スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「正直者がバカを見る」と感じる就活生たち

今年の3月に、自殺対策支援に取り組むNPO法人・ライフリンクが実施した「就職活動に関わる意識調査」が公開された。その調査によると、調査に答えた就活生の半数以上が日本社会に対してマイナスイメージを抱いていたという(http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/130330_shukatsu_01_kekka.pdf p.9)。そのマイナスイメージの具体的な中身の一つとして「正直者がバカを見る」というものが挙げられる。「正直者が報われる社会だ」と答えたのが3割程度だったのに対して、「正直者がバカを見る」と答えたのが約7割近くとなっていたのである(ただ調査に答えたのは120人程度なので、この調査結果が就活生全体の意思を反映していないことが明らかであることには注意が必要)。


就活において「正直者がバカを見る」ことの具体例としては、「webテストの不正」というものが挙げられるだろう。ここでいう「不正」とは「替え玉受験」のことを指す。企業が課す筆記試験を自分よりも優秀な友達にやってもらったり、あるいは友達同士で協力し合ったりして、選考を突破しようとする行為が横行しているのである。例えば過去には、webテストの不正受験をツイッターでつぶやく人が続出し、それがtogetterでまとめられたことがあった(http://togetter.com/li/104295)。勿論webテストの不正受験も問題だが、そのことをツイッターでつぶやく神経もおかしなものである。


最近でも「ココが変だよ、日本の就活。webテストで大半をふるい落とす会社って? 」という記事が、webテストの不正に関する問題を指摘していた。言っていることの一つとしては、「小ずるい学生が得をする、不正したもの勝ちのシステムはおかしいのではないか?」ということ。この主張の前提としては「小ずるくない、"正直者"な学生が相対的に損をするのはおかしい」という価値観があるように思われる。


確かに現実として、一就活生の行動としてはわざわざ時間を割いてwebテストの勉強をするよりも、テストは友達にやってもらい、それで浮いた時間を別の作業に割り振る方が合理的ではあることは事実である。また、明らかに不正が可能なシステムを企業が採用しているということは、実質的に企業が「webテストの替え玉受験」を黙認していると評価することも可能だ・・・という考え方も分からなくはない。しかし一方で、直感的に「なんでズルをする人が評価されるようなシステムになっているんだ?」と感じる人も多くいるだろう。特にライフリンクの調査で「正直者がバカを見る」と答えた人はこのシステムに憤りを覚えているのではないだろうか。


ライフリンクとしては「正直者がバカを見る」と感じる就活生が多いことを発信することで、社会を「正直者が報われる」方向に近づけていこうとしているのだと思われる。つまり、就活生に対しても「正直者でいていいんだ。正直者が生きにくい社会がおかしいんだ」というメッセージを発信していると感じられる。確かに、この方向性は基本的には間違っていない。


しかし、もしこのメッセージの発信がいわゆる「処世術」のようなものを批判する方向に働いてしまったら、それは就活生にとってもマイナスな非現実的で妥当ではない発信といえてしまうと思う。例えば、バカで失礼な面接官に憤りを覚えた場合にも、その企業で働きたい(働かざるを得ない)場合には、その面接官に対して自分の憤りを隠す必要は生じるだろう。あるいは、普段はあまり愛想が良くない人でも、面接では一定程度笑顔を作ることが求められるだろう。


つまり、「正直者がバカを見る」というメッセージが「常にバカ正直であれ!」という意味を込めるようになってしまうことは避けなければならない。そのような意味を込めてしまっては、かえって就活生にとって不利益になってしまうのではないだろうか。このことから、「正直者の就活生がいい!」というメッセージは、そのメッセージに込められている意味にもよるけれど、基本的には半分正しく、半分現実的ではないといえるのだと思う。

「正直者の就活生がいい!」というメッセージは、そのメッセージに込められている意味にもよるけれど、基本的には半分正しく、半分現実的ではないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は某有名IT企業のWEBテストを受けましたけど、そのときに「本人が受けてください」とか、「替え玉禁止」とかそういった注意書きはなかった気がします。それを注意しても自宅でやるわけだから、防止のいおうがないから書いてないだけかもしれません。

