スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活の神さま、買う前に考えた

就活コンサルタント常見陽平さんが、「ジョブズの「愚か者であれ」をドヤ顔で言う大人ほど若手潰す(http://news.nicovideo.jp/watch/nw133859)」という記事で、採用活動において「普通の人」に目を向けることの大切さについて語っている。

貴社にスティーブ・ジョブズは、必要ですかね? いや、誰でも「これからはイノベーターだ!」「なんで日本にはジョブズがいないんだ」っていう話をするわけですが、あなたの部下、後輩がジョブズだったら、どうします?
神様スペック採用もいいですけど、普通の人をどう育て、化けさせ、活躍させるかも考えたいところです。それこそ、イチローだってドラフト4位で、彼が小学生の頃に行きたいと言っていた中日でも西武でもなくオリックスでしたしね。
そんな、普通の人でも活躍して欲しいという願いを込めて、新作を発表します。『就活の神さま』(WAVE出版)という、就活をテーマにした青春小説です。非モテ、非リア充、頑張った経験なしの主人公が、バイト先の謎のマスターのもとで就活修行をする物語です。魂かけたので、手にとってください。普通の人の可能性にかけましょう。

常見さんからしたら、「普通の就活生=非モテ・非リア充・頑張った経験なしの就活生」ということなのだろうか。これを見て、「ふざけるな」という就活生が出てきてもおかしくないんじゃないか。「そんな奴は普通の就活生というんじゃなくて、ただのバカというんですよって。」


「神様スペック採用もいいですけど、普通の人をどう育て、化けさせ、活躍させるかも考えたいところです」って・・・。企業にはそんな余裕がないから「厳選採用」とやらをしてるんじゃなかったのか。今更何を言い出すんだ。実際、同じく常見さんが書いた「就活負け組」はコミュニケーション能力が欠如している(http://wpb.shueisha.co.jp/2011/08/10/6342/)という記事も見てみると、以下のように書いてある。

「内定をいくつも取る“内定長者”の学生と、まったく内定を取れない“無い内定”の学生、その2極化がますます進んでいるのです。環境の変化により、企業はますます厳選採用をしていて、実際、求めている人材のレベルも上がっています。でも、企業が欲しがる学生のパターンなんてどこも似たり寄ったり。だから、一部の学生に内定が集中してしまうのです」

企業の求める人材のレベルが上がっているという話はよく聞く。それは企業の就活生に対する「甘え」だと僕は思っているのだが、企業がそのようなスタンスを取るのなら仕方が無い。常見さんが書いたこの記事を見る限り、「普通の学生」なんか相手にされなそうだけれど、これは一体どういうことなのだろうか?


最初に引用した記事によると、常見さんが書いた「就活の神さま」という小説で、主人公がバイト先のマスターの下で「就活修行」をすると書いてある。僕はまだ小説を読んでいないのだけれど、「どんなに冴えない学生でも、この本に書いてあるような就活修行をすれば、企業が求めるレベルに達した就活生になれるよ!」ということを言いたいんですかね・・・?小説という形式をとった、ただのマニュアル本だったりして。


あるいは、この小説は「青春小説」みたいなので、辛いときでも前向きに頑張ろうよ!というストーリーになっているのだろうか。でも、それだったら小説上の話よりも、先輩などの実体験を聞いたほうがよさそうですね。


「普通の人の可能性にかけましょう」というのが常見さんの小説にて伝えたいことなのかもしれないけれど、考えてみるとこの言葉もよく分からない。主人公が就活修行してレベルアップした時点で、もはや「普通の学生」とは言えない様な・・・。また、修行前の状態を「普通の学生」と定義するならば、上でも書いたように、企業は厳選採用をして内定者に求めるレベルを上げているわけだから、そんな学生相手にされないんじゃないの?という気もする。


どのような学生をもって「普通の学生」としているのかという定義がよく分からないから、こんなもやもやとした気持ちになるんだろうなぁと感じる。詳しくは小説を読まないと分からないということでしょうか。そもそも、最初の記事では自分の小説をただ宣伝したかっただけだったりして。興味がある人はリンク先に飛んでいただきたいのですが、僕個人としては、最初に引用した記事から常見さんが何を言いたいのかがよく分かりませんでした。


僕は何だかんだで、この「就活の神さま」という小説はマニュアル本みたいなもの、あるいは就職活動体験記を少し小説風にした程度のものだと思っているけれど、常見さんのtwitterを見る限り「名作だ!」と大絶賛している人もいるみたいなので、もっとクオリティが高いものなのかもしれない。ブログのネタ作りのため(笑)、一度は目を通してみたいと思うし、読んだ人などがいましたらぜひ感想を聞いてみたいです。

「就活の神さま」という小説はマニュアル本みたいなもの、あるいは就職活動体験記を少し小説風にした程度のものなのでは?という考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。