スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「社会問題を解決したい。でも、いざ問題が解決に向かうのは困る」という矛盾した感情~「自らの手で強引に問題を作る」動きに歯止めをかけよう~

分野を問わず社会問題の解決のための活動に携わる人は多くいると思う。それはNGO・NPOという形かもしれないし、学生団体という形かもしれないし、あるいは就活デモのように一時的に共通の目的の達成に向けて共に活動するという形かもしれない。いずれにしても、そのような活動に携わる人たちは世の不条理に憤りを覚え、その不条理の撲滅を目指していることは間違いない。


ただ、就活デモに携わった経験を持つwilliam yaminさんから次のようなコメントを頂いた。

別に誰がという話ではなくあくまで一般論ですが、もっと深刻な状態として、ある問題に対する政治活動なり執筆活動なりで一度生活が成り立ってしまったら、むしろこのまま問題が解決しない方が自分にとっては得だという心理状態に陥っても不思議じゃないだろうな、というのも就活デモやってた時に感じたことです。社会問題の解決や啓発などを本業にするのはなんだかかっこいいし、やりがいもあるかもしれませんが、皮肉なことに自分が解決したいと思っている問題のお陰で食べられるという構図も生まれてしまう

このコメントを見た際に真っ先に思い浮かべたのが「め組の大吾」という漫画で主人公の朝比奈大吾が抱いた葛藤である。朝比奈大吾は消防士として活躍し、且つ仕事にも誇りを持っている。しかし一方で「もしこの世から火事が無くなったら、自分の存在価値は無くなるのではないか?」という葛藤を抱えていた時があったのだ。その葛藤を同僚に吐露した際には同僚と殴り合いの喧嘩に発展してしまうが、朝比奈大吾が抱いたような思いに共感できる人も少なからずいるのではないだろうか。


william yaminさんは「皮肉なことに自分が解決したいと思っている問題のお陰で食べられるという構図も生まれてしまう」と述べたわけだが、これが進むと「自らの手で強引に問題を作ってしまう」という構図も生まれかねない。どういうことかというと、一般的には「それは、さほど問題じゃないでしょう」と捉えられる事象をわざわざ「問題」として規定するという行為が起きかねないということだ。


そんなことをして何のメリットがあるのかというと、活動者が「社会問題の解決に取り組む自分」をより長期的に維持できるという点が挙げられる。実際に活動に取り組んだwilliam yaminさんが「社会問題の解決や啓発などを本業にするのはなんだかかっこいいし、やりがいもあるかもしれない」と述べているので、そのような状態に身を置ける時間を長引かせれば、それが自分の幸せにつながってしまうという側面があると言えるのではないか。且つ、朝比奈大吾が抱いたのと同じような「この社会問題が解決されたら、自分の存在価値は無くなるのではないか?」という不安からも解放される。


ここまで他人事のことのように考えを述べてきたけれど、他ならぬ僕も就活問題に関して「自分で強引に問題を作っている」動きをやってしまっている可能性がある。実際、過去記事の「"ウチが第一志望ですか?"いう質問を1次面接の段階でするのはおかしくないか」には「私は別にそこまで不自然さは感じませんが……」、「タテマエがバカバカしいのは分かるんだけど、セクハラみたいに就活生を傷つける質問ではないしねえ・・・」というコメントが寄せられている。言うまでもなくこれらは「あなたが指摘していることって、別に取り立てて問題にすることじゃないですよね?」という趣旨のコメントだ。僕としては「"ウチが第一志望ですか?"という質問を1次面接の段階ですること」という行為を問題に感じたからこそ記事で取り上げたという意識なのだが、もしかすると無意識のうちに「"就活問題を批評する自分"をできるだけ維持するために、多少強引にでもこの行為を問題視してしまおう」と感じていたのかもしれない。


「自らの手で強引に問題を作る」動きを活発化させている当の本人が、自分の問題提起のおかしさに気づいていないということは十分あり得る。加えて問題提起をした当の本人からすれば「普通の人が気づいていない問題を自分は可視化することが出来ているぞ・・・」というバカな自己評価をしている場合がある・・・ということが自分のブログ執筆という経験から言える(笑)だからこそ誰かが行った問題提起をすべて是とするのではなく、問題にする必要性が感じられない主張を却下するという、問題提起に対するフィードバックが非常に重要となる。そうすることで「検討・解決すべき問題」と「取り立てて議論する必要がない問題」の仕分けが進み、重要性が高い事項に関する議論が進むのではないだろうか。

「自らの手で強引に問題を作る」動きに歯止めをかけようという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

問題とは

>一般的には「それは、さほど問題じゃないでしょう」と捉えられる事象をわざわざ「問題」として規定するという行為が起きかねないということだ。

この文章を読んで思ったことですが、ある事象が問題かどうかの判断は、結局都合によるので、判断する人の立場で変わるのではないでしょうか?