本文でも書かれているように、会場に集めてやらないで自宅で受験を認めているということは企業が替え玉などの行為を認めているのに等しいと私は思います。似たような方法でSPIなら会社に集めて受けさせたりすることもできますから、本当に企業が替え玉をしてほしくないと思っているなら、わざわざWEBテストという手段を選ばないと思い、WEBテストを課しているということは替え玉が実質OKと企業が認めていることに他ならない気がしました。

ですから、WEBテストを替え玉で受けるのは不正行為でもズルでもなんでもなく、取り組み方の違いだけだと思います。これは「正直者がバカ」を見るではなく、言い方は悪いですが、替え玉OKの試験で替え玉を使わないバカがバカを見た例なのではないかと。

Re: No title

> あらいさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>本文でも書かれているように、会場に集めてやらないで自宅で受験を認めているということは企業が替え玉などの行為を認めているのに等しいと私は思います。似たような方法でSPIなら会社に集めて受けさせたりすることもできますから、本当に企業が替え玉をしてほしくないと思っているなら、わざわざWEBテストという手段を選ばないと思い、WEBテストを課しているということは替え玉が実質OKと企業が認めていることに他ならない気がしました

確かに、そう評価するのが妥当かもしれませんね。ゆえに、

>これは「正直者がバカ」を見るではなく、言い方は悪いですが、替え玉OKの試験で替え玉を使わないバカがバカを見た例なのではないかと

という考え方も分かります。

やりきれない社会のグレーゾーンを肌で感じる初めてのイベントな気がします。
それはそうと国立大学二次試験を廃止し人物重視にするため面接を取り入れる案が出たとニュースにありました。

リクルートが大学入試にまで幅を効かせ、政治家や権力者の子供が裏で優遇されるのが見え見えな気がします。

実体の無い人物評価で堀江貴文氏のような尖ったタイプやコミュ力が無く学問で優秀な層が排斥される最高学府に学問の自由はあるのか?と思ってま
す。

深読みかもしれませんが経団連が労働者として求める人材を入学段階で揃えて後の選考を良くしよう、などの考えを反映してるのか?
とも感じます。

どうブログ主さんがどうお考えか知りたいです。

No title

バカ正直に生きても報われることはないというのは、新卒での就職に限らず、
また、就職にも限らず、人生全般についても言えることでしょうね。

管理人様としては、

>しかし、もしこのメッセージの発信がいわゆる「処世術」のようなものを批判する方向に働いてしまったら、
>それは就活生にとってもマイナスな非現実的で妥当ではない発信といえてしまうと思う。

あるいは、

>つまり、「正直者がバカを見る」というメッセージが「常にバカ正直であれ!」という意味を
>込めるようになってしまうことは避けなければならない。
>そのような意味を込めてしまっては、かえって就活生にとって不利益になってしまうの
>ではないだろうか。

と述べられているように、就職活動(もしくは人生全般)においては、ある程度の「したたかさ」
を持った方が良いとお考えのように思われます。

私もその考えには賛成なのですが、本記事を読んで真っ先に浮かんだのは、
管理人様が以前書かれた

「脱社畜ブログが弱者を食い物にしている」という評価には一理あると思う
http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-499.html

という記事です。管理人様はこの記事の終わりで、

>脱社畜ブログのエントリーは、ミクロのレベルで見ると常に「労働者の味方」になっているように見える。
>しかし、2つ以上のエントリーを併せてみてみると、結局のところ労働者は八方塞がりになる、
>つまり労働者の現状が変わるヒントがそれほどあるわけでもないということに気づかされる。
>にも関わらず一方で脱社畜ブログ管理人の日野さんはブログ執筆でお金を稼ぎ、
>且つこの度本を出したりラジオに出たりして仕事の幅を広げていっている。
>つまり結局のところ利益を得ているのは日野さんだけだった・・・というオチになっていると思えるし、
>ゆえに冒頭の「それどころかその人間を利用してアフィリエイトで小銭を稼いでいる。
>これじゃブラック企業に勤めて苦しんでる人を釣った貧困ビジネスと言われてもしょうがないのでは?
>一番弱者を食い物にしてるのは誰なのか あなたですよ」という評価には一理あると思えるのである。

