スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活生はバカじゃないといけない

NEWSポストセブンというサイトで、「人事担当者「6+5×3=33」と答える就活生続出で不安になる」という下らない記事が載っている(http://www.news-postseven.com/archives/20111021_65656.html)。学生の基礎学力の低下が著しいということを述べる記事で、その一つの具体例として「6+5×3」という計算を33と答える就活生が続出しているというエピソードが、食品メーカーの人事担当者によって紹介されている。


僕が就活において腹が立つことの一つなのだが、一部の就活生のミスを大げさに取り上げて、そのミスをもって「近頃の若者はバカでどうしようもない」という風に若者全体を批判しようとするとする、バカな社会人が存在する。


大体、「6+5×3=33」と間違えるというエピソード自体にも疑問な点がある。食品メーカーの人事担当者が言いたいこととしては、「近頃の就活生は足し算より先に掛け算を計算するということすら知らないんですよー」というものだろう。つまり就活生が、「まず、6+5=11。そして11x3=33だから、答えは33!」という風に考えた上で答えを出したと思っている。


しかし、この「6+5×3」という計算だが、足し算と掛け算の位置を勘違いした上で33という答えを出した可能性もあるのだ。要は、「6×5+3」という計算式と勘違いしたのではないかということ。この計算式でも、答えは33になる。勿論、「足し算と掛け算の位置を勘違いした」というミスも褒められたものじゃないけれど、試験の制限時間が厳しい中で多くの計算をしていたら、このくらいのケアレスミスをしてもおかしくない。少なくとも、「近頃の就活生は足し算より先に掛け算を計算するということすら知らないんですよー」と短絡的に判断することは出来ないだろう。


大体、試験を受けた就活生が本当に「足し算より先に掛け算を計算する」ということを知らなければ、「6+5×3」以外の「足し算と掛け算両方が含まれている計算」も間違えているはずだ。その点はどうだったのだろうか。「6+5×3」の計算のミスのみをもって就活生のバカさを論じたいのだとしたら、その人事担当者こそただのバカだ。


話は少し変わるが、個人的に「就活コンサルタント」とは相当胡散臭い職業だなぁと思っている。しかし、上で紹介した人事担当者の滅茶苦茶な話を批判して就活生を守ろうとする動きを見せれば、その仕事の内容にも一定の価値があるといえる。


ところが残念なことに、NEWSポストセブンの記事には就活コンサルタントの常見陽平さんのコメントも書いてあるのだけれど、これがまた就活生批判なのだ。「6+5×3=33」の話とは全く関係ないのだが、一応コメントを引用すると、「就職活動だけやたら頑張った“就活のプロ”のようなタイプが増えています。企業研究もせず、手当たり次第に受けていくため、場慣れする。ところが、こうしたタイプは面接官から『君からわが社に質問はあるか』と逆質問を求められると全く対応できないのです」。こんな下らないコメントを寄せるだけでお金がもらえているとすれば、良いご身分だなと感じる。


NEWSポストセブンの記事に限らず、「学生の質が低下した」ということを示すエピソードを見かける機会は多い。計算ができない若者より、エクセルやパワポが使えないおじさん・おばさん達の方が仕事においては使えないと思うのだけれど、そのようなエピソードが紹介されることはない。


思うのだが、就活コンサルタントにとっては「就活生はバカだ」という話が広まることは都合がよいことなのではないか。口では若者の質の低下を嘆きながら、本心では「就活生はバカじゃないといけない!そうじゃないと、俺らが儲からない」と考えているのではないか。


常見陽平さんのことばかり取り上げて恐縮だが、彼は「株式会社クオリティ・オブ・ライフ(http://www.qol-inc.com/)」という会社のスタッフとして働いている。会社のサイトを見てみると、企業の採用支援についても取り組んでいる会社だということが分かる。


企業から採用支援のお願いを多く受けるためには、どうするか。その方法として、「近頃の就活生のバカさ」をアピールしているんじゃないか。「近頃の就活生の頭の悪さと言ったら、ひどいですよー。私達のサービスを受けないと、バカな奴を雇うことになっちゃいますよー」とか言っているんじゃないか。真偽は分からないけれど、少なくとも企業の採用支援も行う就活コンサルタントにとって、企業の採用担当者が「ゆとり就活生はバカばかりなんだろう・・・。変な奴採用したらどうしよう・・・」と不安に思ってもらえる方が都合が良いのは間違いない。


結局、こんな記事を書いても別に「若者の質が低下している」という声はなくならないわけで、ある種のむなしさは感じている。こちらとしては、バカな社会人の下らない若者批判なんか聞きたくないんですけどね。本当に一度、採用担当者とか、就活生を馬鹿にしがちな常見さんとかに学力検査を実施したいものだ。そして、自分達も「近頃の就活生」と大してレベルが変わらないということを、自分の身をもって体験してもらいたいですね。もう、就活生をムカつかせるだけの不毛な若者批判はやめてほしいですよ、本当に・・・。

就活生に「バカ」というレッテルを貼って金を稼ごうとするコンサル・ライターはクソだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
その”就活のプロ”とやらを生み出しているのが自分たちなのに
無責任な批判ばかりしてるのがコンサルタントですよね…

サービス業や教育ビジネスの必要性を認めないではないですが
コンサルタントとか言う人種がでかい顔してる現状が
日本の生産性の低下を表している気がします。

Re: No title

>トケビさん

はじめまして、コメントありがとうございます!

おっしゃるとおり、就活コンサルタントは自ら”就活のプロ”とやらを生み出しているにも関わらず、一方で就活生批判にも精を出している。言っていることとやっていることが違うんじゃないの?と思うことも多々あり・・・。

日本の生産性の低下については、考え不足で詳しく自分の考えを述べることはできません。ただ、コンサルタントの中でも就活コンサルタントは減っていく方向が望ましいと思っています。なんか、就活生や採用担当者を無駄に煽った上でニーズを無理やり作って、彼らにたかっているような印象があるので・・・。

今後も記事を書いていきますので、良かったらまた読んで頂ければ嬉しいです!またのコメントもお待ちしていますので!


main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。