スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気が出ない就活生向けの「脱ニート完全マニュアル」~些細な行動も「一歩を踏み出した」と評価していい~

就職活動がうまくいかないことで精神的に強い負担を感じ、抑うつ状態に陥ってしまう「就活うつ」の症状としては、「憂鬱」・「やる気が出ない」・「心身のだるさ」といったものが挙げられる。この症状を見る限り、就活うつになってしまった人がエントリーシートを書いたり、面接対策をしたりすることは難しそうである。


僕は以前「何十社もの選考に落ちて努力できなくなった人がだらしないというより、何十社も落ちてなお努力できる人が凄すぎるだけではないか」という記事において「学習性無力感」という概念を紹介したことがある。これは、「努力を重ねても望む結果が得られない経験・状況が続いた結果、何をしても無意味だと思うようになり、不快な状態を脱する努力を行わなくなること」を証明した心理学理論であり、その理論に照らすと多くの会社から不採用の連絡を受けた就活生が努力をするのが難しくなるのも無理はないということを述べた。


しかし、そうは言っても最終的には生活費などを稼ぐために再度就活に取り組まなければならないわけで、「学習性無力感に囚われている就活生が活動できないのも仕方ないんだ!」と話を終わらせるのは妥当ではない。この点、本屋では「就活うつにならないための本」と題した本は目にしたことがある、つまり「就活うつ」を予防するための本は存在するわけだが、ここで求められるのは「就活うつ」になった後にその状況を好転させるための本である。


そこで、僕が最も薦めたいのは「脱ニート完全マニュアル」という本である。これは、「とあるニートの成功目録」というブログを書籍化したもの。著者自身6年弱ニートをしていた経験があり、嘗ては次のような思いに囚われていたこともあったらしい。

「ダメな時期にいる人たちは、自分の幸せを願うことすら、止めてしまっている」ってことですね。知らない人からみたら意味不明かもしれませんね。でも実際、自分はそうでしたからね。そんな「幸せ」なんて単語、自分とは無縁だと思っていたし。そして、自分がそんな「贅沢」なものを願う資格なんてないと思っていたし。幸せになりたいって意思なんて、カケラもなかった

このように「自分に無力感を抱く人」の気持ちを一定程度理解している著者であるが、その気持ちを理解した上で就職のための行動に移っていく必要性を説いている。僕が優れていると思ったのは、「ハードルをガンガン下げることの重要性」を語っている点である。


極端な話、著者は「ハローワークに向かって、家から一歩だけ出るぞ!」という意気込みも肯定している。「家から一歩出ただけなんて、それは行動していないも一緒だ」と思う人も中に入るかもしれないが、ハードルはそのレベルまで下げてしまって良いという。具体的には、次のような記述がある。

まずは家を出て、3歩進んで戻ってもいいじゃないですか。頑張りました。駅までたどり着いて、改札を通る直前で戻ってきてもいいじゃないですか。よくやりました。ハローワークの前まで言って、帰っても良いでしょう。次は入れます、きっと。入ったとしても、検索機の前に座っただけで帰る。全然アリです。求人票をどうしても提出したくない。そういうこともあるでしょう。リクナビで応募文を書いたけれど、最後のワンクリックが出来ない。よく分かります。こうした経験が無いという方はおめでとうございます。だけど、自分はそうでした。でも、そのたびに「いやいや・・・。ここまで来ただけでも頑張ったよ。僕って偉い」くらいに思っていました

この記述はやる気を失った就活生を勇気づけるものと言えるのではないだろうか。例えば「家を出て3歩進んで戻ってしまうレベルの人でも、最終的には一つ一つハードルを越えて就職が出来ている」というように。あるいは「"家を出て3歩進んで戻る"ことも"とりあえず家を出てみた"という意味で"成功"と考えていいんだ!」というように。このブログを読んでいる人の中に「やる気が出ない就活生」がどのくらいいるのかは分からないが、この記事を読んだ結果として「脱ニート完全マニュアル」を立ち読みしてみる行為も「就職に向けて一歩を踏み出している」と評価して全然良いということになると思う。些細な行動をも「一歩を踏み出した」と評価する優しさがこの本の大きな魅力である。


もっとも、この本は精神論を語っているだけではなく、具体的に「ネガティブな思いに囚われている人の就職活動の進め方」についてもきちんとした方法論を記している。僕はこのブログを書いている関係上、多くの就活本に目を通しているけれど、その中でも一・二を争う良書であると感じている。確実に、もっと評価されて然るべき本である。

「脱ニート完全マニュアル」はやる気が出ない就活生に対して有効だという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よくわかります。
行き詰っているときは就活初期と同じテンションではできないです。
できない、ってことを認めて違う対応にしないと最悪死ぬと思います。
(やろうとする→できない→自己嫌悪をくりかえすと就活自殺に向かうんだと思います)

Re: No title

> よくわかります。行き詰っているときは就活初期と同じテンションではできないです。とコメントしてくださった方へ

こんばんは、コメントありがとうございます。

>できない、ってことを認めて違う対応にしないと最悪死ぬと思います

仰る通りだと思います。ただ、例えば大学4年生だと「周りが内定を取っているのに、自分はまだだ・・・」と焦ってしまって、「できないこと」を認められずに自分のキャパを超えた活動をしてしまうことが考えられますね。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。