と述べられているのですが、この文章中の「ブラック企業に勤めて苦しんでる人」とは、
まさに本記事での「正直者」に該当するように思えます。

上記の記事では、「正直者がバカを見る」=「弱者であるブラック企業勤務者が日野氏に食い物
にされる」ことにおいて、全面的に「正直者」を擁護しており、「正直者」には一切非がないという
ニュアンスが感じられます。

つまり、本記事の主張とは若干矛盾するように感じてしまうのですが、いかがでしょうか。
勿論、人の考えや価値観というのは、時と共に移り変わるものですから、当時とはお考えが
変わったということでしたら、この限りではありません。

個人的には、「ブラック企業勤務者」も、被害者面ばかりするのではなく、もっと「したたか」に
なるべきではないかと思うのです。

最後は正直者が勝つ

どんなに正直者が損をしたりしても最終的には報われて正直者が勝つ。

Re: タイトルなし

> 名無しさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>それはそうと国立大学二次試験を廃止し人物重視にするため面接を取り入れる案が出たとニュースにありました。 リクルートが大学入試にまで幅を効かせ、政治家や権力者の子供が裏で優遇されるのが見え見えな気がします。 実体の無い人物評価で堀江貴文氏のような尖ったタイプやコミュ力が無く学問で優秀な層が排斥される最高学府に学問の自由はあるのか?と思ってます。

人物評価のウェートがどの程度のものなのかが気になりますよね。当の教育再生実行会議の配布資料をネットで見ると、会議では「現状のAO入試は、やる気のある生徒の確保や人材の発掘をするといった目的で出てきたはずなのに、青田刈り、合格後の勉学意欲の低下といった指摘があるほか、大学等で定員確保のための手段にもなっていて、間違った方向に進んでいる」・「多様な入試は、多様な能力を伸ばしたり、評価したりするものとなっておらず、勉強したくない生徒の逃げ場となり、勉強で入学しようとする生徒の門を狭めて競争を過酷にしている。また、大学として学力に大きな差がある学生を抱えなければならない現状をつくっている」という、入試に面接試験を導入することを危惧する意見も出ていたようです。


仮に面接試験の導入が活発化したとしても、「教師ウケ」がいい人「だけ」が得をしていくことで、入学者のレベルが下がる(学力の面でも、多様性の確保という面でも)ことは避けるべきだし、各大学はこの点に注意しなければならないと思います(面接官を務める教授があまりにも恣意的に評価を下していくということは避けたいですね)。

Re: 最後は正直者が勝つ

>天才リフォームマン さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

> どんなに正直者が損をしたりしても最終的には報われて正直者が勝つ。

そうあってほしいと思いますね。

Re: No title

> 通りすがりさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>この文章中の「ブラック企業に勤めて苦しんでる人」とは、まさに本記事での「正直者」に該当するように思えます。

この感覚がよく分かりませんでした。

>上記の記事では、「正直者がバカを見る」=「弱者であるブラック企業勤務者が日野氏に食い物にされる」ことにおいて、全面的に「正直者」を擁護しており、「正直者」には一切非がないというニュアンスが感じられます。

そうですか。上記のように「ブラック企業に勤めて苦しんでる人=正直者」という構図がよく分かりませんでした。また、あの過去記事では、「通りすがり」さんの言う「正直者」に非があるかどうかについてはそもそも触れていない(つまり「正直者には一切非が無い」ということも言っていないし、そういうニュアンスも込めていない)ように僕には思えましたが。


