スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人・POSSEに関する認識の相違が不気味な件

就活問題にしても労働問題にしても、その問題点の存在は書籍やネット上でだいぶ明らかにされてきていると思う。そのような状況下で、単に「~が問題だ!」と主張することにはもはや大して意味は無い。そのレベルから一歩進むことが必要だということを前回の記事で述べた。


では、一歩進むためにはどうすれば良いか。一つの方法として、実際に問題の解決に向けて動いている団体に加入し、共に活動をすることが挙げられるのは間違いない。特に労働問題に興味がある人は、NPO法人・POSSEの活動に興味を持っていたりするのではないか。posseは現在、ホームページ上でボランティアスタッフを募集している(http://www.npoposse.jp/activity/soudan_staff.html)。


「だから、POSSEのボランティアに応募してみよう!」・・・と薦めるのが今日の記事の目的ではない。むしろ、posseの活動や問題提起に好印象を抱いた場合でも、活動参加の意思決定を慎重に行った方が良いのではないか?と言うためにこの記事を書いている。


posseに関して、次の有名なまとめがある。

【今野晴貴】新左翼カルト・NPO法人POSSEに注意!【ブラック企業】(http://matome.naver.jp/odai/2136367280864865401

まとめの具体的な内容は、各人で確認していただきたい。端的にいえば、posseが脱退した者への盗聴を指示したり、突如高額な寄付金を求めたりしたということが書かれている。


posseに論考を寄稿したことがある山本一郎さんも、上記のまとめを参照した上で「POSSEや今野晴貴さんが何者であり、どんな運動に身を投じてきた御仁であるかは、まあ、結構知られた話ではあります。そういうことを分かって付き合う人もあり、知らずに加担する人あり、その辺は文字通り様々であります」、「新左翼がどうとか、その程度のこと匿名告発など頂戴しなくてもみんな知ってますから」と述べている(http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/05/post-0a62.html)。山本さんとしては、POSSEの過去はともかく現在は有意義な活動をしているのだから、posseと関わることに問題は無いというスタンスらしい。これは妥当な考え方だと思うし、これを受けて僕自身も「過去に問題はあったんだろうけど、現在はきちんとした活動をしているのなら、過去のことをあれこれ言うことはないだろう」と考えるに至っていた。


しかし最近分かったのだが、一方でPOSSEのスタッフの認識はまた違うようなのだ。上述のまとめに関して、POSSEのスタッフが次のようにつぶやいている。山本さんは「まとめの内容は本当だけど、それを承知したうえで付き合う」というスタンスだったわけだけど、スタッフはまとめの内容を「全部真っ赤な嘘」と言っている。この事実認識の相違は一体何なんだろうと思わずにはいられない。


まとめの内容を見る限り、さすがに「全部真っ赤な嘘」というのは少し考え難かった。なぜなら このような、被害者の存在を知っていたり、あるいは自分がトラブルに巻き込まれたりしたというつぶやきが見られるからだ。まとめの内容がすべて嘘だとすれば、POSSEに対して気の毒だと思う。しかし、まとめの内容に真実のものがあるのにそれを嘘としているのなら、POSSEのことを少なからず怪しいと感じざるを得ない。このような認識の相違の存在が不気味だと感じるがゆえに、POSSEの活動への参加を考える人に対して慎重な意思決定をするよう薦めたいと考えている(なお、posseの本は勉強になるのでそれは薦めたい)。


上記のまとめにも取り上げられている開沼博さんの連載「闇の中の社会学」によると、一見社会問題の解決を看板に掲げたクリーンなNPOに見えても、その組織の内部に次のような闇が潜んでいる場合があったという(http://diamond.jp/articles/-/25229?page=5)。

例えば、構成員でありながら、内部の論理に疑問を持つことは許されない。仮に、その疑問を表に出そうとすれば、あらゆる制裁が待っていた。幹部たちとの「話し合い」は半ば軟禁状態において行われ、長時間に及ぶものになる。構成員が一人の人間を取り囲み、「お前は間違っている、間違っている、間違っている……」と、同じ言葉をかけ続ける「儀式」も存在する。

「どこのブラック企業だ!」と突っ込みたくなるけれど、こういうケースがあるということで。NPOがすべてヤバいということはないはずだけど、安易な活動参加は後々自分の首を絞めることになるかもしれない。

NPO法人・posseに関する認識の相違が不気味だという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加 
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly      
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

POSSEの件、これだけ風評が広まっているのですから、
事実でないなら、公式サイトなりで潔白を表明するのが普通だと思うのです。

https://twitter.com/YANA1945/status/331356771220332544

「現在は有意義な…」というのも少し疑問です。

うちの近所で「朝○会」や「崇教○光」が慈善活動をやってるんですが、
それ自体は素晴らしいことなれど、普通の人は相手にしません。

また労働問題を階級闘争的に煽ってみせることは、
勧誘のネタとしては好都合でしょうが、真の問題解決には全くつながりません。

「ブラック企業」や「ワープア問題」の根本にあるのは労働市場の機能不全であって、
抜本的な改革が必要なのですが、それには強く反対しているわけですし。

矛盾が多すぎて、僕は全く信用していないですね。

Re: No title

> Batman さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>POSSEの件、これだけ風評が広まっているのですから、事実でないなら、公式サイトなりで潔白を表明するのが普通だと思うのです。

確かに、「あのまとめは事実ではありません」とホームページ上に一言書いても良さそうなものですよね。それがないということは・・・。

>「現在は有意義な…」というのも少し疑問です。うちの近所で「朝○会」や「崇教○光」が慈善活動をやってるんですが、それ自体は素晴らしいことなれど、普通の人は相手にしません

ブラック企業に関する問題提起自体には意義はあると思うので、そこは支持を集めるのではないかと思います。それでも池田信夫さんみたいに「posseの現状分析は認めるけれども処方箋がおかしい」とい考える人も当然いるわけですが(http://blogos.com/article/57310/)。

No title

やまもといちろう氏の発言を疑わない事も俺には不気味に聞こえるけど・・・・。

Re: No title

>takeshi さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

> やまもといちろう氏の発言を疑わない事も俺には不気味に聞こえるけど・・・・。

確かに僕がやまもとさんの文章のみを目にし、且つそれを鵜呑みにしていたのならば不気味・・・というより単なるバカといえます(笑)しかし実際には、僕はやまもとさんの文章を読む前にposseを取り上げたNAVERまとめ(http://matome.naver.jp/odai/2136367280864865401)にも目を通しており、その中身も踏まえてやまもとさんの記述の信用性を判断しています。なので、決して疑わなかったわけではないです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。