スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でもベーシックインカムに関する議論を進めよう

前回の記事で、phaさん著の「ニートの歩き方」における「これだけ科学や文明が発達しているのに、いまだに人間が労働しないと生きていけないとかなんかおかしい。もう21世紀なんだからそれくらいは文明で保障されてもいいだろ」という記述を紹介した。phaさんはこのような思いから、日本に「ベーシックインカム」が導入されることを望んでいる。


ベーシックインカムとは、所得や就労状況に関わりなく、すべての人(国民)を対象に一定水準の現金を給付する政策であり、それにより最低限度の生活(所得)を保障するという構想である(ここでは、posse vol.8の「10分で分かるベーシックインカム」の定義を書きました)。この構想の意義は「労働からの解放」という点に求められている。誰もが最低限度の所得を無条件に得られることで、「働きたくない人は働かなくても良い社会」を作ることができる構想であると評価されることがある(この評価への反対意見もある)。


上述のように、このベーシックインカムはphaさんが導入を望んでいるもので、且つ前回の記事でも触れた日野瑛太郎さん著の「脱社畜の働き方」でもベーシックインカムの導入を検討する記述が見られる。「脱社畜の働き方」のamazonのレビューにも「ベーシックインカム、実現するといいな・・・」という感想が記されている。


なお、ベーシックインカムの導入を望む声が上がっているのは日本だけではない。むしろ、海外の方が議論が進んでいると言える。スイスでは、昨年ベーシック・インカム制定を求める国民発議が正式に発効された。そして、この国民発議案が今月の11日までに10万人以上の署名を集めることができた場合、連邦議会にはこれを審議する義務があり、その価値があると認められた場合には、議会は更にこれを国民投票に付することができるらしい(http://jp.globalvoicesonline.org/2012/06/19/13795/)。そして、5月末ですでに11万人分の署名を集めたという(http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=36138640)。


このことから、もうすぐスイスでベーシックインカムの実現を巡る議論が活発化する可能性が高いと思われる。もっとも、実際にベーシックインカムが導入されるのかというと、それは実現可能性の観点から否定的な見方が強いようだ。またスイスの話から離れると、実現可能性の話を抜きにしても、ベーシックインカムという構想そのものが欠陥だらけという見方もある(「藤井聡センセイの"わかりやすいベーシックインカム維新八策"」という動画がその欠陥を説明している)。


僕はまだベーシックインカムについては勉強途中なのだが、少なくとも反対論を目にしてみた限り、「働きたくない人は働かなくても良い社会」という耳心地の良い言葉に飛びついて賛成することだけは止めた方が良いと感じた。この構想を歓迎するであろう人も確かにいる一方で、この構想により苦しむ人も現れうることを認識しなければならない。その辺の議論は、近いうちにブログで紹介できたらと思う。

日本でもベーシックインカムに関する議論を進めようという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>これだけ科学や文明が発達しているのに、いまだに人間が労働しないと生きていけないとかなんかおかしい。

そもそも文明が発達すると同時に
世界人口も生活水準も人間の寿命も上がったので
それを保つ費用も増加したわけですよね

経済発展の恩恵はそこに充てられてしまっている状況なのでまだ難しいんじゃないかな
電気もガスもまともな医療も無い江戸時代あたりと同じ生活水準で良いなら、働かない人が大量にいても養えると思いますが

Re: No title

> ともさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>そもそも文明が発達すると同時に世界人口も生活水準も人間の寿命も上がったのでそれを保つ費用も増加したわけですよね。経済発展の恩恵はそこに充てられてしまっている状況なのでまだ難しいんじゃないかな

正直、このコメントは一つ前の記事に欲しかったです(笑)

>電気もガスもまともな医療も無い江戸時代あたりと同じ生活水準で良いなら、働かない人が大量にいても養えると思いますが

僕もそういうイメージを持っています。ただ、phaさんにしても日野さんにしても、思いっきりインターネットをやっているという・・・(笑)

No title

>「働きたくない人は働かなくても良い社会」という耳心地の良い言葉に飛びついて賛成することだけは止めた方が良いと感じた。

私はベーシックインカムには大賛成の側の人間です。私の意見では、働かなくても生活できることこそが本来の姿であり、今の社会はむしろそこから逸脱しているおかしな状況だと考えています。

そもそも、働くという行為は自分の意思だけで完結するものではなく、その意思を受け入れる人間がないと完結しないものです。要するに、本人にいくらやる気があっても仕事を得られる保証はないし、それを補う生活保護などのセーフティネットも欠陥だらけの制度だと思っています。