ちなみに、「脱社畜ブログから漂う"受け売り"感と、その主張を見て"気づかされた"という感覚を得る読者のヤバさ(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-499.html)」という記事では、僕は「脱社畜ブログの支持者」を日野さん以上に批判しています。そういう意味では僕は、「通りすがり」さんのいう「正直者」を一定程度批判する立場にあると言えるかもしれません。

No title

管理人様、ご返信ありがとうございます。

>上記のように「ブラック企業に勤めて苦しんでる人=正直者」という構図がよく分かりませんでした。
>また、あの過去記事では、「通りすがり」さんの言う「正直者」に非があるかどうかについては
>そもそも触れていない(つまり「正直者には一切非が無い」ということも言っていないし、
>そういうニュアンスも込めていない)ように僕には思えましたが。

記事タイトルの「脱社畜ブログが弱者を食い物にしている」にも表れているように、
「弱者」=「ブラック企業に勤めて苦しんでいる人」が日野氏のブログを糞真面目に読んでも、
何の役にも立たず結局八方塞になる、つまり、弱者には何の落ち度もないというニュアンス
が感じられる一方で、日野氏については、読者数の増加によってアフィリエイト収入が増えたり、
本を出したりメディアに出たりで、利益を独り占めしている「悪者」というニュアンスが感じられます。

日野氏を「悪者」扱いするつもりはないと仰られるかも知れないのですが、「食い物」という言葉には
もともとそういうニュアンスが含まれています。
Yahoo!辞書にも
>自分の利益のために人やものを利用すること。また、その利用される人やもの。
>「悪徳商法の―になる」
と書かれています。

ここで私は管理人様が日野氏を「悪者」扱いしていることを非難するつもりはなく、
あくまでも一つの解釈として、管理人様のような考え方も「あり」だと思っています。

先のコメントでもっと「したたか」にならないといけないという趣旨のことを書かせて頂きましたが、
むしろ、少し悪い奴ぐらいにならないと、この世知辛い世の中を乗り切っていくのは難しいとさえ感じます。
本記事でいうところの「処世術」が同じような位置づけと考えられると思います。

ですから、本記事で取り上げられている正直な就活生や、「ブラック企業勤めで苦しんでいる人」
に限らず、労働者として雇用主から理不尽な仕打ちを受けて苦しんでいる人全般に言えること
なのですが、こういった人達は、ある意味「正直者」、別の言葉で言えば「馬鹿正直」「糞真面目」
「不器用」であって、「世渡りが下手」「要領が悪い」という評価もできるかと思います。

「真面目にやっていれば、いつか必ず報われる日がくる」「ずるいことをする奴はいつか必ずしっぺ
返しを食らう」といった思想も、ルサンチマンの表れで、楽していい思いをしている人への僻み
でしかないのだと思います。

>ちなみに、「脱社畜ブログから漂う"受け売り"感と、その主張を見て"気づかされた"という
>感覚を得る読者のヤバさ(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-499.html)」
>という記事では、僕は「脱社畜ブログの支持者」を日野さん以上に批判しています。
リンク先はこちらですよね。
http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-502.html

確かに日野氏の記事は、濱口氏の「パクリ」と評されても仕方ない側面もあるかも知れませんね。
ただ、私は濱口氏のことは管理人様の記事で初めて知り、日野氏や濱口氏に限らず、
このようなある種の「日本人論」は割と昔から論じられてきていると思います。
例えば私の頭に真っ先に浮かぶのは、中根千枝氏の「タテ社会の人間関係」や
山本七平氏の「『空気』の研究」、西尾幹二氏の「ヨーロッパの個人主義」などです。

日野氏のブログ記事が、濱口氏の著作の無断引用ということであれば、濱口氏は法的措置を
取ることも可能かと思いますが、そこは当事者同士でどうにかして頂くしかないですね。

こういう「パクり・パクられ論争」は、文章に限らず、音楽・アートなどの著作物全般で尽きない訳ですが、
我々一般の読者ができることは、あくまでも目に見えている文章の評価ぐらいかと思います。
「実はこれは誰々の文章の受け売りなんだよ」と気付かされたのであれば、オリジナルとされる
ソースにあたるのも良いですし、受け売り先の記事はもっと知識を深めるための「入り口」の役割
を果たしたと見ることもできるでしょう。

