スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業が既卒者を敬遠しているのか。それとも、大学生が勝手に「既卒者」になることを恐れているのか

「新卒一括採用」に向けられる批判として「"新卒"にこだわる企業の姿勢はおかしい」というものを思い浮かべる人は多くいるだろう。例えば茂木健一郎さんは、2010年の夏に「なぜ、卒業した後、世界各地でボランティア活動をしたり、プログラミングの自習をしたりといった"ギャップ・イヤー"を経験した人材を採らないのか。なぜ、"履歴書に穴がある"などというくだらないことを問題にするのか」という主張をもって新卒一括採用を批判している(http://blog.tatsuru.com/2010/08/06_1028.php)。


このように、新卒一括採用批判に際しては「企業の器の小ささ」という問題点がセットで語られることがある。そして、その「企業の器の小ささ」によって学生の選択肢が狭められているという「企業=加害者、学生=被害者」という構図が定立される。ここでいう「学生の選択肢が狭められている」というケースの例としては、上の茂木さんの発言を参照すれば「"在学中に就活をせず、卒業後に課外活動をする"という選択肢が奪われる」というものが挙げられると思う。


ところが、今年の3月に行われた茂木健一郎さんと常見陽平さんの対談「日本の大学教育はこれでいいのか?茂木・常見のデスマッチ」では、常見さんが上記の構図とはまた違う見方を示していた。対談の動画が消えてしまったので正直うろ覚えなのだが、確か常見さんは「企業は(卒業後に課外活動をしていた)変わり者が大好き。しかし、そのような人が応募してこないという問題がある」というようなことを言っていたのだ。「うろ覚えで人の発言を語るなよ」という批判をされても仕方がない文章になってしまったが、常見さんの著書「意識高い系という病」には次のような文章が見られるので多分記憶違いではないと思っている(笑)

日本企業は、大手も中小も形式上は既卒者に門を開いている。例えば、経団連が行った「新卒採用(2012年4月入社対象)に関するアンケート結果」によると、69.8%の企業が既卒者に対する応募受付を実施している。実際に採用されるか、応募があるかは別だが門戸は開いているのだ。まぁ、鶏卵論だが、この手の人(※卒業した後、世界各地でボランティア活動をしたり、プログラミングの自習をしたりといった"ギャップ・イヤー"を経験した人材)はそもそも就職市場に出てこないので、応募してこない

常見さんの発言・文章を見ると、企業は既卒者を受け入れる気満々だけれど、肝心の就活生が「既卒」として就活をしないという構図の存在が伺える。これは冒頭に述べた「企業が既卒者を受け入れず、その結果就活生の選択肢が狭まる」という構図と真逆のものといえる。


前回の記事に対して「卒業後に個々人ばらばらと就職活動を始められるのが、理想」、「理系としては卒業後就活に大賛成です」という、卒業後に就活を始める流れに賛同するコメントを頂いた。ただ常見さんのスタンスに従えば、別に現在でもやろうと思えば卒業後に就活を始めることは可能ということになる。そして、この見方が荒唐無稽なのかというとそこまでは言えないと思う。常見さんが述べたことに加えて、別に「大学生は在学中に就活をしなければならない」という法律が存在するわけではないのだから。このことから、「卒業後に就活をする」という選択肢自体は一応存在すると言ってよいのではないかとも思われる。


しかし僕個人は、常見さんの意見には怪しさも大いにあると思っている。例えば「企業は(卒業後に課外活動をしていた)変わり者が大好き」という趣旨の発言を耳にしたときは「じゃあ、なんで企業は新卒一括採用をやってたんだ?」という疑問が浮かんだことを覚えている。あるいは「既卒者の応募を受け付けている」といっても、それがただの建前である可能性も否定できないとも思う。常見さんの文章を読むと、どうも問題の所在が企業の振る舞いから就活生の振る舞いにすり替えられている気がして気持ちが悪い。在学中・既卒問わず各就活生が常見さんが掲げる論理に対してどう思うかが興味深い。同意するのか、それとも「どう考えても企業は既卒より在学中の学生を好んでますよ!だから事実上、在学中に就活をするという選択をせざるを得ないです」と思うのか・・・。

企業が既卒者を敬遠しているのか。それとも、大学生が勝手に「既卒者」になることを恐れているのかという疑問に興味を持ってくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>例えば「企業は(卒業後に課外活動をしていた)変わり者が大好き」という趣旨の発言を耳にしたときは「じゃあ、なんで企業は新卒一括採用をやってたんだ?」という疑問が浮かんだことを覚えている。あるいは「既卒者の応募を受け付けている」といっても、それがただの建前である可能性も否定できないとも思う。