ですから、運が悪いと毎日の生活をしていくためのお金を得られない人が一定数間違いなく出てしまうのです。北九州市で、生活保護を止められた人が餓死したという事件があり、これに対して国民は行政を相当程度叩いたみたいですが、それも数年経った今ではほとんど誰も覚えていないでしょう。結局、今の欠陥だらけの社会の中で、その犠牲者が生まれたとしても、それが限りなく少ない現状では、そんな問題は問題として社会も大多数の国民も捉えてくれないのです。

そんな明らかな問題を問題として捉えられない社会は変えていくべきだと思い、誰もが最低限死にはしないお金を得ることは当然のことだと思っているのです。ですから、私にとって労働とは例えば車を買いたい、旅行に行きたいといった、最低限の生活費ではできないような贅沢をするための手段であり、生きていくための生活費を得るためにするものでは決してないと思っています

こういったゆるい考えが広まれば、「無理して働く」みたいな糞みたいな美風も廃れ、みんなが窮屈ではない人間本来の生き方ができると思っています。

Re: No title

> あらいさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>そんな明らかな問題を問題として捉えられない社会は変えていくべきだと思い、誰もが最低限死にはしないお金を得ることは当然のことだと思っているのです

それはそうだと思うのですが、その当然のことを実現するための手段がベーシックインカムであるべきかどうかは検討が必要です。勿論、「ベーシックインカムを実現すること」の優先順位を1番にして、後に考えられる課題をつぶしたり、あるいは実現することによって生じる問題を受け入れることを決めたりする、という考え方もあり得ますが。

「ベーシックインカムの議論、大いに結構!むしろ、しなくてはならない!」と私も思います。

私の場合はベーシックインカム制度(以後、BI)に大賛成だから、ですけど。
私がBIに賛成なのは、日本国憲法25条が守られていない現状に不満があるからです。

日本国憲法25条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」とあります。

では、なぜ駅前にホームレスが存在するか?
シングルマザーが貧困に苦しみ、ワープアが増えるのか?
格差是正といいながら大企業優先の政策を政府がなぜとるのか?

貧乏な人(例えばホームレス)がいて、それを「かわいそう」とも「助けてあげなきゃ」とも思わず、むしろ「汚い」「みすぼらしい」という印象を抱かせる社会構造になっているのは大きな問題だと思います。

一方では恐ろしいほどの巨万の富を得た人間がテレビで持ち上げられます。
人間ひとりの一生に必要なお金なんて余裕を見ても4~5億でしょう。
ユニクロの柳井正さんの資産は1.5兆円だとか・・・フザケてませんか?

いきすぎた資本主義(おカネ主義)が、このようなイビツな社会を作ってしまったのです。


そして反対派の方々の「BIを導入すれば、みんなサボる。」という主張には疑問がわきます。
日本国憲法27条に「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。」とあります。国民の三大義務です。
これを認識した上で反対派の方々は「サボる」と言っているのでしょうか?

そして、勤労の義務にかかわらず人は自分以外の人と関わらなければ精神的に健康になれないので、BIを導入しても働く人は働くと思います。

また、BIの導入によってブラック企業の従業員も無理に働かなくて済むと思います。「カネを出すところ」と「働かせるところ」が一緒だと、ブラック企業の立場が上になるのも無理はありません。良い意味での副作用になるのではないかと。

※ちなみに私が適当に考えたBI制度は以下の通りです。
①会社から「あなたは我が社の人間として勤労の義務を果たした」という書類をもらって役所に提出すればOK。
②勤労の義務を果たさない人には強制労働をさせる。
③理由があって働けない人(妊娠中、子育て中、学生、病気・けが、その他もろもろ)は「ワケあって勤労の義務を果たせません」という申請をしてもらえばいい。

こんなのでいいんじゃないでしょうか

Re: タイトルなし

>2014卒、男、内定1個 さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>日本国憲法25条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」とあります。

これが現実のものになるといいんですけどね。

>日本国憲法27条に「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。」とあります。国民の三大義務です。これを認識した上で反対派の方々は「サボる」と言っているのでしょうか?

現状も働いていない人が罰せられるなんてことはないわけですし、この規定を認識したうえで「サボる」と言うことはおかしくないと思います。なお、そもそもBIの本質は「生活に必要なお金を給付することで、働かない人は働かなくてもいい社会にする」という点にあるとされています。つまり、「サボりたい人はサボれるように」というアイディアを実現するための構想としてBIが挙がっているわけです。

>BIの導入によってブラック企業の従業員も無理に働かなくて済むと思います。「カネを出すところ」と「働かせるところ」が一緒だと、ブラック企業の立場が上になるのも無理はありません。良い意味での副作用になるのではないかと。

これはBIの賛成論でよく言われていることで、それは確かにそうかもしれないと思います。

>※ちなみに私が適当に考えたBI制度は以下の通りです。①会社から「あなたは我が社の人間として勤労の義務を果たした」という書類をもらって役所に提出すればOK。②勤労の義務を果たさない人には強制労働をさせる。③理由があって働けない人(妊娠中、子育て中、学生、病気・けが、その他もろもろ)は「ワケあって勤労の義務を果たせません」という申請をしてもらえばいい。こんなのでいいんじゃないでしょうか

僕の理解では、BI制度の特徴は「全ての人に対して、無条件に給付する」というものなので、「2014卒、男、内定1個」さんの言うコンセプトはもはやBIとは言えないような気がします。あと、強制労働はまずいと思います・・・。 

働けない人はどうしよう?