たとえば私も学生時代にある邦楽バンドを好きになり、当時は「日本でこんな音楽をやっている
バンドは他にない。すごい」と絶賛したものですが、後になって、実は洋楽のパクリがほとんどで
あることに気付きました。
しかし、私はいまでもそのバンドが好きで、そのバンドをきっかけに、パクリ元とされる洋楽を
聴き漁ったりして、私の音楽の世界を広げるのに、そのバンドが一役買ったと考えることもできます。

上記の記事で管理人様が仰っているように、日野氏の言説を無批判に持ち上げる「日野信者」
のような状態に陥るのは、確かに好ましくないと思います。
それは結局、「脱社畜ブログに食い物にされる弱者」と同じ穴のムジナとも言えるでしょう。

つまり、「脱社畜ブログを一生懸命読んでも何の役にも立たない」と落胆する人は、脱社畜ブログ
を読むにあたって、無批判な姿勢で臨んでいたと考えられ、読み終わった後に初めて「騙された」
と感じるわけで、それは結局その人が「正直者」過ぎたということですね。

Re: No title

> 通りすがりさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>記事タイトルの「脱社畜ブログが弱者を食い物にしている」にも表れているように、「弱者」=「ブラック企業に勤めて苦しんでいる人」が日野氏のブログを糞真面目に読んでも、何の役にも立たず結局八方塞になる、つまり、弱者には何の落ち度もないというニュアンスが感じられる

そうですか。「通りすがり」さんが当初そう感じられたのは分かりましたが、上の僕のコメント返信で、過去記事にて「弱者に落ち度はない」と言っていたわけではないことを分かっていただけたのではないかと思います。

>日野氏を「悪者」扱いするつもりはないと仰られるかも知れないのですが

いや、別にそう言うつもりはないですよ。

>本記事で取り上げられている正直な就活生や、「ブラック企業勤めで苦しんでいる人」に限らず、労働者として雇用主から理不尽な仕打ちを受けて苦しんでいる人全般に言えることなのですが、こういった人達は、ある意味「正直者」、別の言葉で言えば「馬鹿正直」「糞真面目」「不器用」であって、「世渡りが下手」「要領が悪い」という評価もできるかと思います。

僕はこの記事において「正直者」を「バカ正直」という意味でのみ使っていたので、当初「通りすがり」さんの言う「ブラック企業勤めで苦しんでいる人=正直者」という構図の意味が分かりませんでした。ただ、この文章で「通りすがり」さんの考えは分かった気がしますし、仰る様な評価も理解できます。

>「真面目にやっていれば、いつか必ず報われる日がくる」「ずるいことをする奴はいつか必ずしっぺ返しを食らう」といった思想も、ルサンチマンの表れで、楽していい思いをしている人への僻みでしかないのだと思います。

これは僕に言っているんですか?この記事で、おっしゃる様な思想を書いた覚えはないのですが。「天才リフォームマン」さんへのコメント返信のことを言っているなら少しわかりますが、それでも「ずるいことをする奴はいつか必ずしっぺ返しを食らう」という思想が書かれているとは思いませんし・・・。

>リンク先はこちらですよね。http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-502.html

その通りです。失礼しました&ご指摘ありがとうございました。

>このようなある種の「日本人論」は割と昔から論じられてきていると思います

そういえば濱口さんも脱社畜ブログの「"これは私の仕事ではない"が強く言えない日本の職場」のエントリーを「それは昔から言い古されていること」と評していましたね。

>受け売り先の記事はもっと知識を深めるための「入り口」の役割を果たしたと見ることもできるでしょう。

そういう意味では、脱社畜ブログに大きな意義があることも確かですよね。濱口さんのブログや本を読まない人でも「脱社畜ブログは読みやすいから、今後も読んでいこう!」と感じることはあり得ると思いますし。

