スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正規雇用の条件として「終電までの残業」を設けた企業

久しぶりにライターページへのご投稿を頂きました。今回はalphaさんが投稿してくださった記事です。alphaさん、投稿ありがとうございました&記事のアップが遅れて申し訳ありませんでした。


下記の通り、alphaさんは既卒者・未経験者向けの就職支援プログラムに参加し、その際に企業から不採用を告げられています。その不採用理由が、正規雇用を求める若者の心に付け込んだ卑劣なものでした。以下、alphaさんの体験談です。


20代後半で、ある就職サポートプログラムに参加した者です。上記事業については毎年、都道府県が民間の人材派遣会社に委託して行っている 29歳以下の既卒者・未経験者向けの就職支援(正規雇用前提)プログラムです。事業の詳しい概要については、募集HPなどに書かれているので割愛させていただきますが、長く続いている事業の割には、体験談など参加者視点の情報が少ないのが気になりました。私の経験した範囲ではありますが、この場を借りて疑問に思った点について触れさせていただきます。


まず、プログラムの大まかな流れは以下のとおりです。

1.人材派遣会社に、プログラム参加者として登録
2.仕事の紹介を受ける、あるいは自分で参加企業の中から探す
3.就労先の企業との面接→就労先の決定
4.2週間にわたるOA・ビジネスマナーの研修
5.企業での就労開始→派遣社員(研修生)として2ヵ月半働く
6.双方の合意で正式採用

<備考>
・就労先の企業については、中小企業(~300名?規模)のみが対象
・研修期間中も時給が発生する
(参加態度が良くないと、契約自体を取り消されてしまうので参加者は真剣)
・派遣期間(就労体験)中も隔週で派遣元でのフォローアップ研修あり
・派遣期間終了から1ヶ月ほど前に採用可否が通知される
・プログラムの規定上、残業は禁止

プログラムの目的としては、「人材を必要としている中小企業に若者を紹介しよう!」・「就職難で中々正規雇用のチャンスをつかめない若者を支援しよう!」ということなのでしょうが・・・。この制度は企業側に対して優位に動いていると感じました。


最大の特徴であり、落とし穴は 「このプログラムを利用する企業は2ヶ月間無料で人を使える/試せる」という点です。研修費は国から出ます。研修生の試用期間中の給料も国から出ます。


**体験談**

私の場合、前職で雇い止めにあった後、中々次の仕事が決まらず、思い切って参加しました。登録後、いくつかの企業との面談を経て就労先が決まりました。希望に合った職種でした。就業開始はスムーズで、仕事自体は厳しいものの、とても良い職場環境に思われました。


派遣期間中、研修で学んだことを踏まえるのは勿論のこと、就業先の方とも積極的にコミュニケーションを取り、早く仕事を覚えて戦力となるよう努力しました。フォローアップ研修の際は、会社を休んで出席しなければならないので、1日分のタスクがたまってしまうのは仕方がありません。プログラムのルール上、残業はできないのでしっかり時間内に業務を処理するように意識しました。自分なりに工夫して周囲に気を配りながら仕事を回せるようになったかな…と思い始めたころに、採用可否の通知が来ました。


結果は「不採用」でした。自分に至らない点があるのは当然だと思い、今後の為にも理由を派遣元の担当者と就業先の上司に尋ねましたが、双方で意見が食い違い、明確かつ決定的な回答が得られませんでした。


後で現場の方に知らされたことなのですが、私の前に、同じプログラムを通じて既に正式採用が決定した元・研修生達は・・・何も言われなくても自主的に終電まで残り業務を行ったことが評価され、その「自発性」故に採用されたそうです


(残業…あれっ?)


このプログラムの運営側がこうした実態を把握しているのかは不明です。

****

以上が私の体験談になります。

同じ時期にプログラムに参加した友人は担当者・職場の上司の対応がしっかりしており無事に採用が決まったので、このようなケースばかりではないと思います(似たようなプログラムはさまざまな派遣会社や自治体で行われているので上記体験談とは実態が異なる場合もあります。) 。


ここからは私見です。中小企業と若年層の双方の就労状況を良くしようという都道府県による試みは画期的だと思います。しかし、企業側(または運営側)がこのプログラムの仕組みを都合の良い様に解釈し、利用する危険性も十分にあります。会社が試用期間で人材を使い捨てにするという話があるくらいです。その試用期間、無料で人を使えるとしたらどうなりますか?会社としての損失を出さない上、ちょっとでも要望に満たなければ通常の雇用以上に"切る"のが用意になります。参加者は基本的な社会人マナーは派遣元から、実務その他については派遣先から学ぶことになるわけですが、企業側がその趣旨を理解しているとは限りません。


運営側(派遣会社・自治体)は取引先の企業についてどの程度調査をして、プログラムについてどのような説明を行い、参加者を派遣しているのでしょうか。国の援助を上手に活用しながら、人材を育てていこうと考える良識ある企業がまだまだあることを祈るばかりです。


また、こうしたプログラムは便利ですが、希望通りの会社に決まらない場合もありますし登録から正規雇用まで時間がかかります。就職を急いでいる方には不向きです。参加者はこうしたデメリットも認識しておく必要があると思います。「プログラムに参加したが、仕事が決まらない」というリスクを回避するためにも求人サイトを定期的にチェックするなど別ルートでも仕事を探し続けるのが良いと考えてます。


私は「正規雇用」という名目が就活者・転活者の"鼻先の人参"のように扱われるような事態はあってはならないと思っています。この体験談が参加者や、参加を検討している方々、大勢の就活者にとって疑問を口にするきっかけになればと思います。最後に、この場で情報を発信する機会を与えてくださった管理者様、ここまで読んでくださった皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

掲載していただき、ありがとうございます。

面接でも、正式に採用された後の
残業について質問したのですが、
有ったとしても、一日2時間程度
とのことでした。

募集ページにかかれていること
面接で言われること
実際に働いてみたあとに言われること

条件や業務内容について、
いってることが
全部違うんですよね。。

繰り返しになりますが、
発言の機会をくださり、
本当にありがとうございました。

Re: 掲載していただき、ありがとうございます。

> alphaさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>掲載していただき、ありがとうございます

こちらこそ、エピソードのご投稿ありがとうございました。とても勉強になりました。

>面接でも、正式に採用された後の残業について質問したのですが、有ったとしても、一日2時間程度とのことでした。募集ページにかかれていること面接で言われること実際に働いてみたあとに言われること、条件や業務内容について、いってることが全部違うんですよね。

一つ前の記事で「採用活動を行う際に求められるべき誠実さ」について書きましたが(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-519.html)、「採用活動における発言と、実際の労働環境の不一致」も企業の不誠実さの現れと言えそうですね。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。