はじめまして。
初めてのコメントなのに、少し前のエントリに対してのコメントになってしまうことをお許しください。

ベーシックインカムをめぐる議論において、私がかねがね疑問に思っているのは、「働けない人はどうすればいいの?」ということです。
ベーシックインカムの理論をそのまま当てはめると、障害や病気のある人や、その人の介護や看護に専念している家族などは、必要最低限の給付以上の収入を得ることができません。
はたして、それでもベーシックインカムは「公平」な制度と言えるのかどうか。

それならば障害や病気を抱えている人には特別な手当を支給しよう、ということになると、それではもはやベーシックインカム制度は存在意義を失います。
現在の社会保障制度を維持するか、あるいは改良すればいいだけです。

ベーシックインカムをめぐる議論では、「自立できるし、自立したほうがいい存在」として、「国民」が設定されているように思います。
「自立できない存在」は最初から無視されているかのようです。

私にはどうも、ここ数十年ほど(!)「ブーム」になっているとすら言える、「自立できるやつは偉い」「依存するやつは愚か」といった風潮の延長線上に、ベーシックインカム制度論が存在するような気がしてならないのです。

No title

1つ前の方のコメントに関してですが、

>ベーシックインカムの理論をそのまま当てはめると、障害や病気のある人や、その人の介護や看護に専念している家族などは、必要最低限の給付以上の収入を得ることができません。
はたして、それでもベーシックインカムは「公平」な制度と言えるのかどうか。

そもそも、こういう働けない人はBIが導入されない今でも収入がないわけなので、変わらないのでは?と思います。つまり、必要最低限以上の給付を受けづらいのは今も同じなのではないでしょうか?それか生活保護その他給付を受給しているケースもあるかもしれない。ただ、生活保護は未来永劫受給できるわけではなく、いつか打ち切られてしまうときがきてしまうと思います。BIは未来永劫続くことが前提ですから、少なくとも一生涯最低生活費には困らないはずなので、不安定さの解消という意味では、BIの存在意義は大きいと思います。

あと、個人的に思うのは、介護や看護を必要としている人たちの収入がちょっと困る状況があったとしても、その反面、BIが導入されていない現状では、受給資格を持ちながら、生活保護すら受給できていない人が8割程度いるようです。これらの人たちは少なくとも、BIが導入されることにより生活水準は間違いなく向上します。確かに、BIが導入されて、逆に生活が困る人もいるかもしれない。それでも、生活が改善する人の割合がそれより大きいなら、BIを導入する意味はあるのではないでしょうか?

そんなにいい加減な理由で?

ひとつ前のコメントに対しての疑問です。

病気や障害があって働けない人の収入は変化せず、働ける人が働いた分だけ収入を得られるようになる、というなら、ますます、ベーシックインカム制度を導入する必要性がなくなるのではないでしょうか。
それでは、生活保護がいずれ打ち切られてしまうかもしれない、という漠然とした「不安感」を解消するためだけにしか機能しえないように思われます。

そもそも、ベーシックインカム制度は、麻生政権下で行われた「定額給付金」を毎年継続することと本質的には変わりありませんが、これを続けたところで、漠然とした「不安感」の解消に一役買うかも疑問です。
そのようにして「不安感」から目を逸らさせるよりは、「不安感」を生み出している社会保障制度そのものを改良するほうが適切なのではないでしょうか。

受給資格がありながら受給ができていない、というのは、まさに社会保障制度の改善によって解消されるべき事態だと思います。
ご意見を拝読する限り、ベーシックインカム制度を導入すべきというその意見は、「現行の生活保護制度を普及徹底しろ」、あるいは「改善しろ」という主張以上のものではないので、失礼ながら、ベーシックインカム制度のいい加減さとあいまいさを再確認した次第です。

No title

>病気や障害があって働けない人の収入は変化せず、働ける人が働いた分だけ収入を得られるようになる、というなら、ますます、ベーシックインカム制度を導入する必要性がなくなるのではないでしょうか。

あなたがBIが導入されると、「働けない人が困る」といったから、私はそういう人が生活保護等を受給しているなら、大して今と状況が変わらないのでは?と言ったのです。つまり、困ると思われている人が変わらない。そして、それ以外の人の多くは給付によって所得が増えるなら、トータルでいえばプラスでしょう。必要性は十分あると思います。


