スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「就活生を救いそうで救わない案」に惹かれてはいけない

少し前の記事で、ビョルン・ロンボルグ著の「地球と一緒に頭を冷やせ」が「どんな行動にも良い面も悪い面もある」ことを教えてくれる本であることを述べた。ここでは「どんな行動」とあるけど、これを「どんな提言」と置き換えることも可能である。即ち、一見素晴らしいことを実現するかのように見える提言であってもその提言には悪い面もある可能性が考えられるということで、即ちその点をチェックする必要があると言える。


例えばロンボルグは交通事故の例を挙げる。彼曰く、毎年世界全体で120万人が交通事故で死んでおり、且つ5000万人が怪我をしていて、その損害額は年額5120億ドルに達するという。ただ、やろうと思えばその損害をほぼ完全に防止することは可能なのだそうだ。もし本当に可能ならば、それは実現された方が良さそうだと思える。


しかしロンボルグはその選択肢が実現されることは無いと述べる。なぜなら、肝心の損害を防止するための方法とは「速度制限を時速10キロに下げること」だからである。正直、例え自分の命を危険に晒す危険が高まったり、あるいは人の命を奪う危険が高まったとしても、大概の人は「車を通じて、そこそこの速度で移動する」という行為を選択するだろう。「120万人もの命を救える」というのはそれだけを見ればとても魅力的なものだが、いざその目的を達成するための手段について考えると「日々の生活が大いに不便になる」という無視できない難点に直面せざるを得ないという訳だ。


就活を巡る議論でも、一見就活生を置かれている状況を改善するかのように見えても実はそうではない、あるいは一部の人の利益にしかならないであろう主張が見られる。例えば、以前「就活生組合」という就活の問題点を世に訴えていくことを目的とする組織があったのだが、その組織は主張の一つとして「企業は就活生に交通費を支給してくれ」というものを掲げていた。これは一見、就活生からすれば金銭面に関して大いに助けになりそうな提言のように思える。しかし、その提言に対しては次のような批判があったりする(http://daihukucho.livedoor.biz/archives/6501114.html)。

企業が新卒採用にかけるバジェットは固定であるがゆえ,交通費が増大すればその他のコストを下げるからです。簡単に言えば,面接工数(人件費)を下げることになるでしょう。すると,確実に会うべきである学生についてのみ面接をすることになるので,尋常じゃない学歴フィルターがセットされるわけです

要は「選考に臨む就活生に交通費が支給される」という利点と引き換えに「面接に進める人数が少なからず減る」という難点がある提言になっているということ。この難点を踏まえると、提言を支持できないと感じる人も増えるのではないだろうか。


あるいは、僕自身も以前「"企業は就活生に不採用理由を伝えるべき"という問題提起はもう見飽きた」という過去記事でも述べたように、よく主張される「企業は就活生に不採用理由を伝えるべき(そうすれば就活生も自分が落ちた原因が分かって、それを踏まえて対策が出来るようになる)」という提言にも「落とされた理由を聞かされたら心が折れる学生が増える」という難点があるという見解がある。他にも、例えば常見陽平さんはポストセブンの「就活"不採用の理由開示"すれば学生を苦しめるだけと専門家」という記事で同様のことを述べている。


その記事に限らず常見さんはよく「就活をめぐる改革論はこのように、もっともそうで実は若者を救わない案だらけ」という趣旨のことを言っているけれど、この指摘は妥当だと感じる。もっとも、悪い面があるからといって即改革案を否定するのは妥当ではなく、良い面と悪い面を比較して前者が上回る場合にはその案を前向きに検討するというアプローチが良いのだと思う。少なくとも、一見就活生を救いそうで、実は救わない案に安易に惹かれてはいけない。

「就活生を救いそうで救わない案」に惹かれてはいけないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly       
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕は全く逆の意見で、少数派なのかもしれませんが。

僕の場合は交通費支給と引き換えに面接に進める人数が減るのは大歓迎です。

というのも、エントリーシートさえ通れば、面接で受かる確率は従来より上がるからです。

僕自身が面接が大の苦手ということもありますが、明らかに面接よりもエントリーシートの書き方の方が指導してもらえれば上達する余地があるというか、面接の突破率を上げることよりも、エントリーシートの突破率を上げる方が容易だと思ったのです。

したがって、僕は交通費支給の案には賛成したいという立場です。

Re: No title

>さいてぇ さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>僕の場合は交通費支給と引き換えに面接に進める人数が減るのは大歓迎です