No title

1つ気になったことがあったので、もう1度コメントさせてください。

本文で言及されている記事でも「替え玉受験自体を不正」と呼んでいるようですが、私はこれがどうもおかしいと思うんですよ。替え玉受験は社会一般的に見たら不正に見えるというだけで、不正行為かどうかを決める権利はその会社自身ににあるはず。替え玉を認めて大学入試を行う大学があれば、替え玉は不正行為ではなくなります。

WEBテストを実施する企業が事前に不正行為を一覧にしているなんて例はないかもしれません。ですから、企業自身が何を不正行為と捉えているのか?不明な段階で、替え玉をする人を不正行為呼ばわりするのはおかしい気がしました。

実際、替え玉受験問題は以前から声高に叫ばれているにもかかわらず、未だにWEBテストを実施している企業があるとするなら、1個前のコメントでも述べたとおり、企業自身が替え玉受験を容認している(替え玉受験は不正行為ではない)と解釈するのがやはり妥当だと思うのです。よって、替え玉受験は不正行為ではないとなると思います。

No title

Webテストの替え玉受験みたいな低次元の問題で正直者が云々というのも無意味な話で。
他にまともな例はないのかと
リンク先の意識調査には正直者云々よりも質のいい記事を書くネタが転がってる気がするんですが

これ、対象者が「昨年12 月1 日(大学生の就職活動解禁日)時点で、就職活動を行っていた~」
だけど、対象者を就職問題が本当に生じている層に絞ったほうがいいのではないかねー

Re: No title

> あらいさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>本文で言及されている記事でも「替え玉受験自体を不正」と呼んでいるようですが、私はこれがどうもおかしいと思うんですよ。替え玉受験は社会一般的に見たら不正に見えるというだけで、不正行為かどうかを決める権利はその会社自身ににあるはず。替え玉を認めて大学入試を行う大学があれば、替え玉は不正行為ではなくなります

確かに、そもそも不正というのは「ルールからの逸脱」のことを指していると言っていいはずなので、「試験は、自分の力で解かなければならない」というルールが存在しなければ、替え玉受験という行為が「ルールからの逸脱」にあたらず、ひいては不正にならないことになりますね。もっとも一方で、「試験は普通自分の力で解くものでしょ」という暗黙のルールがあるという見方も出来なくはなさそうですが。僕は心情的にはこの見方を支持したいですが、それでも理屈としては「あらい」さんの言っていることの方が通っているかなと思います。

Re: No title

> のさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>Webテストの替え玉受験みたいな低次元の問題で正直者が云々というのも無意味な話で。他にまともな例はないのかと

「Webテストの替え玉受験」がまともな例じゃないとのことですが、残念ながらこの記事だけでなく、例えば「正直者はバカ!? ウェブ入社試験に“替え玉受験”横行(http://www.yamatopress.com/c/1/1/2350/)」という記事など、Webテストの替え玉受験から「正直者がバカを見る」というフレーズを考えることは普通になされています。まぁ、肝心の「まともな例」を出さない「の」さんのコメントには何も説得力がありませんが。その例があれば、その例と自分の記事を比較して「確かに僕の記事、無意味だったわ!」と思えたんですけどね。


>リンク先の意識調査には正直者云々よりも質のいい記事を書くネタが転がってる気がするんですが

質がいいかは知りませんが、前にその意識調査をもとに「就活生にとって自身の友人は、自分の心の支えとなっていると同時に自分を追い込む存在ともなっている(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-452.html)」という記事を書いたことはあります。「の」さんはそれともまた違う切り口を考えているのかもしれませんが。

>これ、対象者が「昨年12 月1 日(大学生の就職活動解禁日)時点で、就職活動を行っていた~」だけど、対象者を就職問題が本当に生じている層に絞ったほうがいいのではないかねー

その層に絞ったら「就活生は苦しんでいる」という結論ありきの調査になってしまう(と外部から思われる)ことを危惧したのかもしれません。ちなみに、この意識調査を行った「ライフリンク」は、調査対象者の選定について「特定の学校やグループに偏らないように配慮した」と言っています。 
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。