あくまで日本企業の雇用慣行の枠におさまる範囲で「変わり者」ということでしょう。例えばアメリカのアイビーリーグで博士を取ったような人材や高卒ニートだけどゲームの世界では天才みたいな人材は絶対取らない。(そういった人材を通常の採用ルートで採用している日本企業があったら教えていただきたい。)結局なんだかんだ言ってもその企業で一生働いてもらうことを前提として「ポテンシャル採用」をやっているわけですから、その枠内で同質な人材が増えて「血が濃くなる」のを防ぎたいというだけの話だと思います。確か同じような趣旨の発言を城繁幸さんがしていたような気がします。

ここからは僕の主観ですが、新卒一括採用が前提とする終身雇用という制度は「企業が社会保障を担う」という日本の社会システムそのものに深く組み込まれてしまっている仕組みなので、一朝一夕には変わらないはずだと思います。それが変わるとしたら、年金制度を始めとした社会保障システムそのものが変わる時であって、それってそんな簡単にいかないよねということです。

No title

新卒就活の時期が一定の時期(主に2~4月頃)に集中しているという事が、特別な体験をしたような既卒者が受けられない要因の1つではと思います。
勿論、夏採用や秋・冬採用、5月以降から採用活動を行う企業も数多くあるかもしれませんが、常見さんが把握していたり、経団連調査に参加している大企業や中堅企業?と言うのは、2~4月頃に就活をしっかりできる人でないと選考に参加できない企業ではないかと思います。
後は、一部の企業以外は翌年4月入社になる事も原因かなと思います。

プログラミングは別ですが、海外留学、海外へのボランティア等の準備期間がある程度必要だったり、資金が必要な事をどれだけの既卒者ができるのかなという疑問もあります。
多分、多くの既卒者は就活をしつつ、アルバイトをして就活資金を稼ぎつつ、ある程度生活費を家に入れるなどしているでしょうし……
とりあえず、家にいられるという人も本当に時間やお金を自由に使えるか?というと疑問ですし。
そもそも、卒業後に変わった経験をするアクティブな人(というより意識の高い人?)は普通の就活に参加しないか、学生時代に行っていて在学中に内定を得ているのかなとも思います。
勿論、既卒者がアクティブでないと言うわけではないですし、内定者の中にもそんなアクティブな人は少数派だと思っています。


海外ボランティア=海外青年協力隊というわけではありませんが、海外青年協力隊に関する個人ブログの記事を貼っておきます。
http://www.onaneet.org/blog/archives/5512
http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/51901806.html
これを見ると、既にYISさんが指摘されていますが、日本企業の雇用慣行の枠におさまる範囲というか企業が好む程度の変わった経験をする必要があるのかなと私も思います。

No title

上の記事でもコメントしたけど、

本当に優秀なのに年齢で絶対的に採用されないならそれは弊害。
問題はその「優秀さ」が検証されにくいということ、
「優秀」であっても普通の学生と同じ枠組みで採用されることが問題なんでしょう。
(チャレンジ人材採用(一芸採用)やってる企業はいくつか見たことあるけど、
入社後その企業に飼い潰されてるなんてことないよな?w)

いくら優秀なはみだし者といっても、その優秀者を見抜いてかつ引き出せる人がいたら苦労しない。
波頭さんの例を見ても分かる通り、はみ出し者の才能を見抜いて引き出したのは
ほかならぬ社会の枠組にあるマッキンゼーという組織だったんだよなあ。

後半の査定云々については、就職だけの話じゃないよね。
人が人を選ぶプロセスは皆そうだろうよ。

Re: No title

> YIS さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>あくまで日本企業の雇用慣行の枠におさまる範囲で「変わり者」ということでしょう。例えばアメリカのアイビーリーグで博士を取ったような人材や高卒ニートだけどゲームの世界では天才みたいな人材は絶対取らない。(そういった人材を通常の採用ルートで採用している日本企業があったら教えていただきたい。)

動画が消えているので水掛け論になってしまうのですが、常見さんのニュアンスは「企業は、日本企業の雇用慣行の枠におさまる範囲での"変わり者"が好き」というものではなかったと記憶しています。だから僕も、YISさんと同様「そういった人材を通常の採用ルートで採用している日本企業があったら教えていただきたい」という疑問を抱いた覚えがあります。

