スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カリスマ内定者」というバカを崇める、バカな僕たち

マイナビの調査により、学生が愛社精神を感じる理由は「努力して内定をもらった」「やりがいがある仕事ができそう」に集中していること、そして、社会人(若手社員)が愛社精神を感じない理由は「仕事にやりがいを感じない」が最多で、「尊敬する上司・先輩が少ない」が続いていることが分かった(http://www.asahi.com/business/update/1021/TKY201110210408.html)


若手社員が、自分の職場に「尊敬する上司・先輩が少ない」と感じている理由の一つとして、上司・先輩が偉そうなことを言う割に、大して有能ではないというものが想像つく。しかし、今日の記事で書きたいのは、「内定者が自分達の価値を過大評価しているのではないか」という点だ。内定者の時点で必要以上に自分の価値を高く見積もってしまうがゆえに、会社の上司や先輩がバカに見えてしまうという一面があると思っているのだ。本当は、そのバカにしている上司・先輩以下の仕事しか出来ないのに。


個人的には、日本では、「組織に入ってから何をしたのか」ということよりも「組織に入るまでにどんな競争を勝ち抜いてきたのか」ということに価値を置き過ぎなような気がしている。例えば、学歴に関してもそう。確かに企業は採用試験において「大学に入ってから何を頑張ってきたのか」という点も重視するが、偏差値の高くない大学に在籍している学生の大学での努力は、そもそも審査する価値すらないとみなされる場合がある。


就職試験においても、会社に入ってから何が出来るのかという点が本来大事なはずなのに、大手企業の内定者なんかは、未だ何も社会に貢献していない立場にも関わらず必要以上にヨイショされている現状がある気がする。ついには、内定者の中にも自分を「カリスマ内定者」と考えるバカまで出てきた。より詳しく書くと、「カリスマ内定者100人の告白―大学生が書いた大学生が知りたい就活のホンネ」という本が発売されているのだ。


誤解のないように言っておくと、「カリスマ内定者100人の告白―大学生が書いた大学生が知りたい就活のホンネ」という本の本文自体は、そこそこ立派なことを言っている。タイトルに「カリスマ」とついているが、むしろ謙虚な文章が多い。


ところが、本文の前のアンケートを見てみると、やはり筆者たちはどこか「自分は特別な人間だ!」と勘違いしているような記述が見られる。例えば、「第一志望の会社から内定をもらった時点で就職活動を止めましたが、続けていたらあと数社は内定をもらえていたと思います」「内定をもらったのは1社ですが、人気ランキングbest5のところ。量より質ですね」という記述を見ると、やはり彼らのどこかに自惚れの気持ちがあるんじゃないかと僕は感じた。加えて本文についても触れれば、最初のカリスマ内定者のエピソードとして(確か)5社内定をもらった就活生が書いた文章が載っているのだが、その中で「5社のうち4社は人気ランキングbest100に入っている会社でした」という内容の記述が見られる。


口では、「私達は、普通の学生であることを自覚すべき」「謙虚であるべき」というようなことを言っておきながら、本心では自分が世間が羨む人気企業の一員になれたこと自体が、嬉しくて嬉しくてたまらないのだ。そして、自分があたかも特別な人間であるかのように錯覚している愚かさに気づかない。


後書きでは、カリスマ内定者たちの後輩と見られる人が「ぼくもカリスマ内定者になってやります!」なんてことを言っている。そんな、何の役に立たないものを目指してどうするんだ。


とはいえ、有名企業の内定者が自分の価値を勘違いしている理由としては、大手病の就活生の存在も挙げられる。自分自身が大手病だったから分かるのだが、内定者の就活体験談を聞くなら、いわゆる大手企業の内定を得た人の話を聞きたいと思ってしまうのだ。以前の記事で「内定者体験談は、大手企業内定者のものばかりじゃないか」ということを書いたが、これはある意味利にかなったことなのだとも思っている。