>それでは、生活保護がいずれ打ち切られてしまうかもしれない、という漠然とした「不安感」を解消するためだけにしか機能しえないように思われます。

その機能があまりに大きいかと。


>そもそも、ベーシックインカム制度は、麻生政権下で行われた「定額給付金」を毎年継続することと本質的には変わりありませんが、これを続けたところで、漠然とした「不安感」の解消に一役買うかも疑問です。
そのようにして「不安感」から目を逸らさせるよりは、「不安感」を生み出している社会保障制度そのものを改良するほうが適切なのではないでしょうか。

不安感を一役買うか?に疑問な理由は何ですか?現行の制度を改良して、現実的に不安なく生活できるシステムにできるなら、私はそれで構わないと思いますよ。ただ、基本的にそれは無理だと思います。というか、長くこれまで続けてきた制度にそういう破綻が見られるから、BIのような理念が提唱されてきたと考えるのが妥当だと思います。要は社会保障制度には、多くの場合条件がある。そして、それを審査する人間がいる。審査だって、誰が見ても評価が一定になるようなやり方じゃなくて、実際に自治体や職員によって評価が変わるような複雑なやり方をしている。すると、本来給付等を受けるべき人間が受けられなかったり、受ける必要のない人が受けたりする。そして、前者は華麗にスルーされ、後者は世間から酷いバッシングに晒され、自治体や職員は余計に審査を厳しくするようになり、後者のような人間のせいで前者のような人間が余計に受給をしづらくなるという悪循環がある。要は悪事を働く人たちによって、罪の無い人たちが割を食うとんでもなく非効率な制度になりやすいと思うのです。そして、それを後押ししているのが、例えば生活保護でいえば、受給漏れにはほとんど言及せず、不正受給ばかり報道するメディア、同じく受給漏れは無視で、不正受給しか叩かない我々多くの国民だと思います。ですから、その国民の1人である貴方が、今の社会保障を改良して、不安感を一掃できると言っても、私はとてもそうは思えません。少なくとも日本人には。あと、生活保護にでいえば、一部の人間しか貰っていないからそういうバッシングが起きやすいということもいえると思います。生活保護でパチンコをやらすな!とかいう人間は多くいても、定額給付金では、そういう話が全く出なかった。自分が貰えないものは自由に使わせたくないが、自分が貰えるものは自由に使いたいという心理があるのでしょう。要は全員に一律に配った方が、そういう各国民の心理的な歪が原因による機能不全には陥りづらいという意味で、社会保障全体が円滑に機能しすると思うのです。


受給資格がありながら受給ができていない、というのは、まさに社会保障制度の改善によって解消されるべき事態だと思います。
ご意見を拝読する限り、ベーシックインカム制度を導入すべきというその意見は、「現行の生活保護制度を普及徹底しろ」、あるいは「改善しろ」という主張以上のものではないので、失礼ながら、ベーシックインカム制度のいい加減さとあいまいさを再確認した次第です。

審査がある制度な以上、いくら徹底したところで、漏れなく受給資格のある人が給付を受けられるというのは、あまりにも現実味がないと思います。審査にかかわる人間が一体、どれだけ完全な人間を想定しているのでしょうか?そして、それを見た国民が一体どれだけ合理性や有効性等の観点のみから非難や賞賛ができるのでしょうか?

No title

記事が書かれた日からだいぶたっていますが、自分はベーシックインカム大賛成です。

「なぜ科学技術や文明が発達しているのに、労働時間は減らないのか問題」というのがあると思います。僕なりに考えているところでは、人間は他者との比較で自分の幸福さや裕福さを判断しているからだと思っています。
同じ生活レベルのまま保てれば、科学と文明の進歩とともに労働時間は減るでしょう。でも、我々のほとんどは、常に過去の我々より生活レベルを上げています。そのための価値の生産をする必要があるので、労働時間は減らないのです。
江戸時代の生活レベルで全員が満足できるなら、多分労働時間はめちゃくちゃ低くなりますが、人より多少裕福な暮らしをしている人を見てしまうと、自分もあれくらいの生活をしたい、と思って頑張って働き、相乗効果でみんがたくさん労働してしまうという結果になるのだと思います。

このあたりの、「どうしたら生活レベルの向上をストップできるか」、という事もベーシックインカムの議論の中で考える必要があると思います。私たちのほとんどは、1年たっただけで、実は気付かずに生活レベルを過去の自分と比べると、上げていたりします。例えば、ガラケーからスマホにしたり、だとか、OSのアップデートをしたり等です。それらの新しいテクノロジーを享受しているということは、以前よりも生活レベルを上げていることになります。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。