スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手書きのエントリーシート」なんていらない

企業の採用試験には大きく分けて、書類選考と面接試験がある。中には「書類選考」における書類とは手書きのものを想像してしまう方もいるかもしれないけれど、現在では多くの企業が「webエントリーシート」という形で、インターネット上にて、エントリーシートの設問に対する解答を入力することを就活生に求めるという形式を採っている。


その一方で、就活生に対して、エントリーシートを手書きで書かせる企業も依然として多く存在している。今日はこのような企業の姿勢を否定する記事を書きたいと思っている。


手書きのエントリーシートを書き上げることを就活生に求める背景としては、「エントリーシートに書かれている字が丁寧であるか否かで、その人の人間性が分かる」という採用担当者の自惚れが挙げられる。


しかし、僕は採用担当者のそのような認識は間違っているのではないかと考えている。あるいは、採用担当者の認識が正しかったとしても、手書きのエントリーシートを書かせると言う負担を、ただでさえ忙しいはずの就活生に課すということが個人的には気に入らない。


そもそも、「手書きの履歴書の場合、字を丁寧に書かないとマイナスの評価を受ける」なんてことは、今時の就活生ならみんな知っているんじゃないか。だから、本来いい加減な人も、手書きのエントリーシートを企業に提出する時くらいは、そこそこ丁寧に書き上げるだろう。それは決して、「私のエントリーシートを読んでくださる採用担当者の方に読みやすいようにしたい」という気遣いではなく、「字の汚さなんかを理由に選考から落ちてたまるか」という打算に基づいているのは明らかだ。このような考えから、手書きのエントリーシートを書かせる結果、就活生の人間性を量ることが出来るとは僕は思わない。


加えて、「エントリーシートに書かれている字が丁寧であるか否かで、その人の人間性が分かる」ということを信じられない僕からすれば、「手書き」と言う意味の無いことに就活生の時間を使わせてどうするつもりだという思いもある。一度でも字を間違ったら、修正液を使うことが実質的に許されず、また最初から書き直さなければならないなんて、どこまで無駄な行動を就活生に取らせれば気が済むんだ。これがもし、「自分達に対する忠誠心を見せて欲しい」という社会人のわがままから、就活生に手書きのエントリーシートを出すことを求めてるとすれば、さすがに就活生も怒ってよいと思う。


一方で、勿論、既に社会人として働いている人たちも手書きのエントリーシートを忙しい中数多く書き上げてきたわけで、このようなことを言うのは甘えかもしれないとも感じている。しかし、特に現在採用担当者として働いている社会人の方には、自分の就職活動の体験を思い出して、「俺、手書きのエントリーシート書き上げて何か意味あったかな」という風に一度自問自答してみて欲しい。きっと、手書きのエントリーシートを書かせると言う負担を、ただでさえ忙しいはずの就活生に課すことのおかしさを感じてくださると信じている。


もしどうしても、「書類に書かれている字の丁寧さ」から人間性を量りたいという採用担当者の方がいるならば、手書きのエントリーシートを書き上げることを就活生に課すよりも、例えば「時間制限をそこそこ厳しくした小論文試験」を選考の過程で実施するほうが僕は良いと思っている。


きっと多くの就活生は、「設問に対して、どのような意見を書くのか」という点については注意を払うだろうけれど、「いかに文章を、採用担当者の方に読みやすいように丁寧に書き上げるか」という点まで注意を払うことは難しいだろう。特に、本来いい加減な人なんかは、試験に時間制限が課せられていることから、絶対に「自分の素の姿」を文章・・・というより文体に露呈してしまうと思う。この点、手書きのエントリーシートだと時間制限が特に無いため(勿論、締め切り自体はあるわけだけど)、字をあえて丁寧に書くという風に、いくらでも自分の人間性をごまかすことが可能となる。時間制限がある中でも、文章を丁寧に書き上げられる人の人間性は信用に値するのではないだろうか。


もちろん、僕が考えたアイディアは別に独創性のあるものではないし、問題点もある(多くの就活生に小論文試験を課すのは、それなりにコストがかかるだろう)ということを付け加えておく。


最後に、僕が「手書きのエントリーシートを就活生に書かせる」という事実以上に問題だと思うのは、「エントリーシートに書かれている字が丁寧であるか否かで、その人の人間性が分かる」ということを妄信している採用担当者の姿勢だ。生意気なことを書かせてもらうが、採用担当者が一体どこまで自分の頭を使って採用プロセスを考えているのか、僕は疑問だ。はっきり言って、就活生のことを「マニュアルバカ」なんて言ってられる身分なのか。僕の感覚を述べさせてもらえれば、就活生よりも遥かに人生経験を経ているにも関わらず自分の頭で物事を考えられない、それに加えて就活生のことを短絡的にバカ扱いする採用担当者などの社会人の方が、ずっとずっとバカだ。


「手書きのエントリーシートなんて、無駄なだけでしかない。就活生に余計な負担をかけさせるべきではない」という考えに共感してくださる方は、もし宜しければクリックをお願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。