スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罰則なき「採用選考に関する指針」に実効性はあるのか?

今月の13日に、経団連は「採用選考に関する指針」というものを公表した。これは従来の倫理憲章に相当するもので、「正常な学校教育と学習環境の確保」・「採用選考活動早期開始の自粛」などに配慮した採用活動を行うことを企業に求める内容となっている(http://www.keidanren.or.jp/policy/2013/081.html)。会社説明会などの解禁時期が大学3年生の3月に、選考開始が4年生の8月になったという変更点はあるが、基本的な内容は倫理憲章の時から変わりはない。


ただ、この指針に拘束される対象が拡大したという点で変更があった。倫理憲章の場合はそれに賛同する企業が憲章の内容に従うという形であった(と思われる)が、この度の指針は経団連に加盟する全企業が従うべきルールとされている。この変更に伴いルールに従う企業が増えることで、一層「学生の学業の時間を確保する」という目的の達成につながる・・・と言いたいところだが、どうもそんな展開にはなりそうもない。


日経はこの度の経団連の発表を受けて「就活解禁繰り下げ、違反に罰則なし 経団連が指針 縛り緩く、"抜け駆け"懸念も」と題した記事を掲載し、指針の実効性に疑問を呈している。ここでいう「抜け駆け」とは、例えば4年生の8月に行うべき選考活動を8月以前に行い、良さそうな学生を早期に確保することを意味する。このような行為をしても罰則がないために、指針に従わない企業も出てくることが考えられる。


ネット上の記事には掲載されていなかったが、石渡嶺司さんによると、日系の紙面では次のような調査結果も載っていたという。指針を順守する気がない企業が一定数あることが分かる。また、そもそも「順守する」と回答した企業も本当に順守するかどうかは疑わしい。このブログの「倫理憲章について」というカテゴリで何度も指摘してきたので詳細は割愛するが、これまでも倫理憲章に賛同していた企業が「リクルーター面接」などの手段を使って水面下で憲章を破るということは行われてきた。このことからも、指針に従わずに抜け駆けをする企業が出てくるのを予測することは当然である。


日経によると、指針はルールを守らせる手段を「引き続き検討する」と記すにとどめているとのこと。企業にルールを守らせるためには、ルール違反を抑止するための何かしらの仕組みが必要なのは明らかだと思う。かといって、あまりにも重い罰則を課すのは企業にとって酷すぎる。せめて、ルール違反をした企業名の公表くらいは出来ないだろうかと思うし、それが難しいようであれば、やはり「採用選考に関する指針」の実効性に疑問が残るのは否めない。

罰則なき「採用選考に関する指針」に実効性はあるのか?という疑問に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

罰則がない時点で実効性は低いのは当然です。
似たような事例で、自動車の法定点検がありますが、義務なのにも関わらず罰則ありの24ヶ月点検は皆さんやりますが罰則なしの12ヶ月点検は皆さん殆どやってません。

罰則がないとだめですね

Re: タイトルなし

> かむむかさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>罰則がない時点で実効性は低いのは当然です。似たような事例で、自動車の法定点検がありますが、義務なのにも関わらず罰則ありの24ヶ月点検は皆さんやりますが罰則なしの12ヶ月点検は皆さん殆どやってません。

なるほど。やはり、罰則の存在がルールの順守につながっているということですね。

No title

偽装請負を正当化するような人物が前会長だったり、解雇規制緩和、WEの推進等、
隙あらば労働者を低賃金で酷使したいと考えている経団連に労働関連で倫理を
期待すること自体、非現実的なのかも知れませんね。

Re: No title

> 通りすがりさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>偽装請負を正当化するような人物が前会長だったり、解雇規制緩和、WEの推進等、隙あらば労働者を低賃金で酷使したいと考えている経団連に労働関連で倫理を期待すること自体、非現実的なのかも知れませんね。

そうかもしれませんね。本来ならば倫理を訴えるよりも、学生の学業の時間を確保した上で採用活動を行った方が早期に採用活動を行うよりも企業にとってメリットがあることを論証すべきなのですが、現状の大学教育を考えるとそこは難しいと思われます。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。