スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高裁「入学式は教育上の特に重要な節目となる儀式行事」

17日の毎日新聞にて、公立中学教諭が「のど自慢」に出演するために担任のクラスの授業参観と学校行事を欠席していたことが報じられた。毎日新聞の記事でも触れられていたけれど、このニュースは先月大いに話題になった「自分の子どもの入学式に参加するため職場の入学式を欠席した教諭」の議論を思い出させるものである。


過去記事に書いた通り、僕は教諭の行動の是非論よりも「学校側が"入学式だから"という理由で時季変更権を行使することは可能なのだろうか?」という点に関心を持ち、その点を考察してきた。考察の過程では労働法の本の記述や弁護士の方のツイートを参照し、その結果としては「微妙な問題だ」というつまらない結論に達してしまったのだが、最近憲法学者の木村草太先生が書いた「憲法の創造力」という本を読んだことで、この件について少し考えが深まった。具体的には、裁判所が「入学式」という行事をどのように捉えているかについての理解が深まったのである。


そもそも僕が過去記事(http://lingmu12261226.blog10.fc2.com/blog-entry-560.html)にて引用した弁護士の方のツイートには次のような記述があった。 このツイートの言葉に照らせば、仮に裁判所が「式典の重要性」を強調する立場なら、それは即ち学校側の時季変更権の行使が有効に傾くと言えそうである。そして上述の木村先生の本を読む限り、僕の理解では、裁判所は「式典の重要性」を認識しているように思えた。というのも、木村先生は本の第1章にて平成23年に出された「一般の教員に"起立・斉唱"を命じた職務命令を合憲とする判決」を取り上げているのだが、その中で最高裁が次のように述べていたからだ。

学校の卒業式や入学式という教育上の特に重要な節目となる儀式行事においては、生徒などへの配慮を含め、教育上の行事にふさわしい秩序を確保して式典の円滑な進行を図ることが必要であるといえる。

なお、木村先生が取り上げている判決は「君が代不起立問題」に関するもので、「入学式の日に担任教諭が有給を取ろうとした」というケースとは全く別種のものではある。しかしそれでも、裁判所が入学式・卒業式という式典をどう評価しているのかを理解するにあたっては参考になるかと思う。


そして見ての通り、最高裁は卒業式や入学式を「教育上の特に重要な節目となる儀式行事」と評しており、且つ「教育上の行事にふさわしい秩序を確保して式典の円滑な進行を図ることが必要」とも述べている。この記述を踏まえると「入学式である」という理由で時季変更権を行使することが認められる可能性は高いのではないかと考えられる。上記のツイートをした方は「どちらかというと、時季変更権の行使は認められなさそう」という趣旨のことを言っていたし、また「ブラック企業対策プロジェクト」に参加している佐々木亮弁護士も「報道で知る限りの事情では、この件で時季変更権は認められないものと思います」と言っていた(http://bylines.news.yahoo.co.jp/sasakiryo/20140416-00034557/)。しかし、僕としては上述の通り「時季変更権を行使することが認められる」という解釈の方が妥当なのではないかと考えている。


もっとも、最高裁の「入学式」に対する評価を踏まえたとしても、例えば「教育上の行事にふさわしい秩序を確保して式典の円滑な進行を図る」という点に着目すれば「代わりの教諭がいるならば、別に秩序は乱されないだろう」と考えることは可能かもしれない(つまり、学校側の時季変更権の行使を認めないということ)。しかし一方で、「自分の子どもの入学式に参加するため職場の入学式を欠席した教諭」に対する非難の声がそこそこあったことを鑑みると、学校側が「入学式の日に担任に休まれると、式典の最中に文句を言う保護者が現れかねず、そうなれば式典の円滑な進行が妨げられる」と考えて時季変更権を行使することも出来そうである。つまり、結局のところどちらの立場に立っても一定の理がある「微妙な問題」と言えるのかもしれない。

「学校側が"入学式だから"という理由で時季変更権を行使することは可能なのだろうか?」という点は判断が難しいという意見に共感してくださった方は、もし宜しければクリックをお願いします
にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へ
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログにfeedly登録ボタンを設置してみました!登録はこちらからどうぞ。  
follow us in feedly
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
ブログランキング
おかげさまで、ブログ村の「就職バイトブログ」のカテゴリで「1位」を取ることが出来ました。この場を借りて、お礼を申し上げます。これからも記事を多くの人に読んでいただけたらと思いますので、もし宜しければ、今後ともランキングへのご協力を宜しくお願いいたします。
RSSリンクの表示
follow us in feedly 
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

lingmu

Author:lingmu
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。