スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドワンゴの受験料制度と厚生労働省が掲げる「公正な採用選考」

(一部の)就活生から受験料を取る「受験料制度」に対して厚生労働省から中止を求める行政指導を受けたドワンゴ。ドワンゴのホームページには、厚生労働省がドワンゴに「助言」をした際にどのような説明をしたかが書かれている(http://info.dwango.co.jp/recruit/graduate/info/index.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+netnavi/topics+(%E3%81%AD%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%B3+-+%E8%A9%B1%E9%A1%8C%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B)。


それを見る限り一番問題なのは「職業安定法の"労働者の募集における報酬受領の禁止"」に該当する可能性があることだと思われる。ただ、ドワンゴのホームページには書かれていないし、厚生労働省がドワンゴへの「助言」の際に言及したかも定かではないが、ドワンゴの受験料制度は厚生労働省作成の「採用のためのチェックポイント」が掲げる要件を満たしていないように見えるという点でも問題視する余地がある(http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/saiyo/saiyo1.htm)。


そもそも厚生労働省は企業に対して「応募者の基本的人権を尊重した公正な採用選考を実施すること」を求めている。具体的には、公正な採用選考を行う基本として「応募者に広く門戸を開くこと」・「本人のもつ適性・能力以外のことを採用の条件にしないこと」・「応募者のもつ適性・能力が求人職種の職務を遂行できるかどうかを基準として採用選考を行うこと」などが企業に求められる旨を示している。そのチェックポイントには法的拘束力など無いはずで、正直存在意義があるかどうかすら疑わしいけれど(「ただの建前じゃん」と言ってしまえばそれまでだと思う)、一応厚生労働省としてはこのような考えを持っているということになっている。


以上を踏まえると、ドワンゴの受験料徴収も「本人のもつ適性・能力以外のことを採用の条件にしている」という意味で、厚生労働省の立場からするとこれを問題視するのは自然なことだと僕は思う。ドワンゴの受験料制度に対する批判としては「就活生の金銭的負担」が主なものとして挙げられると認識しているけれど、その他に「採用のためのチェックポイント」に照らした批判も無し得ると言える。


ドワンゴは受験料制度の趣旨を「本当に入社したい人材に集まっていただくため」と説明しているが、個人的にはその足切り方法は異質だと感じる。エントリーの要件を厳しくした試みとしては、例えば「重い課題」を課したライフネット生命(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-531.html)、応募条件にTOEIC730点以上という要件を入れた武田薬品工業・エントリーシートのテーマを変更することで他社向けに書いたエントリーシートの転用をできなくし、自社のために時間を割いて真剣に書くことを就活生に促した富士ゼロックス(これらの取組みは経済同友会の報告書で取り上げられている http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2011/pdf/120223a.pdf p.8)の事例が思い浮かぶが、これらは「就活生のもつ適性・能力」を測ろうとする姿勢が見られると言って問題ないだろう。しかし、これらのケースとドワンゴのケースを同列に扱うのは、やはり「就活生のもつ適性・能力を見ているか」という観点からは難しいのではないか。


武田薬品工業の件はニュースにもなっていたけれど、僕が知る限り、これに対して厚生労働省が「英語が出来る人だけが採用試験を受けられる状態になってしまうことを大変危惧している」という趣旨のことを述べたことはなかったはずだ。即ち、厚生労働省がエントリー段階での足切りを一切否定しているのかというと恐らくそんなことは無いはずで、あくまでもドワンゴが採用した方法がまずかったという話なのだと思う。ドワンゴの受験料制度に好意的な声は多くあったけれど、一方で「採用のためのチェックポイント」と絡めて「"2525円の支払いを求めること"が、ドワンゴで働いていく上での適性・能力を測ることになるの?恐らくならないと思うけど、そんな基準を就活生に課してよいの?」という批判を考えてみるのも有意義だと思う。

ドワンゴの受験料制度の是非を厚生労働省作成の「採用のためのチェックポイント」と関連付けて考えてみると良さそうという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加 
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

受験料徴収を賛美するのは企業側の人間だろうけどね
毎年、大企業なら受けに来るだろうし、金だけ徴収してさようなら
受験ビジネスが捗る

Re: No title

>名無し さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>受験料徴収を賛美するのは企業側の人間だろうけどね

話が逸れてしまいますが、ドワンゴの取り組みは「賛美」するほどのものでは全くないと思っています。この記事で取り上げたライフネット生命・武田薬品工業・ゼロックスのような「就活生を足切りする」ための取組みは既に行われていますし、特にゼロックスは「応募数が対前年で4割減となった」という結果となったらしいですし(まぁ、取組みのおかげか、単純にゼロックスの人気が落ちただけなのかは検討が必要ですが)。なんでここまでドワンゴが賛美されたのか、個人的には理解に苦しみます。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。