スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「論理で人をだます法」を手に取り、論客・ブロガーなどの主張を潰しにかかろう

海老原嗣生さんの著書「雇用の常識 決着版」のあとがきには「雇用に関しては、データでも実務でも世の中で言われていることに誤りが多すぎます。そのことを素人論者たちは全く理解せず、にわか論議を続けてしまう」という記述がある。海老原さんはこのような違和感に基づき、海老原さんが誤っていると評価した言説をデータを根拠に据えて批判し続け、一冊の本に仕上げた。海老原さんは本で18もの検証を行っており、即ち彼が少なくともそれだけの誤った言説が世に流通していると考えているということになる。


もっとも、海老原さんも自身の主張に批判を浴びせられることが少なくない。恐らく一番批判をしているのは他ならぬ僕なのですが(笑)、他にも「"ニート"って言うな!」などの著書で知られる後藤和智さんは海老原さんの主張への違和感から「海老原氏は若年労働の言論の場からしめやかに立ち去っていただきたいと思います」とまで言っている(http://ameblo.jp/kazutomogoto/entry-11464796915.html)。後藤さんは例えば、「学歴による賃金の差」を取り上げた海老原さんの論考の論理展開を批判している。


さらにamazonのレビューをも参照すれば、特に「雇用の常識 決着版」、「偏差値・知名度ではわからない 就職に強い大学・学部」についている1つ星のレビューを見ると、海老原さんのデータの読み方・扱い方に疑問の目が向けられていることが分かる。これまでもブログで何度も述べてきたように、(特に就活・労働問題の)専門家による主張を安易に鵜呑みにすることは危険だ。


ただ「主張を鵜呑みにするな」と言えども、「そもそも"主張がおかしい"ということにどうやったら気づくことができるのか?」という悩みを抱える人もいるかもしれない。そこで今回は、そのような人向けに1冊の本を紹介したい。「論理で人をだます法」という本だ。

論理で人をだます法論理で人をだます法
(2006/02/07)
ロバート・A・グーラ

商品詳細を見る


訳者の山形浩生さんがあとがきで述べているように、この本の特徴は「網羅性が高いこと」にある。何を網羅しているのかというと、論理・感情論を問わず人を丸め込める手口であり、150以上もの数が紹介されている。この本を読むことによってある主張を目にした際に「あぁ、この人は今~な手口を使って無理やり説得力を高めようとしているな」という気づきを得やすくなるだろう。タイトルは「論理で人をだます法」だが、一読した僕の感覚では「詭弁にだまされない法」の方がタイトルとして適切だと思っている。


個人的に特に疑ってかかってほしいのは「就活生 or 労働者を擁護する言説」である。「論理で人をだます法」の冒頭には、人は「自分の信じたいことを信じる」、「自分の個人的感情を客観性より優先する」という傾向があると記されている。これを踏まえると、客観的に見ればかなりでたらめな理屈であっても、仮にその理屈を耳にした人が現在の就活・日本の労働環境に不満を持っている場合「そうそう、だから就活 or 日本の労働環境はクソなんだよ!」と納得する可能性が考えられてしまう。


最近でも「wasting time?」さんという方が「日本の労働市場は異常ですって??」というエントリーで「日本の労働市場がほかの国と比べて大いに異常でそのせいで自分たちは給料が伸びないし被害をこうむっているという主張はどこかおかしいなあ」、「隣の芝は青く見えるものだし事実に基づかない主張がまかり通っているのも事実でそんなくだらない人気取りの主張のせいで若者が労働意欲を失い不満ばかりを抱く状況はよくないなあ」と述べている。僕が抱いている問題意識もこの主張とほとんど近い。日本の問題点を指摘するのは大事だけれど、そのために「事実に基づかず」に海外を礼賛するという姿勢はおかしいと思っているのだ。だから「wasting time?」さんが言う「人気取りの主張」に騙されてはいけないと考えているし、そのために今回紹介した「論理で人をだます法」が少なからず役に立つはずだと思っている。


正直、このブログの過去記事にも今読み返してみると「この記事、いったい何訳分からないことを言っているんだ?」と思わずにはいられないものがあるので(笑)、就活問題・労働問題を取り上げた文章に目を通すことが多い人は、「論客・ブロガーなどの主張を潰しにかかる」くらいの気持ちで僕のブログの文章や、その他論客・ブロガーの文章に目を通してほしい。その結果、しょうもない言説が淘汰され、少しでもマシな言説が注目されるようになることを願っている。

「論理で人をだます法」を手に取り、論客・ブロガーなどの主張を潰しにかかろうという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。