険完備なので(それは有難いのですが)、諸経費を引かれると手元に残るのはいくらなのか、それを考えるとやはり踏ん切りがつきません。 こういう迷いって甘えでしょうか?


ちょっとわからないですね。最終的にはKYさんが「これまでの経験が活かせる職種だから、他の条件にあまり満足できなくても仕方がない」と考えるか「別にこれまでの経験を活かせる職種じゃなくてもよいから、もう少し条件が良いところを選びたい」と考えるかを決めるしかないのではないか?としか・・・。これまでの経験が活かせて条件もよいところならそれが一番なんですけどね(笑)
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。