>「企業が社会保障を担う」という日本の社会システムそのものに深く組み込まれてしまっている仕組みなので、一朝一夕には変わらないはずだと思います

そうなんですよね・・・。

はじめまして

私としては、確かに既卒者(正確には『経験者』ですが)のほうを求めたがる企業は多く感じますね

私がクリエイター系の人間だからでしょうけど、だいたい世間に名前が知れているような中堅~大手の企業は、新卒はよっぽどの秀才以外は採らない印象です


逆にもっと小さな、例えば大手企業からの外注で動くような会社は新卒を欲しがるようなのですが、そういった会社は求人情報サイト(リクナビ、マイナビ等)には情報を全くと言えるほど出さないので、そもそもその存在を探し出すことが難しくなっております
(すでにその企業を知っている人から直接情報を得るしか無い)


既卒者だとしても、その猶予期間中にしっかりとした宣材を持つことができていれば、既卒であることを逆に武器にできそうだと思うのです

私は今も就活中ですが、むしろ中途採用の情報ばかりで新卒の立つ瀬の無さに嘆きたい気持ちです


・・・という状態ですので、企業側が(今)求める人材というのは、その企業の業種や、企業の立ち位置によって、就活生の想像以上に大幅に変化するのだと思います

No title

別の記事でコメント書いてる時にふと思ったけど
「既卒(職歴無し)者を保護しろ」って主張する人も相当「既卒者が既卒者たることを意識させている」人だよね。

「既卒だけど○○な人が採用されないのはおかしい」という主張はもっともだ。
だがそのためのアプローチが「既卒者を一定数強制的に採用しろ」だと
既卒者に自分が既卒者だと企業にアピールしたうえで応募させてるようなものじゃない。
当然企業側も色眼鏡かけるし、それで強制的に採用させるんじゃあ後々ろくなことにならん。

アファーマティブアクションに反対する理由がこれだわ。
そもそもあれって性別や民族みたいに(努力しても)どうにも変えられず差別を受けてきたものにたいする保障だしね。
就職時期も選べないけど、就職時期の(数年の)違いでよっぽどの理不尽な差別を受けるケースは
(知ってるには知ってるけどごくごく特殊なケースで))極めてまれなんじゃないかな。

Re: はじめまして

またまた順不同でコメント返信をしていきます。

> クリエイター系就活生さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>私がクリエイター系の人間だからでしょうけど、だいたい世間に名前が知れているような中堅~大手の企業は、新卒はよっぽどの秀才以外は採らない印象です

多分これは「クリエイター系」の企業の話ですよね。例えば中堅~大手の「メーカー」が新卒を全然採らないということは恐らく無いと思いますし・・・。

>企業側が(今)求める人材というのは、その企業の業種や、企業の立ち位置によって、就活生の想像以上に大幅に変化するのだと思います

そうですね。日本の就活というと、「新卒一括採用」という言葉が象徴するように「新卒」が重宝されるというイメージが第一に湧きますが、他方で「クリエイター系就活生」さんがおっしゃる様に新卒があまり求められない業界もあるわけですからね。「企業側が(今)求める人材」と一括りにするのは不適切だということでしょう。

No title

私なんて、「新卒で就活しなきゃいけない法律なんてない、バカじゃないの?」という気持ちだけで在学中一切就活しませんでしたね。
だから卒業した3月からそのまま就活初めて、特殊な経験などありませんでした。
それなのに人事担当は「既卒の間どんな事をなされた?」って聞いてくるんですよ!?5月の面接で!卒業後すぐに就活はじめたっちゅうねん
面接でギャグかまされるとは思いませんでしたね。既卒は既卒として見てて、特に深く考えずに質問してたんでしょうね

Re: No title

>私なんて、「新卒で就活しなきゃいけない法律なんてない、バカじゃないの?」という気持ちだけで在学中一切就活しませんでしたね~とコメントしてくださった方へ

こんばんは、コメントありがとうございます。

>私なんて、「新卒で就活しなきゃいけない法律なんてない、バカじゃないの?」という気持ちだけで在学中一切就活しませんでしたね

まさにこの記事の最後から2段落目に書かれている理屈ですね。

>それなのに人事担当は「既卒の間どんな事をなされた?」って聞いてくるんですよ!5月の面接で!卒業後すぐに就活はじめたっちゅうねん。面接でギャグかまされるとは思いませんでしたね

「みんなが就活している時に、あなたはどんなことをしてたの?」ならまだ話は分かるんですけどね。確かに「ギャグレベルの質問」と言っても言い過ぎではないでしょう。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。