スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安易にいくらでもエントリーできる仕組み」を作っている責任をナビサイトにばかり押し付けてはいけない

リクナビのおかしさを訴えるツイートが大量にリツイートされている。 ドワンゴの川上会長の問題提起(受験料徴収のこと)など、「就活生の大量エントリー」に関する議論が活発化している。WEDGEの最新号「"就活"が日本をダメにする」の中でも「就職することを目的化している学生が増え、入社後に燃え尽きているようで力を発揮しない。安易にいくらでもエントリーできる仕組みに何らかの原因があるのでは」と語る人事の声が載っている。


確かに、その人事が述べたような「安易にいくらでもエントリーできる仕組み」には問題がある。しかし、問題の所在をナビサイトにばかり求めるのも妥当ではないと思う。過去記事「スクリーニングの手間を惜しむ企業が"たくさんの就活生が受けに来る・・・"と嘆くのは筋が違う」で詳しく書いたけれど、就活生が企業に手軽にエントリーできる背景には個々の企業の無策さも挙げられると考える。


というのも、このブログで何度か取り上げ、且つ前述のWEDGEにおいても「志望度の高い者以外がエントリーしづらくなっている例」として挙げられているライフネット生命も思いっきりリクナビを利用しているからだ(https://job.rikunabi.com/2015/company/top/r772710024/)。ライフネット生命は「重い課題(※小論文)」を入社希望者に課すことで知られているけれど、その結果として昨年度は8471名のプレエントリー者に対して、書類を提出したのはたったの70名となっている(http://recruit.netseiho.com/2015/screening/index2.html)。


この例から分かるのは、確かにリクナビなどのナビサイトの活用によってとりあえずの母集団は相当の数になるけれど、その後企業が課すエントリーの要件次第では就活生もそう簡単にエントリーできなくなるし、企業側からすれば冷やかしで入社試験を受けようとする就活生を排除することが出来ると言える。つまり、もし大量の応募者に悩んでいる人事がいるとすれば、その原因の一部は確かにリクナビなどのナビサイトにあるのだろうけれど、一方で企業の無策さにも原因は求められて然るべきだという話になるのではないだろうか。


考えてみれば、確かにプレエントリーの段階まではワンクリックで事が済むわけで、それを「安易にエントリーできてしまう」と評するのも話は分かる。しかし当然のことながら「プレエントリー=本エントリー」ではない訳で、いざ企業に応募するにあたっては個々の企業がそれぞれ課すエントリーシートを作成しなければならない。もし就活生が安易にエントリーシートを完成出来ているのだとしたら(=安易に本エントリー出来ているのだとしたら)、それはナビサイトというよりも企業側の問題の方が大きいのではないか。皮肉なことだけれど、前述の人事が言う「安易にいくらでもエントリーできる仕組み」を作っている責任の一端はその人事のような人たちが担っているのではないだろうか。


WEDGEに収録されているドワンゴの川上会長のインタビューによると、ドワンゴの問題提起に対して「よく言ってくれた!」とエールを送った人事部が多くあったらしい。何だか、企業がナビサイトの被害者になっているかのような論調が出来上がっている気がする。確かにそういう見方は一面では正しいのかもしれないけれど、ナビサイトをスケープゴートにして話を終わらせるのは問題の所在を見誤ることにつながると思う。この記事で書いてきたような、企業側の問題もきちんと見るべきだ。

「安易にいくらでもエントリーできる仕組み」を作っている責任をナビサイトにばかり押し付けてはいけないという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly    
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドワンゴのような企業もありますが、リクルートがこういう事を行っているという事は、企業の中には、エントリー数が欲しいという企業があるのではと思います。


何で読んだのか思い出せないのですが、エントリーシートが大量に来るのも問題だけど、逆にあまりこなかったり、前年度比での減少分がでかいというのもそれはそれで問題(企業的に)という事もあるようです。
エントリー数や説明会の参加人数も人事の評価の対象となっている企業もあるし、毎年発表される学生の人気企業ランキングもある意味、消費者からの反応ですし、また、社員自身も自分の勤めている企業が人気企業というのは社員の意識的な面としても決して無視できないというような内容のものでした(元の文は見つけ次第投稿します)
実際、エントリー数が多いという事はその企業に興味がある人が多いという事や世間的に良い企業だと思われている証拠のひとつにもなりますし

場合によっては、企業としてはエントリー数が欲しいけど、人事部としてはそんなに来てもらっても来る人材の質は変わらないし、面倒だと思っている可能性もあるので、エントリー数が欲しい「企業」とその企業の「人事」はわけて考える必要はあるかもしれませんが……

また、ナビサイトは応募者が少ない企業がエントリー数が欲しいから掲載しているという面もあると思うので、ある意味、リクルートは顧客に対しては、熱心なのかもしれません。

リクルート社を擁護するような形になりましたが、はっきり言って私はリクルート社に対して良い印象はありません。これだけは書いておきますw

Re: No title

> 11卒業務未経験無職 さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>何で読んだのか思い出せないのですが、エントリーシートが大量に来るのも問題だけど、逆にあまりこなかったり、前年度比での減少分がでかいというのもそれはそれで問題(企業的に)という事もあるようです

WEDGEの最新号「"就活"が日本をダメにする」でも、とある人事課長が上記のコメントと同様の趣旨の発言をしています。具体的には、「膨大な数のエントリーシートと格闘して多くを落とす作業に意味があるのか疑問に感じます。でも、昨年よりもエントリー数が減ると自分の評価が下がる」と述べています。この記事で書いたような「無策さ」だけではなく、このような歪んだ評価軸も批判に値するものと言えるでしょう。ますます「ナビサイトだけに責任を押し付けちゃダメだろう」と思います。

No title

企業も学生も頭を使わないといけないってことですね。
とても参考になりました。

Re: No title

> 人事担当者さん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>企業も学生も頭を使わないといけないってことですね

そういうことになりますね。なお「使わない」という選択をする場合は、使わなかったことで生じた弊害を受け入れるべきで、就活生・ナビサイトなど自分以外の誰か・サービスなどに責任を転嫁するのはおかしいと思っています。
main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。