多くの就活生が自分達の体験を聞きたがる。そして話をすると、「すごいですね!」と崇められる。上で紹介したカリスマ内定者に限らず、内定者が就職活動の攻略法に関するセミナーを開いている場合が多々あるが、彼らに調子に乗るなと言うほうが難しいのかもしれない。何より僕自身が彼らを崇めていた就活生だったから、あまり偉そうなことはいえない。それでも、「カリスマ内定者」に対しては調子に乗るな!と胸を張って言えますけどね!(笑)


冒頭の話に戻るが、「尊敬する上司・先輩が少ない」という発言が飛び出す背景には、確かに先輩社会人たちの魅力のなさも挙げられると思う。しかし同時に、そのような発言をする若手社員の側にも自惚れがあるのではないか。そして、その自惚れの背景には、未だ何者でもない内定者の時点で必要以上に以前の僕みたいなバカな就活生に持ち上げられたという事情があるのではないか。あくまで想像ですけどね。


ここまで書いて、マイナビがどのような企業に所属する社員にアンケートをとったのかという点を見落としていることに気がついた。主に中小企業に属する若手社員にアンケートを行ったとしたら、今までの記述の妥当性が失われるような気がするけれど・・・。それでも最悪、現在の内定者、特に大手企業の内定者が自分の価値を勘違いしているのではないか?という考えを伝えられればそれでいいです(笑)


最後に自慢話をすることを許してもらえれば、僕は周囲の友人に恵まれていたと思っている。友人の中には、テレビ局などの競争が激しい企業の内定を得た人もいたのだが、その人たちには自分達の内定をひけらかそうとする意思が一切なかったのだ。後輩から相談を受けて、はじめて就活について話をするという感じ。「能力も高いのに、こんなに謙虚だから、倍率が高い企業の選考にも受かったのだな」と僕は考えていたのだが、カリスマ内定者みたいな明らかなバカも受かっているとなると、一体どういうことなんだという思いも芽生える。贔屓目もあるかもしれないけれど、僕は内定のコツを後輩に対して自ら積極的に語っているような人たちよりも、友人のように内定のコツをひけらかさない姿勢の方が遥かに格好いいと感じている。

「カリスマ内定者」というバカを崇める僕らはバカだという考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログを拝見しました。
ここにコメントするのは不適切かもしれませんが、古い記事にコメントしてもお気づきになられないかもしれないと思い、こちらに書かせていただきます。
もし不快になられたら申し訳ありません。

lingmuさんの意見も非常に納得できるものでした。
特に、普通のデモと違い就活デモは一層のマナー・モラルがなければ、社会にデモの主張が届かないというのは、はっとさせられました。
確かに少しでも粗があるとそれをあげつらわれて、就職デモの効果がなくなってしまうというのは賛同します。

ただそれでも自分はデモにおいて今後のモラル・マナーの上昇が欠かせないにせよ、デモを起こした勇気・姿勢は評価されるべきものだとの思いを一層強く思いました。
頑固なやつですみません笑

Re: No title

>チンチラさん

いつもコメント有難うございます。
就活デモについて書いた記事に対するコメントですね!
チンチラさんのコメントを元に記事を書いたということもあり、その記事に対してどのような印象を抱いたのか、実は気になっていたのです(笑)

僕も、デモを起こした勇気・姿勢については賛成です。別にチンチラさんが頑固なやつとも思っていませんよ(笑)
ただ、あくまでデモは主張を伝えるための手段であって、それ自体が目的ではないはずなので、主張を社会に訴えるのにより適した方法があるのならば、その方法に拠って主張を伝えるべきだと僕は思っています。

この件に関してコメントをくださったことで、僕自身も勉強になりました。有難うございました!
またコメントをくだされば嬉しいです。

>記事を読んでくださる方々へ
この場を借りて述べさせていただくと、僕は記事の中では「バカ」など毒舌を吐いていますが、コメントは大歓迎ですので!可能であれば、拍手やブログランキングのボタンも押していただければ、有難かったりします・・・(笑)勿論、良い記事だと思ったら押していただければ嬉しいというだけの話なので、これからも皆さんから「この記事、コメントしがいがあるな」と思ってもらえるような記事や、「この記事なら拍手やブログランキングのボタンも押してもいいかな」と思っていただけるような記事を書いていけるように頑張ります。よろしくお願いいたします。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。