僕も過去記事でエントリー段階におけるスクリーニング(面接に進める人数を減らす)の必要性を述べるものをいくつか書いています。ただこの記事を読み返してみると、確かにスクリーニングに反対しているように読めますね。これは僕の書き方が悪かったです。

「さいてぇ」さんのコメントで気づいたのですが、この記事のタイトルは僕が言いたかったことを反映できていないですね。「"就活生を救いそうで救わない案"に惹かれてはいけない」というよりは、単に「一見良さそうな案でも、それにはデメリットもあり得るから、それを踏まえて案への賛否を決めよう」ということを言いたかったので・・・。全体的に、この記事は失敗してしまいました(笑)

No title

一般的な主張として就活生を救う言説はないでしょう。
なぜなら就職活動は応募者間の争いだから
(仕事自体が不足しているのではなく、ブラック企業という若者にとってマイナスな選択肢が多数ある今日、「まともな」大手企業の椅子を狙う戦いは熾烈なものだ)

面接が得意な人(生身の人間を相手に振舞える能力は立派な才能の一つ)からすれば、
学歴・学力試験なりで面接までのスクリーニングを強化しろという言説は利害相反。
非リア充による「リア充ばくはつしろ」と同じようなものにしか見えないだろう。

ただ「どんな行動にもいい面悪い面ある」のごとく
どんな人であれ肯定的にも否定的にも評価する企業があるとも言えるのだし、
一般化した言説ではなく、個々の企業がどういう社風・文化なのかがもっと明確になれば応募者の行動的心理的負担も減るんだろうが

No title

新卒一括採用の見直しなども表題の件のような事が言えそうですね。

就活に失敗しただけで自殺したり、
就職留年のような無駄極まりないことをしたり、

必要以上に就活生が追い詰められているという点に於いて、
基本的に新卒にしかチャンスを与えない本制度は
日本の就活の歪みのうちの相当のウェイトを占めていると思うのですが、
当の新卒者自身は殆どの場合、新卒一括採用に賛成でしょう。

Re: No title

>のさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>一般的な主張として就活生を救う言説はないでしょう(中略)面接が得意な人(生身の人間を相手に振舞える能力は立派な才能の一つ)からすれば、学歴・学力試験なりで面接までのスクリーニングを強化しろという言説は利害相反

個々の就活生が考える「自分の利益」が異なるに決まっているために、「これが就活生を救う主張なんだ」と一括りに述べることはできないという話ですよね。仰る通りだと思いつつ、一方で「選考の合否のタイミングを明確にする」などある程度一般化できるであろうニーズもあるのではないかとも思ったりします。

Re: No title

>sue さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>新卒一括採用の見直しなども表題の件のような事が言えそうですね(中略)当の新卒者自身は殆どの場合、新卒一括採用に賛成でしょう

「新卒しかチャンスが無いのはおかしい」という考えもありますが(就活デモなんかではそういう趣旨の訴えがなされていたはず)、一方で新卒一括採用が新卒者を利する採用方式であることも否定できないわけで、あとは価値観の問題になるかと思います。「新卒と既卒が同じ土俵で争うために厳しい競争になるけれど、チャンスは新卒以外にも(一応)ある」か、「新卒には大きなチャンスがあるけど、それを逃すと厳しくなる」か。 

No title

個々の利益は違うので
これが全員にとって良い案だっていうのがないのはその通り

全員の利益になるのは、経済成長して労働需要が増えること
労働需要が増えなければ、パイの分配の変更でしかないから、得する人と損する人がいる

新卒一括採用の是非は
新卒一括採用のほうが経済成長に寄与するのか?っていうのが論点だと思います。
茂木健一郎さんは経済成長にマイナスだからやめろっていってるかと

Re: No title

>個々の利益 さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>全員の利益になるのは、経済成長して労働需要が増えること。労働需要が増えなければ、パイの分配の変更でしかないから、得する人と損する人がいる

本当にその通りだと思います。記事ではなくコメント返信で書いたことがあるのですが(どの記事におけるやり取りかは忘れましたが)、経済成長して労働需要を増やす道筋を描けるならば、もはやこのブログ(+就活問題で飯を食っている人たち)の存在意義は殆どないと言っていいとすら思っています。

>新卒一括採用の是非は新卒一括採用のほうが経済成長に寄与するのか?っていうのが論点だと思います。茂木健一郎さんは経済成長にマイナスだからやめろっていってるかと

確かに茂木さんは「新卒一括採用が企業の競争力を低下させている」という趣旨のことを言っていたはずですね。 
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。