スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この人が言っていることは概ねクソだけど、この主張は妥当だ」と言えると良い

前回の記事の最後で「"Aという主張には賛成できるけど、Bという主張はさすがにないわ"など、各主張を個別具体的に評価することが大事」と書いた。ただ以前「ななし@Notitle」さんが「管理人さんは本田由紀さんの一派に甘い感じはするけどね。まあ、人間だから好き嫌いはある」とフォローを交えながらも指摘をしてくださったように、評価の過程で恣意的な判断が入ってくる可能性は常にある。即ち、自分が概ね好んでいる論客の主張であってもそれがおかしいものである場合は批判し、逆に自分が嫌っている論客の主張であってもそれが妥当なものである場合は支持する姿勢を意識するべきだと言える。一応このブログでも不十分とはいえ、そういうスタンスを試みている。


例えば、僕はNPO法人「"育て上げ"ネット」の理事長である工藤啓さんの文章を概ね好意的に評している。それは、工藤さんの問題提起からは若年無業者の実態を学ぶことが出来たり、若年無業者問題に関して何となく存在する「通念」を鵜呑みにしてはいけない姿勢の大事さを感じ取ることが出来たりするからである。このような理由から、僕は論客としての工藤さんをかなり好んでいると言える。


しかし一方で「不採用の理由が分からずに苦しむ就活生をサポートする役割を担うべきなのは企業ではない」という記事では工藤さんの「"なぜ"がわからないことすら自己責任の範疇に落とすのは無理がある。サポートする側も理由がわからないからサポートも漠然としたものになりがち」という考えをかなり痛烈に批判している。それは、本来工藤さんら就職支援団体が担うべき役割を企業に転嫁する主張であり(もっともそれは「不採用理由が分からない」と悩む就活生を保護するためなのですが)、妥当性を欠いていたからだった。自分が好んでいる論客だからと言って常に妥当なことを主張するとは限らず、ゆえに「各主張を個別具体的に評価することが大事」という前回の記事の主張が意味を持ってくると思う訳である。


逆に、自分が嫌っている論客だからと言ってその人が常におかしなことを主張しているのかというと当然そんなことはない。この点、「velvetten」さんという方はこのブログにおける常見陽平さん批判などについて「基本的にこのブログは良い所は徹底的に無視し少しでも悪い所を大げさに晒し上げるというスタンス」と評していて(http://b.hatena.ne.jp/entry/lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-49.html)、これを見ると僕が「嫌っている論客の良い点を評価する」ということを一切していないかのように思える。


確かにこのブログには常見さんを批判している記事は多いし、且つ常見さんの文章に対して「正直常見さんは学生らから見下されても仕方がないと思う」・「よくこんな、就活生のエントリーシートにも劣る文章が売り物になっているものだと思う(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-425.html)」とまで言ったこともあるので(笑)、どう見ても僕が常見さんを嫌っているのは明らかだ。しかしそれでも、例えば「"ウチが第一志望ですか?"という質問を1次面接の段階でするのはおかしくないか」という記事では常見さんの「やや極論ですが、企業の採用担当者は"ウチは第一志望ですか?"という質問をやめるべきだと考えています」という主張にほぼ賛成しているし、あるいは「"企業は既卒者採用にも積極的じゃないか"という言説から既卒者を守るための2つの策」という記事では「企業は毎年、どの大学、どの学部から何人、どの職種で採用したかを公に発表する。男女比ももちろん開示する」という主張を比較的好意的に取り上げている。要は、嫌いな人であっても良いと思った主張は良いと言っている訳だ(まぁ、常見さんの主張を支持した記事と批判した記事では圧倒的に後者の方が多いはずなので、「velvetten」さんが勘違いするのも無理はないのですが)。


冒頭で紹介した「ななし@Notitle」さんの指摘の中にある「人間だから好き嫌いはある」というフォローはもっともだ。しかし、一方でこうしたフォローに甘えすぎてしまうと妥当な主張を不当に貶めたり、トンチンカンな主張を苦し紛れに擁護してしまうことになりかねない。端的に言えば、各主張を個別具体的に評価する際には自分の見方に「バイアス」がかかっている可能性を出来る限り自覚する必要があるということなのかもしれない。

「この人が言っていることは概ねクソだけど、この主張は妥当だ」と言えると良いという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。