たとえば本文中にもあった「第一志望かどうか聞くのはどうなのか」という問題は、すでに職を持っている人からすればどうでもいいことかもしれません。しかし求職職中の方々からすれば、とても関心のあることでしょう。

つまり、ある事象が問題かどうかは客観的には決めにくいのでは、ということです。

僕の考えとしては、ある事象が起こらないことで誰かの不利益を解消できて、かつその事象が必要でないのなら、その事象を解決する価値のある問題としていいと思います。

第一志望かどうかの質問は求職者の心理的葛藤や、企業への忠誠の強要という面で見れば解決すべき問題であると思います。

Re: 問題とは

> tolemyさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>この文章を読んで思ったことですが、ある事象が問題かどうかの判断は、結局都合によるので、判断する人の立場で変わるのではないでしょうか?(中略)つまり、ある事象が問題かどうかは客観的には決めにくいのでは、ということです。

確かにおっしゃる通りなのですが、一方で明らかに不適切な問題提起もあり得るとは思います。このブログでもそうした問題提起を、不適切だと感じる理由も述べながら「"就活デモ"など就活批判の動き/就活生による訴えへの疑問(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-category-11.html)」で取り上げています。


もっとも僕が問題と感じないからと言っても、問題提起をした側からすれば恐らく「いや、これは解決すべき問題なんだよ」と感じるでしょう。その場合は、僕としては「もっと主張の説得力を高めてくれないと納得できない・・・」と思いますね。

No title

>一般的には「それは、さほど問題じゃないでしょう」と捉えられる事象をわざわざ「問題」として規定するという行為

難なく就職活動を終えた優秀な人とか、そもそも基本的に新卒では就職できない国の人からすれば、「学生の就職難」もその行為によって作られた問題に該当するのではないでしょうか。

個人的には「就職難は自然なことで、社会問題レベルに格上げするほど一大事なことじゃない」と社会が認識してくれたら良かったのにと思いますね。
そうすれば就活でうつになる人も減り、学生に偉そうなことをいう人もいなくなるわけです。
(もちろん「基本的には働かないとお金を得られない」などの問題は解決しなければなりませんが、これはまた別の話)

台風が来て外出できないとなった時に
「これは社会問題だ!一刻も早く台風が起きないようにしなければならない!」
と言う人はいませんし、台風が来て外で遊べないからといって自ら命を絶つ人はほとんどいませんよね。
「外に出れないから家の中で何をしようか」などの問題を解決する方向に持っていくでしょう。

現状は社会全体で「台風は社会問題だ!」と変な騒ぎを起こし、そのせいで「台風が原因で自害」なんていう悲惨なことになっている、なんて見方もできますね。めちゃくちゃ大雑把にいえば。
「家でどのように過ごそうか」という問題は無視され「気合と根性で外に出ろ」と煽る輩も…

Re: No title

>コマンドーさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

> 個人的には「就職難は自然なことで、社会問題レベルに格上げするほど一大事なことじゃない」と社会が認識してくれたら良かったのにと思いますね。

「就職難は自然なこと」とする認識はちょっと受け入れがたいですね・・・。「就職難だから内定がなかなか取れないのも自然なこと」なら話は分かるのですが。

>台風が来て外出できないとなった時に「これは社会問題だ!一刻も早く台風が起きないようにしなければならない!」と言う人はいませんし、台風が来て外で遊べないからといって自ら命を絶つ人はほとんどいませんよね。「外に出れないから家の中で何をしようか」などの問題を解決する方向に持っていくでしょう。

台風の事例ならそういう考え方も成り立つでしょうが、就職の事例に当てはまるのは難しいと思います。「職を得られないなら、どうやって生きようか」という方向で問題を解決しようとするのは不可能とまでは言いませんが、かなりハードルが高いアプローチだと思いますし・・・。しかもそのアプローチで失敗した場合、そもそもお金を稼げず生活ができなくなるという困難に直面するわけで、やはり「就職難」という事態は解決されるべき課題でしょう。


main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。